アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニー移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

歯が抜けた!の後に3度目の誕生祝い&「ブランカとギター弾き」来日、「音ものがたり」

2017-07-17 12:24:43 | 日記

歯が抜けた!

「歯がグラグラしてる」とシドニーにいる時から嬉しそうに話していた娘、先週、保育園で歯が抜けました。


かわいいなあ〜。

連絡帳に先生が抜けた歯をセロテープで貼り付けてくれたのですが、あらら、米粒くらいしかありません。
天井に投げるんだよ、といっても「いい、しばらく連絡帳に貼ったままにする」と嬉しそうに抜けた歯を眺めています。


巨大なお魚と一緒に恐々ピース。

「見てみて、歯が抜けたの、もう6歳だから!」と知ってる人に会うたびに、自慢しています(笑)
よっぽど嬉しいんですねえ〜。


3回目の6歳祝い。

東京でもお祝いしたい、というので、3度目の6歳のバースデーパーティーを開きました!


お料理はパパがほとんど担当したので、ポーランド料理がメイン。

1度目は、シドニーの家族のような人たちと一緒に、少し早めのお祝い。
2度目は、学校の仲良しとプレイデイトを兼ねた、お誕生日当日のお祝い。
3度目は、ちょうどお誕生日1ヶ月後に、日本の家族が集まってのお祝い。
「お祝いするごとに1歳増えて、8歳になっちゃうよ」と周りの大人に言われても、「ずっと6歳だからいいの」と涼しい顔(笑)。


久々にいとこたちと遊ぶ。

途中で、いとこたちと喧嘩をはじめ、最後は泣きの涙でお別れになったお祝いですが、みんなが集まってプレゼントをくれて、
バースデーケーキのろうそくを消せたので本人は大満足したらしい。

「7歳のお誕生日はパパとママと3人だけでいい」そうです(笑)。


7月29日シネスイッチ銀座で封切りです。

ヴェネツィア・ビエンナーレ&ヴェネツィア国際映画祭が出資した「ブランカとギター弾き」という映画、
日本人の長谷井宏紀監督が監督のみならず脚本も書き、製作がイタリアで、出演俳優たちや撮影がフィリピンという
国際的な成り立ちのこの映画、主演女優のサイデル・カブテロちゃん13歳が来日し、通訳をさせていただきました。


ネットから借用。様々なエピソードを監督が披露してくれた試写イベント。

盲目のギター弾きと、孤児のストリートチルドレンの心温まる交流を描いたこの映画、フィリピンのスラムが舞台なのに、
光が美しく、子供達ははしっこく、したたかだけどピュアで元気、見終わると、温かい涙に心洗われた気持ちになる
珠玉作です。


これもネットから借用。試写イベントでは圧倒的な歌唱力を披露したサイデルちゃん。

主演女優のサイデルちゃん、実はyoutubeにアップしたセリーヌ・ディオンの「パワー・オブ・ラブ」のカバーが、
1週間後に50万PV、1ヶ月後に100万PV、そして現在は1000万PVを超える圧倒的な人気を誇るシンガーでも
あるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=f7XLtjD_ubY


来日した舞台でその圧倒的な歌声を披露してくれましたが、映画の中でも歌を歌っています。


映画のシーンから。

将来は歌手、女優の両方を目指しているという、キュートでちょっとシャイで、すごくしっかりした13歳のサイデルちゃん、
これからが楽しみです!



さて、お友達が出演するので見てきた「音ものがたり 2017 in 目黒」、芸術家の家という、可愛らしいスペースで
行われた素敵なサロンコンサートでした。


これから始まる「音ものがたり2017 in 目黒」の舞台。

私が特に好きだったのは、石原裕次郎、芥川龍之介、斎藤茂吉、大橋恭彦(女優沢村貞子の夫)らのラブレターの朗読。
そのラブレターの背景もざっと説明してくれるので、よりいっそう男女の出会いの喜びや悲しみ、皮肉や純粋さを感じ、
涙が出ました。

ピアノ、歌、朗読、と聴覚を主に刺激するこの舞台、目を閉じると映像が浮かぶようで、いつもより想像力が刺激され、
少し深く自分の中に入り込める時間でした。

映像に慣れ、もしかしたら頼りきっている日常をちょっとだけ反省したりして・・・。
それにしてもとんでもなく暑い日々で、もともと頭は動いてないんですけれど(笑)!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘と夫、無事帰国して、暑が... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。