バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマーク その12

2015-02-20 12:37:12 | 将棋

梅林の花もかなり咲いてきて、5分咲きくらいだろうか。

梅林に来た日が暖かければいいのですが寒い日に来てもどこがええんかなと思う次第。

この週末は、少し暖かくなるのでいいかもしれない。

すっかり更新を怠ってました。

今度の日曜日 和歌山市で番付戦 田辺市で紀伊民報杯と2つの将棋大会があるのですが泊りの仕事が入り出場できません。

仕事が終わった後どちらかを見学に行くつもりにしています。

昨日のB級1組順位戦 藤井9段VS谷川9段の直接対決 どっちも落ちてほしくないがこればかりはどうしようもない。

私は、、一番の藤井先生のファンだが谷川さんは、降級すると引退かなという気もするので複雑な心境で見守った。

谷川さんが勝って残留を決めたが藤井さんには、次回全力でなんとか昇級してB1に復帰してほしいと願っている。

 

せっせせっせとスマホ詰めパラ詰ませていました。

ようやく レベル25以下をクリアし 5000問を突破しています。まあここからが難敵揃いなんですけどね。

自作品も16問載せてもらいました。なるべく解説を書くように心がけています。

さて自ら記憶に残った作品をブックマークしているのですが、今回も3つほど取り上げます。

まずは、爪将棋さんのこの作品

自玉のと金がちょっと気になりますがこれを金に変えて持ち駒の歩を2枚減らすと次図(参考図)

にすることもできます。こちらはあっさり形です。

22歩、同金、13桂、11王、23桂、12王、21銀、同金、11桂成、同王、21桂成、同王、23飛成、22合、12金まで15手

爪将棋作品は、と金にしているので上記と同じ手順で進んだ時に次図のような感じな成ります。(上記より2歩手持ちが多い)

ここから2回の飛車不成が洒落ています。ここから 後編という感じで楽しめます。難しくありませんので試してみてください。

 

次は、パスファインダーさんのこの作品

序盤の応手も難解(スマホ詰めパラは、正確に応手してくれるので助かるがそこまで読むと読みの分量も膨大になってしまうところ

2四香、23銀、同香不成、12王、15香、14桂、22香成、13王、1四香、22王 (次図)

とまあちょっとややこしい手順を経て次図にたどり着くが次の手が 非常に見えにくい手。

普通 33香成あたりなのだがここで 32香成が正解。 これが見えれ同王、43銀と進め ゴールが見えてくる いつもながら収束も見事なのであとはチャレンジあれ。

 

最後は、この作品

この作品 非常にハイレベル。 本誌に投稿したほうがいいのではと思った。

59馬、48香、同馬、28王、29香、同王、38銀、18王、29銀、17王、28銀、18王、19銀、17王(次図)

59馬に28王は、58飛があるので48香の捨て合いはしかたないところ。

銀の執拗な追いかけが面白いがさてこの局面となって

あとなにかあれば詰む。その何かを求めて57飛が登場。以下4七歩成、となるが残りはもうちょっとなのでチャレンジあれ。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰将棋入門 佐藤大五郎 日... | トップ | 第28回和歌山県将棋番付戦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL