ベビレボ倶楽部

~あかちゃん革命~ 
あかちゃんのパワーに見習い、生まれ育つための交換日記。

鶏問題 医療の経済的合理性って? なぜ野生生物を食べることに抵抗があるの?

2017-03-13 09:38:05 | 生きるモノたち
さてさて、野生生物におそわれた鶏の問題、考え続けています。



怪我した鶏をお医者さんに連れていったら、次の2択を提示されました。

1 手術 (10万)
2 安楽死 (1万)

この2択、あなたなら、どうしますか?

ブラマの育ての親のペットフィールドの店長さんに電話をして相談してみました。

抗生物質を投与して、自然治癒力を生かす方法もあることを教えてもらいました。

これで、選択肢がひろがりました。

近所で、別のお医者さんのところを再受診して、抗生物質や消毒薬などをいただきました。

今、わたしは、3つめの方法を模索しています。

1 自然治癒力を最大限にひきだす。
2 生きることを味わえる瞬間をつくる。

そのために、お医者さんや、鶏の専門家の方と相談して、いくつかのことをしています。

1 保温する。
2 抗生物質を投与する。
3 乳酸菌、ビタミンを投与する。
4 餌の工夫する。
5 日光浴とお散歩をする。

とりあえず、よく食べて飲み、とさかは赤いです。



たくさん食べると、落ち葉の上で、ひかげぼっこしてます。

ひなたは暑いのかな?

娘は、ひかげぼっこ~!とことばをつくってよろこんでました。

ほんとは、手術、してあげたいんだけどな。

家きん(家畜)の経済的合理的ってなんでしょう?

生命には、ねらいや目的なんて、あるのかな?

目的のある生命

この言葉を聞くと、『ナウシカ』の漫画版の場面をおもいだします。

目的があって生まれたとしても、生命はそれ自体の力で生きています。

鶏が野生生物におそわれてから、手塚治の作品の場面も何度も頭に浮かび上がりました。

うさぎが、おなかのすいた人間のために、自らの命をささげる場面。

人間が、おなかのすいたオオカミのために、自らの命をささげる場面。

命の循環に身体をささげる場面が、『ブッダ』では、繰り返し描かれます。

フワモコちゃんは、おなかのすいた野性生物に、片方の羽をあげたのですね。

そういえば、おなかがすいて、人間の足をもらって食べた者が、語り部グリオになったという神話も西アフリカにあったなあ。

食べてはいけないものを食べたので、人間でありながら人間ではなく、自然と文化の橋渡しをする存在となったのです。

食べられるもの食べられないもの。
これを考えると深いです。

野性生物を食べる、食べないということも、論争となっています。

そして、どこまで、動物に医療をほどこすかも、論点のひとつです。

ブラックジャックでは、野生生物を手術で救う場面が何度も描かれます。

野生生物
家畜
ペット

この三つは、インセストタブーとも重ねられて論じられています。

野生生物
食べられない 婚姻できない 異民族

家畜
食べられる 婚姻できる 共同体間の女性の交換としての婚姻

ペット
食べられない 婚姻できない インセストタブー

そんなことまで考えてしまいます。

関心のあるかたは、レヴィ.ストロースのインセストタブー論をどうぞ~。

文化人類学では、食べられるもの、食べられないものというのは、文化の根幹をなす、大切なテーマなのです。

さてさて、鶏問題、実は、人間のことを考えるうえでも、ヒントをあたえてくれます。

医療
福祉
原発
避難
保養

うーん。

経済的合理性という言葉が、人間の生命の安全についても、つかわれています。

これって、どう考えたらいいのでしょう?

ああ。

そして、ぽんっと、10万の手術代をだせるぐらい、貯金しなくっちゃ!

そうあらためて感じました。

原発事故以来の避難保養移住で、すっからかんだわ~。

ま、お金使いまくって、内需拡大で日本経済に貢献してる!

ともいえるよね。(笑)。

バッシングされまくってる避難者たちも、別の視点からみると、異なる視界がひらけます。

子連れの避難者は、お金を使って、内需拡大をし、日本経済に貢献し、地域活性化をし、未来の医療費削減に貢献してるとも言えるのでは?

お金もまた、与えて与えられる、使って使われる、食べて食べられる、エネルギーの交換なんだね。

それにしても、そろそろ、ストックもしなきゃなあ。

働くこと
貯金すること

そのスイッチもいれなきゃね。

フワモコちゃん、ごめんなさい。

ごめんなさいなんて、いえないよね。

ほんと、つらいです。

せめて、キラッとした瞬間が、少しでも多く、味わえますように。

読んでくれてありがとう。

まなより
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘にスマフォを貸したら?お... | トップ | 閲覧注意 鶏の大ケガの写真あ... »
最近の画像もっと見る

生きるモノたち」カテゴリの最新記事