ライブにいきてい

HR/HM、ガールポップ、ライブ好きのブログです マイブームは北欧系

代官山とか吉祥寺とか

2017-02-12 00:39:47 | live
本日、最後の青梅マラソンの練習をしまして
先週10㎞走ったので今日はリズム重視で8㎞走ってみたのですけど
やっぱ後半は落ちるよねえ

まあ帰りは向かい風だったのもあるけど平均でキロ5:33だったので
わたくしとしてはいい感じでしたよ。


ではライブの話
まず代官山はChelsyも出演したイベントライブ

2月9日(木) 代官山LOOP
PARADAISE !!

出演者は
篠崎愛
Chelsy
瀬川あやか
凸凹凸凹 ‐ルリロリ‐
OA:佐々木瑠風

昼間は軽く吹雪いたくらいの寒さの中、わたくしが着いたのがルリロリ最後の曲の後半くらい。
扉を開けたら今まで来たLOOPで一番の満員だったのでルリロリが終わったところで
2段目の端っこを確保してまったり観覧することに

しばらく待機して瀬川あやか
名前は目にしてたけどライブを観るのははじめてだった瀬川さん
この日はエレピとアコギの弾き語りでした。

前半のエレピはシンプルでよかったのですけど
アコ弾き語りで同期音やループマシンを使うのは好きじゃないわたくしは
後半のアコギがオケ音と一緒だったのはちょっと残念だったかな。

楽曲は歌声も含めて王道といった印象でした。
終演後の物販はアルバム予約とかでかなりの列だったので人気あるみたいです。

つづいてお目当てのChelsy
セットリスト 終演後にセトリ入りのビラ貰いました。
My way
Kite
escape
Rain
It's finedays
SistAr

先月の2マンをギュッとした感じで他に聴きたかった曲もあるけど
「My way」演ってくれたので贅沢は言いません。
オリジナルの前奏アレンジの方が好きだとか贅沢は言いません(゜∀゜;)

満員の会場で楽しそうに演奏してる4人を観ていてわたくしも楽しかったですよ。

トリは篠崎愛
篠崎さんはAeLL.の時にBiSとの共演で一度観て以来だから4年振りくらい。
自宅で試聴した時に歌いまわしが松浦さんぽいなあと思ったのですけど
ライブでも程よく松浦さんぽかったので懐かしくしみじみと聴いておりました。

あと芸歴が長いだかあって軽い自虐を交えたMCも面白かったです。

いい感じに似てた
篠崎愛 / Ai Shinozaki - TRUE LOVE [Music Video - Room]


と思ったら確信犯だったw
ai shinozaki - 桃色片想い


終演後は合流した知り合いと話しながらカワイイ出演者達で賑わう物販をしばらく眺めて帰宅。


翌日の吉祥寺ライブはNOWHEREも出演した3マンへ

2月10日(金) 吉祥寺ROCK JOINT GB
わたくしが着いたのが2番目のGONDAさんの序盤くらい。

この日はアコギ弾き語りだったのですけどリズム音や高低音を同時に出してたので
わたくしギターにクギ付けでしたよ。

そしてやっぱアコギのライブにカホンは要らないよなあとあらためて思ったのでした。

転換中に物販に行ってアコギなシングルを1枚買ったのですけど
GONDAさん気さくでいい人でした。

つづいてNOWHERE
塚本さんを観るのはちょうど一年振りくらいでNOWHEREは1年半振りくらい。

昨年末のライブからラインナップが大きく変わってツインギターでベースの三輪さんが復活してました。

この編成でのライブはまだ2回目らしくいろいろと手探り感はあったけど
三輪さんのベース音はとても懐かしかったです。
見た目も変わってなかったですよ。

塚本さんは髪がやや伸びて出てきた時はボサボサロン毛がい骨かと思いましたけど(゜∀゜;)

ギターが2本になった感想は個人的に塚本さんのギターがフレーズ含めて好きなので
もうちょっと音が前に出て欲しいなとは思いました。

あとMCで塚本さんが影でいろいろと動いていると言ってくれてたので
あたらしいNOWHEREがどんな風になっていくか楽しみにしております。

終演後は久しぶりの方も含めたご一緒さん達としばらく談笑して帰宅。
この日の感想とか今後のNOWHEREとかその他もろもろと話して楽しかったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下北沢とか渋谷とか | トップ | マリフェス~フリージアとシ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

live」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。