ymknkiブログ

ymknkiのブログです。

肌見せの季節が来た♪

2017-07-15 10:54:13 | 日記
少し前に、友達と一緒に気になる毛を綺麗にするために脱毛サロンに行ってきました。

体験してみたくて行ったんですが、流行りのメニューを聞くと、全身脱毛コースを勧められました。


脱毛サロンの内装もおしゃれな感じで待っている間もゆったり過ごせました。施術も丁寧でしたし、店員の接客も良くて、とても満足な内容でした。



脱毛エステを受けた時、たまに火傷することもあるという噂があります。


光脱毛は脱毛エステでも主流に使われていますが、黒い色素により反応するようになっており、日に焼けている場所、シミが濃い場合などは火傷することも考えられます。日焼けしている箇所やシミの濃い個所については当てないようにしますが、日焼けをしないよう心がけましょう。自分の家で脱毛をすれば、あいている時間に脱毛することができるので、手間がかかりません。

通常よく行われている自己処理に、剃刀によるものがありますが、肌を傷つけることなく簡単な処理方法は他にもあり、脱毛剤があげられます。

技術開発は脱毛の分野にも及んであり、数多くの脱毛剤が販売されていて、毛を溶かしたり、根元から抜き去るものがあります。出産を経たことを契機として脱毛サロンを利用したいと思いたつ女性も少なくないのですが、子供連れで利用できる脱毛サロンは残念ながらごく少数です。施術どころかカウンセリングすら小さい子供を連れている状態では受けることができないというところだってあるでしょう。メジャーな脱毛サロンでは難しいのですが、小さい規模のお店などでは子供を連れてきても構わないというところもなくはないですし、ショッピングモールなど大型商業施設の中にあるサロンでしたら、施設の託児スペースを利用できるので便利です。脱毛エステサロンで、たまに想定外のことがおこります。例をあげると、皮膚がぴりぴりとしびれたり、考えたより良くなかったり、予約が取りたい日に取れないことです。それらを避けるには、予約などをする前に、インターネットでしっかりと調べておくといいでしょう。それと、独断で決めないで、周りの方に聞いて判断することも重要です。

2014年から首都圏を中心に店舗数を急速展開している全身脱毛専門のエステ「キレイモ」。

元AKB48の板野友美さんや「痛くない脱毛」という大きな文字の広告を目にしたことがある女性の人方は多いと思います。

シースリー 梅田

脱毛エステで永久脱毛が実現できるかというと、永久脱毛は受けられません。


永久脱毛を受けられるのは医療機関に限られていますので、誤った選択をしないようにしてください。脱毛エステで永久脱毛をうたっていたら法令違反になります。

もし、永久脱毛を受けたいのであれば、脱毛エステに通うのではなく脱毛クリニックへ相談することになるでしょう。プライスリストを見ると、高いと感じられるかもしれませんが、施術回数を減らせます。


脱毛サロンでデリケートゾーンを脱毛するのって、キレイに仕上がる上に、さらに肌トラブルも起こりにくいようです。しかし、全ての脱毛サロンにおいてVIO脱毛が出来ない場合もあるのでホームページなどで確認したほうがいいでしょう。デリケートゾーンの脱毛を恥ずかしがる方も何人もいますが、女性のスタッフが行いますし、プロにしてもらうので安心できます。


照射が終ると、話題のスリム効果のある「スリミングジェル」を塗ってもらえるのですが、これがただ単に塗るだけではなくしっかりと丁寧に塗りこんでもらえるので、気持ち良すぎるぐらい気持ちよくてマッサージを受けに来ているような感じで癒されました。
脱毛の次の日もお肌がプルプルしてて、保湿効果を感じてすごいと思いました。脱毛サロンに期待することといえばもちろん、きれいに脱毛を済ませるということに尽きるでしょう。
ですがサロンの脱毛に即効性を求めると、少し当てが外れるでしょう。
なぜなら脱毛サロンで施術に使う機器はクリニックの医療用機器に比べて脱毛効果が高くないためで、当然効き目のスピードも数ランク落ちます。あまり時間をかけたくない人は、脱毛サロンではなく、脱毛クリニックをおすすめします。

費用の方が高くなるかもしれませんが、利用回数は少なくて済むでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏を全力で楽しむために… | トップ | 毛を気にした服しか着れない »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。