ECHOES

ロックンロール・ライフ

Nikki Sudden/Crown of Thorns

2017-07-13 20:59:38 | Weblog

Nikki Suddenをはじめて知ったのはThe French Revolution名義でのGrooveというアルバム。
音より以前にジャケットに一目惚れしたのだけど、内容もジャケットから想像した通りの音だった。
渋谷の東急ハンズ近くのマンションの一室で営業をしていたZESTというレコード店。

何枚かレコードがあったのを覚えていた俺は他にも聴きたいと店を訪ね、悩んだすえに買ったのが写真のCrown of Thornsというアルバム。

後に知ったのだけどハーフ・オフィシャルのイタリア盤で、他のアルバムに比べたら収録された音源は寄せ集めで、しかも音質も良いとは言えない。

でも、何故か思い入れが強くて好きな1枚。

バンド形式でのサイケデリック・セッションといった音に、後々にもいろいろ出てくるアコースティック・ギターでのソロ、なんてところを組み合わせている。

アコースティックでストーンズのWild Horsesを、狙ってか自然かかなり不安定な音程、タイム感覚でカヴァーしてるのだけど、これにハマってしまうと抜け出すことが出来なくなるんですね。

そんなNikkiの世界から抜けられなくなった人たちによって、今も新しい音源のCDがリリースされたりするのでしょう。

この、イタリア盤はまだCDになってないはず
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NIKKI SUDDEN & DAVE KUSWORT... | トップ | Mods Mayday '79 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事