アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニ移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

白鳥の湖、アラビアンロック、イーダ

2014-09-01 02:51:03 | 日記
夏休みスペシャル、ということで、子供向けのバレエ「白鳥の湖」を娘と母と私の3人、3世代で見てきました。


これから始まるよ〜。

森下洋子も踊るのかと思ったら、トークだけだったみたいです。ちょっと残念。とはいえ、前半の1時間で娘が飽きてしまったので、
後半は見ずじまいだったのですが、母だけ残って見ていました。



飽きてしまったとはいえ、1時間は静かにじっと見ていた娘。「バレエやりたい」とまた言い出しました(笑)。
アイススケートをやりたい、と言い出してからは、バレエはいやだといっていたのですが・・・「白鳥の湖」で
プリンセス好きが刺激されたのでしょうかね。ということで、またバレエ教室探さなくちゃ〜。


エレベーターのるよ!

できれば自転車でいけるくらいの距離がいいなあ、と考え直しております。以前見学したのは、地下鉄にのっていく
ところだったのですが、改めて探してみると、あら、見落としていた、もっと近いお教室がいくつか出てきました。


地下鉄の猿、いや、本人はスパイダーマンのつもりだそうで!

日曜日、雨が降りそうな空模様で、家でぐだぐだしておりましたが、夕方になって青空が見えてきたので、思い立って
上野公園へ。動物園にはもう遅いですが、なんとなく不忍池あたりを散歩してみたくなりました。


赤ちゃんゴリラ、ちょっと私に似ている・・・

そして、たまたまネットでみつけたアラビアンロックというテーマレストランに行ってみることに。
娘がフムス好きなので、ひさびさに食べさせたいなあ、と思って検索していたのですが、このアラビアンロックというお店、
アラビア世界がテーマですが、メニューはあんまりアラビアでなかった。でもデザートメニューをネットの写真で見た娘、
「ここに行きたい!」


フィリピンフェスティバル

上野公園を歩いていたら、フィリピンフェスティバルというのをやっていました。ほとんど終わっていましたが、屋台を
ぐるりと歩いてみると、食べ物か銀行というか送金関係の会社の2種類がメインです。

どうも上野駅からタガログ語みたいな言葉を話す人が多いなあ、と思っていたのです。けっこう盛況だったようです。
それにしても東京周辺にフィリピンの人たちってどのくらい住んでいるんでしょうね?
香港とか中近東のお金のある国だとフィリピン人のメイドさんがたくさんいるようですが、日本にいるフィリピン人は
何をしてるんだろう?駐在員の家庭でフィリピン人メンドさんを使うことはけっこうあるようですが、それほど一般的では
ないような?


ミス・フィリピンといっしょに。娘はプリンセスといっしょに写真をとったつもりです!

一時的にですが、母のリュウマチが悪化した時、家事がしにくくなり、フィリピン人のお手伝いさんをお願いした
ことがあります。家政婦協会から派遣される家政婦さんよりも賃金が安かったので、お願いしたのでした。
来てくれた女性は、日本人と結婚してかなり長く日本に住んでいるとのことで、日本語も流暢。
介護士の資格をとったそうで、これからは介護の仕事もしたいといっていました。

おかげさまで、母のリュウマチ、お薬があっていたらしく痛みがなくなり、正座ができなくなったり、走れなくなったり
いろいろありますが、家事はできるようになりました。


亀さん、鴨さん、鯉さん、たくさんいる〜!

さて、不忍池、蓮の花の盛りは過ぎたようですが、まだちらほらピンク色の花が咲いていました。
満開の時をみたかったなあ。大きな葉っぱの合間にすっと立つ蓮の花は、幻想的というか、そこだけ聖なる空間に
なったような感じがします。仏教のお花というイメージがあるからかなあ?いや、あのす〜っとした感じ、葉の緑と
凛としたピンク色の組み合わせは、やっぱり違う次元を感じさせます。


わ、ピラミッド!?

さて、不忍池を橋まで歩いたら、お目当てのレストラン、アラビアンロックはすぐそばです。
「開けごま、といってください」と入り口からアラビアンです(笑)
はいるとすぐに真っ青なピラミッドの模型みたいなのがでてきてびっくり。全体的にうすぐらくて、アラビアンというよりは
お化け屋敷みたいな雰囲気かも。



ベリーダンスの衣装みたいなのをつけた女性がでてきて、案内してくれるのですが、キング、クイーンになる
魔法を最初にかけてくれます。どこでおぼえたのが、アブラカタブラ、というのが最近大好きな娘は、興奮状態(笑)。


あ、アラビアの美女が歩いている!?

私たちの席はピラミッドの内部でした。床に大きな座布団みたいなクッションがしいてあり、靴を脱いで座ります。
とっても狭いのですが、妙に居心地がいい。猫のように狭いところに入りたがる娘は、とても気に入ったようで、
部屋の隅の三角形のところにさっそく居座りました(笑)。


長方形の赤いのは魔法の絨毯ピザ。

気がついたら、こういうテーマレストランに入るのは生まれて初めてでした。ここ、はっきりいって子供騙しなんですが、
子供がいっしょなので楽しめるのですよ(笑)。メニューもアラビアンじゃないけれど、魔法の絨毯ピザとかピラミッド
チョコレートとアイスクリームとか、娘が好きなものばかりなのもいい(笑)。


チョコレートケーキのピラミッドにシガービスケットとミントのヤシの木、ふたつのアイスクリームはらくだのこぶ?。

食べるのに飽きると、娘はピラミッドのまわりを駆け巡っておりました。ほとんど個室なので、娘がちょろちょろしてもあんまり他の人の
邪魔にならなそうなのも、親としてはちょっと嬉しいです。ウエイターやウエイトレスのコスチュームもエキゾチックで、ものめずらしそうに
見つめていました。「アラジンと魔法のランプ」を娘はまだ見ていないので、今度見せよう、と思いました(笑)。



話はまったく変わりますが、この前、渋谷のイメージフォーラムで「イーダ」というポーランド映画を見てきました。
あんまりポーランドの映画を見ていないし、いくつか見たものはやたらに暗くて、(ポランスキーとかキシェロフスキーのは
ポーランド映画だと思っていないので)あんまり好きじゃないなあと思っていました。

たまたま見た映画評で、絶賛していたので見てみたのですが、うわ、これ大好き!モノクロで静謐な画面はきっちり構成された
絵画とか写真のようで、シーンごとにとても引きつけられます。

Michael Kennaマイケル・ケンナという写真家がいて、とても静かなだけれど、ドラマチックというか息を飲むような写真をとり、私は大好きなのですが、
彼の写真を思わせるようなシーンの連続で、問答無用に映画に引き込まれていきました。


Michael Kennaの写真、たとえばこんな感じです。






修道院の孤児院にいた女の子が、実はおばさんがいると知らされ、修道誓願の前にあってきなさいといわれ、あいにいく。
そのおばさんは、判事という仕事をしているけれど、酒浸りでゆきづりの
関係を繰り返す、修道院育ちの主人公とは真逆な生活。この叔母に、実は私たちはユダヤ人だと知らされ、それぞれの過去を
探す旅を始めます。

ひとことでいうと、少女の成長物語のロードムービーなんですが、なんとも美しい映画だと思いました。たまにアルトサックスを
引く男の子がコルトレーンの曲を奏でるシーンがでてきますが、これも初々しい恋のはじまりになっていくということもあり、全体的に
静かな映画の躍動感というかアクセントになり、小洒落た感じさえ与えます。

この映画も、明るくはなくて、シンプルなストーリーのそこにあるのはとても暗い歴史です。でも、最後にある希望というか、
主人公の成長ぶりに明るさを感じて、とても後味がいい。なんだポーランド映画、いいじゃないって、私の態度は急変します。
そしてポーランド人である夫にすぐに電話をして「よかったよ!」と報告。


あ、あれ!

夫と知り合う前まで、ポーランドにはまったく興味がなく、かわいそうな国、くらいのイメージしかありませんでした。
まだ行ったこともないし。でも、せっかくのご縁(?)なので、どこかいいところ、好きなところを
見つけたいなあ、とひそかに(?)思っているようなのです。ようなのですって、自分のことなんですが(笑)。


そうなの?

そんな中で出会ったこの映画、予想に反して(?)大好きだったので、なんだか嬉しいです。ポーランド映画祭ってあるんですよね。
いくつか見た映画はあんまり好きじゃなかったけど、あきらめずにまたチャンスがあれば見ようと思います。
コメント

水遊びして、中耳炎・・・

2014-08-27 14:21:50 | 日記
急に涼しくなり、ほっとしたと思ったら、娘は中耳炎、私は気管支炎になってしまいました・・・。


プール、3人だときついぞ〜

小淵沢でお医者さんにみてもらって、お薬を飲んだので、娘の咳も私の咳もかなりおさまったようでした。ただ娘の鼻水だけが
なかなかなおらないなあ、でも元気だし、食欲もあるし、あまり気にしていませんでした。あ、あとは小淵沢から東京に戻ってきてから
癇癪を起こす夜が増えてきて、蒸し暑いからかなあ、などと不思議には思っていたのでした。


プールから出ちゃえ!

先週末、お天気はいいけれど、暑すぎるほどではなかったので、母が用意したゴムのプールでいとこたちと娘の3人で水遊び
を楽しみました。きゃーきゃーいって、それはそれは楽しそう。ひととおり遊んで、お昼もたべて、お昼寝するかな、というのは
甘い期待でした(笑)。夜まで元気いっぱい!


またプールにはいって、きついぞ〜。

さすがにいつもよりずっと早く寝ましたが、その夜中、何度か目を覚まし、そのたびにぐずりまくり。
3度目くらいに起きた時、「耳が痛い!」と癇癪を起こしたので、あわてて鎮痛剤を飲ませました。どうにか薬がきいて
朝までぐっすり、さらに起きた時はわりと元気そうでした。

でも、耳は怖いので、耳鼻科の先生に見てもらったら「軽い中耳炎ですね。おそらく鼻炎から来たんでしょう」とのこと。
本人は痛がっていないし、熱もないのが幸いでした。それほど鼻炎はひどくなさそうだったのですが、それでも耳まで
感染してしまうんですね。


ヘルメットかぶってストライダーの練習します!

そして次の夜、なんともおだやかで、でも元気で、いい子なのです。それまで夜にぐずって、癇癪起こしていたのがウソみたい。
やっぱり鼻炎で気分がよくなかったんでしょうかね?夜も1度くらいおきますが、わりとよく寝ます。
よかった〜、と思っていたら、次の日、また夜泣きプラス癇癪。
「これって3歳児っていう年齢的なものなのかなあ?」と夫とふたりでげっそり。


夜に練習する、と聞かないし、ヘルメットも拒否!

そんなこんなしていたら、なぜかある日の夜、蒸し暑いのでシャワーを浴びたら、そのあとからくしゃみと鼻水が
とまらなくなった私。次の日の朝もくしゃみと鼻水がとまらず、何かのアレルギーかと思っていたら、しばらくして
今度は咳が止まらない。あっれ〜、変だぞ、とお医者さんにいったら「気管支炎ですね」とあっさり。

咳はとまっていたんだけどなあ・・・。

涼しくなってきて、ほっとしたのもあるかもしれない。ま、ゆっくり休んでしっかり治します!
コメント

ふたたび小淵沢

2014-08-21 08:52:07 | 日記
3泊4日で小淵沢にいってきました。


はじめての「乗馬」体験。ひとりじゃ嫌だそうで。

晴れてはいるものの雲が多く、途中で雨が降りそうな天気で、さらに娘も咳をしていたので、楽しみにしていた川遊びはおあずけ。
そのかわりにあちこちドライブしてまわりました。


やぎさんに触る。

ドライブして改めて思い出しました。小淵沢ってわりと観光客向けのものがたくさんある。


リゾナーレのショッピングエリア「マルシェ」にて。

別荘とかペンションなどが集まるエリアには、カフェや小さいギャラリー、美術館がけっこうあるし、乗馬したり、何かを
つくったり、子供用のアクティビティーもいくつかあります。


能舞台のある身曾枝神社で。

これまでは「小淵沢に遊びにいっても何もない」と思っていましたが、それは歩いて行ける距離には何もないということで、
車で動けば「いろいろあるじゃない!」と夫も驚いていました。


すぐに眠くなっちゃう。

3日目には娘の咳がひどくなり、私も咳き込み始めたので大きめの病院に行ってみました。小児科はがらがら、内科は車いすやら
杖をついたご老人がいっぱい!高齢化社会が目に見えた(笑)。夏がすぎれば観光客もいなくなって、雰囲気も変わるんだろうなあ。
冬には閉めてしまうお店もたくさんあるようです。


昼寝する娘、ドライブに合間にストレッチする父

東京に戻るという日、からっと晴れました。ずっとドライブばかりだったので、やっと近所を散歩しました。


カールおじさんだ!?

あんまり人にも会わないし、たまに会うと「こんにちは」と言います。そうでもしないと間が持たない(?)感じだから(笑)。


虫除け網付き帽子に虫取り網でやる気満々!?

でもね、こういう何もない感じが、東京から来ると嬉しかったりします。到着した日は途中から大雨になり、あたりは灰色で
怖いようでしたが、晴れるととたんにくっきりとした青や緑が目にまぶしい。


あれ、こんなところにも馬が。

ちょっとこんもりした森みたいなところを歩いても、別荘が点在します。数年こないうちに増えたような。
東京から数時間でこれる距離だから、いいんでしょうね。


虫とれなかった。

前回は畑のトマトやとんぼなどに興奮していた娘ですが、今回は大分慣れてきた様子。トマトは3つとったら飽きちゃった(笑)。
トンボも「ママ、とって!」と自分では動かない。

でも、祖母や叔母たち、娘からすると曾祖母や大叔母たちがいっしょに遊んでくれるのが楽しいし、動物を見たり、触ったりするのも大好き。
要するに、自分をかまってくれる人たちがいて、いろんな遊びがあれば、子供はどこでもいいわけですね(笑)。
自然の中にいる子供をみて、ほっとするのは大人である私の勝手な感想なんだろうなあ、とちょっと反省(!?)。


帰り道、富士山が見えました。

それでも「また行きたい!」と娘が言うのを聞いて、ちょっと嬉しかったのですよ、はい。
コメント

復縁できるサブレット!?

2014-08-13 02:28:18 | 日記
シドニーのマンションをサブレット(又借り)してくれていた人が、退去しました。


3人で食べるとアイスクリームも3倍おいしい!

すぐに不動産屋さんが見に行ってくれて「とてもきれいに使っていた。あなたたちがいた時の通りになっていた」と教えてくれました。
こういう時、関係者にみんなお知らせしておいてよかったなあ、と思います。隠れてサブレットしていたら(そういう人もけっこう
いるらしい)、不動産屋さんに「これからインスペクションいく」と言われたら困っちゃいますもんね。


うん、そうだね。

このサブレットしてくれていた男性、実は奥さんと一時的な別居だったそうです。「3、4ヶ月で決着がつくと思う」
といって、でも5ヶ月ちょっとの契約でした。夫がこの男性とスカイプで話した時に、奥さんとは無事よりが戻って
子供ふたり家族4人いっしょにくらすことにした、と言っていたそうです。

「やっぱりね〜」と夫と私。

というのも、その前にサブレットしてくれた男性も、奥さんと一時的に別居していたのでした。
で、サブレットが終わったら、無事にまたいっしょに暮らすようになった。
なので、今回のサブレットの人にも「大丈夫よ、このマンションにすむと復縁できるようになります!」と
半分冗談でいっていたんだけど、彼はそれを覚えていて「やっぱりそうなりました!」と報告してくれたそうです。
めでたし、めでたし。


PCにさわる小猿。

私たちは来年までシドニーには戻らないことにしたのですが、その間、今ポーランドに戻っている義姉がこのマンションを使ってくれることになりました。
不動産屋さんも、医者をやってる夫の姉が使う、というと別に何もいいません。医者とか弁護士は、こういう時強いですねって、
私たちの今回のサブレットの人も弁護士さんですが(笑)。


おっとジュースも飲まないと。

復縁できるマンション、ってことで次回サブレットすることになったら、広告のうたい文句にしようか、と夫。
そうだね、と笑いながら、ふと「お姉さん、いい出会いがあったりして?」と下世話な私。

ずっと義母や甥っ子たち、時々くるポーランドからの義姉たち、といつも家族に囲まれていた義姉ですが、
今回おそらくとても久々にまったくの一人暮らしになります。

離婚してなんとなく落ち着いてきた義姉、もう結婚はこりごりだと言ってます。
ただパートナーはほしいらしい。
あれ、だったら、復縁しちゃったら、困るか、な!?
コメント (2)

2回目の断食後、ピロリ菌、日本脳炎

2014-08-08 07:14:19 | 日記
数週間前に、無事2回目のジュース断食5日間を終えた夫は、3キロ減量しました。


お出かけします。

前回3日間断食で4キロ減、今回5日間断食で3キロ、合計7キロ減。でも数日前にひさびさにたくさん飲んで食べたら、2キロ増(笑)、あわてて
そのあと反断食とか食事に気をつけたら1キロ減。今のところプラスマイナス6キロ減。はけなくなったパンツがはけるようになり、ユニクロのLサイズが
フィットするようになりました。「1ヶ月ちょっとで6キロは、悪くない」と満足そうですが、目標はあと3キロ減です。結婚当初、3年ちょっと前は
その目標よりさらに数キロ痩せていたのですが、ま、いいか。


といっても行き先はDVDレンタル。アナと雪の女王、やっぱり好き!

ところで2ヶ月くらい前に、私はいろいろ検査を受けてみました。どうも体調がすぐれないことが多く、風邪も引きやすく、なかなか
治らない、ということで、鍼灸や漢方薬も飲んでるけれど、一度、きちんと調べようと思ったのです。


3歳児検診した保健所で踊る。

普通の血液検査ではほぼ正常とでます。以前低かった甲状腺は正常になり、貧血も大丈夫。多少肝機能が気になるけど、ま、お酒控えてください、
とお医者さん。
でも、お酒はここのところ全然飲んでなかったんですけど。風邪引きやすく、治りにくく、去年よりはよくなっているものの、
疲れやすくて、何かすると次の日は動けなくなったりします。
年齢かもしれないけど、でも、こんな状態が続くんじゃあ、困るし、いやだ。

そこで細かく調べてもらえる自費治療のクリニックにいってみました。
タンパク質とマグネシウムが不足しており、遅発性アレルギーがけっこうあり、ピロリ菌があり、とわかりました。

ピロリ菌については、保険の効く普通のお医者さんで胃カメラ検査をしてみてください、といわれ、
いつも見てもらう近所のお医者さんに検査結果をみせて、相談してみました。
「胃の萎縮があると思います。胃カメラ検査をして、ピロリ菌により萎縮と確認できたら保険治療できます。抗生物質を1週間飲むだけですよ。
胃がんの90パーセントはピロリ菌が原因といわれていますから、きちんと治療しましょう。」とのこと。


踊りが止まらない・・・

胃の萎縮って・・・いちおう胃炎らしいのですが、まったく自覚症状がありません。というか、胃もたれとかおなかが重い、
ふくれる、というのはいつもあって、当たり前だと思っていたので・・・。来月胃カメラ検査になり、はじめてなので、ちょっと
ドキドキ。

さらに遅発性アレルギーがけっこうあるので、腸に問題があるかもしれない、と便の検査をしました。これはアメリカで
検査するそうで、自分で検便したものをFEDEXで送りました。いやあ、自分の排泄物が空を飛ぶと思うと、妙な気分です(笑)。
これも結果がきたらしいのですが、予約が先になってしまったので、まだわかりません。


プリンセスに何か着せてる?

結果はいろいろ出てきますが、実はここ1ヶ月くらいおかげさまで体調はわりといいのです。太極拳や気功をはじめたり、
不足してるといわれたマグネシウムをサプリでとったり、タンパク質不足を解消するために、以前シドニーの先生に
すすめられたプロテインを飲んだりしてるからかもしれません。本当はお肉をしっかりとればいいんでしょうけれど、
どうも胃にもたれるので・・・今思うと、胃もたれはピロリ菌のせいかもしれませんけれど!


シンデレラにシールのドレスを着せています。

こういう検査をして、結果がでてくると、なるほど、そうだったのかあ、だからこうだったのかあ、とミステリーがとけた
気分でちょっと楽しい(笑)。原因がわかればあとは対処すればいいので、なんだかすっきりします。
年齢的にも更年期にかかっているので、不調はいろいろあるし、これから増える一方だとは思いますが、
なんとなく、自分なりに何かやっている、と思えるとちょっとうれしいのですね(笑)。


できた!

ところで、シドニーでひととおり予防接種を終えた娘ですが、日本とオーストラリアでは予防接種の種類が少し違います。
日本にあってオーストラリアにないのが、日本脳炎。名前の通り、日本限定なんですかね?
しばらく日本にいるので、いちおう受けておこう、と昨日受けてきました。

シドニーではいつも太ももにしていました、と先生にお話したら、「じゃ、たまには腕にしましょう」。
泣くかなあ、大丈夫かなあ、と心配していましたが、先生がもった注射針をみて「痛いかな?」といってる間に先生が
ぶすっとさして終わり。娘は針が刺さっている間は、あれれ、みたいな顔をして、終わってから「痛かったああ」とちょっとウソ泣き(笑)。
注射後にテープをはられると「あのね、あのボーイが(お医者さんのこと!?)ぶちゅってやって、そしたら
スティッカー(シール)くれたの!」となんだかうれしそう(笑)。

家についてから「シールはってもらって、よかったね?」と聞くと「うん、ありがとう!」だって。

妙に細かいことにこだわるところもあるけれど、痛みには強いのかなあ?
コメント