ベビレボ倶楽部

~あかちゃん革命~ 
あかちゃんのパワーに見習い、生まれ育つための交換日記。

鳥と人の互恵的関係。人と話せる鳥?ムカデ対策に鶏?30kg800円の青米で卵?

2016-10-12 08:35:07 | 生きるモノたち
最近、ブログをあまり、アップしないですみません!!

6月頃から、あまり書いていないのですが、毎日のように、100以上の記事が読まれています。

ありがたいことです。

まだまだ、避難移住に関心をもっていらっしゃる方がいらっしゃるのかな?????
 と励まされる思いです。

そして、動物たちを育てたりすることに関心をお持ちの方がいらっしゃるのもありがたいです。

ちなみに、昨日は、366日のお話という本で、読み聞かせをしていたら、ドリトル先生のお話がでてきました。

ドリトル先生は、動物語をオウムに学んで話せるようになります。

この話を読み終わって、娘や息子と話をしました。



ガアコちゃんの話、わかるよね?

うん、だいたいわかるよね。まあ、時々、わからないこともあるけどね。

話しかけたら、ガアコも応えるし、人間の話しかけてること、だいたいは、わかってるよね?

うん!返事するしね。

そんな会話をしました。ガアコちゃんは、いつのまにか、うちの庭に住みついた合鴨です。

鳥は、かなり人間と話せるのではないかと感じます。

昨日も、家に帰ったら、ガアガアガアガア鳴いて、小屋に入れて~!と話してました。

家族が、ガアコちゃんやフワモコちゃんを小屋に入れました。

その後、キュイキュイキュイキュイ鳴いていたので、見に行きました。

ああ、お米がほしかったんだね?

30kgで800円の青米を入れました。

いや~、これで、飼えるんだから、合鴨、鶏は、楽勝!

それにしても、なんで、合鴨のガアコちゃんは、こんなに、意思を伝えるのが上手なんでしょうね?

どこで、誰に育てられたんだろう?

不思議です。

そして、ねらいどおり、まったく、ムカデがでなくなりました。

甲府は街なので、たいていの場所では、そんなに虫はでません。

でも、わたしの住んでいるところは、山の裾野なので、ムカデがいます。

薬を使えば、ムカデは、でなくなるみたいなのですが、動物も飼いたかったので、あまり、使う気になれませんでした。

どうしよう??????

そう父に語ったら、鶏を飼えば?と言われました。

鶏???

調べてみると、確かに、鶏はムカデ対策にききそう!

そこで、ある日、ペットショップにいたブラマという世界最大級の鶏をみつめているうちに、飼いたくなりました。



これがブラマです。顔はちょっとこわいけど、とっても大人しいのです。雌なので、ほとんど鳴きません。

甲斐市のペットフィールドというお店です。店長さんの生き物の趣味は、多種多様です。鶏が趣味で、色とりどりの鶏を飼っていらっしゃいます。

店長さん自ら、手のひらで転卵して、孵化させた鶏がお店にいました。

店長さん一押しは、ブラマ!

とっても大人しくて、賢くて、身体は大きいけれど優しくて、卵が美味しい!

まあ、こんなに大人しくて、いい子なのも、店長さんに卵の時から可愛がられて育っているからかもしれませんね。

そんなことで、ブラマを飼い始めました。そうしたら、いつのまにか、合鴨も、庭にやってきました。

ペットフィールドの店長さんは、甲斐市の店舗も、甲府市の平和通りの店舗も、道楽をきわめたような動物好きです。甲斐店のうさぎ担当の女性も、うさぎにぞっこんで、とても可愛がっています。うちのうさぎは、家にきたときから、抱っこさせてくれて、ペロペロなめてくれました。
これも、慈しまれて、そだっているからかな?

ハムスターも、健康状態がよくて、可愛かったです。

さてさて、こんなことで、うちには、鶏だけでなく、合鴨もすんでいます。

さて、そのねらいは達成されたでしょうか?

はい!

今年は、ムカデは、出ませんでした!

ダンゴムシや、ヤスデ、ゲジゲジ、毛虫、青虫なども、ほとんど見ません。

うちは、庭が森のように広いです。



あちこちで、いろんなものが、実ってます。


もちろん、草が生えたところにも、木にも、虫はいます。

その虫対策をしないでいいって、サイコ~!

いやあ、庭には、合鴨や鶏がいるように、できているんですねえ。

虫をみると、息子も娘も大喜び!

あ、ブラマやガアコちゃんが喜ぶ!

そんなふうに、虫と関わるのも、ありかもしれません。

多様な生き物との関係が、自然とつむがれていきます。

鶏や鴨は、虫たちをとってくれた上に、くず米とも呼ばれる農業の残滓物を食べて、卵を産んでくれます。

その姿と声で、庭を彩り、楽しませてくれます。

こどもたちのペットとしても、サイコ~!

なにせ、大きなブラマが大人しく抱っこさせてくれます。

鳥語を学ぶのにもぴったり!

これぞ、バイリンガル!

そんなことで、結論。

いや~、山梨にひっこして、よかった~。

人間も生き物も互恵的な関係になるには、豊かな自然環境という場があるといいんですね。

まなより



甲斐駒ヶ岳が綺麗な季節がきました。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨の公園は、どんぐりに、... | トップ | 山梨県の図書館は、日本一! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む