ベビレボ倶楽部

~あかちゃん革命~ 
あかちゃんのパワーに見習い、生まれ育つための交換日記。

はじめて気づいた!この腰痛って、もしや、◯◯痛?

2017-04-25 16:05:16 | 身体のスイッチ
はっはっは。

笑っちゃう。

こんなに長く生きてきて、はじめて気づきました。



腰痛が~。腰痛が~。
うーん。
腰があやうい~。
うっかりぎっくりしたら、やばい~。

そんなふうに、なげいてきました。

昨日、ふとひらめいたんですね。

検索してみました。

生理 腰痛

な、な、なんと。

生理の前から骨盤の靭帯をゆるめるホルモンがでてきて、筋肉に負担がかかり、腰痛がでることがあります。

えええええー!

そのホルモンの名前は?

リラキシン!

なるほど~。

わたしの腰痛をひきおこしているのは、骨盤の靭帯をゆるめるホルモンの正しきお仕事なのかもしれないんですねー!!!

そして、プロスタグランジンという、ホルモンにより、痛みを感じやすくなるんだそうな!

いやあ、わたし、生理痛なんて、ないわ!

そう思ってました。
なんか、お腹痛いイメージあるじゃないですか?お腹はそんなに痛くないんですよね。

腰痛って、関係あったんですね!!!

なっとく!

確かに、仙骨のまわりあたりの鈍い痛みで、出産の前後の痛みに似てる~。

なるほど~。

腰痛って、原因がわからないことが多いので、不安になるんですよね。


先日も、『腰痛探検家』という、腰痛の原因探求で、あっちこっちさまようお話を読みました。

腰痛人間!というもうひとつの世界が描かれています。

確かに!
というシーン満載!

以下、ネタバレいやなひとは、読まないでくださいね。

最後にたどりついたのは、心因性?というクエスチョンつきの結末です。

どうやって、腰痛人間が、腰痛のことばかり考え、腰痛を中心に生きる日々から抜け出したのでしょうか?

プールで泳ぐこと!
だそうです。

広島で被爆者たちの医療的な手当てを続けてくださった肥田舜太郎医師も、ひどい腰痛がきたそうです。

その時の対応は?
やはり、プールで泳がれたようです。

肥田舜太郎先生が、原爆ブラブラ病などの内部被曝の影響を明らかにしてくださったおかげで、被爆者たちの医療が保障されるようになりました。

いいですか????

被爆者手帳をもっていたら?

心筋梗塞
脳梗塞
肺炎

これらも、無料ですからね!!!

内部被曝が、心筋梗塞や脳梗塞、肺炎など、多様な病につながることが認められてきたからこそ、被爆者手帳があると、医療費無料になるのです。

ちなみに、わたしの父は、長崎の被爆者です。被爆者手帳があるので、心臓のバイパス手術も、肺炎の入院も、ガンの手術も無料でした。
それでも、😢😢😢。悲しい😢😢😢😭。

『内部被曝』の本をもう一度読み返してみようかなあ。

さて、「被爆」と「被曝」の違いに気づきましたか?

被爆は、爆発を含みます。
被曝は、外部被曝と内部被曝があります。

たとえば、外部被曝のないところで、放射性物質の含まれたものを食べると、内部被曝することになります。

爆の字は、原爆、被爆者手帳、広島長崎の被爆者手帳などに使います。

一方、被曝は、静かな目に見えないものです。

骨にたまるストロンチウムなどから発せられる放射線が、どのような影響があるのでしょうか?

こうしたことを問いかけて、探求する医師や、科学者の方がふえて、人類がより健やかになりますように。

なーんて、ほんと、大風呂敷になりました。

まさか、腰痛から、こんな話になるとは、、。おそるべし、特急帰りのブログ執筆。

あとすこしで、甲府に到着です。

とりあえず、骨盤しめる、とこちゃんベルトみたいなサポーターつけてみます!

着物の帯やサラシみたいなのもいいですよね。

昔の人はわかってたんだろうなあ。

さ、甲府に到着!

対策がわかって、なんだか、希望が見えてきました。

わたしの対策

生理の前後にはしめきりをいれない!
旅行の日程を調整する。
しんどかったら休む。
骨盤をしめるものをつける。
温泉に行く!

できることがみつかると、不安がうすらぎますね。

本日も、発見!

ありがとうございます。

まなより
















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« N95のマスクを20枚×12箱×3箱... | トップ | 家庭訪問どうしよう?そうだ... »
最近の画像もっと見る