ばあやの文箱

お手紙のように仲間にメッセージ

10/30 ひとり散歩 六本木&上野

2016-12-24 20:13:04 | Weblog



前々から見たかった鈴木基一 最終日に六本木へかけつけました
赤坂にあった時からサントリー美術館は好きでした

見たかった朝顔の屏風絵に感動 行ってよかった
この作品については又書きたいです 




同じく最終日 上野芸大美術館の展覧会
江戸から続く職人のいた明治期の工芸はとてもすばらしいのです





陶器 七宝 金工芸 織物などなど細部まで楽しみました
写真OKという嬉しいものでした




これらの作品は「自在」シリーズというのでしょうか
部分ごとに動くのです 様々の動物が作られていました
「自在龍」「自在からす」「自在鳳凰」






「自在海老」や「自在鯉」皆の芽をひいたのは「自在蛇」
これらは元々は甲冑(かっちゅう師の方たちが作られたそうです
明治の頃の流行の工芸だったのでしょうか





根付もたくさんありました 小さな竹籠の中の魚は柘植(つげ)の木から作られていました
ユーモラスなタヌキさん 最終日に見られてよかった!
芸大のまわりの雰囲気も好きです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神の御子は今宵しも  | トップ | 10/30 北千住 喫茶サン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事