バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

第25回海南ふるさと将棋大会

2017-08-13 19:28:27 | 将棋

今日は、お盆休みだったので恒例の海南市で行われる将棋大会に行ってきました。

久々に電車に乗るのですが気がついたことは、田舎のわが駅にもicoca が導入されていた。

あと普通電車に乗る際に ボタンを押さないとドアが開かないことに気がついた。そんなのわかんなかったよ。

 

さて恒例の将棋大会であるが、例によって指導員の神出さんが詰将棋を3問出題して正解者に商品券を抽選でプレゼントというのがあるが

今回は、予選のブロックがきつく全員強豪だったので、最後までぎりぎりの戦いが続き解く間も昼飯食べる間もなかった。

向こうでいっしょになった、谷さんにドーナツを2ついただいてなんとか助かりました。

 

その詰将棋一挙に掲載します。

本当は、3題とも神出さんの作品のつもりだったのようですが1問白井君の問題が手違いで出題してあとから訂正されていました。

第3問目は、余詰みのような気もするのですが。

 

さて将棋の方は、いま和歌山でランキング1位2位とおもわれる 白井、坂本君を筆頭に強豪が多数きていました。

但し 木村秀利さんは、来ていませんでした。

奈良からも24のレーティング2800越えの本田くん(?)とか中学生王将戦で優勝した楠本君他。。

予選は、4人の2人抜けでしたが3人とも強豪で予選で疲れました。なんとか2勝1敗でクリア

1敗を屈した山本尚さんは、実はスマホ詰パラでも出題されているの教えてくれました。

この分だと隠れ作家がまだまだいるかもしれません。

 

予選も大苦労で、初戦を勝った後 山本尚さんの破れ1勝1敗の相手は、奈良からお越しのNさん

初戦で山本尚さんと大接戦で最後詰みを逃して惜敗していた相手なので、初対面ながら強豪かと思った。

その将棋 (今日は、すべて後手番という運に恵まれず 先手番なら居飛車を指そうと思ってたがすべて振り飛車にした)

▲Nさん △バビル3世

金が離れているので無理に決戦にいったのが良くなかった。じっくり68金右と寄られると桂損が痛い。

ここで44角と決戦にいくのは明らかに駒損のうえ先手を渡すので不利。いくら考えてもよくならないのでもたれ戦術を

△46歩▲45銀△47歩成▲34銀△同歩(次図)

時間がない将棋なのでもたれて泥仕合に持ち込みなんとか勝利。そのとき 他の組はすべて終わっていて、抽選が始まっていた。

先にいったこのとき谷さんのドーナツの差し入れは助かりました。

食べてすぐにトーナメント始まりました。

 トーナメント1回戦で大学生の田和君と対戦。初対面かと思いましたが そういえば昔 1回負けたことのある顔だなと思いました。

一浪して今年から晴れて大学生だという事で将棋部にも入ってるとのこと。まあ今後 頑張って活躍してください。

この将棋

序盤で大ミスを2つ重ね大差負け どうしようもありませんでした。

▲田和君 △バビル3世

居玉だからまだ動かないだろうとかってに思ってましたが、上図で▲45角が激痛。

25分のキレ負けなのに5分以上考え 更なる悪手を

▲45角△52金左▲23歩(次図)

▲45角を見落とし さらに▲23歩を見落とすという救いようのないミス連発 ▲23歩では、▲34角ぐらいだろうとそこで△25歩くらいで持ちこたえるななどと勘違い。

ここから先は、どうしようもない。おまけに3分程度時計を押すのを忘れている悪手付き(笑)

今回は、内容が悪すぎて紹介するのも恥ずかしいくらい。 田和君このあと楠本君も破っていたので勢いがでてきたので少し楽しみだ。

 

大会の方は、最後まで残っていなかったのでわかりませんが 奈良から参加のレーティング2800越えの中学生が坂本君に勝ち 白井君と対戦していたここを破るようであれば

優勝候補といえよう。

 

追記:結果 白井君優勝。 準優勝 中野さん

白井君は、アマ竜王戦、アマ名人戦、に続き和歌山県で優勝。今年は、のってる。アマ名人戦も全国大会で頑張ってきてください。

近々スマホ詰パラにも新作を投稿するようで見せてもらいました。見せてもらってもすぐ忘れるので早く詰ませるタイムランキングには影響ありませんよ(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホ詰パラ ブックマーク... | トップ | スマホ詰パラ ブックマーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL