バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰パラ ブックマーク その70

2017-05-16 15:46:00 | 将棋

田舎の図書館は、競争率が少なくて助かる。特権ともいえるなあ。

ネットから予約できるのも先進的だが人気本でも待ちが2人とかそんなものである。

大阪に住んでる妹に聞くと人気本とか 蜂蜜と遠雷(直木賞+本屋大賞)だったら35人待ちとか言ってた。

そんなわけで 蜂蜜と遠雷もすぐに読めた。 なんかクラシックを聴きたくなるよねこれ読むと。

恩田陸に外れなしとはよく言ったものだ。 東野圭吾にも外れなしと思うが。

今は、この前に騎士団長殺し1部(村上春樹著)を読んだので2部を予約している これも2人待ちだったからもうすぐだろう。

 

スマホ詰パラ

ここのところ少し仕様が変わり そのせいかわからないかわからないけど評価点が少し厳しめだ。

いくつか取り上げます。

まずは、フェスの問題よりこの問題は、フェスで埋もれさすのはもったいないので脚光を浴びてもらおう

ふぃあれすさんのこの問題。

好作なのでチャレンジしてみてください。狭いところでごちゃごちゃやるの大好きなので共感します。

 

次は、本誌作家の初参戦 歓迎いたします。 

三島桂太さんのこの作品 まあこの問題は、入門者用のさらっとした問題。

よく見ると馬が28に利いてるので空き王手に対して29に合い駒させないためには馬はここにいくしかない。

 

次にこの問題

この作者 前作は、2段上にあげた状態で持ち駒が 銀2枚だった。変化同手数のキズがあったが形もきれいだったので当ブログでも取り上げたが

再度取り上げます。

こういうのは、いろいろ試せて ここから同様なのを創りました。

左右対称なので46銀から入って右サイドに追い込むのと 66銀から入って左サイドに追い込むのと両方ありますが

こういうのは余詰みになるのかなセーフだと思うが。

*:と思ったら上図 同一作があるとEOGさんからコメントいただきました。

それも2人いました。平山さんと河内さん シンプルなのは、同一検索かけないとだめですね。

 

 

最後に昨日のトリの管輅さんの作品 管輅とは、三国志の占い師の名前からとってるのかな?

3手目が気づきにくいとコメントがいくつかあったが確かにそんな感じ。

銀1枚で処理するなら(参考図)のような感じか。

スマホ詰パラも本誌作家も多数参加されてますし 参加しつつありますが入門としては持って来いと思いますね。

詰コインも 3616枚貯まった。 出題してなるほどもらえると増えるんですね。時々長そうなレベルのを高くて自力は無理そうなのは光速を使わせてもらうくらいだから

貯まる一方。でももっとたくさん持っている人も多くいるんだろうな。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ詰パラ ブックマーク... | トップ | スマホ詰パラ ブックマーク... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2日間殆ど居なかった (ふぃあ)
2017-05-17 10:34:47
掲載有難う御座います。
実は今回フェステボで出したのは半年前くらいにツイッターで出していたりして。
ちなみに玉方1一香を攻方1二歩に変えると似た感じになりますがほぼ同じ詰将棋になります。

三島氏の詰将棋は何気に凄い事やっていると思っているのですがあまり評価値が高くない気が・・・します。

評価値に関しては日が経てば正常?に戻るので今は特に気にしてません。初動値が辛いのは完全同意ですが
RE ふぃあさん (バビル3世)
2017-05-17 11:18:26
フェスの作 自分好みなもので。
確かに王方攻め方12歩の形もなかなかでどっちがいいか判断には迷いますね。
三島氏の作 解説書いてくれればよさがもっとわかるんですけど。最初王方46馬でも同じだと思いましたが紛れとか違うんですよね。
評価値は、確かに評価数が150越えたあたりで落ち着いてきますかね。
こんどは、名前間違えませんでしたよ(笑)
一色図式 (EOG)
2017-05-17 15:40:05
同一作検索にかけてから載せた方がいいですよ。
RE EOGさん (バビル3世)
2017-05-17 16:14:13
ホントですね。
同一作がありましたね。
シンプルなのは、これがあるんですね。
文中にコメントを追記します。
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL