たまおばさんのつぶやき

お花や面白い発見を求めて山をウロウロ徘徊しています
お気軽に覗いてみてください。そして間違いあれば教えて下さいませ。

滋賀県小谷山ハイキングその2

2017-03-21 07:55:12 | 山歩き


さて小谷山ハイキングの続きです。
本丸跡を過ぎて中丸跡まで登ってきました。

   ここも広場になっており、石垣も残っています。

   この後京極丸跡があり、そこを過ぎると
    このように少し雪が残っています。

   大きな御屋敷が建っていたのですね~~。

   六坊跡です。山頂まではもう少しです。

   六坊跡を過ぎると雪があちこちに見られるようになりました。
    そして最後の急な階段登り!
    そうそう途中、イワウチワの葉が多く見られるところが
     ありましたが、まだお花は咲いていませんでした。
    
     登り詰めると残雪の多い道、、、、。
    踏み跡は溶けつつありますが、
    溶けていない脇の残雪に時折足を入れて
    雪の感触を確かめてみたり、、、、、。

     小谷山山頂です。(大嶽)
    
     雑木林に囲まれた砦跡でランチタイムです。
  ランチタイムと同時にメンバーからの差し入れの「竹鶴」が、
    あのNHK朝ドラ「マッサン」で人気が出た「竹鶴」で~す。

   男性4人でカンパ~イ!ありがたく感謝して、
美味しく「お酒大好きさん」でいただきました。
    (メンバーの姫さんがいたら喜ぶかもね~)
   実は3年前NHKのドラマ「マッサン」を見てから、
 竹原を訪れた時、竹鶴酒造のお酒を買おうと思ったら人気が出て、
   製造が追いつかず、一般客のお客様に小売りができませんと
    書かれた看板でがっかりして帰った記憶があります。
   このたび思いがけず、「竹鶴」を見てビックり!!
    のポチおじさんでした。」
  (低山ののんびり山歩きだから、ちょっぴりお酒を
    いただいていますが、真似はしないでくださいね~ 
    酔いで歩けなくなったら置いて行かれますし、
    ひっくり返って危険なこともありますので、、、、)
 
    ランチタイムの後は三角点でタッチ写真。

   指を見ていただいたら、もう何等三角点かお分かりですね~。
    そうそう今日は10名いますが、一人は撮影に、、、。

     下山は一旦清水谷分岐まで戻り、
    途中重臣だった家臣の屋敷跡を見ながら降りてきます。

     「蛙岩」って書かれていました。
       カエルに見えますか~。

     右手に大きな岩や沢があり、左手の急な斜面に沿って
      谷筋を下りていきますが、道は歩きやすいです。


     林道に出てこのまま小谷城戦国資料館近くまで歩きます。


     小谷城戦国資料館前には広い駐車場があり、そのわきで
       おいしいカステラと生姜湯で休憩タイム。
     ここからは8名は河毛駅まで歩いて戻ります。
      2名は自転車を置いた登山口まで戻り、
        河毛駅まで戻りました~。
    
       河毛駅前には長政とお市の方の銅像が仲良く並んでいます。

      
       駅前のコミュニティハウスで再びほっと一息。
       登山口から4時間半の軽めのハイキングでした。
      本日も名カメラマンが参加してくださってます。
     史跡が多かったので撮影も大変だったと思われます。
         お疲れ様でした。
 
      このハイキングコースは、戦国の足跡を巡りつつ、
      じっくり回れば時折攻め入っているかのような気分にも
     させてくれる、マニアには嬉しい山城のような気がします。
    
        最後までご覧いただきありがとうございました。
        
     








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 滋賀県 小谷山ハイキングその1 | トップ | 高尾山へお花を求めてハイキ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。