バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマーク その10

2015-02-06 13:35:23 | 将棋

将棋 高校新人大会(全国大会) 和歌山代表の坂本くん準優勝。決勝戦 最後で大逆転負けとありましたが和歌山県勢としては快挙。拍手。

いい将棋指してるもんなあ。 和歌山県勢では、個人的には、山本尚くんとこの坂本くんの将棋非常に好きですし評価しています。

 

最近 ちょっとブログ更新遅延気味ですが、スマホ詰めパラにちらほら投稿していますので、、、

ブックマークの作品を2つほどご紹介する前にちょっと別の話。

まずは、詰みの基本形からいくつかいじってみました。

下図は、基本形 これでも手数は、11手

これを見ているときにほんのちょっといじってみると次のような図が浮かんだ。

まあ一応 詰将棋になってるなあと同一検索をかけるとなんとスマホ詰めパラに投稿されている。へえ おんなじことを考える人がいたんだ。とちょっと感心。

じゃもうちょっといじってみると

まあ 上作と同じ狙いです。 12角成、同王、21飛成、以下詰み

*:佐原さんから 例2図も前例があるとの事 いやーみんなおんなじこと考えるんだなあ(向こうのセリフかな(笑))

 

ちょっと狙いが違うが次の図も浮かんだ。これは駄作になってしまうので改良の余地大だが

金銀歩なら前の手順でいいのだがちょっとだけ違うと筋も違う。

とまあ この基本形を使った詰将棋も時々目にすることがある。

 

そこで最近ブックマークにいれた詰将棋を2題ほどご紹介。(私の入れるブックマークには、osumo3さん、munetokiさん、パスファインダーさんの3人が特に多い)

そのうちのmunetokiさんの作品

munetokiさんの作品は、いつもスマートで収束もいいので模範にしています。いい感じの9手詰みです。

 

もう一題 今度はパスファインダーさんの作品

これは、21手詰めだが狭いのでそう難易度は高くないが9手目の発見だけがポイント。

収束はいつもながらすっきり。(収束が悪ければ三輪さんいわく あかん! かな)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 将棋魔法陣 到着 | トップ | 河口俊彦7段 お悔やみ申し上... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
例図について (佐原)
2015-02-06 18:53:44
例2図は既に王泉慶安さんがミニコミの将1991.7.5に発表していますね.
こういう簡素形は誰かがとっくに発表していると思った方がよいです. 例1図も藻井さんのTwitterにありますが, 検索で見つけるのはかなり難しいでしょう.
RE 佐原さん (バビル3世)
2015-02-06 19:27:19
いつもありがとうございます。
例1図は、スマホ詰めパラNo.2830(2013.9.9)と出ましたがそれより以前にあったのですね。
例2図は、空気ラボでは同一作がなかったのですが やはりありましたか。
簡素図式好きなんですが いやー考えないとあきませんねえ。
文中に解説を追加しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL