バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

毎日新聞の勝浦作詰将棋

2013-09-16 20:44:26 | 将棋

台風18号は、日本列島におおきな爪痕を残していきましたね。

京都の嵐山の映像を見ているとすごいことになっている、その数キロのところに長女が住んでいる。メールをするとすごい雨だったが大丈夫とのこと。

その台風 愛知県の豊橋に上陸したが 名古屋には二女がいる 大丈夫とメールしたが仕事が忙しいのか返事はなし。

福島第一原発の近くも通っていったので、それが非常に心配ですね。

そして最近目立つ 突風(竜巻)。これが 福島第一とかに発生すると大変なことになりますね。

 

毎日新聞では、不定期に囲碁将棋スペシャルとして新人の将棋を紹介したり次の一手や詰将棋が掲載される。

今日も将棋では、千田新四段の将棋が紹介されていたが C級2組はマンモスクラス 抜けるのは、実力と運が必要ですね。

そして毎回 掲載される詰将棋は、私にとってちょうどいいレベル。 勝浦さんの作品ですが、詰まそうという気になる形であるうえ

軽妙な手を含んでいる。そして解後感もすっきり。

今日掲載されていたのは、

軽妙な13手詰。

比較的正統派の筋で詰みます。 勝浦さんは、連盟文庫でも数冊詰将棋を出版されていますが、そのほとんどがこんな感じで極端な駄作はほとんど

ないように思います。

上図にちょっと紛れを多く見せようと▲2一飛成からの2手延ばしすると

こんな感じにするといかにも詰ます気が起こらなくなる。

そして、角の替りにと金をおくと

これも初手▲3一とが見え見え。

ということはやはり勝浦さんの構図がいちばんすっきりしているんですね。

こういうのを手馴れているというんでしょうね。

 

明日から1泊2日の出張 紀南の山奥の中継所の仕事ですが、今回の台風で通れるのか心配です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 尾美静秀 詰将棊手繙 大正... | トップ | 望郷 岡田敏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

将棋」カテゴリの最新記事