バースくんの今日も発車オーライ♪

小さな町の広告代理店。働く「バースくん」の日々のおしゃべり

習い性はDNA

2017年07月31日 | Weblog
昨日は年に一度の「アイビスサマーダッシュ」があった。もうバースくんにとっては俳句の季語と言ってもいいくらい。夏の盛り、中央競馬が開催する、唯一直線コースを走るレースだ。競馬用語的に言うと「直線・芝1000m」、カシャンとスタートしたら、全頭一斉にまっすぐひたすら1キロ先のゴールを目指して走る。毎年本当に楽しみなレースだ。中継のカメラアングルも迫力があるし、競馬の醍醐味、馬の力強い走りが伝わってくる。
観ていていつも思うのは、競争馬のサラブレッドには習い性があるんだなぁーということ。直線なのだから、馬混みを作る必要はなく、みんな自分に与えられたコースをまっすぐに走ればいいのに、必ずお客さんに近い外ラチ沿いに馬が寄ってくる。だからこのレースで、内枠の投票は遠慮するほうがいいのが常識だ。多分馬のDNAなのだ。ラチに沿って、他の馬と競い合うという習性。ちなみに昨日は、それを熟知している騎手が直線末足一気でまっすぐに走って勝った。
夜、テレビで今年の「團菊祭五月大歌舞伎」の「魚屋宗五郎」を観た。定評ある菊五郎の酒乱の芝居は当然よかったけれど、おかみさん役を勤めた時蔵がことのほかよかった。そして何より楽しみにして実際とても可愛かったのは、菊五郎の孫、寺嶋しのぶの長男の寺嶋眞秀くんの初お目見えだった。しっかり花道を歩き、大きな声でセリフが言えて、もうボクはテレビの前でバカみたいにうんうんと頷きながらその芝居を堪能した。純粋にいい意味で「役者の子は役者」ということを実感した。しっかりとそこにあるDNA。
先月テレビで寺嶋しのぶの密着映像の中で、眞秀くんと成田屋の勸玄くんが舞台袖だか楽屋の廊下だかでしゃべっている場面がちらりとあった。4歳同士で話しているその姿は、幼稚園児が話している姿ではなかった。4歳のチビ役者が2人他愛なくそこにいた。こうやって日々近くに舞台があり、歌舞伎が習い性となり、それは実はDNAなんだなぁーとしみじみ。眞秀くんや勸玄くんが、幹部役者となり国宝となるのはあと60年ぐらい先かぁー、長いね鳥取のイベント情報サイト ジャングルズームノマップ鳥取
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小さいことは | トップ | 夏点描 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事