南無煩悩大菩薩

今日是好日也

ロボット vs 人間 にはならない

2017-04-19 | 古今北東西南の切抜
(photo/source)

将来、知性によってロボットをさらに進化させることができれば、ほとんどの人間は仕事から解放されるだろう。

今も多くの人間が働いているのは、ロボットより人間が働いたほうがコストは低いからである。単純な仕事であるほどロボットにやらせるほうが生産性は高くミスも起こらないが、その維持には相当なコストを要する。

一方、人間の肉体の維持にはそれほどコストはかからない。さらなる技術進歩でその課題を解決し、いま肉体が提供されている全仕事をロボットに代替できれば、すべての人間を知性のみを提供する存在へと引き上げることができる。

人生を学習と仕事の二つに分けるとすれば、かっては読み・書きさえできればすぐに仕事を始めたが、今後、学習の比率が八割、仕事が二割と大きく逆転するのではないか。

知性に基づく技術を理解できる一部の人は、コンピュータやロボットを活用して効率よく働き、金銭的にも潤う。残りの人は一生をかけて学び続ければよい。それでも社会全体の生産性が落ちることはないのだから。

究極的に、肉体を提供する仕事がいっさいなくなれば、すべての人間が学習だけに専念し、哲学者に変わると筆者は考えている。考え続けることこそ人間ならではの営みだ。

これからも、人間は人間を知るために生きるのである。

-切抜/石黒浩「人間は機械へと進化する」D.H.B.R.May.2017より-
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自然の法則 | トップ | どこ吹く風のひと »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
煩悩先生へ (sugiura)
2017-04-20 12:38:11
20年先の生活はどうなっているのだろう。本当に学習、知性のみなのだろうか。昔の貴族のような生活ができるのだろうか。楽しみでもあり不安でもある。
sugiura様 (煩悩)
2017-04-21 15:57:53
どの先にしてもし生あるなれば、笑っていたいものであります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。