バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

トンピラン壁画村

2016年10月19日 | バチあたり一人じゃない旅...統営旅行記
さて、私をここに引き寄せてくれました
憧れの壁画の町
トンピランマウル
…ところがもう
やっと来た頃には
私のもっとも近寄りたくないタイプの
観光地になってしまいましてね
ソピランが人がいなくて
インパクトもあったし
すごくよかったので
それで満足だったんですが
ここまで来ておいて
素通りするのもなんだし…
ということで
さらっと流しました





テキトーにみたつもりですが
あとからこの地図をみたら
ちゃんとルートはたどっていたので
予想より狭いエリアでした。

この一帯
平日というのにすんごい人。
おそらく今やソウルの梨花洞にも
負けてないのでは…

もういまさらここで
天使になって撮る気はさらさらありません。




ガス管みたいなものを隠してる
この子の表情がたまらん




それでも
壁画のかわいいのは
見つかりました。














通りの雰囲気もよいことはよいです。










この先でたむろってる
ハルモニたちがいい感じでだったので撮りましたら
カフェの経営者のようで
ちゃっかり
ソン・ジュンギと写真を撮ってらっしゃいました。




こういう仕掛けは面白かった。






止まれとか
駐車禁止とか
書いているかと思いきや

心正しくあれば


世間が全て見えてくる



とりあえず
ぎゅっとなりすぎ






とりあえず目指すは
パダムパダムのロケ地の家







これ最後まで実は見ておりません。
半分くらいで止まっております。
でもまだ記憶には新しい。
この家は一目でわかりましたので
ウソン氏に弾き語っていただき


家を物色し
(箪笥とかテレビとかありました)




とんでもなく狭くて急な坂道を上がりまして
とりあえず
「優しい男」最終回
マルの診療所だったとこ

…みたいです






もう単なる売店すぎて
なんだかわかりません。
主人公マル同様
記憶がな~いっ

とりあえず
この場所が
すんごく
気に入って
統営に来たくなったのです

…が
もう熱が冷めてるので
できるだけ楽をしたいというのが
顕著に現れた写真になりました




ちゃんとその同じ構図で撮れよ
って感じですが
正確にいうと
この道のベンチの後ろです後ろ







そういう意味では背景は撮れてるので
目的は達成。
やはりこの景色はすんごい素敵です。
これだけは裏切らない




ここに来てみたいと思う
きっかけをいただいたことに
感謝しまして

4年越しの願望を叶え、
20分少々で
この地を後にしました

教訓
ドラマロケ地で気に入ったら
感動できるうちに行動に移すべし!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 統営グルメ | トップ | 閑麗水道眺望ケーブルカー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む