どんぽのばぶさん61~

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

10/14~16 支援活動に行ってきました。 ~その3~

2016-10-19 20:41:15 | 震災支援活動

復興支援活動をしている場所や人々と、支援活動している人の支援をしに10/14~16と2泊3日、宮城県気仙沼市、岩手県山田町、福島県福島市、東京武蔵野市と5か所行ってきました。 

16(日)朝3時50分岩手県山田町を出発。
帰路はどうしてもテンションが下がります。走行プランのノルマを決めずに『気』に任せて走ります。
それに道中の蓄積疲労がどよよ~~んと全身をくるみます。
『疲れたら安め』は原則ですから、「何分走行したら何分休憩をとる」といった目安の考え方にとらわれ過ぎず、またやたらな根性論は振り回さず、往路以上に遠慮なく何度でも休憩を取ります。
S.A.で休憩をとって出発したもののほんの20分ほどの走行で再び休憩というのも2回ありました。

道中東京に戻るまでに、様々な支援活動を展開している人々を支援して帰ろうと思い立ちました。
そこで福島市の知人と東京の武蔵野市の知人と2か所を訪ねました。

岩手の前沢インターから東北自動車道に乗り、宮城を抜けて福島に入るか入らない頃、このままひたすら東京に戻るというのも知恵がないなぁと思ってハンドルを握っていましたら突然ひらめきました。そうだ、福島市の知人を訪ねてみるというのはどうだろう、連絡を入れてみて都合がつくようなら立ち寄ってみよう…。正午過ぎ、国見のS.A.に止めてAさんの都合を問い合わせてみました。
実に幸運なことに調整が利きましたので福島飯坂のインターで高速道路を降りました。
Aさん宅は先月9月9日に民泊し、福島市内の保育園と幼稚園の2か所で『ばぶさんのお話おじさん』をしています。 (この時の詳細は9月10日のブログで紹介しています。)

Aさんはこの夏保養ネットよこはまの主催する『第5回保養キャンプin河津』で知り合った方です。
私はこのキャンプには今年で3年続けての参加で、Aさんは今年が初めての参加で初対面でした。
Aさんは特殊教育の学校の先生を退職されて数年、かねてより障がい児の放課後の居場所作りの構想を持っておられます。
そのプランに私の木のおもちゃなどの創作をコラボできないかというお話が前回訪問した際に生まれ、さらにその中身とプロセスをどう作っていくかという方向性を探りました。
車に持ち合わせていた遊具(教具)を2点ほど見本(雛型)としてお預けし、今後のたたき台の一つとして検討してもらうことにしました。お孫さんのL君には会えませんでしたが、20~30分の滞在で着実な一歩をさらに踏み出せました。
再び福島中央のインターから高速道路に乗りました。
新たなプランを得て再びテンションは上がりだしました。こういうときは次々とひらめくものです。
時間が間に合うようなら武蔵野市にある『子育て支援スペースとことこ』に立ち寄ってみよう。
時間的には若干きつい道程でしたが、ここ一番は気力で休憩を端折って運転しました。
施設長さんにはお会いできませんでしたが、こちらとのご縁は園長さんがここを立ち上げる以前からのお友達でしたから、支援のお世話になったりお世話したりの関わりが今も続いています。

世の中はお互いに誰かが誰かの支えや元気の源になっています。元気の連鎖です。そこから相互に生まれてくる力をよりどころに『復興支援』をこれからも幅広く続けていきたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10/14~16 支援活動に行って... | トップ | 第12回 ワンコイン朗読会&... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。