南無煩悩大菩薩

今日是好日也

蝶も羽を休める指の持ち主

2016-10-11 | 世界の映窓から
(GIF/source)

ある人々は、誰かに良くしてやると、お返しをしてもらおうと常に期待している。

また、ある人々はそうではないが、よくしてやったことを意識していて、相手は自分に返すべき恩義があると思っている。

しかし第3の人々は、そんなことなど考えもしない。彼らはブドウの木のようなもので、何の見返りも期待せずにブドウの実をつける。

だから、誰かを助けてやったら、あとはもうほかのことにとりかかるのだ。

私たちはそのような人間でなければならない。

-マルクス・アウレリウス・アントニヌス-
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Dance of her Hands | トップ | 恋と傷は、出会いがしらにし... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
煩悩先生へ (sugiura)
2016-10-12 06:35:07
ラジオ第2放送で釈迦の言葉を聞いた。生命は他を捕食、子孫を作るものをいうと。宗教は分かりませんが言葉には重みがあり、哲学として輝いています。

改めて感動しています。

sugiura様 (煩悩)
2016-10-13 15:41:34
いつもありがとうございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。