石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

満ち足りる

2017-08-31 13:53:28 | Weblog



「主よ。私は聖書が知りたいのです。」と思わず叫んだ。
聞きたいメッセージが理解できずに苛立ってしまって・・、みことばは即座に降りてきた。朝の通読箇所だった。

そのようにして、人々はもはや、「主を知れ」と言って、おのおの互いに教えない。それは、彼がみな、身分の低い者から高い者まで、わたしを知るからだ。(エレミヤ31:34)

 私は一日一章ではなく、気の向くままにどんどん読んだり、一章を繰り返して読むときもあり読み方は気ままなのに、その日の必要にドンピシャなことが度々ある。
朝読んでいるときにはただの言葉が、その時生ける主の備えであったことを知る。

タイミングがあまりにも合っているので、導かれたみことばが主の緻密な備えであると・・、私は主に知られているのだと・・、深い感謝をもって安息することになる。
その時は一つひとつの細かなことを知っているとか知らないとかは、もうどうでもよくなるのだ。

わたしは彼らの悲しみを喜びに変え、彼らの憂いを慰め、楽しませる。
また祭司のたましいを髄で飽かせ、わたしの民は、わたしの恵みに満ち足りる。(エレミヤ31:14)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 賛美を織り込んで | トップ | 初めに主に祈って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事