バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

奇想曲 柳田明著

2013-09-21 18:55:13 | 将棋

ここのところ PCをつけているときは、スカイプをONにしている。 長女がキルギスにいってから連絡があるとき対応するためです。

日本を発って3日目に連絡がありました。着物の着方についての質問だったので、嫁さんをよんできて対応してもらいました。まあ連絡があってまずは一安心です。

 

望郷と同時に入手したのが柳田さんの奇想曲です。

この本は、詰将棋博物館に公開されていますので、そちらを見れば全局みれます。

奇想曲とはどう言う意味か調べてみると最近では、音楽以外に使われることが多く いっぱんにきまぐれという感じだそうです。

ポケットサイズで持ち歩きやすく 作品自体も短編なのでとっつきやすいが各ページにかかれているエッセイ?がなかなか面白い。

ではこのなかから 実戦型だがまずは実戦で生じない形を2局紹介します。

2二銀に1二へ逃げることはまずない。 まあそれはさておき 軽快な11手詰にチャレンジしてみてください。

もう一題これも実戦形だが実戦でまずは生じない形

これもなんとなく前局と雰囲気は似ている。 これも同じ手数の11手詰。

岡田さんの望郷でも 作品以外のエッセイもなかなか面白い。筋のいい詰将棋は、詰キストたちでは、やさしい詰将棋という意味だそうだ。

こういう岡田さんや柳田さんのエッセイをみていると詰キストたちのいったんが垣間見えて興味ぶかい。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 望郷 岡田敏 | トップ | 詰将棊手繙 100番は、詰むか... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
飛を詰ませたつもりが (三輪 勝昭)
2013-09-21 20:05:01
31番図は見た瞬間24桂、同角、14香、同飛、13銀成、同玉、25桂が浮かびました。
持駒が違うのに。
実際に詰ませたらその通りだったのに驚きました。

35番図は玉方が11香を打ったところしかあり得ませんね。
これで飛を詰ませたつもりでしょうが22角から香を取られてしまいます。
23桂から飛の交換はありがたいけど…
何を読んでいる(笑)。
RE (バビル3世)
2013-09-21 20:22:55
三輪さんにとって筋のいい詰将棋になるんでしょうね。
2番目実戦でありえないと言いましたがそうか1一香と飛車を詰ますという考えもあるんですね。よく考えると 妙に感心。
次の一手 (三輪 勝昭)
2013-09-21 20:40:28
先ほど22角から香を取れると書きましたが、もっと良い手がありました。
34香。これでしびれています。
詰ます気はないのか(笑)。
RE (バビル3世)
2013-09-21 20:53:37
まあ ▲3四香は、本当の詰手順でもでてくるんですが(笑)
うーん △2二銀と粘っても▲2二桂成から▲2三桂だしな。
いやもっといやらしく1一飛成で香車を取る。そうすると2三歩と受けられて慌てる。(笑)
34香以下 (三輪 勝昭)
2013-09-21 21:14:30
34香には33歩、11飛成、34歩、12龍、11香と言う展開がありました。
33歩となりそこで読み直して詰に気付くと言うオチでどうでしょう。
問題図の局面で実際に実戦で遭遇したら間違いなく詰を逃しています。
詰みどころかまだ中盤の局面だろうし。

今さらながら詰将棋の評価ですが、詰形が一瞬では浮かばず変化もあるので解くのに時間がかかりました。良い作品ですね。
詰将棋作家の作品だから当たり前ですが。
RE (バビル3世)
2013-09-21 21:55:35
そうしましょうか。
まあ三輪さんが最初に始めたことですから(笑)
詰将棋博物館 (大橋光一)
2013-09-22 22:00:43
公開しているのは、「詰将棋博物館」です。
RE (バビル3世)
2013-09-23 08:12:00
ご指摘ありがとうございます。
訂正いたしました。
確かに雰囲気は似ています (ゆうゆう)
2013-10-06 11:31:06
両作品とも手順が美しい。
端正な初型の配置も魅力的です。

31番は持ち駒に香車がないのに、初手2四桂~1四香という詰み筋が見えます。
しかし、結局同じような展開になりました。
RE ゆうゆうさんへ (バビル3世)
2013-10-06 12:36:40
31番に関しては、詰将棋作家の三輪さんも同じようなことを言われていました。
感性なんですかね。

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL