隊長の独り言

町の小さな学習塾の隊長が、あれやこれやをつらつらと書き付けるブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

こちらも

2015-03-16 22:16:37 | Weblog
ひさしぶりに更新です。

ホームページが新しくなって、ブログもそちらにつきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

除染

2013-12-18 20:42:37 | Weblog
先週からゼミAの「除染」が行われました。

除染といっても、もともと線量が低く、さらに3年近く雨風にさらされてきたので、除染自体が必要なのか疑問だったのですが、市だか国だかが勝手に来て勝手にやるというもので。

ゼミAは2階建ての商業ビルなんで、足場もけっこう立派に組んでやっていただいのですが、どうも効果が見えないというか何をしてるのかわからないというか。

そりゃもちろん放射線は目に見えないので「目に見える効果」がないのはわかっていますが、そういうことではなく、先週と同じように窓枠にはホコリがあったし、窓もとくに掃除した感じがない。

つまり僕の大掃除よりも「いいかげん」な感じを受けました。


あの足場の大きさや動いた人間の数からいって、10万や20万円というレベルじゃないお金をかけたはずです。

ゼミAが頼んだ訳じゃないし、お金を支払うわけじゃないんですが、それにしたってもう少しマシなお金の使い方があるのではないだろうかと思ってしまいます。


誰にとっても初めてのことだから多少の無理無駄がでるのは仕方ないと思っている僕ですらちょっと黙ってはいられないほどのものでした。

とりあえずみなさまにご報告まで。











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

なるほど。

2013-12-09 21:43:12 | Weblog
初めて自分のセーターを編んでいるのですが。



いつもは子どものものばかり編んでいたのですが、実は僕は子どもたちより体がでかいのです。

そうすると僕のセーターは1段が150目ってなことになってしまうのですよ。

編み物やらない人のためにわかりやすくいうと、体一周分を編むのに150回棒と糸をくりくりっとやるわけです(あんまりわかりやすくないね)。

で、写真のところまでで100段ちかくありますので、すでに15000回ほどくりくりっとやってきたわけです。

工程としてはここまでで半分きたかこないかぐらいだと思うのですが。


「編み物にチャレンジした人」の多くが編み物を嫌いになっていく原因はこのあたりにあるように気がしました。

「彼に似合うニット」なんて本を買って、がんばって彼氏のセーター・・・なんてことを最初にやろうとしたら、そりゃかなりの苦行ですわね。


これから編み物をやってみようと思っている人は、絶対に「小さい子どものもの」から始めたほうがいい。

「楽に早くできて、どうあってもまあまあかわいい。」わけだから。

間違っても彼にセーターを・・・はやめましょうね。

せいぜいマフラーにしておいてください。



本日の迷言

「来年も着られるようにちょっと大きめにつくっておいたほうがいいよ。」

長女さん(僕のセーター編んでる僕に)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新入り

2013-12-06 20:25:12 | Weblog
ニモたちの水槽に新入りが。



レッドソックス(右)とユビワサンゴヤドカリ(左)です。


レッドソックスが赤、ユビワサンゴが青、ニモが黄色で、水槽がかなり派手になりました。





本日のことば

「結果が得られなくても、それは失敗ではない。人の評価や結果以上に大事なのは、自分がどれだけ納得出来るかだ。そうして掴んだ自信は、簡単には壊れない。」

上原浩二(プロ野球選手)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PK

2013-11-30 15:29:05 | Weblog


次男くんのサッカー大会、最後はPK 戦に。

コーチは蹴りたい奴は手を挙げろとキッカーを募る。

大事なPK 戦を自分が外して負けた経験をもつ僕は手を挙げなかった息子にホッとしたような残念だったような。


本日のことば
『PK を外すことができるのはPKを蹴る勇気をもったものだけだ。 』

ロベルト・バッジオ(プロサッカー選手)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お疲れさま!

2013-11-28 22:27:32 | Weblog



長い間の相棒とお別れすることになりました。


震災後、福島・埼玉を何往復もしていろんなとこが壊れましたね。

ここぞ!というときに故障する君が大好きでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セキュリティ

2013-11-24 23:23:45 | Weblog
僕は基本的にセキュリティに関しては甘いほうだと思う。

自転車にはカギをかけないし、自動車も施錠はしない。


ま、盗まれるほど良いのに乗ってないと思ってるし(笑)


でも今日、楽天から覚えのないアドレスの変更があって、いつものパスワードでは入れなくなっていた。

楽天にメールして調べてもらったら7万円のビデオカメラを購入して、すぐキャンセルしたって履歴が残っていた。


ネットトラブルってほとんど経験ないんですが、今回はちょっと「ヤバい」感じでしたね。

なんにせよ、未然に防げてよかったです。


みなさまもどうぞお気を付けください。




本日のことば

「パスワードは誕生日や電話番号を避け、第三者に推測されにくいものを設定
されることを強くお奨めいたします。

今後、お客様におかれましても、ユーザID・パスワードを第三者に知られることの
無いよう、適切に管理していただくと共に、 定期的なパスワードの変更を行なって
いただきますようお願い申し上げます。」

楽天からのお願いより

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再読

2013-11-16 23:26:34 | Weblog
同じ本を何度も読むってことはよくあるけど、これの2回目を読みだすとは。




この「北方水滸伝」300数十ページが19巻、続編『楊令伝』が15巻、さらに現在もつづく『岳飛伝』がいまのところ6巻。

13000ページは軽くあるというこの大作を再読するってのはなかなかのもんです。


「好きな作家」はたくさんいるけど、「ほとんどの作品を読んでる作家」というのは僕は2人しかいません。

中学生のときにはまった北方謙三と、高校生のときにはまった清水義範。

この二人は作品数が多いのですが、とにかく面白いのでどんどんページがすすむんです。


好きな作家、いますか?




本日の迷言

回転ずしの店員さんが「テーブルお待ちの舟山さまでしょうか、カウンターならすぐにご案内できますが。はい、そうしますとお後のお客様を先にカウンターにお通ししてもよろしいでしょうか。」と片膝をつきながら、大変丁寧に接客。

Nちゃん(昨日につづきわが長女なんですが。)「今の人、すっごい『下から目線』だったね。」












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めて

2013-11-15 22:30:13 | Weblog
昨日は「goo」アンドロイドアプリから投稿したのだけど、改行とかがおかしいね。

使いにくい感じはしますが、もうちょっと使ってみますか。


今日は今年の冬作品のための毛糸がとどきました。



アラフォスロピというシリーズで、ロピセーターといえばアイスランドの伝統的な編み方。

前身ごろ、後ろ見ごろにわけず、胴も腕も輪あみしていくわけ。

模様の出かたが独特だからちょっと面白いかなってことで、初めて自分のセーターを作ってみようと思います。

いままでは基本的に子どものニットしかやってこなかったんだけど、そろそろきちんとした寸法をとれるようになりたいという挑戦でもあります。


さて、どうなることやら。



なお、「本日のことば」シリーズに、塾の子どもたちの口から発せらた名言や迷言をちょいちょい入れていこうと思います。僕だけが楽しんでいてはもったいないもんで。


本日の迷言

ばび「メスシリンダーに水道やビーカーから直接液体をいれると、こぼれたり、微妙な調整ができなかったりするから、ある器具を使います。器具の名前わかるか?」


Nちゃん(小6)「わかった!あれ、あれ、ええと・・・

         スイポト!」



たしかに、スイがポトしますね(笑)。雰囲気はばっちりです。

じつはNちゃんは僕の長女さんですが・・・。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミA園芸部二日目

2013-11-14 22:21:09 | Weblog
とりあえず6時に起きて、『水曜どうでしょう』の録画を見てからランニング。そのあとお花を買いに。 いつもビオラとパンジーで迷うのね。僕はビオラのほうが好きなんだけど、ゼミAの入り口に置くにはパンジーのほうが映える。 ということで、今回はパンジーメインで。 もちろん一瞬の喜び、チューリップも。 日当たりはイマイチだけど、根性でさいておくれ(笑) 本日のことば 「パンジー」という名前は、このパンジーの他にもこれに似ている野生のスミレ属の花を指すときにも使われている。小型のパンジーをビオラということもあるが。学名の「ビオラ」(ヴィオラ)はスミレ属のことである Wikipediaより なにを言ってるのかよくわからん(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミA園芸部

2013-11-13 20:47:25 | Weblog
今日の午前中はランニングをしないで、ゼミA園芸部の部活動をしました。

といっても一人ですが。

夏におわったビオラやパンジーの根っこを片付け、あたらしい苗を植えるための準備ですが、わりとこれが重労働。

ランニングと同じくらいカロリー使ったのじゃないかしら。




明日は苗を買いに行こう。



本日のことば

「雑草とは、まだ美点が発見されていない植物のことである。」

エマーソン(アメリカの思想家)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日おめでとう!

2013-09-18 21:43:24 | Weblog
フェイスブックをやり始めて初めての誕生日ですが。

みなさんからおめでとうの嵐が。

まあ、おめでたい歳でもないと思いますが、みなさんに気にかけてもらえるのはうれしいことです。


でも、リアルで直接おめでとうとはだれにも言われてないような・・・。


あ、高校生のひかちゃんが「おめでとうございます!」と電子辞書をくれました。


って、それはさっき貸した僕の辞書でしょ!!(笑)


今年も無事、18歳になりました。

今後ともよろしくお願いします。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

右立ち運動

2013-08-09 11:45:11 | Weblog

-----------------------------------------------------------------------

駅エスカレーター「歩かないで」…事故250件
読売新聞 8月9日(金)7時24分配信


JR東日本では、利用客がエスカレーター上でけがをする事故は年間約250件に上っている。今年5月には、東京都内の駅で松葉づえを持った中年男性が、横をすり抜けた利用客にぶつかられて転倒、頭などを打撲した。昨年9月には、都内の別の駅で高齢男性が急ぎ足で駆け降りていたところ、転んでエスカレーターの下まで落ちてけがをする事故が発生した。

 こうした状況を重く見たJR東日本は、エスカレーター上での「歩行禁止」を打ち出した。7月から「歩かない」などと記したステッカーを管内のエスカレーター全1770台付近に貼り、啓発運動に乗り出した。

-------------------------------------------------------------------------


僕は十数年前から、エスカレーターの右側に立って乗るようにしている。

僕のおばさんが足と左手が悪く、エスカレーターの右側しかのれない(右手でしか手すりをつかめない)のに、「右側空けルール」のせいでエスカレーターに乗れないということを知ってからだ。

そもそも「右側を空ける」なんてルールはどこにもないのだけど、「東京じゃ右をあけてのるんだよ!」と言わんばかりの精神的田舎ものが、ときどきけんか腰になって右側をこじ開けていく。

十年くらい前まではJRもこの問題にはさわらないようにしていたし、世間的にも「エスカレーターを歩いてはいけない」ということが知られてなかったのでほんとに「孤軍」だった。

やっとこういう記事がでるようになったことはうれしいことだ。


だけど、それくらいこの問題を気にしている僕ですら、上の記事の「歩行禁止のステッカー」なるものを見たことがないんだから、なかなか浸透するのは難しいだろう。

だからこの問題を重要だと思う人は「右側立ち運動」に参加していただけないだろうか。

女性や子どもはトラブルになるといけないので、僕の屈強な友人たちにぜひお願いしたい。


実は右側に立つて流れを止めても、僕のうしろで止まり、そのあとは2列になってみんなが乗るので、全体が収容されるまでの時間はむしろ短くなるんだよね。

是非みなさん、よろしくお願いします。




本日のことば

部屋に8匹の猿を入れます。 部屋の中央にははしごが設置されています。 そのはしごに登ると天井から吊るされたバナナを取れるようになっています。

 猿がはしごを登ろうとすると、全ての猿に氷水が降り注ぎます。 しばらくすると、猿達は氷水をかけられたくないので、はしごを登る猿を攻撃するようになります。 その後、どの猿もはしごを登ろうとしなくなります。

 元々いた8匹のうちの一匹を新しい猿に置き換えます。 新しく来た猿は、はしごとバナナを見ます。 何故、他の猿達がバナナを取りにいかないのかと不思議に思いつつも、新参者の猿はハシゴを登ろうとします。 すると、他の猿達はその新参者の猿をフルボッコにします。 新参者の猿は何故ボコボコにされたのかはわかりませんが、梯子を登ろうとするのをあきらめます。

 元々いた8匹のうち、さらにもう一匹を新しい猿に置き換えます。 新参者の猿はハシゴを登ろうとしてボコボコにされます。 以前ボコボコにされた新参者だった猿も他の皆がやっているため、今回の猿をボコボコにする行為に加担します。 しかし、何故はしごに登ろうとする猿を攻撃しなくてはならないのかは全くわかっていません。

元々いた8匹の猿を一匹ずつ置き換えます。 元々いた全ての猿は部屋にいなくなっています。 今、部屋に居る猿は氷水を浴びせられたことがありません。 また、はしごに登ろうとする猿もいません。 全ての猿は、はしごに登ろうとする猿を狂ったようにボコボコにします。 しかし、何故そうしているのかは誰も見当がつきません。

出典不明













コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

その後

2013-08-05 17:38:36 | Weblog
観察していたアブラゼミくん。

最後の段階ではこんなに美しく。





標本にしようと提案したのですが、「かわいそうだよ」と、今まで何百匹ものセミを惨殺してきた次男がいうので、外に出してやりました。

朝の段階ではまだ飛べずにいましたが、どうやら無事飛んでいったようです。


どこかですてきな恋をしていますように。



本日のことば

「造物主に非難すべき所があるとしたら、神があまりに無造作に生命を作り、あまりに無造作に生命を壊す点だろう」

魯迅 (中国の作家)
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

アブラゼミの羽化観察中

2013-08-04 00:50:11 | Weblog
夜クワガタを採りに行ったけど、みごとに空振り。

代わりにアブラゼミを捕まえて、羽化の観察。



図鑑では知っているけど、生の迫力はすごい!



ただいま深夜12時48分。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加