バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

春霞 森田正司作品集

2013-09-06 22:15:51 | 将棋

今日は、気持ちよく晴れて なんとなく秋晴れといった感じでした。まだ少し暑いのですが今年の夏の暑さが異常だったためそのかんじるのかもしれませんが

森田さんの春霞という作品集を入手してみていると最初のページに7手詰みが5問載っている。

7手詰みならまあ なんとか詰むだろうとチャレンジしているうちにすごい7手詰みに出会った。

7手詰みといえば攻め方が4手指すわけだが4手とも緩みのない好手なのは珍しい。

ちょっと入玉形だがまあ簡単に詰みそうに思い挑戦しているうちに うん?なかなか手ごわいなあと苦戦しているうちに正解にたどりついた。

詰めあげたとき普通 7手詰みぐらいだとそんなにインパクトはないのだがこの作品は違った。まったく緩みのない完璧な作品だと思う。 作者自身 快心のできというだけのことはあります。

是非挑戦して、この作品に触れてみてください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風の中のマリア  | トップ | 七手詰傑作集 詰将棋パラダイス »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
7手詰 (さわやか風太郎)
2013-09-06 23:54:48
何と綺麗な手順です。惚れ惚れします。
理想の手筋物 (三輪 勝昭)
2013-09-07 02:38:30
こう言った綺麗な手筋は詰キストは見え易い…易いし作品の部類ですね。
易しいかどうかは慣れの問題ですが、手筋物として痺れるくらい巧妙に出来た名作です。
森田氏は詰将棋作家の僕にとって大先生であり神様みたいな存在でしかもこれほどの作品に口を挟むのは気が引けますが、僕にはこの作品に不満がある。

初手47銀には4手目27玉~35金迄のためと6手目47玉のための二つの意味がある。
伏線としては一つの意味の方が良い。
詰将棋作家は二重の意味になるのを嫌います。まあ、これは作家でないと分からないかも知れません。
それでも前者と後者では、後者では単純な退路封鎖になってつまらないのは分かると思います(本作は29銀が間にあり単純には感じませんが意味として)。
だったら初手の意味は4手目27玉変化の35金のためにしたい。

僕なら46歩は46と、持駒銀は58銀にします。

他の作家なら配置の美しさを取り森田図かもしれませんが、僕なら無条件でこの図にします。
森田氏がご存命なら気付いていたが配置の美しさを選んだのか、気付いていないが(そもそも形を乱すのは論外)森田図なのか、気付いたなら三輪図にするかお聞きしたいのですが、かなわぬ夢です。
まあ、三輪図を選択する作家は少ないだろうから聞くのはヤボなのかも知れませんが。
RE (バビル3世)
2013-09-07 08:12:21
伏線が二重になるはを嫌うというのは、そんなもんなんですか?
我々にはわからない世界です。
森田図が美しいのかどうかわかりませんが 多少初手に考える手が増えたような気がします。
▲4七銀は、手筋なのですぐ見えるのですが そのあとの▲2九銀が見えづらく いったん初形にもどり▲5六馬や▲5八金を読んで全然ダメということで▲4七銀のあとの▲2九銀に気がつくという感じでした。
貴重な意見ありがとうございました。
Unknown (蛇塚の坂本)
2013-09-10 09:06:56
綺麗でスッキリした作品。全部の駒が、生き生きとしていると言う感じ。
RE 蛇塚の坂本さんへ (バビル3世)
2013-09-10 18:29:24
そう感じていただけましたか。
ビシッ、ビシッ、ビシッ、ビシッと手筋が決まるのは、解後感最高と思います。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL