たまおばさんのつぶやき

お花や面白い発見を求めて山をウロウロ徘徊しています
お気軽に覗いてみてください。そして間違いあれば教えて下さいませ。

徳島県の高峰第3位三嶺に登る

2017-07-17 | 山歩き


7月15日(土曜日)梅雨の合間の晴れ間を利用して
四国の徳島県と高知県の県境に位置する三嶺に
登ってきました。
以前から一度登ってみたいと思っていた山です。

夏山は早朝に登り始めるのが鉄則、、、
とはいえ、兵庫県からは遠いなぁ~。
何とか早朝4時半に自宅を出発。
三嶺登山口となる名頃駐車場に8時半過ぎに到着。
(高速美馬ICを降りてからが長かった~。)
  途中、運転手交代しながら、朝食をとりながら、、、。
 
 名頃登山口にはとってもきれいなトイレも設けられていて
    ありがたいです。

 40台くらいは止めれる駐車場がありますが、
 8時半過ぎで、すでに15から16台くらいは停まっています。
 そして、、、案山子が出迎えてくれています。

  まずは案山子さんにご挨拶してから、、、。

  トイレのすぐ裏あたりから取りつきます。
    え!!熊さんもいる?
   鈴をつけて歩かなくっちゃ!!

  9時前にスタートです。
 しばらく樹林帯の中を登ります。

 3分くらいで、鉄塔横の道。

   そして再び林の中の道、、、。
   ピンクテープも貼ってあり、
   踏み跡もしっかりしています。

   しかし、5分も歩かないうちにすでに汗タラタラ、、、。

   林道との合流地点に到着。

   現在林道は通行止めになっているらしく、
   新道として、尾根道が設けられており、
    少し時間短縮できているみたい、、、。

   林道から再び樹林帯の道を登っていきます。

   
  日光が遮られている道なので、暑さも少しはましかな、、、、、。

    
  お!目玉おやじさん!!おはようさん!

  (ギンリョウソウの開花後??)
  
  汗ダラダラでダケモミの丘に到着。

   この辺りでは、鹿食害のためネットが張られていたり、
    木にもネットが巻きつけられています。

  三嶺山系ではシカの食害を食い止めるため、捕獲したり、
  ネットで防護したりと、努力され、ここ数年で少しは
  緑が戻ってきたようですが、まだまだ油断できないそうです。
 きれいな森を取り戻すため日々ご尽力いただいている方に感謝です。
  
  おや!登山道脇の植生が少し変わってきました~。

   途中お花にも出会いますが、お花は後でね。

   こんな大きな石が露出した道にもなってきた。

   そして左手に剣山系の山並みも、、、。
    時折立ち止まって一呼吸。

   こんなガレバの道も、、、、
  左手に落ちるとどこまで落ちるかわからないので
    要注意!!

   ガレバを抜けると、、、、

   すれ違いには要注意の道です。

登山口から2時間半くらいで眺望が開けた道になります。

  大きな岩が右手に見えます。
 この先水場への分岐があり、
 そこからまた急な斜面を登ると、、、、、
  三嶺ヒュッテへの分岐に到着。
    
 池を右手に、ミヤマクマザサとコメツツジ群落の
   道を登ります。

   振り返ると池と三嶺ヒュッテが、、、、。
    登山口から登ってくる途中
 「今日は小屋に泊ります」と言われていた
  重装備の年配のご夫婦を追い越してきましたが、
  きっとこちらのヒュッテに泊られるのかしら??

   山頂までもう少し、、、、。
 
   周りは眺望も開け、クマザサ草原の道を歩きます。

   もうちょっとだ!!


   約3時間半を要して、三嶺山頂に到着です。

    山頂でじっとしていると気持ち良いくらい涼しいです。
 凍らせてきたマンゴーゼリーがちょうど溶けていい冷たさ、、、
     山頂でいただくと とっても美味しかった。
 途中で休憩に食べた文旦シャーベットのおいしかったこと!!
   そして目の前の景色の御馳走でランチタイム最高やね~。

   しばし眺望にうっとり、、、。

  西方面には西熊山から天狗塚への尾根筋も
   きれいに見えています。
    遥か石鎚山系も、、、、

    山頂一帯には
   コメツツジ群落、、、。
  カメラに収めるのに一生懸命。

  コメツツジはとても小さいお花です。
 一斉に咲いて真っ白になるのかなと思ったのですが、
  そうでもないようです。
  国の天然記念物になっているそうです。
 秋にはきれいに紅葉して夏とは違った素晴らしい景色も
 見れるようですので、季節を変えて登ってみたいです。

  下山は登ってきた道を降ります。
 おそらくヒュッテに泊られるのかなと思われる
重いリュックを抱えたパーティにも何組か出会いました。
 お天気が良ければ素晴らしい朝日が見られるかもしれませんね。
 そうそうガイドさん先頭に団体さんにも、。
 (この後宿泊先も一緒でした。
 バスのフロントに「四国百名山」と記されていました。)

 下りは約2時間半を要して登山口に戻ってきました。

さて、時間も15時半近く、今日は標高1500Mに立っている「ラフォーレつるぎ山」という
 宿泊施設に泊ります。
(二日前に電話予約で一部屋だけ運よく空いていて
 予約できました)

 ラフォーレまでは 名頃登山口から
剣山のリフト乗り場のある見の越まで一旦戻るのですが、
これが 結構細い道が何カ所かあり、途中前方からマイクロバスが、
やってきてすれ違いができず、すれ違いのできる退避場所までカーブの道を
バックするというヒヤヒヤ状況も経験して、
無事何とか宿泊施設に16時に到着できました。

   お天気に恵まれていい山行ができました。
     感謝!!。


     
 
      


  
    
  

  





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまおばさん風トマトソース | トップ | 徳島県 塔の丸に登る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。