バビル3世ブログ(将棋、書籍他) 

最近では、将棋ネタが多く特に詰将棋ネタが多いですね。
まあいろいろ書きたいんですけどね。

elmo囲い

2017-06-28 10:54:20 | 将棋

昨日 ponanzaの作者の山本さんの 人工知能はどのようにして名人を越えたか? を読んだ。

一般人にわかるようにやさしく書いてあるから1時間ちょっとで読み終えれた。

アルファ碁VSイセドルの巻末の対談がなかなか面白いが碁に詳しければもっと面白いんだろうな。

佐藤名人との2番勝負が開催されている最中の執筆だったようだが できればその2番勝負の解析をちょっといれてもらえばさらによかったか?

 

このponanzaも今年は、elmoに予選。本戦と連敗を準優勝だったが。優勝のelomはどれくらい強いんだと感心する。

 

最近 激指の新バージョンが発売されるがアルゴリズムはどうなってるのだろうか楽しみでもあり心配でもある。

elmoは、フリーで使えるのでその強さをいまさらながら検証したがびっくりするぐらい強い。

手持ちの激指定跡道場3というのがあったのでその一番強い 6段+と elmoを戦わせて見た。

普通激指の6段+には、勝てないのでどれくらい強いか見るのにはもってこいかと思ったが、、、

結果は、elmoの完勝だったが所々に感心するところがある そういうのが新感覚というものなのだろう。

 

先手▲elmo  後手△激指 6段+

序盤からいきなりの仕掛け

この38銀が以下にも新感覚で普通は、48銀なのだろうけど。 まあこのあと37に進めばどちらでも同じだが それにしても5筋つかないんだね。

数手後

少しの有利を確保すると落ち着いている

さらに総攻撃寸前の形が次図である。

これがいわゆるelmo囲いといわれる。79金型で48金という組み合わせ。穴熊ではないのである。

中盤戦、寄せも鋭い。

これから3局面出すので 正解手を導いてください。

(1)これはやさしいと思うが、56飛と手がいくようでは甘いんでしょうね。

 

(2) いま△34歩と催促されたところ ここでは優勢なのでいろいろ指し方があるが最短手は?

 

(3)ここまで来たら間違わないだろうけど正しい着手は。

 

解答のまえに棋譜を列挙します。

 

解答

(1)▲54歩が手筋 ここで△55歩と受けるなら ▲35飛△同銀▲97角の筋で優勢である。 

 

(2)いろいろあるが▲51飛が早く△35歩に▲71銀を打ってから▲52飛成がいいらしい。単に▲52飛成でもいいのだろうけどこういう感覚は参考にしたい。

 

(3)ここでは勝勢なので逃げてもいいくらいだが▲71竜が正解。以下△同金は▲62銀があるので△同王だが▲32飛で受けがない。 びっくりするくらいの勝ちっぷりである。

 

いま快進撃の藤井4段 持ち前の詰将棋の天才的な解図力にこの新感覚が備わっているのでどこまで勝つのか楽しみでもある。29連勝のかかった対増田戦でも 解説者が65桂からポンポン跳ねたり15角を絡める攻め筋を怪訝な顔で見てたが、これらはソフトでは最善手だったので、elmoを動作させながら観戦していたがさすがと感心しました。 それでいて謙虚な態度は素晴らしい。 

 

フリーでこんなに強いソフトが使えるので、将棋所のエンジンで elmo VS 技巧 とか対局させてそれを観戦してると ほーというため息がでる。まあ これもいろんな調整箇所があってそれによって変わってくるんだろうがelmoは、強い。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詰将棋練習帳 風の巻 | トップ | スマホ詰パラ ブックマーク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL