アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニ移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

田舎の夏休み、まずは一泊トライアル

2014-07-31 05:59:37 | 日記
小淵沢にちょっとだけ行ってきました。


おお、トマトがなってる!

毎夏、自分の故郷ですごす祖母(とお世話係の叔母たち)が、「東京は暑いだろうから、遊びにいらっしゃい」と誘ってくれました。
あんまり考えないで、うん、ありがとう、とその気になったのですが、はたと考えました。


これは・・・?

103才の祖母(つまり娘の曾祖母)にはそれなりのルーティーンがあり、いくら元気とはいえ、それなりのニーズもあります。
一方3才の娘にはたくさんのニーズがあります(笑)。
娘はまだ何度か夜中に起きるし、その度に粉ミルクを飲ませるので、けっこう物音もたてます。
昼夜とわず、癇癪を起こす時は起こして、かな〜りヒステリックな鳴き声がしばらく続きます。


田舎道の散歩。

103才と3才、いっしょに寝泊まりできるかなあ?

まずは様子をみる、ということで一泊だけ遊びにいくことにしました。それで大丈夫そうだったら、次回は少し長めに
滞在する(笑)。


竜みたいな雲。歩いてすぐ眠くなっちゃった。

シドニーでは海沿いに暮らしていたので、海辺には慣れている娘ですが(まだ忘れていなければ!)、山に囲まれた田舎は
はじめてです。草ぼうぼうの道を散歩すると「いたい、いたい!」、さらに初めて見るトンボが「怖い!」となんだか
ひ弱な都会っこだ(笑)。しばらくすると、電車にゆられてまったく新しい場所にきた疲れもあるのか、眠い、と
パパにだっこされてウトウト。


空が広い。

でもお家にもどると、しっかり目を覚まして、はじめてのお家にあるいろんなものを触りながら「これ何?あれ何?」と
興味津々。


一本、たちのぼる雲と八ヶ岳。

日帰り温泉につれていってもらい、最初は広いお風呂場にちょっとびっくりしていましたが(温泉につれていったことあるのに、忘れちゃった
みたい)ぬるくて広い露天風呂が気に入って、しばら〜く湯船で遊んでいます。
だんだんご機嫌になり、お風呂にいた他の人に「こんにちは!」と愛嬌ふりまいたりして。


温泉にあったアイスクリームの模型をなめる!

ちゃんと夜、寝るかなあという私たちの心配をよそに、寝つくまでちょっと興奮していましたが、一旦寝てしまったら、
なんと一度も起きずに、12時間熟睡!おそらく生まれてはじめてかも、こんなに長く、一気に寝たのは!
おかげさまで私たちもゆっくり眠れました。


大きいおばあちゃんと仲良し。

前の夜、あまり寝ていないのと、たくさん外で遊んで、いい空気をたくさんすったし、強い日差しにあったったのも
よかったのかもしれません。さらにみんないっしょに早く寝てしまうし、し〜んとした雰囲気も睡眠によかったのかも?


はじめての川遊び。

東京にいると、夫は夜遅くまでコンピューターに向かっています。娘もDVDを見たり、コンピューターでyoutubeを見るのが
大好き。でも田舎の家にはネットがないので、それもできません。DVDプレーヤーもないし、テレビはあるけれど、ケーブルもない
ので数局しかみれない。

温泉にいって、ごはんをたべて、すこしおしゃべりしてみんなで寝てしまう。


虫取りに挑戦。

娘や祖母が大丈夫かなあ、と気にしながらも、実は夫や私が、おかげさまでとても楽しかったのです。

涼しくてよく眠れるのが何よりですが、それだけでなくて、のんびりとして、緑もきれいだし、川遊びもできるし、ちょっといけば日帰り温泉はいくつもある。
今回は時間がありませんでしたが、乗馬できるところがいくつかあり、ちょっとしたレストランもあるし、ホテルのひろいプールもある。
祖母の親戚の家庭菜園で野菜をもぐのも楽しいし、他の人たちがもってきてくれるもぎたての野菜もおいしい。
叔母のお料理もおいしい。

娘も「川、好き!」「チョウチョとかトンボとるの、好き!」だそうで、「また来たい?」と聞くと "I think so"とちょっと生意気な答え。


ふたたび虫取りに挑戦。

帰り際に、祖母や叔母が「またきてね〜。ただし最長3泊までね」!(笑)。
あはは、ふだん静かに暮らす女所帯に、きかんぼう3歳児プラス、言葉も通じない50代外国人男性(つまり夫)というコンビネーション
ですからね(笑)。大変お世話になりました!


楽しかったなあ。

ということで、また3泊をめどに遊びにいきたいと思いますので、またよろしくお願いいたします〜!
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

「トランスフォーマー/ロスト・エイジ」プレミアと初散髪

2014-07-29 03:01:57 | 日記
「トランスフォーマー/ロスト・エイジ」のプレミアに行ってきました・・・ってレッドカーペットでの俳優さんたちの通訳ですが。


レッドカーペット準備中。

今回はレッドカーペットを歩く間の取材、サウンドバイツと呼ばれる、動画の取材の部分だけの通訳でした。
昨日の雨のおかげか、今夜はやや涼しくて、風も少しはあり、屋外にいてもそれほど辛くない温度でした。ラッキー!


コスプレーヤーたち。

レッドカーペットの準備風景って、実はあんまり見たことないのですが、大変なもんですね。何時間も前からファンの方、
マスコミの方が設備準備ができるまで待っている。設備ができてからも、マスコミの人たちが並ぶまで、ファンの人たちが
並ぶまでのガイダンスもけっこう時間かかる。みなさんそれぞれの分野で慣れているのでしょうが、改めて見ると
ちゃんと時間通りに始まるのがいかに大変か、としみじみ思います。


日本橋がトランスフォーマー・カラーにトランスフォームした!?

今回来日したのは、ヒロイン役の女優さん、ニコラ・ペルツとヒロインの恋人役の俳優、ジャック・レイナー。
ニコラは鮮やかなオレンジのドレスで、驚くほど細い体をつつみ、とてもフレッシュかつセクシー。
日本人のタレントさんがそばにきても細いと思うくらいの細さだけれど、背はもっと高いので、まさにバービー人形です!

香港出張した時にも思いましたが、このニコラちゃん、まじかでみても、肌はきれいだし、整った顔立ちはきらきらしています。

日本のタレントさんや女優さんたちもゲストできていて、みなさん細くてきれいなんだけど、ニコラ・ペルツは別格に
美しい。これからが楽しみだなあ、と余計なことを考えてしまいました(笑)。
あ、叶姉妹の美香さんもゲストできていて、あいかわらずの豊満な胸元で、これまたすごいもんだ、とさらにミーハー丸出し(笑)。


うもれてるのに、なぜかニコニコ。

話は変わります。
ちょっと前になりますが、娘がはじめて「床屋さんで散髪」しました。

ずっと私が切っていたのですが、そろそろお店でもいいかな、と思い、夫がよく行く床屋さんに連れて行くことに。
夫は常連で、まあ、ガイジンのお客さんは他にいないからでしょうが、夫の顔をみると、夫のお気に入りの人がでてきます。
娘も、夫のお気に入りの人に散髪してもらいました。


真剣な面持ち。

私が切る時にはせわしなく動き回るのに、床屋さんの椅子に座わった娘は物珍しくてしばらくじっとしてるのです。
あれくらいじっとしていてくれたら、私だってもっときれいに切れるわ、と妙に競争心抱いたりして(笑)。

でもね、やっぱりしばらくするとモゾモゾ動くので、床屋さん、とてもやりにくそう。
最後の方は本当に動いてばっかりだったので、切りそろえるのは無理だったようで。
じゃあ、私が切っても同じじゃない!
ということで、初散髪のあと、数週間したら、娘の前髪はまたもや私がきりました。
ちゃんちゃん。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

バレエな週末

2014-07-27 18:15:55 | 日記
猛暑の週末、基本的にはクーラーの中ですごし(笑)お出かけは、前とは違うバレエスクールの体験レッスンと、さらに違うスクールの発表会でした。


ちょっと長めのスカートを借りました。

初めて知ったのですが、日本で教えているバレエにはロシア式とイギリス式があるそうで、週末行った学校はイギリス式だそうです。
「ゴールは同じですが、そこまでのプロセスが違います。イギリス式は、はじめのころはバーレッスンをしないで、音に慣れるとか
スキップするとか、ストレッチとかいったことを基本に行います」なるほど。この前みたスクールも、さすがに4才くらいの子供に
バーレッスンはしてなかった。イギリス式なのかしら??


カエルさんになってしまった・・・

ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンスのメッソドを使っているので、年に2回、海外からエクザミナーがきて試験するそうです!
ただ、生徒が試験をうけるかどうかは、先生が判断するそうです。そのかわり、発表会は2年に1度。私が調べた限りでは、
毎年やってるところと2年に1度っていうところが半々くらい?


始まる前に水分補給。

「3歳児は個人差が激しいので、こちらからお断りする場合もあるんです。集団行動になれていない子とかいろいろあるので」
ほほ〜、体験クラスという名前で、こちらもテストされているのですね、ちょっと緊張!

集まった生徒さんはけっこう大きくて、6才くらいかな?クラスの内容は、前みたところよりちょっと行動です。
他の生徒さんよりぐんと小さい娘は、それでも一生懸命先生の真似をしようとしています。
ぎこちない動きに、先生もぷっと吹き出して「かわいい〜」。

とはいえ、母親はちょっとどきどき。やっぱりだめかなあ、こないでくださいって言われちゃうかなあ??


回転好き!

クラスが終わってから、先生とお話しました。「クラスの邪魔にはならないので、きていただいて結構ですが、
焦らないでもう少し大きくなってからでも十分だと思います。」という正直なお答え。たしかに、邪魔になってないけど、
ついてはいけてないからなあ。


バレリーナ気分。

終わってから、娘は前ほど「またやりたい!」と盛り上がっていませんが、「バレエのレッスン、また受ける?」と
きくと「うん!」。プリンセスな感じが好きみたいです(笑)。

個人的には、今回のスクールの方が、スタジオは広くて明るくていい雰囲気だし、先生もフレンドリーながらはっきり
ものをおっしゃるので、前のスクールより好感が持てます。でも、娘にとってはたしかに早いかも・・・。
まだ他のスクールの体験もあるので、様子を見ましょう。


会場いっぱい!

さて、違うバレエスクールの発表会を見せていただきました。会場はほぼ満席!会場の真ん中と前の方にカメラマンもいるし、
「招待席」と白いカバーがかかった座席もあるし、なんだか本格的。

娘は待ってるのが退屈だったのか、あっちこっち動き回り、ついでにいろんなものに触りまくり、さらに「眠い〜」と
私の膝の上で丸くなったり。
でも開演したら、自分と同じような(もうちょっと大きいかな)女の子たちがたくさんでてきてきれいなレオタードを
きてるので「かわい〜〜!」としっかり目が覚めたようです(笑)。

かわいいバレリーナたちの一生懸命な踊りは、みていて微笑ましいです。娘もいろんな衣装にいちいち「かわいい!」と
コメントしながら、席の前にあった通り道で真似して踊りだしました。まあ、邪魔になっていないからいいや、と
思っていたら、「公式カメラマン」さんから「床がゆれるので、ごめんなさい、静かにしていてください」。
あらら、失礼いたしました!!

踊れなくなった娘は、じっと見てるのがつらくなったようで、開演から1時間弱で席を立ちました。
まだ休憩を挟んで2部もあるのですが、ま、私も多少つらくなってきたので、ちょうどよかった(笑)


ママの眼鏡でしっかり見るよ!

実はこの発表会を行く前に、突然「バレエみたくない、アイススケートがいい」とごねりはじめました。
理由はよくわからないんですが。

でも、体験クラスに申し込んだら、発表会も見に来てくださいって、席も確保してもらってるし・・・
会場もそんなに遠くないし。
どうにかなだめて連れて行った発表会でしたが、子供たちが踊っているのをみて楽しんだようで
「バレエやりたい」とまた言いましたが、これもいつまで続くやら。

あといくつか体験クラスを受ける間に、もしかしたらバレエ熱もさめるかも・・・??
同時に、発表会で娘を見てみたいなあ、という親ばか心もむくむく(笑)。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

プリンセス・クッキング、ディズニー・オン・アイス

2014-07-24 08:26:40 | 日記
いやあ、暑い!すでに梅雨が懐かしい・・・中、ベーキングしましたですよ。


プリンセスのクラウンとプリンセスの台紙でやる気満々。

youtubeで、紙粘土を使ってお人形の洋服をつくったり、お菓子を作ったりする映像をよく見ていたので、自分でもやりたくなったのか、
「クッキーつくりたい!」と娘が言い出したからです。


のばせ、のばせ

この暑いのに・・・と思いながらも、「つくる、つくる、つくる〜〜!」の絶叫にまけて、ひさびさにクックパッドを開きました。
バターを使わない、簡単な型抜きクッキーのレシピ。本当に簡単でした!

http://cookpad.com/recipe/600690


型抜き大好き!

東京に戻ってきてからは、ケーキやクッキーもおいしいのが手軽に買えるし、出来合いのお惣菜もあるし(笑)、煮たり、焼いたり、
チンしたり、はあっても、オーブンを使うのは久々でした。
いやあ、それにしても真夏のベーキング、暑さ我慢大会です!


できた〜!

私がお砂糖の量をちょっと間違えたので、かなり甘〜いクッキーですが、本人はとても満足そうです。


これから見るよ〜!

さて、我慢大会のあとは、夏にうれしい氷の舞台、「ディズニー・オン・アイス」を見てきました。


はじまるよ〜!

プリンセスがたくさん登場する、華麗な舞台、目を見張るアイススケーティング演技に、娘はすっかり夢中・・・とは
いえ、休憩含めて全部で2時間くらいの舞台、さすがに最後の方は、動きたがりましたが(笑)


シンデレラの馬車!

見終わって「アイススケート、やりたい!」と娘が言うので、検索したら、東京にオールシーズンのアイススケート場、いくつか
ありますね。はるか昔にどこかに行った記憶がありましたが、ウン十年前の話だし(笑)。
真夏のアイススケート、これは涼しくてよさそうだ、と来月あたり連れて行こうと思いましたです。


空中に舞うラプンツェル

ところで、私はディズニーランドに行ったことがありません。ディズニー・シーは、何年か前、「それはいけない!」と
お友達が連れて行ってくれて、楽しかったのですが、なんとなくそれっきり。


プリンセス製品に釘付け。

このアイススケーティングのショー、私にとってもけっこう楽しかったので、そのうちディズニーランドに娘を連れて行く、
つまり自分自身のディズニーランド・デビューも考えよう、と思ったのでした(笑)。



コメント (0) |  トラックバック (0) | 

プリンセス・クッキング、ディズニー・オン・アイス

2014-07-24 08:26:40 | 日記
いやあ、暑い!すでに梅雨が懐かしい・・・中、ベーキングしましたですよ。


プリンセスのクラウンとプリンセスの台紙でやる気満々。

youtubeで、紙粘土を使ってお人形の洋服をつくったり、お菓子を作ったりする映像をよく見ていたので、自分でもやりたくなったのか、
「クッキーつくりたい!」と娘が言い出したからです。


のばせ、のばせ

この暑いのに・・・と思いながらも、「つくる、つくる、つくる〜〜!」の絶叫にまけて、ひさびさにクックパッドを開きました。
バターを使わない、簡単な型抜きクッキーのレシピ。本当に簡単でした!

http://cookpad.com/recipe/600690


型抜き大好き!

東京に戻ってきてからは、ケーキやクッキーもおいしいのが手軽に買えるし、出来合いのお惣菜もあるし(笑)、煮たり、焼いたり、
チンしたり、はあっても、オーブンを使うのは久々でした。
いやあ、それにしても真夏のベーキング、暑さ我慢大会です!


できた〜!

私がお砂糖の量をちょっと間違えたので、かなり甘〜いクッキーですが、本人はとても満足そうです。


これから見るよ〜!

さて、我慢大会のあとは、夏にうれしい氷の舞台、「ディズニー・オン・アイス」を見てきました。


はじまるよ〜!

プリンセスがたくさん登場する、華麗な舞台、目を見張るアイススケーティング演技に、娘はすっかり夢中・・・とは
いえ、休憩含めて全部で2時間くらいの舞台、さすがに最後の方は、動きたがりましたが(笑)


シンデレラの馬車!

見終わって「アイススケート、やりたい!」と娘が言うので、検索したら、東京にオールシーズンのアイススケート場、いくつか
ありますね。はるか昔にどこかに行った記憶がありましたが、ウン十年前の話だし(笑)。
真夏のアイススケート、これは涼しくてよさそうだ、と来月あたり連れて行こうと思いましたです。


空中に舞うラプンツェル

ところで、私はディズニーランドに行ったことがありません。ディズニー・シーは、何年か前、「それはいけない!」と
お友達が連れて行ってくれて、楽しかったのですが、なんとなくそれっきり。


プリンセス製品に釘付け。

このアイススケーティングのショー、私にとってもけっこう楽しかったので、そのうちディズニーランドに娘を連れて行く、
つまり自分自身のディズニーランド・デビューも考えよう、と思ったのでした(笑)。



コメント (0) |  トラックバック (0) |