石ころ

もろもろの支配と権威との武装を解除し、キリストにあって凱旋し、彼らをその行列に加えて、さらしものとされたのである。

この天地は滅びます。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません。 マルコ13章

2016-12-31 16:12:17 | Weblog



 マルコ13章を読んでいて、すぐに「わかった」と思った。つまりは、「滅びることのないみことばに聴いているなら、それが目を覚ましていることであって備えは出来ている」と・・。
携挙がいつとか、再臨がいつとか、いつ召されるのか・・それはもうすでに約束されていることで格別なことではない。一度はそんなふうに読んだ。しかし

「その日は、神が天地を創造された初めから、今に至るまで、いまだかつてなかったような、またこれからもないような苦難の日だからです。」
「だから、気をつけていなさい。わたしは、何もかも前もって話しました。」

「気をつけていなさい」と三度、
「目を覚ましていなさい」と三度、
それは「すべての人に言っているのです。」とあった。

繰り返し読むうちに、ひと言で済ませることなど出来ない事の重大さに・・今は話す言葉もなくなった。13章は、この地に再び主の訪れの日まで聞き続けることであった。
ペンテコステの後、お弟子たちは日々この日のために備えて生きた。みことばに対するその態度が「敬虔」なのだと気づいた。

「話すのはあなたがたではなく、聖霊です。」
「主よ.。お話しください。しもべは聞いております。」



分かりにくいブログに、今年も最後までお付き合いくださいまして深く感謝致します。
祝福をイエスさまにお祈りしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はなむけ マルコ12章(Ⅲ) | トップ | 新年のお慶びを申し上げます。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました。 (ピースオレンジ)
2016-12-31 23:11:03

あなたに知り合えたことに感謝しています。
ありがとうございました。

ピースオレンジさんコメントありがとうございます (ムベ)
2017-01-01 00:16:38
こちらこそありがとうございます。
良いお正月をお過ごしくださいませ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む