バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

スマホ詰めパラ ブックマーク その37

2016-02-07 11:28:51 | 将棋

最近 スマホに変えたが(それまでは、ほとんど家ではタブレット端末を使っていた)やはり便利で。もっと早く変えてもよかったかと思ったがガラケーがなかなか元気だったせいもある。

当ブログもすっかり怠け癖がついてきて、しばらくはこういうペース。 スマホ詰めパラは、一応毎日解いているが、投稿のほうは、12作採用待ちのままである。

駄作が多いのだが最近は、もっと厳しい言葉が返ってくるので(あまり腹立つのはNG設定したが(笑)、多少ましなのをと考えるとなかなかそうそう投稿するのも考えてしまう。

今日は、夜間作業があるし 今週は高野山での深夜作業もある 暖かくしていかないと風邪をひいてしまいそうだ。

 

最近のスマホ詰めパラの作品からいくつか

まずは、簡単な作品から

シンプルな坊主図式。 こういうのは、すぐに解けてすっきりなのだがどうしてか最近は、評価が伸びない。きびしく採点されると自分もきびしく採点するのかな?

ちょっといじってみました。

24のじゃま駒消去が狙い。

 

次は、感心した作品

こういう図がまだ残っていたんだなあと感心。

数手進んだ図が下図だが

ここで 35金と捨てる手が絶妙でなかなかここまで追った後に捨てるのが気がつきにくい。評価4以上はある作品と思うが。

 

最後にこの作品

数手進んで、次の手が好手

ここまで来たら見えやすいが33銀とほり込む手が好手で見事解決する。全体的にすっきりとした作品。個人的に好きな作品

これは、33にほり込む手から改悪図ができた。

結構詰ましにくい図と思う。詰将棋作品としてはあかんと思うが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰め物そぞろある記 二上九段著 | トップ | 紀伊民報杯  »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みつかづ)
2016-02-08 18:57:27

拙作を取り上げて下さり、ありがとうございます。

No.7007はヒネリは殆どありませんので、
評価はあんな感じだと思います。
自分でも☆1付けていますので。

「なるほど」やブックマークからの推測ですが、
捨て駒入りの簡易作に需要がある様です。
本音はガッツリなボリュームのものも作りたいですけども。

最後に、リアレンジの邪魔駒消去、良いですね。
私でしたら持駒の銀を飛車にしたいですが、それでも
捨て駒3枚入れば、短編では良い感じだと思います。
RE みつかづさん (バビル3世)
2016-02-08 22:19:44
あっ確かに持ち駒は、飛車のほうがいいですかね。
もっとももうちょっとアレンジできそうな素材でもありますが。

最近は、短編作は相当すっきり着地しないと評価は伸びませんねえ(笑)
改悪難解作17手詰め? (袖将@墨田棋楽会)
2016-02-09 09:24:18
いつもこちらで詰将棋を楽しませていただいております。
(スマホではないため)
No.7011作品は、「こんなのができるんだー!」と感動いたしました。
「3五金」は第30期名人戦第三局のあの手を連想いたしました。(4六から3五で捨てる)
この作品、「途中図」がなければ私には絶対詰ませられません。
こちらのブログの問題図はすべてプリントしてノートに貼り付けて勉強しています。
手順と詰め上がり図は手書きです。
(シニア世代なもので)

改悪難解作ですが17手になってしまいました。
私が間違えている可能性も高いです。
RE 袖将 (バビル3世)
2016-02-09 09:50:48
袖将さんから指摘があるとドキッとします。
お説の通りでした(汗)。手数を載せる場合 確認すべきでした。頭の中でほいほいと計算しましたがきっちり間違っていました。お詫び申し上げます(訂正しました)
あの問題に取り組む人がいることに感謝です。

NO.7011は、なかなかの作品で私も好評価をいれました。初手の22銀に同王の方も本当は読まなくてはいけないのだがスマホ詰めパラでは、14王と逃げるので、実際はあとから読み直し確認です。

名人戦30期3局は、升田式石田流の妙手ですね。あの将棋あのあと大山さんの粘りもすごいですね。
懐かしい。同じシニア世代ですので。

今日は、高野山の山頂の中継所で深夜作業だ。寒さがねえ。いやになってきますよ(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL