アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニー移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

ママは一足お先に東京&夢が叶ったお誕生日当日!

2017-06-19 11:56:27 | 日記

ハート型クッキー制作中

娘と夫をシドニーに残し、一足先に東京に戻りました。
空港を出た途端に、どよ〜んとした湿気が襲ってきて驚きましたが、どんどん冬に向かい寒くなっていくシドニーとは逆に、夏に向かいつつも、
まだ朝晩は涼しく、日中も暑過ぎない東京の陽気を楽しんでいます。


またバルモラルビーチで親子猿。

早朝に到着し、1日たってみると、なにやら体がじんわりと重い気がしました。
シドニー滞在中は、鍼灸治療と漢方薬のせいか、いつも凝っている首や肩は軽かったのですが、東京に戻ったら数日でなにやら首も肩も重い。


近くの公園で親子猿。

東京で新しく探した、家の近くの鍼の先生のところに行ってみたら「湿気でコリが出たりもします。湿気で細胞も膨らむし。
日本より乾燥しているハワイとかに行くと膝の痛みがなくなるっていう患者さん、いますよ」とのこと。


シドニーで最後のお茶しました。娘のベビーチノにはカラフルなスプリンクル。


湿気ってる、とか乾いてる、という体感は、違う国に行くと感じますが、それによって体調が影響を受けると強く実感したのは今年からです。
ま、肩こりも出るけど、乾燥していた肌が潤っていくのも感じるから、よしとしよう(笑)


今度はチョコレートのバースデーケーキ。お店は同じ(笑)

さて、先週の金曜日、16日は娘の「本当の」お誕生日でした。
夫一人だし、子供が遊び回れるスペースもないので、ごくごく簡単に、学校での仲良し数人を家に読んで、ケーキでお祝いをしました。
(子供のバースデーパーティーのために、室内遊技場を貸し切ったり、マクドナルドのパーティーセットを使ったり、あるいは自宅でも
何やら趣向を凝らして、テーマを決めたパーティーをしたり、みなさん色々頑張るらしいのですが、私たちは無理だ〜と諦めたのです・・・)

いつもアフターケア(学童)に通っている子、親でなくてベビーシッターさんに迎えに来てもらっている子、それぞれなので、親御さんと連絡を取り合い、
夫が彼ら全員を学校に迎えに行き、家に直接来てもらう、ということにしました。


マスク被って盛り上がり中。

外国語としての英語クラスですっかり仲良くなったロシア人のキーラちゃん、娘と同じ名前で、お母さんが日本人、お父さんがオーストラリア人の
女の子、娘が「私のボーイフレンド」と行っているハンサム君は、やはりお母さんが日本人でお父さんがフィンランド人。
スラブ系とか日系に親しみを感じるのは、血なんでしょうかね(笑)??



それぞれの妹ちゃん、弟くんも来てくれて、ゲームをしたり、お絵描きしたりして遊び、ケーキでお祝いしてもらって娘もとても楽しかったようです。


みんな熱心にお絵かき中。

ちょうどお祝い中に、フェイスタイムをしたので、一緒にお祝いしている気分になれました。
時差が1時間なのは嬉しい!


「ボーイフレンド」君と(笑)

娘は「ハンサム君と手を繋いで歩く」のが、実は密かなる願いだったようです。
そして学校から家までみんなで一緒に歩いた時に、手を繋げたそうで「夢が叶った!」と大喜び!



ボーイフレンド、と娘が勝手に読んでいるだけで、それまでなにも根拠がなかったわけですが(!?)、夫からの報告によると
どうやらこの「ハンサム君」も、実は娘を憎からず思っているらしい。


バルモラルビーチにカカトゥがたくさん!上野公園にもたくさんいます(笑)


「おお、両想いじゃないの!」と両親揃って喜んでるんだから、困ったもんです。
いや、ティーンエイジャーにでもなったら、心配が先に立つだろうから、喜んでいられるうちに、せいぜい喜びましょう(笑)。



これまでも夫と娘を残して、私一人で日本に帰ったり、出張したりしたことは何度もありましたが、いつも周りに何人も親戚がいました。
今回は義姉と甥っ子がポーランドで休暇中、誰も親戚が周りにいない、全くの父子家庭ふたりぼっちという娘にとっては初めての経験です。

私の帰国当日まで「私も早く日本に帰りたいなあ」と何度もいうので、その度に「じゃ、ママと一緒に帰る?」と聞くと「ううん、いい」というのです(笑)。



シドニーの空港で別れた時には「またね〜、バイバイ!」と元気だったので、ホッとするやら、ちょっと寂しいやら(笑)、複雑な心境のハハでございましたが、
いざ搭乗する時になって携帯電話がなり、「お家に戻ったら、ママがいないのが寂しくなった」と大泣きした娘の声が聞こえ、ちょっと嬉しかったりして(笑)。
でもね、電話が終わったらだいぶ落ち着いて、次の朝にはすっかり元気になったとのこと。

初めてのパパとふたりぼっち生活でも、こうやって仲の良いお友達がそばにいて、週末もプレイデイトやら映画やらで楽しく過ごしているようだし、ママはこれまで通り安心して数週間の独身生活を楽しみますね〜(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっと早めの6歳誕生日祝... | トップ | スクール・ディスコ、ビル・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。