一粒のからし種

憲法のこと。原発のこと。少しずつ書いていきたい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なぜ同じ間違いを犯すのか。

2016年10月01日 00時08分23秒 | 日記



 いわゆる「動物」と呼ばれているものたちは、同じ間違いを二度は
 侵さないという。
 私は犬を飼った経験がある。今は猫と暮らしている。
 彼らも失敗はする。しかし二度は繰り返さない。

 原子力発電所を54基も建設したこの国は、実にこれらが安全だと
 ウソをつきながら推進してきたのである。
 甘い汁を吸ってきた政治家、ゼネコン、学者、彼らは国民を騙し続けて
 フクシマの事故を起こしたのである。
 地震や津波だから仕方がない、などといった言い訳は通用しない。

 あのビートたけしなどは、地震の時は原発に避難すれば一番安全だなどと
 ウソブイテいたのである。あのど素人にあの言葉を吐かせた専門家や政治家の
 罪は大きい。

 この国は二度の原爆を落とされた国である。
 この体験をしながら、それでも原発にしがみついた罪は大きい。

 さらにフクシマの事故を体験しながら、これに凝りもせず他の原発を再稼働させている。
 伊方原発を、川内原発を、計3基再稼働させた。知性と感性と理性を疑われる。

 万物の霊長などと尊大な態度を示してきた人類だが、1度の失敗に懲りることもなく
 失敗から何も学ぶこともないこの姿勢は「動物界」のなかでもっとも劣悪な種族なのだと
 思う。

 この「バカ」に何を言っても仕方がないのかもしれないが、もうそろそろ目覚めてほしい。
 「便所のないマンション」住まいを強いるのはやめてもらいたいものだ。

 有毒ガスが検出されたのに、築地から豊洲へと移転を決めた首都東京を持つ日本では
 「有毒ガス」を浴びる以前に神経をやられているのかもしれない。






   qqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqqq。

ジャンル:
災害
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦争とは人のいのちを奪うこ... | トップ | ポケモン協奏曲。 »