バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマーク その39 改作大魔王

2016-03-15 17:41:00 | 将棋

今日は、徹夜明けの仕事で朝帰りだったが、軽めだったので昼くらいには起きたが、まあまあのんびり過ごした。夕方からは、注目の アルファ碁VSイセドル の最終局を中盤から生中継で見ていたが残念ながら 人間側の1勝4敗となった。

囲碁界では、今後もチャレンジマッチをしていくような感じなのでさらに注目される。

スマホ詰めパラからいくつかご紹介

まずEOGさんのツイッターをみていたらNo.7190は、改作大魔王が手を出しそうな作品とあった。

そうっとしとけばなにもなかったのだがこういうのを目にすると改作大魔王は、じっとしておられないらしい。(笑)

そういえば No.7190は、私の作品だが結構前に投稿したものである 60近く投稿したなかでまんなかくらいの時期の投稿したものなので当然半年くらい前か。

そのNo.7190は、軽い作品 13手詰み

5手目が見えれば解答にいくつく。

改作大魔王にかかれば次のようになる。http://katsuaki3r0429.hatenablog.com/entry/2016/03/14/105232

No.7190の収束は、32金が残るのでちょっと不満との意見があっての改作のようだが

もうなんか別物である。前作を知らないととっかかる気がしないしろもの。

22と、同王、34桂、23王、28飛、同馬、22桂成、同王、23金、同銀、34桂、同桂、33角成、同桂、21金、12王、11金、22王、21飛成・・・まで19手詰め

前に考えたときは、34桂馬を打ってから打ち換えというのがすぐにはできなくてあきらめたが改作大魔王の言葉にもあるので、いま一度考えてみた。

17手詰み 形もひどくなったし収束は、同じなので威張れないが一応34桂馬の2回打ち捨てくらいは達成。まあでもこれは もうちょっと推敲しないととても出せないかな。

*最初玉型43歩有の図を掲載しましたがよく考えると不要なのでとりはずしました(3/17)

 

昨日のスマホ詰めパラの新題は、高度な作品が多かった。NO.7200とNo.7201は高度すぎてここでは取り上げません。

いつも好作を提供されている黄楊の輝きさんの作品

初形は、ちょっとごつい感じだが手順は、軽快 31銀、同王、32銀、同金、22銀、同王、12歩成、23王、24金、同王、25銀、同桂、14竜、同王、13飛成・・・まで15手詰み

捨て駒の連続である。

 

次は、セレンさんのこの作品

一瞬 どこから手をつけようか迷うがちょっと考えると 12飛、同王、11金、同王、33角成、同銀、21金、同王、41飛という手筋が見えてくる。

その収束からちょっとアレンジしました。

32金、同金。41金といくと同王なら詰みますが22王で詰みませんが、セレンさんの作を考えれば同じようなもんです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将棋の詰め方 大山康晴著 | トップ | スマホ詰めパラ 返却コレク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL