アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニー移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

また風邪ひいたけど、漢方集中講座。

2016-02-08 01:55:58 | 日記
青色申告準備中、なんだか面倒だなあと思っている最中、やっと治ったと思った副鼻腔炎の後、また鼻炎というか鼻風邪をひいてしまった・・・全く。


お人形さんの真似をして、おちょぼ口。


それでもめげずに(?)ここ数週間の間に、昔の同僚の集まりがあったり、久々の大学の同級生にあったり、個人的にこれまた20年ぶりくらいの元同僚にあったり、
懐かしい話をする機会が結構あって嬉しいです。

その当時に戻っちゃうのね、その人たちと一緒にいた時や場所に。
普段忘れてるんだけど、その時のことが次々思い出されて、フラッシュバックがどんどん出てきて、映画のよう。
記憶って不思議・・・同時に、名前とかタイトルが出てこなくて「あれ、それ、これ」が増えてもいますです(笑)。


おちょぼ口。

補中益気湯を服用していはいるけれど、こうやってまた風邪ひくってことは気が足りないのかなあ、なんて思いながら、
先日受けた、漢方個人カウンセリングをしてくださった藤巻さんの漢方集中2日講座の第1日目を、勧めてくれたお友達と
一緒に受けてきました。

http://ameblo.jp/wakuwaku-youjyou/


講座のランチは、とっても美味しいベジタリアンのお弁当。

気血水(津液)の話、気が足りないと気虚、血が足りないと血虚、気が停滞していると・・・、あれがこうで、ああなって。こうなって・・・と頭がいっぱいです(笑)。
でもバランスがいかに大事か、というのはわかりました。

そのバランスがあるからこそ、同病異治(同じ病気でも症状が違い、治療法が違う)とか異病同治(違う病気が幾つかあっても一つの同じ治療で
治ってしまう)とか、病気だけでなく、その人の性格や習慣なども含めた整体としてみる(これ、英語で言うholisticに見る、全体的に見る、という意味だったんですね〜)
ことの大切さなどを学びました。

あとは季節によって養生を変えるとかね。節分は、立春、立夏、立秋、立冬の前の日ごとにあって、それぞれ土用と呼ばれる18日から19日の
要注意期間があったんだけど、今は立春の前の日の節分と夏の土用の丑の日だけが残っている・・・そういえば、保育園のお便りにも、
似たようなことが書いてありました。


講座のおやつに薬膳スイーツも頂きました。

個人カウンセリングの時にも言われたけれど、食事、漢方薬など取り入れるもの、そして運動や睡眠などのライフスタイル、そして心の持ち方
どれも同じくらい大切、ということ。いくら漢方や食事を気をつけても、心配ばっかりしていると、せっかく取り入れたいい気が漏れてしまう。
そして個人のその時の体質によって、食べるといいもの、やるといいことが変わってくる。だから最終的には体の声に耳を傾けることが
大切。これって結構難しいですよね。「まだまだいける」って無理しちゃったり・・・。


ママが作ったチョコレートケーキ、がぶり。

なーんて言いながら、私は体の声をよく聞いている、というか、かなり無理してません。
昨日もだるいので半日寝ていて、少し動いて、夜も娘と一緒に寝てしまった。冬眠状態なのか、気が少ないのか、
もしかしたらまた甲状腺が低下しているのか、最近、ものすごく長く寝る日が結構あります。


う〜ん、おいし〜!

鍼灸の先生にも一度調べた方がいいかも、と言われたので、甲状腺治療で有名な伊藤病院で検査してきました。
結果はこれから。ちょっとドキドキ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今度は違うハンサム君と撮影。「プリキュア・ミュージカル」と東京コミュニティスクール。

2016-02-02 15:55:13 | 日記
気がついたら、もう2月!また今年もあっという間に終わりそう・・・なんて思いながら、また娘の朝早い撮影に行ってきました。


お別れのハグ&キス!

いつもより数時間早い起床時間、今回は前回ほどパキっとは起きませんでしたが、それでもいつよりはぐ〜んと素早い身支度。車中ずっと眠っていた
娘は、スタジオについたら、パキっと目が覚めましたですよ。またもやハンサム君5歳がいたから(笑)

ハンサム君の妹ちゃんは2歳の可愛い巻き毛の女の子で、娘はみかんを剥いて、筋を取って口まで持って行ってあげたり、あらら、またお姉さんやってます!
「赤ちゃん、可愛いね」と嬉しそうですが、2歳はもう赤ちゃんじゃないよ。


「赤ちゃん」のそばをうろうろ。

撮影の最後にハンサム君とのツーショットがありました。

おやおや・・・?私のみならず、スタッフの方々も「あれれ?一人の時と違うねえ。なんだか急に女の子っぽくない?笑い方とか、髪の毛の触り方とか??」
ちょっとシナ作ったりしてる!我が娘ながら、すごい!と感心してしまいました(笑)。

でも、それも最初だけ、途中から、「ちゃんとしてよ!手を下げて!」などと1歳年上のハンサム君を叱って、威張ってます。やっぱり
本質は隠せないものでございますな(笑)。

とはいえ、お別れする時、しっかりハグハグ。「キスもしちゃった〜!」とホクホクな娘。「今日はハンサムな子もいたし、可愛い赤ちゃんも
いたし、可愛いお洋服たくさんきれたし、楽しかった〜!」と帰り道、上機嫌でございました。

ハンサム君たちは、なんとシドニーから4年前に東京に引っ越してきたとのこと。
付き添いのお父さんとシドニー話に花が咲き、娘だけでなくて私たちも楽しかった撮影でした。

そう、娘の撮影で、他の親御さんたちとのおしゃべりが楽しいことが結構あります。前回はアメリカの軍人さんとポーランドのダンサーさん。
共通の知り合いがいたりして、「世界は狭い」としみじみ。
いやあ、悪いことは出来ないですねえ(笑)。


プリキュア・オン・ステージ!

週末には、娘が保育園だかでチラシを見つけてしまった、プリキュアのミュージカルに連れて行かされました。

新宿文化センターは、98%「小さいお友達」と言われる女の子を連れた親たち、残りは「大きいお友達」の男性とか女性。
ディズニーものとかね、他の子供向けの舞台は、結構私も一緒に楽しめるものがあるのですが、プリキュアは辛い・・・。
夫を始め、他のお父さんたちも居眠りしている様子(笑)。


一緒に踊ってる、つもり。

プリキュアのメンバーと一緒に踊る、という場面だけ撮影許可されていて、子供たちも席を離れていい。娘は最初はきゃあきゃあ言って舞台側に
走って踊っていましたが、最後の方は「疲れたからいい」!プリキュアの風船だか何かを買った人は、公演後、一緒にプリキュアと写真撮影だか
握手だかできるのですが、長蛇の列を見た娘は「う〜ん、いいや、帰ろう!」と割とそっけない(笑)。

保育園のみんなの影響で「プリキュア好き」と言ってるだけで、本当はそれほど好きじゃないんじゃないか、と私は密かに思ってます。DVDを借りても、
あんまり見ないし。いや、これって希望的観測(笑)?


梅が満開です!

ところで、東京コミュニティースクールという小学校で、生徒によるプレゼンテーションを見てきました。

http://tokyocs.org/

いやあ、すごい!感心しまくりでした!

小学1年生も、たくさんの保護者や私のような見学者が見ている前で、もじもじしたりしないで
堂々と発表しているのです。

1、2年生は自然災害のいいところと悪いところ、を起承転結のある4枚の紙芝居にして発表していました。
つまり、自分で台風なり津波なり地震なりを選んで、それのいいところと悪いところなどを調べ、さらに紙芝居という
ストーリーを作らなくちゃいけない。とても高度な課題だと思うのですが、一人一人、みんなそれぞれよく調べて、またストーリーも
面白く、立派な発表で、楽しませてもらいました。

3、4年生は、自然エネルギーの中でも、電気にフォーカスして、環境に優しく電気を使う方法などを発表し、5年生は、1年生から6年生までの作文集を作る編集作業について発表し、ちゃんとオープニング映像まで作っていました!

6年生は一人しかいなかったのですが、なんと映画を作り上げていました!今はいろんな機器があるから、技術的にはぐんと作りやすくなったとはいえ、
小学生が脚本、絵コンテ、演技、編集まで、周りの協力があるにせよ、一人で作ってしまうなんて、すごすぎます!

どのプレゼンテーションにも、最後に質疑応答の時間があり、これまた立派に受け答えをしていました。1月最後の発表ということで、すでに
何度もプレゼンテーションを経験してきたとはいえ、1年生の発表の立派さには本当にびっくりしました。


気をつけ!?

この東京コミュニティスクールは、文部省のカリキュラムに沿っていない、「フリースクール」なので、ここの学校に通っても、所属は近くの公立の小学校になるそうです。
前に訪れた「東京サドベリースクール」もフリースクールという同じ枠組みなのですが、内容はほぼ真逆。いやあ、いろいろありますねえ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハンサム君たちとツーショットな日々。

2016-01-28 00:07:17 | 日記
先週末から娘は、かっこいい男性とツーショットを撮り続けております!


「弟」くんとぴーす!

娘が「私の弟」と呼んでいる、もう少ししたら1歳になる男の子は、通訳仲間の息子さん。保育園の送り迎えが夫の担当なので、ご近所に
ママ友があまりいないのですが、幸運なことに、もともとのおともだちがそのままママ友になることが結構あります。
娘より年上のお子さんが多いのですが、この子は珍しく年下。なぜか二人並ぶと姉弟に見えるような?


娘が7ヶ月くらいの時。似てません?

いつもは私たちに対しても、いとこたちに対しても、甘えん坊丸出しの娘ですが、この「弟」君には、大きいお姉さん気取りなのが
おかしいです。「いつもと違って、お姉さんだね」というと「だって、この子が来ないと、大きいお姉さんになれないんだもん!」
なるほど、立場ってやつですかね?


いつもは甘えん坊なのに、「弟」にはお世話してる!


でも、泣いちゃう(笑)。


やっぱり、私じゃ、ダメ?(しゅん)


本人はお世話する気満々の4歳児ですが、やっぱり0歳児にとっては不安定なお世話役なのか、すぐに泣いちゃう(笑)。
それを見てしょげる娘。そのやりとりを見て、大人は大笑いしてます!


落語の鳳楽師匠と。


今年もまた長年お付き合いいただいているご夫婦の自宅寄席に読んでいただきました。三遊亭鳳楽師匠とお弟子さんの落語を、
まず私だけ楽しみました。下ネタが結構出てきて、大笑いしちゃいました。
日本語を勉強中の人には、落語はかなりハードル高いでしょうね。中国から慶応大学の大学院に留学している
学生さんが一人いましたが「しょんべんって何ですか?」と真顔で質問していました(笑)。

夫と娘には難しいので、落語の後の、宴会から参加しました。

日本語で自己紹介をした夫に「日本語お上手になりましたね〜!去年は全く話さなかったのに!」とみなさんに褒められて、良い気分だった
ようです。


ごちそうたくさ〜ん!

この宴会には、一回り年上の「お兄ちゃん」もいました。一人っ子の16歳なのに、ものすごく面倒見が良くて、安心して娘を
任せてしまいました。イマドキの高校生ってみんなこんなに頼もしいの?いや、彼が貴重な存在なのかな?


「ハンサム」君と。

先日、朝8時に新木場のスタジオ集合で、撮影をしてきました。いつもより何時間も早い起床なのに「フォトシュートだよ」というと
ベッドから飛び上がる娘、わかりやすいです(笑)。他に同じような年齢の子供モデル3人、男の子二人、女の子が一人いました。
一人の男の子を見て、娘は「ハンサムだね!でも誰にも言わないで・・・」。気がついたら、娘はちゃっかり隣に座って、
二人で絵本読んでました!


スカイツリーの向こうに富士山が見える・・・はずですが、この写真ではわかりませんね。

高速に乗ったら、快晴の朝、富士山がくっきり見えました!あんなにはっきり見えるのか〜と夫も感動。「わざわざ富士山の近くまで
行かなくてもいいね」(笑)。





去年、撮影した、こういう写真が数枚入った本が、今月出版されました。「大人に似合う、エコアンダリヤのバッグと帽子」という編み物の本で、
娘の写真が数点入っています。もし見かけたらペラペラめくってみてくださいませ。購入していただいても、私たちには何も入りません、念のため(笑)。


表紙はこれです。朝日新聞出版から出た本です。

こういう帽子とかバッグ、ちゃんと編む人たちがいるんですねえ、すごいなあ・・・!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

汗をかくと、「気」が出てしまう!

2016-01-25 14:42:35 | 日記
先日、薬剤師さんでもあり漢方にも詳しい方に個人面談していただきました。


なんとなくプリンセス気分。

去年は、お正月から内耳炎、続いて難聴でステロイドを飲み、夏風邪が1ヶ月以上長引き、肩こりがひどくて困り、11月くらいから2ヶ月以上風邪が治らず、気管支炎になり、今年のお正月には副鼻腔炎になり、と、どうも体調がすぐれない期間がかなり長かったのです。たまたまお友達が個人面談をしてもらって、とてもよかった、というので、じゃ、私もというわけで、この方に見ていただきました。

http://ameblo.jp/wakuwaku-youjyou/

なるほど〜と目からウロコがぼろぼろ落ちましたですよ。

私の体質として、体の中の気が少ないので、汗をダラダラかくと、気が出ちゃって、弱ってしまうそうです。
なるほど〜、だから、数年前、シドニーにいた時、甲状腺低下症をお薬とサプリでどうにか治し、体力をつけようとビクラムヨガを
3ヶ月ほぼ毎日集中してやったら、そのあと風邪が1ヶ月以上治らなかったんですねえ。


自転車、乗ってきました。

さらに、プールで泳ぐのが好きなんですが、冬はどうも風邪をひいてしまう。それは水泳が良くないのではなくて、そのあと、
体を温めようとサウナに長時間入って汗をダラダラかいていたのがよくなかったようなのです。

私のようなタイプは、汗をかかない、普通のゆったりしたヨガとか、ダラダラ泳ぐ水泳などはとてもいい、とのこと。
泳ぐのが大好きなのですが、冬は風邪をひくから控えていたのですが、最後にサウナでなくてお風呂で温まればいいと
わかり、早速ジム通いを再開しました(笑)。


おっと〜。

食べ物についても、なるべく体を冷やすもの、生魚、生野菜、生の果物などは避けるように、でも朝少し食べるならいい、など
細かいアドバイスをいただきました。ま、結局は自分の養生の仕方についてのアドバイスをいただいたわけです。

面白いなと思ったのが、食事、運動、心の持ち方(考え方)、どれも同じくらい養生としては大切だそうです。なるほどねえ。
確かに私の祖母は104歳ですが、かなり健康です。お肉もお魚もお野菜もなんでも食べるし、毎朝ヘルパーさんと一緒に
お散歩するし(一時は加圧トレーニングしていたし!)、基本的に前向きというか切り替えが早くて、好奇心旺盛です。
(さすがに最近は物忘れが激しいので、切り替えが早いというより、忘れちゃってるのかもしれませんが!)

あんまりくよくよしていると、気が減るそうです!せっかく運動して、いいもの食べても、心配していたら、せっかく
いい気を集めても、減っちゃうんですねえ、もったいない(笑)。

あとね、個々人でものすごく違う、だから一般論でこれがいいと言われても、最終的には自分の体の声を聞くことが大切、と
いうことも教わって、確かにそうだよなあと、これまた納得しました。体質がいろいろですもんね。同じもの食べてもアレルギーになる
人もいれば、平気な人もいるわけで。お酒をいくらでも飲める人もいれば、下戸もいるし(笑)。


ブランコ大好き!

ブースト役として漢方もいいですね、という話で、一昨年半年以上飲んでいた補中益気湯を勧められました。
面談をしてくださった藤巻さんは、ご自分ではお薬を売らないので、あくまでアドバイスするだけです。

漢方を処方してくれるお医者さんに舞い戻って、早速処方してもらいましたです(笑)。

そういえば、一昨年は風邪は引いたけれど、それほど長引きませんでした。気功を始めたからかと思っていたけれど、
補中益気湯をずっと飲んでいたのもあるかもしれません。

去年は補中益気湯を全く止めていました。気功やってるから大丈夫だろうって思っていたんですけど、その割に
風邪よくひくよなあと疑問に思っており(笑)。ま、漢方もまた再開いたしましょう。


りすさんに乗っかっちゃった〜。

題名を忘れましたが、イギリス人だったかな、老後について楽しいエッセイを書いた本を読んだことがあります。年取って来て、もうそれほど長生きしなくて
いいと思ってるからタバコ再開した、とかね(笑)。その中でなるほどと思ったのが、「年をとると病気とか不調が増える一方なので、老人同士の
会話は話が弾んでいい」!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大雪の朝のカタログ撮影と東京サドベリースクール。

2016-01-19 02:28:08 | 日記
暖冬だと思っていたら、ちゃんと(?)大雪降りましたね。


朝一番、雪と遊ぶ。

カタログ撮影(いや、お洋服作りの本だったかも?)のため、いつもよりずっと早い時間に娘を起こそうとしたら、当然のごとく「眠いのおおお」とぐずりました。
でもね、「雪だよ」と囁いたら、文字どおり「ガバッと」起き上がり、窓まで走ってブラインドを開け「ああああ、雪だああああ!!」と
大喜びして、すぐに着替え、あっという間に外に出てしまいました(笑)。


ヘアメイク用の鏡の前にあるタブレットに釘付け。

撮影スタジオに朝9時集合だったので、だいたい1時間くらいかかるだろうと8時前、7時45分頃に家を出ました。が、大雪でダイヤが乱れまくり、
やっとスタジオに着いたのが、10時45分!3時間もかかっちゃいました!最後に着いた駅からタクシーに乗ろうとしたら、そこでも30分近く待たされ
寒いのなんの・・・。それでも雪が楽しい娘は、ルンルン気分で「寒い、寒い」と言いながらも、歌ったり踊ったり。


お着替えしま〜す!

髪の毛をカールしてもらって、「可愛い!別の女の子になっちゃった!」と鏡に映る自分にうっとりしたり、いろんな可愛いお洋服を
きて、カメラウーマンさんや、スタイリスト、ヘアメイクさんなど大人に「かわい〜」と言われ、さらに楽しくなっちゃったようです。
もう一人いた1歳年上の女の子は、娘とは日本語で話し、一緒に来ていたお父さんとはフランス語で話していました。


わ〜!!

それを見た娘は「違う「お話」(言葉という意味でしょう)するんだね」と感心した様子。同時に「私はママのお話(日本語)とパパの
お話(英語)と、あとポーリッシュ(ポーランド語)の3つのお話ができる!」と競争心を発揮(笑)。ポーランド語のクラスに一度行ったきりで
嫌になって辞めたことは、すっかり忘れたようです。確かにここ数週間、夫にポーランド語の絵本を読んでもらったりして、興味は
少し出てきたようですが、フランス語を話すお姉さんを見て、さらにやる気が出たようです(笑)。
帰り道、夫に「これはポーリッシュでなんというの?」と色々聞いていました。


パパと一緒にひらがなの練習中(この時だけ)。

週末、東京サドベリースクールという、デモクラティックスクール、分かりやすく言うと授業も学年もない学校(!)の学校説明会に
行ってみました。

http://tokyosudbury.com/

アメリカで50年くらい前に始まったサドベリー・バレー・スクールをモデルにして、日本では8つくらいサドベリースクールが
あるそうです。


最初だけ、父兄と一緒に説明を聞いていました。

子供自身がやる気を起こして、スタッフなどに働きかけない限り、何もしてくれない学校なのです。下手すると何年も、学校に行って
毎日ゲームをして過ごすこともある。5歳から18歳まで(現在は7歳から17歳までいる)の異年齢の子供達が一緒に過ごすことで
なんらかの刺激を受けたり、受けなかったりして、ある時何かに興味を示せば、ものすごく吸収が早いそうです。


ホットケーキ、小さいのたくさん焼いてみました。

その代わり、興味をいつ、何に示すかは、誰もわからない。下手すると11歳まで読み書きがロクにできないこともあるそうな・・・。
ただしアメリカでは、学校を卒業するまで読み書きができないままだった人はいないそうですが!

この学校に通う生徒さんや保護者、スタッフに色々お話を聞けて、興味深かったです。
現在ではかなり普通でない学校なので、通わせる親御さんの決意も相当のものだなあと感心しました。

果たして私や夫がそこまで覚悟があるかどうか、まだわかりませんが、東京サドベリスクールの便利なところは登校時間が朝10時から11時というところ(笑)。
うちから通うと1時間ちょっとかかるのですが、この登校時間のゆるさなら、朝9時前から10時前くらいまでに家を出ればいいので、
通勤ラッシュにもかからないし、早起きしなくていいな、なんて不埒なこと考えてしまいます(笑)。
だったら近くの公立の小学校に通えばいいわけだし、もちろんそれも考えています。


子供のアトリエにて。

大学だか高校の時にシュタイナー教育の本を読んで、面白いなあと思いました。自分に子供が生まれるずっと前に、サドベリースクールの
本も読んだことがあったので、また、今の日本にどんな学校があるのかなあ、という社会科見学的な興味があるのですね。
娘をどこに通わせるか、ということももちろん考えていますが、どっちかっていうとそれは後付けかもしれない??


一人でカード作ってます。


バブルの頃に会社勤めをして、5年くらいでやめて、そのあとなんとなくコーディネートとか書籍翻訳とか通訳とかフリーランスでやってきたので、
私自身必ずしも世の中の主流にいるわけではありません。
でも、高校でイギリスに1年留学した以外、日本の文部省に認可された学校や大学、つまり普通の教育を受けました。

29歳で英語が全くできないままオーストラリアに移住し、左官屋さんなどを経て、大学院に入り、就職し、起業し、しばらく自分で会社経営をし、そのあとフリーランスになり、
これまた日本語が全くできないまま日本に住み始めた、というさらに主流でないところにいる夫も、
ポーランドの学校や大学、つまりその国の普通の教育を受けました。


3人でお昼一緒に食べたよ〜!

なので、その国の普通の学校に通っても、その国の普通(それ自体も変わるし)の働き方をするわけではないし、勝手にみんな
動いていくんですね。
学校も大事だけれど、家庭とかその周りの環境の方が影響が大きいのかな、と思ったりもして。あるいは、遺伝子とかね、
持って生まれた資質みたいなものも大きいだろうし。


お天気良くてあったかかったの、この日は。

でも、昔なかったような学校が出てきている、ということ自体が面白いと思うので、他にも何か面白そうな学校があったら見てみたいと
思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加