ベビレボ倶楽部

~あかちゃん革命~ 
あかちゃんのパワーに見習い、生まれ育つための交換日記。

なぜ放射能移住者が山梨を選ぶの???移住したい県ナンバーワンはだてじゃない!甲府暮らしは街暮らし。

2017-05-03 13:46:39 | 想像してみよう。
かなり前に書いたのですが、いまだによく読まれている記事があります。

なぜ放射能移住者が山梨を選ぶのか?東京通勤するなら静岡と山梨のどっち?甲府盆地の北側エリアの甲府市、笛吹市、甲斐市あたりは車なくても住みやすい! - ベビレボ倶楽部


そうなんですね。

山梨の県庁所在地甲府はすみやすいです。

これ、放射能移住に関係なく、ふつーにすみやすいのです。

昨日は、立川から1時間で甲府に帰りました。特急でぐっすりねむりました。

駅を降りて甲府駅についたら?



駅ビルで、食べもの、買おっかな。

そういえば、100円ショップのタッチペンがいいっていってたな。



じゃあ、こっちの山交百貨店?





駅前には、商工会の婦人部が寄付したお花がならんでます。



無印良品、動物Tシャツ、かわいいなあ。



ああ。山梨のブドウ!!!このキラキラディスプレイが百貨店だよね。



デパートの100円ショップへ!

ああ。母の日、どうしよっかな。

100円ショップへいくのも、なんだか、キラキラしてます。

結局、お目当てのタッチペンはみつからず。何も買わずに帰ります。



山交百貨店には?

高速バスのチケット売り場があります。

ここでバスにのれば、京都へGO!名古屋へGO!長野へGO!

なんて気軽なんだ~。

さ、うちにかーえろっと。



駅の北側には、コンサートもできる図書館。学校を移築した資料館。テレビ局。お城もみえます。

反対側には、NHKに消防局に法務局などなど。むっちゃ便利です。

NHKは意外とこどもの遊び場にぴったりです。何かイベントあったり、もらえたり、つくれたりします。

北側のよっちゃばれ広場で、ワインフェスタにビールフェスタ、さよなら原発まつりまでひらかれます。

帰ってきたらお祭りしてると、ウキウキします。

さ、甲斐駒ヶ岳をみながら、自転車置き場で、自転車をピックアップ。

自転車道を通って帰ります。

晴れの国ナンバーワンは山梨!自転車に最適です。

15分ぐらいのると?



おかえりおかえり~。なでてなでて~。



駅から自転車で10分でこんな風景をたのしめます。こちらは、国体もひらかれた緑が丘公園です。

緑が丘公園の屋外プールは、源泉かけ流しの温泉です。

屋内プールも行きたいな。

さてさて、温泉いこうかな?

ここは、温泉郷です。

そんな生活ができるとしたら?

もう、放射能と関係なく、移住したいですよね。

ちなみに、わたしの小学校の放射能移住率は約1割です。

このあいだ、お話しした友人の小学校は、放射能移住率50%だそうです。

もともと人数の少ない小学校では、移住者が移住者をよぶことで、ぐっと人口が増加するのです。

移住者は、地域の新しい文化や産業も産み出しています。

人口増加を悲願とする山梨県、あとは学校給食の山梨県産比率をより高めれば、さらに、移住者は増えるのでは?

そんな話を、議員さんたちにしたら、山梨、長野、岐阜の近隣の食材比率を高めたい!!と前向きに語ってくれました。



あ、田舎暮らしの人間関係?

いやいや、ここ、街ですから!

この間は、自治体で革命的な提案をしたら、全会一致で通りました。

いやあ、いきなり、組長になって、組ってなに???なんて思ってたけれど、よそものだからこそ言えることは言おうと開き直りました。

初回の総会で、自治会の仕事の削減を提案したら、バッチリ通りました。

かなり大きな改革でしたが、すんなり通りました。

隣に座っていたおばあさんから、何度も何度も、ありがとう、ありがとうと言われました。

観光地なので、外国人ともおしゃべりしたりして、楽しいですよ。

こんな会話をしたことがあります。

「東京は便利ですから!」
「どこが?」
「コンビニがあります!」

いや、うち、コンビニ徒歩1分だから、、。

「東京は安全ですから!」
「えええええー?」

スイスの再保険会社が世界中の都市を比較して、世界で最も危険な都市に選んだのは?

じゃじゃじゃじゃーん。

東京、横浜です!

世界で最も危険な都市のナンバー10に入ってるのは?

東京、横浜。
名古屋。
大阪、神戸。

そう。

大都市は、こわくて、、。空気悪いし、、。



うちのまわりは、1300年前の古墳だらけです。

つまり、1300年間、古墳がこわれるような天災も人災もなかったということです。



ここに引っ越ししてから、3年たつけど、地震でゆれた記憶がない、、。

さ、パソコンもって、温泉にしごといこっかな。

ああ。

でも、ゴールデンウィークは、帰省の人が多いから、お湯がいつもとちがうかな。

うーん。

どこにいこう?

そんな感じで、ふだんの温泉の美しさがスタンダードになっちゃうんですねえ。

でも、温泉がつぶれちゃうとこまる!

うちの近くの、なくなった温泉の銭湯をみるたびに、復活できないものかと夢見ます。

そんなことで、ほどよい人口をたもとう!

ということで、山梨大使を自主的にしていまーす。



ここでは、何気ない暮らしが光に満ちています。

移住したい県ナンバーワンはだてじゃない!

健康寿命ナンバーワンは、だてじゃない!

人は、美味しい空気と、水と、風景と、食べ物があると、健やかに長生きするんですよ。

空気の美味しい暮らし。

それがわたしが求める暮らしです。

美味しくて、健やかで、長生きするには?

それを求めない生物ってどうなんだろう?

なにか、どこかの歯車が、くるっているのかな?

だから、わたしは、どんなに批判されても言います。

ここにおいでください。

共に生きましょう。

生きていてくれてありがとう。

まなより




















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛に満ちたホットなフルーツ... | トップ | 発見!ホットフルーツ寒天は... »
最近の画像もっと見る

想像してみよう。」カテゴリの最新記事