バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

朝日の名所の夕焼け

2017年07月08日 | 自分試しの江陵旅


帰りも高速道路が渋滞するから
早くボラちゃんを帰らせたかったのですが
結局
宿泊するペンションまで
送ると言い張るので
(私もまだ話したかったのもありますが)
それに甘えてしまいました。

…の前に
また売り切れとか言われないように
帰りのバスのチケットを買っておきました。

それから
私が泊まる予定の
正東津(チョンドンジン)に
入りました。



思っていたより
小さい町…
いや…
町というより村

ペンションはすぐ見つかって
チェックインだけ先にして
食事に行くことに…

ところが…
ここらへん一帯の名物が
お昼に食べた
スンドゥブの店の支店を筆頭に
第2の豆腐村状態…

豆腐以外の店でなんとか
探し
団体客にまみれる…という
条件でしたが
OKしまして
プルコギ…












実は海の町まで来て
また海鮮を一口も食べれず…
ボラちゃんが海鮮一切ダメなんで…
でもパジョン(チヂミ)くらいは
海鮮にしてもらいました。




美味しくいただいてると
教会の団体客がどやどやと
やってまいりました。

正東津には
教会の団体旅行が多いとは
聞いてましたので
噂通りだな〜と思って見てました。

子どもから大人まで色んな年齢層で
いろんなとこ行くらしく
ふと
ラジオでスングァンくんが
旅行は常に団体
どこいくのも大所帯だと
言ってたのを思い出しました。
こんな感じなんかな…

食事が終わり、
とうとうお別れ
ボラちゃんはNoreply で知り合ったのですが
彼女自身思うところあって
Noreply から去ってしまったのです。
日本にはこれからも
よく来るようので
また会うでしょうが
これまでのように頻繁には会えなくなるので
なんだか寂しさもありました。

彼女を見送って
ここから改めて一人旅再開です。
そのまま
海岸に向かいました

正東津は
景福宮から真東に来た海











…という意味ですから
夕陽は真逆
…のはずが
この色です







太陽が見えない夕焼け
正東津にこんな一面も…
これも忘れられない景色です。


だんだんと夕景が夜景になってくるのを
見て
狙う被写体を変えました。












こちら
豪華客船型ホテル。
ミヒョンさんには
ここに泊まれば?
…とオススメされました

入ってみるだけでも展望台とかあったようですが
ここから撮るよりも
これを撮るほうが面白いので
もっぱら夜景に徹しておりました。





のんびりと夕焼けから夜景に変わるのを
眺める
…これが旅の醍醐味。
いつも仕事の帰り道に見る
夕焼けとは全然違います。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノンゴルダム壁画村 | トップ | 今回のお宿~イフゲストハウス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む