どんぽのばぶさん61~

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

福島に行ってきました。

2017-05-14 21:01:57 | 3/11を忘れない
今回の支援の旅は12(金)13(土)14(日)の2泊3日の訪問でした。
直接現地に行くのは今回が21回目。 走行距離は790㎞の行脚でした。
福島市で3か所、田村市で一か所訪問してきました。

昨年の12月福島市の『森のほいくえん野の子』の施設長の丹治さんから
「やっと認可が取れました。その節はお世話になりました」
という嬉しい報告と、リンゴが届きました。
私は4年前こちらの保育園に自作の木のパズルや木のおもちゃなどを復興の支援品として贈り、さらにその数か月後に『お話おじさん』として訪問をした経緯があります。

市から認可が取れたという吉報にビビビッと反応して『お祝いにパーテーションを制作して、時期はゴールデンウイークの次の週に届けよう。』というアイデアが即、閃き決意しました。

こちらの保育園は最初無認可として立ち上るため「三日後には入園説明会を開く」というタイムスケジュールの中、まさにその直前あの東日本大震災(2011/3/11)にあいました。
それから今日に至るまで本当に苦しい運営の中へこたれずに踏ん張って6年間の保育実践を積み上げその実績が認められ「森の保育園野の子」は福島市の小規模保育事業B型として市から認可されこの4月から認可保育園としての新たな一歩を踏み出したのです。定員19名という枠ですが今年は12名でのスタートです。

今回のワクワクパーテーションの制作には自分でもびっくりするくらい普段以上に熱が入りました。
材料の段ボールを集め、こつこつ縫い上げ、ザクザク切り抜き、ペタペタクラフト紙と和紙でコーティングして制作延べ時間41時間。
材質:段ボール紙製 
寸法:厚み28㎜×縦幅640㎜×横幅780㎜のパネルに○△□の大小の窓を開け
これを蛇腹折5枚連結し完成しました。

12(金)のお昼寝明け「野の子」の子どもたちはワクワクパーテーションとご対面。
早速中に入り込む子ども、○窓から顔を覗き込む子、大きめの窓をトンネルくぐりして中から出てきたり外から入り直したりする子、一番端のパネルをドアに見立ててやたら開けたり締めたりする子。
5枚のパネルは5角形のお家になったりUの字型になったりVの字型になったり、W型っぽくなったりして狭い空間になったり広い空間になったりと変幻自在です。
子どもたちのあそびの反応ぶりがあまりに穏やかで和やかに楽しんでいる姿に私は感動して、保育時間が終わったあと2階の予備室でさらに5時間かけて和紙をもう一重貼り重ねて『念入り仕上げ』にバージョンアップしました。合計で46時間の制作時間でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お話し森の山小屋で (第8稿)... | トップ | 福島に行ってきました の続き »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奇遇です🙋 (雀(から))
2017-05-15 11:20:33
野の子 は行ったこともあります。裏山の大森城にも訪ねたことがあります♪
あそこで「けんじゅう公園林」を聴けたら嬉しいですねえ(*´∀`)♪
驚きました (どんぽのばぶ)
2017-05-17 23:56:41
全く奇遇ですね。嬉しいやらビックリやらです。頑張っている人たちを見ると応援したくなります。言ったもの勝ちの世界ですが、私は野の子応援団町田支部長です。あなたはどんな経緯で行かれたのですか?
年はだいぶ違いますが😅 (雀(から))
2017-05-21 12:48:18
職員さんの一人と知り合いで、よく話を聞いて居ました♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。