どんぽのばぶさん61~

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

交通事故にあいました

2016-12-13 21:09:02 | 日々の暮らしの中で
先週土曜日(12/10)の夜8時過ぎ、友人と二人で道路を横断中、斜め前方のわき道からの右折車のドアミラーに接触され、はずみで路上に転倒しました。幸い頭を打たなかったのが何より不幸中の幸いの出来事でした。
朗読会の打ち上げの反省会を中座して、会場から片道3時間の自宅に帰宅するところでした。
友人は自転車を降りて押しながら歩き、私は徒歩でした。右から私、友人の自転車、友人で横並びに歩いておりました。
この日行われた朗読会の感想やら次回の予定やら、朗読に寄せる熱い思いやらなどなど、あれこれよもやま話をしながら最寄り駅まで向かう途中のことです。
瞬間のことで微細なところまでは覚えていませんでしたが、後日友人からの状況説明の電話で、『車に接触され跳ね飛ばされ同時に弾みで友人の自転車にぶつかり、そしてその直後路上に転倒したようだ』ということでした。ということは自転車にぶつかったことでそれが衝突の衝撃の緩衝材になって転倒の衝撃を小さくしてくれたようです。
特に痛かった右肩の内側、それに右わき腹、右肘、右膝、右手に痛みがありました。
救急車で病院に緊急搬送されレントゲンを撮ってもらいました。骨折、ひび等の所見は確認できない、打撲という診断でした。

「お前さんにはまだやるべきことが残っているから、まだ死んじゃダメです」と天の神様からの啓示を受けた思いでした。
明日は我が身、車は走る凶器、急発進・急ハンドル・急ブレーキをしないこと、安全確認を重ねること。自戒の体験でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一時保育室から 子どものあ... | トップ | ばぶにとっての2016年っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の暮らしの中で」カテゴリの最新記事