チェッパのルンルン街道♪

古希を迎え第3の人生の始まりを知ったチェッパの楽しい日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブログご無沙汰の反省日記

2006-07-30 11:14:55 | Weblog

久々にブログを書こうとpcの前に座りました。と云うのもpcの不具合で打てなかったのです。

富士通に問い合わせたところ、もう初期設定をするしかないと云われエッ!今日までのブログも

みんな消えてしまうのかと、それは心配しました。そして息子が長時間をかけて直し、消えてしまったと

思っていたブログも元に戻っていて安心しました。あまりのブログのご無沙汰に罰があたったので

しょうか・・・反省しています。

暑い毎日が続いていますが夏の嫌いなチエッパには堪えます。ネコちゃんも相変わらず病院通い

動物病院はいつ行っても犬、ネコちゃんでいっぱいです。ネコちやんは長年いていると人間の

言葉を覚えるそうですね!うちのネコちゃんは私を呼ぶのに、最初は小さい声でアホ~アホ~と

呼んでいて行かないと大きなどら声でアホ~~と呼ぶのでとんで行きます。

サリーが遊びに来たときにネコちゃんがアホ~と泣くとサリーは呼んだ~と言って走って

行くので皆で大笑いしています。

元気だと思っていた私も先日夜になって急に目が回って歩けない程になり病院に行き

点滴を打ってもらいサリー夫婦も心配してきてくれました・・帰ったのが夜中の三時頃一応は

目まいがとまったのですが、一夜明けて病院で精密検査をうけたのですが、以上なしで

いったいなんだったんだろうかと思っています。

でもタバコを止めて6年以上本当によかったと思ってます。

サリーもタバコを止めるのに奮闘中です。今は頑張りなさいと祈ってます。

コメント (25)   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

動物病院に行く

2006-06-08 18:51:38 | Weblog

チエッパのきまぐれ日記を書きたいと思います。

ネコちゃんの其の後を書きたくPCの前に座りました。

3日に一回の点滴の日が今日で動物病院に行きました。

いつも困る事はネコちゃんをキャリーBOXに入れる時で、

BOXを出してくると、病院に行くのが判るのか背中を低くして

逃げます。捕まえて無理に入れるのですがにゃーんにゃーんと、

泣いてますが、チヤリンコに乗せると観念したのか、ちゃくっと

泣き止むのです。それの繰り返しです。

病院に着くとワンちゃん・・・ネコちゃんが、来てるのですが、

だいたいいつもワンちゃんの方が多いです。

でも今日はネコちゃんばかりでした。

待っている人の顔を見ていると皆んな心配そうな顔で、

私も最初に来た時は皆さんと一緒でしたね!

待っているとネコちゃんを抱えて悲壮な顔をした女の人が

入って来たのですが、ネコちゃんはもうぐったりです。

先生が直ぐに診察室に連れて行かれましたが、女の人

だけ、待合室に出てきて泣いておられました。

動物も可愛さは人間と同じです。

幸い我が家のネコちゃんは点滴と薬でよくなっってきました。

あまりの嬉しさに先生に「完全に治るのでしょうか?」と

聞きました。先生は「これだけの歳だから治ると云うよりも

病気がこれ以上進まないように抑えているのですよ」と

云われ私はちよっとがっくり・・・でも元気であれば、これで

良いと思いました。    これからも3日に一回の点滴も

週一回になって喜んでいるチエッパでした。

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

チエッパとネコちゃん

2006-05-31 19:50:17 | Weblog

永い間ブログご無沙汰してました。と言うのもネタ詰まりで以前していた

テレビゲームを思い出してついつい始めてしまいました。それが又

面白くて止まりません。ところがそんな日々にバチが当たったのか

我が家のネコちやんが、病気になってしまいました。

このネコちやんはサリーが若かりし頃、近所の子供さんが「姉ちゃん

子猫ちやんが箱の中に草と一緒に捨てられているよ」と言ってきた

そうです。チエッパは当時仕事をしていたので、サリーが家に連れ

きた事は家のものに内緒でした。或る日チエッパが仕事を終えて

家に帰った入口で子猫ちゃんが出てきてチエッパの顔を見るなり

カッーツと毛を逆立てて吠えられネコの事がチョイばれ・・・・

「いつからネコちやんがいてたの」とサリーに聞いたところ、

サリーいわく「3日前から私の部屋に隠していたよ」だって・・・・・

当時サリーはテリヤ犬と、コザクラいんこも飼っていたので

わんわん・・ぴーちく・・にゃーんとそれは賑やかでした。

チエッパもネコちゃんは大好きです。サリーが自分の部屋に

入ると続いて、ワンちゃん・・ネコちやんと入っていってました

数年経ってサリーが1人暮らしを始める時ワンちゃんと、ネコちゃん

を連れて行くと云ったのですが、ネコちゃんは家になつくものだから

駄目!と言いました。それ以来ネコちゃんはチエッパの子分です

そのネコちゃんが今では23年目に突入・・・人間ででいえば

100才を越えています。そのネコちゃんがゲームにはまったバチが

あたって病気になってしまいました。慌ててチャリンコで動物病院

に駆け込んだら一万五千円とられてまたまたおおバチが当たって

しまいました。チエッパは大反省しております。

動物病院でネコちゃんは血液検査・・エコーの検査の結果肝臓と

腎臓が悪く先生に云われましたがネコちゃんのこの歳では、こんな病

気になってもおかしくないと言われました。これだけの年数が経てば

家族同然です。出来るだけ長生きさせてやりたいと必死です

3日に一回点滴と痛み止めの注射・・お薬と。。通っています。

チエッパは看病しながら隙をみてはゲームをしている毎日です。

            ではまたね♪

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

思い出を大切に

2006-04-25 17:58:16 | Weblog

寝床に入っても寝つきが悪い為深夜ラジオを聴くことを楽しみにしているチエッパです。夜明けにふっと目が覚めると、いつも耳につけているイヤホーンからいつも聞いている深夜放送が入ってきて、

今日の花はライラック(リラの花・・・モクセイ科)

       花言葉は思い出を大切にでした。

 そこでチエッパの若かりし頃の面白い思い出を語りたい

  と思います。

 昭和26年のジェーン台風の時の事・・・

 父は器用な人で家の横に小さい家を付けて建てたのです

 ところがあのジェーン台風でその建てた家が吹っ飛んで

 しまって大きな穴が開いてしまったのです。

 勿論夜は囲いをして皆寝たのですが・・・

 突然顔のあたりに明かりが?

 恐々薄目を開けて見ると、そこには警官が懐中電灯を

 寝ている私達の顔を照らしているではありませんか!!??

 警官曰く「物騒じゃありませんか! 泥棒が入りますよ!」

 だって! あんたは何処から入ってきたんやぁ~と

 云いたかった・・・そんな思い出がありましたね~

 

 私が結婚をして実家の近くに住んでいた頃の事

 チェツパは娘の頃はタバコは吸っていませんでしたが

 結婚をして2年過ぎた頃に何が切っ掛けであったかは

 忘れましたがタバコを吸うようになったのです

 親には内緒でした。

 或る日私がタバコを吸った後に父が突然来たのです

       さあ大変!

 丁度その頃テレビで相撲の実況放送が!

 テレビの前でタバコを吸い始めたのです

 父は「灰皿を持ってきてくれんか」

 私は先程吸っていて捨てたばかり蓋つきの缶の

 灰皿を仕方なく渡しました

 すると父は灰皿の蓋を開けたとたん煙がボッ、ボッ、と

 「何や!これは?お前タバコを吸ってるのか?」

 私は黙って頭を下げたまま・・  みつかってしもたぁ~

                     と心の中で思いました

 父は「主人が吸ったらあかんと云ったら絶対に吸うな」

 と怒られたのです。    怖かったア~

 その時主人に怒られていたらチエッパはタバコを吸って

 いなかったでしょうね・・・笑

 この二つの出来事は今では思い出となって残っています。

 

 

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

名前忘れたバトンが廻ってきた~

2006-04-18 09:50:04 | Weblog

サリーからバトンが廻ってきました。その名も「名前忘れたバトンです」

くんちゃんのお嬢さんからだそうです。

チエッパは走ります、チャリンコに乗って!!行くぞう~!

1 回す5人を最初に書いておく

ナムコままさん ゆきたん みすずさん くんちゃん レッドさん

ダブっていたらごめんなさいね!

2 お名前は?

チエッパです。○○小町(大昔はね!)  チャリンコババア~

買い物ババア~ ハッスルババア~ 皇太后

3 おいくつですか?

古希です。(わからん人は辞書ひいてね!)

4ご職業は?

年金ババア~(もっとおくんなまし~)

5 ご趣味は?

TVゲーム(ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、トルネコの冒険、)
全部攻略済みよ!ばれたかぁ~

パソコン、手編み、レ~ス編み(何でも編みます)

サスペンスドラマを、ぼ~と見ていて犯人わからず。

6 好きな異性のタイプは?

優しくて、ユーモアがあって、動物好きな人。

7 特技は?

 TVゲームのレベル上げですが、ボス戦はサリーに任せる。

 編み物なら誰のもんでもあんだるで~

8 資格何か持ってますか?

 華道・未生流「チエッパ補」です。
とにかく突き刺しゃいいだわさぁ!

9悩みは何かありますか?

 

22年飼っている呆けネコちゃんが、昼と夜とが逆さになって

寝かせてくれません。でも可愛いしどうしょう・・・

10好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

 好きなもの    中華料理。牛かつ。えびフライ。

 嫌いなもの    生臭い魚。鶏肉。豚肉。

11貴女が愛する人へ一言?

 いつまでも長生きしてね!

12バトンを回す5人を指名すると同時にその人の簡単な他者紹介をお願いします

ナムコままさん。何故か初めから好感の持てた人。お料理のプロやと

 思ってます。

ゆきたん。  可愛いくて頭のいい人です。赤ちゃんができておめでとう。

みすずさん  最初からチエッパのピンチえお助けて頂いてありがとうござい  

         ました。

くんちゃん   サリーの親友です。チエッパもくんちゃんが大好きです。

レッドさん   このババアにコメントをくださっている素晴らしい青年です。

チヤリンコに乗って走りました~「時々こけそうになりましたが」

しまった!~杖と財布を忘れてきたわ~!!

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

チエッパの嬉しい出来事

2006-04-16 20:31:04 | Weblog

昨日部屋のお掃除をしていたら、暫く計っていなかった体重計が,ひょこり

出てきたじゃありませんか!体重計に乗ろうか、それとも止めておこうか?

長いこと量っていなかったので・・・ヨッシャ!量ってみよ!

瞑った目を細く開けて見ると、なんと!!62キロ!2キロ減量!

64キロあったのにいつの間に?

運動も、ウオーキングもしない、ただ自転車に乗って買い物に行くだけなのに、

ラッキー!!です。

そこえサリーが遊びにやってきました。  あまりの嬉しさにサリーに

チエッパは、「体重が2キロも減ったよ!」

サリー「嘘や!  エッ!ほんと!」

チエッパ「嘘とちがうで~ほんとやん!」

サリー「よかったやん!」

チエッパはあまりの嬉しさに、

「ヨッシャ!もういっぺん体重計に乗ろう!」

体重計の表示が!???

55キロ!???

嘘!嘘!嘘!「何・・・・これ!!狂ってる~このボロ体重計が!!!」

サリー・・・大笑い!

チエッパ「気を落ち着けてもういっぺん乗ってみるで~」

サリーは横でニッタリと笑ってるだけ!

チエッパはそーと体重計に! 「62キロの表示!よかった~~~」

「ボロ体重計って云ってごめんね~」

チエッパの嬉しい出来事でした。

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

サリーの思い出

2006-04-13 17:33:52 | Weblog

3才頃だったと思います。外で遊んでいたサリーが突然血相を変えて

家の中に無言で飛び込んできて、冷蔵庫の横の隙間に隠れこんでる

ではありませんか!

すると・・・入り口のほうから「ボロ・・おまへんか~」と大きな声で女の人が!

よほど怖かったんですね~   そんな思い出があります。

サリーは少しでも高い所に上がるのを怖がる子で、小学校の学芸会で

三段階に作ってある台の上に上がる事になり、サリーは背が高いので

一番高い後ろの台に上る事になったのです。

一段目・・・二段目・・・三段目と皆上ったのですが、

一番後ろの高い三段目で、1人だけフラ・フラと動いてる子が!

  「サリーじゃないの!」と先生。  先生から後で聞いた話でした。

サリーは、絵も好きな子で、学校の校門に貼り出されたこともありました。

小学校6年生の頃に 引越しをする事になったのですが、転校も考えたのですが

卒業まで一年なので転校させませんでした。

小学校までは一時間、毎日お父さんの車でチエッパの実家まで、一年間

送迎です。     大変な一年間でした!!

大阪市から大阪府に引越してサリーは中学一年生。

中学校ではソフトボールのピッチャーでもあったのですが、正式に試合に

出たかは不明です。

何事も他人に負ける事の嫌いなサリーは生徒会の副会長に立候補を

したのです。     副会長に当選です。(中学2年生の時です)

小学生の時も虐めで云い合ったことがあったのですが・・・

今度は中学校で!小学校のようには捗りません。  女生徒の虐めです!

サリー「あんた達!いい加減にしときや!」と注意したところ、

女生徒「生意気や!」「偉そうや!」「いい気になっているわ!」の連発・・・

その挙句皆に無視されたのです

気の強いサリーは反対に、そしらぬ顔をしていたそうです。

すると相手の方から折れて寄ってきたそうです

高校も自分の望んでいた学校に入学。  大学は京都でした。

書籍の好きだったサリーはアルバイトも紀ノ国屋書店。

京都は太秦映画村もあり俳優さんもよく紀ノ国屋に来たそうです。

村井国夫さん・・・凄い男前だったそうです。

大和田伸也さん・・・?

杉村春子さん・・・この方にはサインを貰いたかったそうです。

数え切れないほどの、思い出があった学生時代だったそうです。

                     

                             おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

サリー幼き頃の思い出(2)

2006-04-11 16:38:53 | Weblog

ブタ子ちゃんで生まれてきたサリーは何故か細身の体に!

サリーは生まれて9ヶ月には、もう走ってました。歩くのは皆がビックリするくらい早かったのです。     

よく風邪をひいて熱を出す子でしたので厚着(何枚も重ね着)をさせていました。

或る日サリーが(2才の頃)伯父に連れられて銭湯に行ったのです。

脱がせど脱がせど体が出てこず、「まるで竹の子みたいやなあ!」と

笑われた事もありました。

実家は商売をしていましたので使用人がたくさんいてまして、

サリーは皆の人気者でもあったのです。(以上は書き忘れた記事です)

そして小学校に入学!

子供にしては少し遠い距離の初めての登校・・・

当時は現代のように集団登校でなく、個人での登校、

お昼になっても帰ってきません

慌てて見に行ったところとんでもない方向に、向かって歩いてた

そうです。

だんだん学校に慣れお友達が出来るのですが殆んどが、

男の子!    プレイガールだったんですね!!

ある時1人の女の子を2、、3、人の男の子が虐めていたのを、

サリーが「女の子を3人がかりで何いじめてんねん!!」と云った

ところ、男の子「やるんか~」・・・サリー「あ~やったるわい!」

と言ったら、逃げたそうです。  怖かったんでしょうね・・・

弱い物いじめが嫌いな子でした。翌日担任の先生から呼び出しがあり、

担任の先生は「チエッパさんのお宅の家族構成を聞きたいのですが?」

チエッパ「はい!サリーも私も実家にいて帰るのは夜だけで、殆んど

大人ばかりの環境のもとで育っています」

担任の先生「道理で!サリーちゃんは大人ぽい筈」と

チエッパは「ハァ~」としか云いようがありませんでした。

サリーは幼稚園の時から本に、興味がありまして、いつもソファーの

上にもたれ掛かって、本を読んでいた子でした。

小学校に入ってからは「少年少女の文学」の本を全巻買って

あげたのですが、数ヶ月で全部読んでしまったサリーちやんでした。

       次回に続く!

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

サリー幼き頃の思い出(1)

2006-04-11 00:40:40 | Weblog

昭和☆☆年11月3750グラムの女の子の赤ちゃんが誕生!

ワァ!「大きな女の子の赤ちゃんですよ」と看護士さん!

サリーと命名・・・この頃からもうブタ子ちやんになる予告だったのでしょうか

「小さく生んで大きく育てよ!」と云う言葉がありますが、うちは反対で、

何故か「大きく生んで小さく育つ」になってしまったのです。

お風呂は殆んど今は自分の家にありますが、当時は銭湯に行ってました。

私の実家の隣がお風呂屋さんで実家から、少し離れた所に住んでいました。

お風呂に行く時はサリーを、おくるみ(赤ちゃんを包み込む綿入れ)に

くるんで行くのですが途中で、アッ!サリーがいない!!

おくるみの奥のほうにすっこんでいるではありませんか

もうその頃からヤンチャだったのです。

当時赤ちゃんがネズミにかじられる事件が新聞に報道されて

さあ大変! 少しも目が離せず、おんぶ・をして用事をしたものです。

サリーは夜中に熱を出す事が多く、心配で夜中にお医者さんに

連れて行っていたのですが、何回も連れて行くものですから、

お医者さんに云われてしまいました「朝まで待つ事が出来ませんか!」

と怒られる始末!  

或る日お医者さんに「この子大きくなったらべっぴんさんになるよ!」

だって・・・チエッパはどう返事をしていいのやら??

そしてサリーは三歳に!

サリーはあまり人見知りのしない子でご近所の年配の小父さんが

サリーを毎日、日課のように喫茶店に連れて行ってました。

その方は、とても子供好きな方で自分には子供がなく、サリーを

とても可愛がってくれました。

私の父、サリーのおじいちゃんは、とてもサリーを可愛いがってくれました。

或る日おじいちゃんが外出する事に・・・サリーが「おじいちゃん!帰りに

お土産買ってきてね!」おじいちゃん「買ってきてあげるよ!」の約束。

そして・・・おじいちゃん帰宅。 サリー「おじいちゃん!お土産は?」

おじいちゃん「アッ!忘れてしもうたわ!」

サリーおお泣きする! もう夜の11時・・・

おじいちゃん「まだお店が開いてる所があるかも知れん行こうか!」

開いてました。  おもちゃの乳母車!うれしそうに家に帰る途中

おじいちゃんは家に帰る道を知って違う道にいったそうです。

サリーはとっさに「おじいちゃん!その道と違うで~こっちやんか~」

と言ってひっぱったそうです。

おじいちやんは「この子は頭のいい子やで~」と・・そんな思い出があります。

6才になって幼稚園に入園です。 幼稚園ではお誕生会といって、

生れ月の同じ子供達で、お遊戯をする事に・・・

サリー以外のグループは数人いるのですが11月生まれは

サリー独りだったのです。  さあ大変!!

チエッパは心配でなりません。

とうとう、その日がやって来たのです。・・・

たくさんのお母様方の前です・・・と・舞台に木琴が出てきて!

チエッパはビク・ビク!!

そしてサリが出てきて、すらすらと曲を弾くではありませんか

チエッパは思わず・・・ヤッタ~!と思いましたね。

度胸のある子だと!  お母様方も大拍手!!!

嬉しかったチエッパでした

        次回に続く!

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

チエッパおおいに語る(6)

2006-04-07 15:43:42 | Weblog

食糧難も少しずつよくなり、はじめて、あんぱんを販売すると云うので、行ってみると

たくさんの人の列でびっくりしたこともありました。  (あんぱん一個五円でした)

田舎に住んで6年! 父の知人がもう一度大阪に戻って商売をやってみないか!

の話・・・昭和25年大阪に戻りましたが、まだ復興しているとは云えない光景でした。

家から30分以上かからなくては行けない大阪城が家の窓から見えたのですから・・

それくらい家が建っていなかったのです。

それから年々あちらこちらと家の建設が進み、大阪城が窓から見えなく

なるくらいまでなったのですが、あのジェーン台風!!

建設中の家はバタバタ倒れ怖い思いもしました。

まだ米も自由販売でなく米穀通帳での販売でありましたが

以前のような、ひもじい思いはしなくなりましたね!

美空ひばりとゆう、子供天才歌手が出たのもその頃でした。

その美空ひばりが大阪大劇場(実演・・・コンサートの劇場)に

来るとゆうので、4,5人で行く事に・・・

劇場に着いたのはいいのですが、物凄い人で、劇場の回りを

3回りしており、並んでいたら突然男の人がやって来て

「何の配給だっか!」と・・・昔の癖なのでしょうか!

それとも、おちょくられたのでしょうか!

 

気丈な姉に再婚話があったのですが、二人の子供の為、

両親も可愛い孫の為にと姉も断わったのです

姪と甥は私達と兄弟のようにして育ったのです

姪は幸せな結婚をし姉をひきとり・甥は大学を出てから広島の呉に

ある自衛隊の幹部候補生学校を卒業して軍艦の艦長まで

になり、姉の自慢の息子でした。

その姉も77才で他界!!

戦前から戦後までいろんな思い出を振り返ってるチエッパでした。

          チエッパおおいに語る完結!!

 

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加