アラフィフ新米ママの東京ぐうたら日記

45歳でできちゃった婚、46歳でいきなりシドニー移住&出産&右往左往の育児2年半ののち、東京に戻ってきました。

歌占カードと紅葉の六義園。

2016-12-06 17:00:21 | 日記

クリスマスツリー、今年はほとんど一人で飾ったよ〜!

夫から始まり、娘、そして私、と家族3人仲良く風邪をひいた先週の後半。
やっと歯医者が終わった夫は、風邪の症状も少し治まってきましたが、娘が熱を出し続けるので小児科へ、さらに鼻と喉が辛い私は耳鼻科へ。

マイコプラズマも流行っているので、2日経ってよくならないようなら、再診してくださいと
言われ、小児科には2度かかりましたが、おかげさまで普通の風邪という診断で、ほっ。


猫ちゃんのイラストがかわいい歌占カード。

そんな時に、お友達からの早めのクリスマスプレゼントの「歌占(うたうら)」カードが届いたので、早速占いごっこをしてみました。

平安時代に、巫女さんが神がかって和歌を作ったのが占いの始まりだったとかで、和歌の占い、だから歌占(うたうら)。
今のおみくじのルーツだそうです。そういえば明治神宮は、確かおみくじは和歌しかなかったような・・・?

あらら、当たってるかも!というと「どれどれ」と夫と娘も興味を示したので、一緒にカードを引いてみました。
呪歌と呼ばれる和歌を3回唱えて、8枚カードを並べて・・・という「儀式」もなんとなくそれっぽい気分(??)になるし、
和歌自体の説明もあるので、ちょっと雅な気分になれます(笑)。

和歌の解説を英訳しながら夫に説明すると「うん、うん、なるほど〜」。娘のカードも説明すると、「そうそう!」
とどこまでわかってるんだか(笑)。

ちなみにこのカードの無料占いもあるので、お試しを!

http://pr.yakan-hiko.com/utaura/




六義園にて。

おこもりがちな日々を過ごしたら、少し元気になってきたのでちょっと外に出てみることにしました。

お天気もいいし、それほど寒くもないので、まだちゃんと見ていなかった紅葉を見に六義園へ。


マスクしてます。

本当は近くの公園で遊びたかった娘は「お庭だけの公園なんてヤダ〜!」と抵抗しておりましたが、
行ってみたら、ぴょんぴょん飛び歩いたり、どんぐりを拾ったり「楽し〜!」


階段を駆けおりる!

去年も、一昨年も、紅葉のライトアップを六義園で見たのですが、今年は夜は見ないままに終わりそうです。
日中も、日曜日だったせいか、かなりの混雑でした。


上から見ると、あんまり紅葉ないんですが・・・。


江戸太神楽の曲芸。

傘の上でお茶碗を回したり、棒の先に水の入ったコップを乗せて回したり、といった曲芸もたまたまやっていて、
娘も大喜びで見ていました。地味な芸ではありますが(笑)、近くで見ると、すごい芸だと感心させられます!


六義園の外には、アンパンマンのお店が。


夜になるとライトアップするであろう、天使とユニコーン。

師走に入ったのに、おかげさまでのんびりとした秋の週末を過ごせたのは、風邪をひいてペースダウンしたからですね。

これからいよいよ寒くなるので、お互いに気をつけましょうね〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

のんきな(?)歯医者さん

2016-12-02 23:10:25 | 日記

ダリ展に行ってきました。これしか写真許可されていないのですね。

夫は1年に1度くらい歯痛に苦しむのですが、今回もいきなりやってきました(笑)。なので、一番近くにある歯医者さんに、
またもやお世話になりました。


ネットから。ダリ展、グッズも充実していました。


歯医者さんご本人が「うちのレントゲン、かなり古いから、ボケちゃってよくわからないんだけどね」と正直に認めてしまう(笑)、
昔気質の歯医者さんで、夫は結構満足しています。何しろ歩いてすぐだし、空いてるから、すぐに診てくれるし(笑)。


デジタル完全修復版「家族の肖像」の試写を見てきました。ヘルムト・バーガー美しい・・・

でもね、私は行きません。インプラントがすでに2本あったりして、いろいろ現代的な技術を必要とする歯なので(?)、古いレントゲンの
歯医者さんに行くのは危険を感じるからです(笑)。


「家族の肖像」のシーンから。来年2月11日から岩波ホールで上映。

夫の通訳で、歯医者さん通いに付き合っていますが、「あなたの歯は大丈夫?定期検診してる?」と私の歯も気になるようです。
「はい、インプラントを入れているので、定期的にチェックしてクリーニングしています」と答えると「日本でやったの?インプラントって
本当は大変なんだよね。骨粗鬆症の検査とかしなくちゃいけないし。ちゃんと大きい病院でやった?」と心配してくださいます。

「日本です。小さいところでしたが、10年くらい経っても問題ないので、大丈夫だと思っています」と言うと、「ふ〜ん、そうかあ・・・」と
安心したというよりは、ちょっと残念そうな感じ(笑)?


去年に撮影したトヨタ「シエンタ」のカタログ用の写真をもらいました。後ろ姿も、今よりぐんと小さい。

風邪のせいで保育園をお休みした娘も連れて行きました。隣の両親が不在で、ちょっと見てもらえる人がいなかったのです。
以前も夫の治療の時に、他に見てくれる人がいないから連れて行ったことがあります。

大きくなったね〜。口開いてごらん。あ〜、綺麗な歯だね〜とニコニコして言う歯医者さん。
「他に誰もいないから、ちょっとこの椅子に座ってみる?何もしないよ〜」遊ばせてくれるのか、とありがたく座らせました。
「面白いでしょ?また、口開けてみて。あれ〜、ちょっと穴があるねえ。」
と私にも見せます。確かに少しだけ黒くなっている点が見えます。

「どうせだから、うめちゃおうか?削らなくていいし。ね、簡単だよ。保険証は後で持ってきてくれればいいし」と歯医者さん。
ええ、いきなり〜?と思いましたが、まあ、本人もそれほど怖がっている様子もないので、お願いすることにしました。

ちょっと嫌そうな顔をしましたが、されるがままになっていた娘、治療の最後の方に騒ぎ始め、最後にはギャンギャン大泣きする始末。
「ちゃんと埋めたんだけどね、最初に入れたお薬がちょっと漏れちゃって、苦かったんだろうなあ」とのんきな歯医者さん。


同じくトヨタ「シエンタ」の写真から。ちっちゃいなあ〜。

家についても泣いたままの娘を夫に任せて、すぐに保険証を歯医者さんに持って行きました。

「娘さん、大丈夫?いや〜、子供はさ、ああいうことがあるともう歯医者さんに行きたくないっていうんだよね〜。
だから最初の体験は大事なんだよね〜。トラウマになっちゃうからさ〜」と歯医者さん。

あのお〜・・・・先生、わかってるなら、気をつけてください!!こうなりそうだと思ったから、最初の検診はここにしなかったんですよ!
よくよく調べて、今の所、娘が行くのを楽しみにしている歯医者さんにしたんです。今回だって、別に見てもらうつもりじゃなかったのに、先生が
勝手に口開けさせて治療したがったんでしょ?!・・・と言いたいのを、ぐっと飲み込んで「そうですよね〜」と、にこやかに(自分なりに)答えました。

えらいぞ、私(笑)!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校の展覧会、Everly ファミリーコンサート、「君の名は」鑑賞にDVD「神様メール」、そして「この世界の片隅に」

2016-12-01 01:22:13 | 日記


近くの小学校の展覧会にて。

土曜日のポーランド語のクラスがなくて、のんびり〜と思ったはずなのに、いつもより忙しくなってしまった週末。


やはり展覧会にて。

いとこたちの通う小学校の展覧会見学しましたが、期待していたよりずっと立派な展覧会でびっくり!
体育館いっぱいに並んだ作品は壮観でした。



保育園を見慣れた目には、小学校はものすごく大人に感じました(笑)。
感心しながら、その後図書館で絵本を読んでから、公園で寒くなるまで遊んでいました。

私は途中で夫と公園当番(?)を交代しましたが、かわいそうに、夕方まで付き合わされた夫は、すっかり体が冷え込んで、
次の日、風邪が悪化していました!


Everly

次の日は、午前中はEverlyというグループのファミリコンサートに行き、午後には娘が選んだ「君の名は」を見に行き、帰りにはお買い物。


Everlyは、小学校や保育園、幼稚園も回っています。

娘の通う保育園にきてくれたEverlyの二人、ピアニストとヴァイオリニストの兄弟が、いろんな曲を演奏してくれたらしい。
あの人たちのコンサートに行きたい、というリクエストに答えて連れて行ったのですが、娘は最後はちょっと飽きちゃったみたい(笑)。


大ヒット中「君の名は」

コンサートのあと「また映画が見たい」と娘が言い出し、どれを見ようかとネット検索をしていたら「これがいい!」と
指差したのが大ヒット中の「君の名は」。「ちょっと大人っぽいかも?」と私が言うと「いいの、この男の子、ハンサムだから。
それに、ラブの話、好きだし」と娘(笑)。


風景がリアルで圧倒的。

「途中で退屈になったら、すぐにママに言うのよ。外にでるからね。プリキュアの時みたいに騒いじゃいけないのよ」と何度も言い聞かせて
映画館に入りましたが、なんと最後まで娘はちゃんと見ていました。
5歳児をここまで引きつけるとは、すごい映画です!


ぶらぶら〜。

シーンの回転が早いし、画面も綺麗なのが、良かったのでしょうか?
時々「これはこういうこと?」と私に質問し、答えると「ああ、そうか〜」とまた静かに映画に向かいます。

私は、娘が騒いだら外に出さなくちゃ、と構えていたので、十分映画に集中したとは言えませんが、
思ったより楽しめました。風景がとてもリアルで、綺麗なんですね。キャラクターの顔は、私の好きなタイプの絵ではないのですが、
ストーリーの展開が面白くて、惹きつけらました。

5歳児のみならず、50歳児(?!)も楽しめましたです(笑)。


自分でシャツに猫ちゃんを描きました〜!

家に戻ったら、私が借りて見ていたDVD「神様メール」をもう一度みたいと娘がせがみます。フランス語なので、セリフは全く
わからないだろうし、字幕だってもちろん読めないので、言語的な理解はゼロなはずですが、なんとなくシーンごとのおかしさが
気に入ったようです。



この映画、な〜んとなく「アメリ」を思い出させるタッチなのですが、そういえば、娘がよちよち歩きの時「アメリ」が大好きでした。
というか、じっと見入ってました。この時も言語的理解はゼロなはずですが(笑)、何か画面の中で起きていることが面白そうに
感じたんでしょうね。



レディースデーの今日、お友達が大絶賛していた「この世界の片隅に」を見てきました。「君の名は」はキラキラした色あざやかな映像ですが、
「この世界の」は水彩のような優しい色合いで、しみじみと愛おしさを感じる映画でした。見終わった後から、さらにじわじわくるので、
歩きながら涙が出て困りました(笑)。

戦争が背景にある中で、時には激しく動揺しながらも、淡々と健気に毎日を暮らしていく主人公たちの姿が愛しくて、尊くて、切ないけど、希望があって・・・。


うさぎの耳とミニーマウスのリボンを合体させたカチューシャ。

こういう映画も娘に見せたいですが、途中で飽きちゃうかなあ??
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来日と「魔法使いプリキュア」鑑賞、保護者面談。

2016-11-24 17:19:33 | 日記

昨日から公開してます。

54年ぶりに11月に雪が降ったとかで、寒〜い1日です。

先日、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」という映画の来日取材の通訳をさせていただきました。
屋外でのレッドカーペットの時、雨は降っていましたが、それほど寒くはなかったので、今日のような雪の日でなくて
よかったと心底ほっとしております(笑)。


ネットから。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来日プレミアの舞台。

通訳させていただいたクイーニー役のアリソン・スドルさんとジェイコブ役のダン・フォーゲルさんは、
映画の中の役柄そのまま、可愛らしくて、仲良しで、ひょうきんで、本当に楽しい人たち。
二人の様子を見ていたら、微笑ましくて、暖かい気持ちになりました。

ハリー・ポッターの原作者、J.Kローリングが脚本を書き下ろした「ファンタスティック・ビースト」、登場するキャラクター達も、魔法動物(ファンタスティック・ビースト)も魅力的で、あっという間に映画の世界に引き込まれます。


プレミアの舞台もマジカルでした〜!

うわ〜、へえ〜、かわいい〜、などと思っている間に終わってしまう2時間強。
新シリーズの第1作目ということで、次の作品もすでに楽しみ!


私も、楽しみ!?

さて、「お休みの日には映画に連れて行くから」と約束してしまったので、何を見るか娘と相談してみました。


娘が大好きなプリキュア!

「ママがお仕事した映画見てみる?」と娘に「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の予告編などを見せましたが、
「う〜ん、ちょっと大人向けかなあ?」と却下されました(笑)。そして必殺の(?)プリキュアを見ることに。


映画の前に腹ごしらえ中?

実は、私はプリキュアがあんまり好きではありません。でもね、今回の映画は、予想より、そして前回の映画よりよかったかも。
前のようなシンプルな勧善懲悪ではなく、悪者の描き方がより多面的というか複雑になっています。

これは「ファンタスティック・ビースト」も同じなのですが、今回のプリキュアの映画は、人間の中にあるダークな部分もきちんと描いている。
またこの二つの映画とも魔法使いのお話ですが、何人かの仲間が出てきて、助け合うことの大切さも教えてくれます。


同じマジカルな世界でも、プリキュアはパステルでファンシーな色合いですね(笑)。

プリキュアは、ストーリーは悪者と戦ってばかりだし、関連グッズやおもちゃを売ろうとする魂胆が前面に出ていて嫌だったのですが、
今作でちょっとだけ見直しました(笑)。


でもやっぱりおもちゃは見ちゃうよね〜。

ところで、今日は保育園の保護者個人面談がありました。

1対1で担任の先生といろいろお話をするのですが、娘の保育園での様子を聞いて、
なるほどな〜と納得する部分と、へえ、そうなんだあと驚く部分と両方ありました。

何れにしても、先生が周りの生徒との関わりも含めて、娘をよく見ていてくださるなあ、とありがたく思いました。


ウィンドウショッピング中??

「4歳児は自己主張が出てきて、お互いにぶつかり合って、時には手を出したりして、自分の気持ちを表現したり、相手の気持ちを感じたり
していく時期なんです。でもこのクラスはやや遠慮がちで、大人しいので、コーディネーターの方から、もっとぶつかり合った方がいい、
仲の悪い子供たちを隣に並ばせるように、というアドバイスをいただきましたので、席替えをしました。もしかしたらお家でいろいろ
娘さんが言うかもしれませんが、よく聞いてあげて、でも心配なさらないでくださいね。わざとそうしているのですから」

確かに、娘から「何々ちゃんは意地悪をするから嫌い」とか「何々ちゃんは優しいけど、たまにこういうことを言う」とか
ちょっとした愚痴を聞くことが増えたような気がします(笑)。

おとなしいクラスの方が、先生はやりやすいでしょう。でも肝心の生徒たちの成長を考えて、わざと波風を立てる
席順にした、つまり先生の仕事が増えるわけです(笑)。わざと仕事を増やしても、生徒の成長を考えてくださる
先生方、なんてありがたいことでしょう!

娘が通っているのは公立の保育園で、16、7人の幼児に二人の先生がついています。
一人の先生に8人くらいの生徒という比率だから、丁寧に見ることができるのではないかなと思いました。

これが小学校になると、公立だと30人くらいが一クラスですよね、確か。
一人で30人を見るんだから、そんなに細かくケアできないですよねえ。

・・・ふと、少子化は、もしかしたらチャンスかもしれない、と思いました、ここで。
せっかく人数が減ってきてるんだから、閉校したり合併したりしないで、少人数クラスにしちゃえばいいのに、
などとつらつら考えた雪の1日でございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日のみの上映会「ミリキタニの猫」。大好きだった、「草間彌生わたし大好き」と「シーモアさんと、と大人のための人生入門」

2016-11-20 16:53:50 | 日記


また宣伝します(笑)
「ミリキタニの猫」が12月1日にさいたまトリエンナーレのイベントとして上映されます。

https://saitamatriennale.jp/event/2199

初めての方、一度見たけどまた見たい方、ぜひこの機会をお見逃しなく!
また12月に大阪で上映が始まるそうですよ〜。

http://nekonomirikitani.com/

大好きな映画なので、勝手に応援してます(笑)。
一人でも多くの方に見ていただきたい、特に若い人たちもぜひ見てほしい、と思います!


いきなり、関係なく(笑)、シプシー風に?!

ところで、この前の水曜日、レディースデーを利用して2本続けて映画を見ました。



一つは、「草間彌生=(near equal)わたし大好き」というドキュメンタリー。2008年に上映され、既にDVDにも
なっていますが、草間彌生が、文化勲章を受章した記念として渋谷のアップリンクで11月24日まで上映中です。

http://www.uplink.co.jp/movie/2016/46512

水玉のアーチストとして世界的に有名になった草間彌生。彼女の100号50枚作成するプロジェクト前後の
様子が記録されています。


映画のシーンから。制作中の草間彌生。

いやあ、すごいです!「素敵よね〜」と自分の作品に見とれて、正直に褒めてしまう!他の人の作品が同じ雑誌に掲載されているのを見て「
私の作品の方が断然いいわよね〜」と断言してしまう!あまりにも心から褒めているので、苦笑しつつも、爽快さを感じるのです。


映画のシーンから。完成した100号50枚を並べた中で。

制作する様子も時々出てきますが、いきなり描き始める。そして黙々と描いていく。

7、8年ほど前に、オーストラリアのアボリジニ・アート・センターでボランティアをした時のことを思い出しました。
彼女の絵柄も、何となく彼らのアートを思い出させますが、制作している様子が似ているのです。

アボリジニのアーチスト達は、センターの外の床にどっかり座って、やはり下絵も何もなくいきなり描きだし、
そばにいる他のアーチストともあんまりおしゃべりもせず、近寄ってくる犬もそのままにさせて、黙々と描いていました。

草間彌生は映画の中で「絵を描いている時は無の境地。手が勝手に描いている」と言います。
手放しで自分の作品を褒めるのは、もしかしたら子供の無垢さかもしれない。
その無垢さが、創造性の泉みたいなものと彼女を直結させているのかなあ、なんて勝手に色々考えちゃいます。

DVDが出ているのですが、劇場で観てよかったな〜と思います。大きなスクリーンで、映画館という「特別な空間」で見ると、
より心に響くように思います。



草間彌生のドキュメンタリーを見た直後に、「シーモアさんと、大人のための人生入門」というドキュメンタリーを見ました。

激しい草間彌生とは反対に、シーモアさんはお釈迦様のように穏やかな顔つきで、優しい口ぶりのピアノの先生です。ディナーで隣り合わせたのが初めてなのに、
とても安心感を覚えて、自分の一番の秘密を打ち明けてしまった、という、この映画の監督でもあるイーサン・ホークの気持ちがわかる気がする。


シーモアさん。

有名な才能あふれるコンサートピアニストだったけれど、50歳で引退したシーモアさんは「ピアノの先生になってからの方が幸福度と
充実度がぐんとました」と言います。

彼の含蓄のある言葉がこの映画に散りばめられていて、う〜んと感心したり、ちょっと涙ぐんだりしちゃいました。
幾つかの言葉がここに出ています。

http://www.uplink.co.jp/seymour/aboutseymour.php

人生の師として、こう言う人がそばにいたらいいな〜って思ってしまいました。
全国でまだ上映中のようです。人生、ちょっと考えちゃってる人が見ると、何かのヒントが得られるかも?

https://www.facebook.com/seymour.movie/

期せずして、アーチスト3人のドキュメンタリー映画の話になってしまいました。

それぞれ違うけれど、何か自分の中に真っ直ぐなものがあるところが彼らに共通していて、そこに憧れるのかもしれません。


なるほど〜!?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加