ベビレボ倶楽部

~あかちゃん革命~ 
あかちゃんのパワーに見習い、生まれ育つための交換日記。

こどもには、ママはどう見える?地産地消のエネルギー自給を!

2017-03-15 12:27:19 | 子どもスイッチ
さて、写真のフォルダをチェックすると、ときどき、すごいものがはいってます。

AndroidのXperiaのスケッチという標準アプリを使ってるみたい。



これ、ママだからね~!

この魔女、ママだよ~!

そ、そうですか。

恐竜、はしりまわってるんですね。  

つかれて、ぼーっとしてるわたしの上を、彗星が飛んでるんですね。

このとっちらかりっぷり、たしかに、わたし? 

うーん。

それにしても、学生時代、27万円のマックで、フリーズして、爆弾マークだしながら、画像加工していたのを思い出します。
それからすると、手の平サイズの数万で、ここまでできるって、すごいですね。

これ、15年前なら、パソコン、カメラ、画像編集ソフトで、30万~40万近くかかったかも。

人間の技術は、進歩しているんですね。 

電気をつくる技術も進歩してるんだけどなあ。

原発という古い技術より、地産地消の災害につよいエネルギー自給の技術を日本はもってるんですけどね。

日本で自給できない希少資源としてのウランは、枯渇する可能性もあります。

地震活動期をむかえて自然災害が予想される今、エネルギーの自給自足は、まさに生命線だと感じます。

国際情勢をふまえても、エネルギーの自給は必須です。
 
小規模水力発電、太陽光発電、海洋深層水を活用した発電、地熱発電、潮力発電、日本は、自然エネルギーの宝庫です。技術も超一級です。 

久米島の海洋深層水を活用した発電所を見学しました。無尽蔵のエネルギーが身の回りにあることを感じました。

日本は、太陽、川、海、風、地熱、木材など、豊かな豊かなエネルギーの宝庫です。

一方で、人口の急激な減少をむかえる次世代にむけて、必要なエネルギー量の減少も予想されます。

拡張路線のまますすんで、大丈夫なのでしょうか?

ダウンサイジングの大切さを感じます。

でも、保育は、拡張が大切です。
 
なるほど~。

ぼーっとしながら、こうやって、夢は世界をかけめぐる。

そんなママを象徴する写真だと思えばいいかな?

インスタグラム的に一枚投稿しよっと。
そう思っても、ついつい、話はひろがりますね。

それは、よんでくださるあなたのおかげです。

ありがとうございます。

まなより
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こどもの目には何が見えてる... | トップ | けがした鶏はなにをする?傷... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む