南無煩悩大菩薩

今日是好日也

充分とはいえない事実

2016-09-15 | 意匠芸術美術音楽
(picture/source)

他者へもしくは他者からの「ある事実」についてのやりとりに、もどかしさや困難を感じたことがあるはずだ。

「もっと具体的に説明してくれ」ということはあっても「もっと抽象的に表現してくれ」とはなかなかいわないが、

例えば、ジェーン・オースティンは「なぜ鶏は道路を渡ったのか?」という事実についてこういう伝え方をした。

「かなりの財産を所有し、よき道路に恵まれた独身の鶏なら、きっと横断することを切に望むに違いないというのが、世間一般の認める真理だからである」。

これは具体的な説明だろうか、それとも抽象的な表現だろうか?

私なぞは、具体的な説明のなかにある抽象性、抽象的な表現の中にある具体性を言い表した名文だと思うが如何なものだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はやりに流されない | トップ | Dead Can Dance  »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
煩悩先生へ (sugiura)
2016-09-16 06:13:01
見るものがぼやけて抽象的になっています。輪郭が判然としなくなりあるがまま受け入れています。

これも有りかなと。
sugiura様 (煩悩)
2016-09-19 18:00:51
おおいに、有りです。

コメントを投稿

意匠芸術美術音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。