バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

事件勃発

2016年11月12日 | バチあたり一人じゃない旅...統営旅行記
実はね…
気がついてしまったことがあるんです

大邱まで初めてミヒョンさんに会いに行った日、
激寒な日で嵐が吹き荒れました

次に会いに行った時
私の帰国日に
一級建築士の模試があることを
忘れていて彼女は顔面蒼白になりました


ミヒョンさん日本に来た時
クレジットカードを落としたり
現金がなくなってバスのチケットが買えなくなったりしました。
もちろん私が解決済み。

その次に来た時
直島ではとんでもない大雨にあいました


も一ついうと
その次に来た時
(私はこの時会えませんでしたが)
ミヒョンさんのお友だちがスマホを盗まれたらしい...

彼女
けっこう旅トラブルが多い…
そしてふと思ったんです

よくご主人とは一緒に旅行しないんですか?と言われますが
ぶっちゃけイヤです
その理由はよくある夫婦の会話がないとか
いびきがうるさくて寝られないとか
食べ物の好みが合わないとか
そんなレベルのハナシではありません。

旅に出るとトラブルが異常に多い…(-_-;)

これしか理由はございません。


忘れ物なんて序の口
停めた車がレッカーされたとかも
かわいいかわいい…
財布は盗まれるわ
酔っ払いにはからまれるわ
犬には噛まれるわ
すごいところでは
郵便ポストを壊しました…


そしてさらに思い出した
ミヒョンさんとうちの旦那さん…
この2人
誕生日が一緒…(ToT)

同じ誕生日の人だから星のめぐりのせいでしょうか?
相性よくて一緒にいて楽な部分もあるんですが
その誕生日の人の共通の運命でしょうか??
旅神様がついてない…いや、これはもはや避けてる…

そこに気がついてしましまいた。


さて今回もです…

何が起こったかと申しますと
車のエンジンがかからない…

え?え?マジ
うそやん?


と慌てていましたが
そんなこといいながら
何回かやってたらかかるだろう…
と私も思っていました。

どうやらバッテリーが上がってしまったみたい…

マジか⁈

でもライトがついていたわけでも
半ドアだったわけでもなく
何が理由なのか全くわかりません。

即ディーラーに電話。
日曜日だったのと
観光地であること、
さらに場所が場所だけなだけに

到着には1時間半くらい見てください…

それって…
ワタシ帰りの飛行機乗れないってことみたい…
とりあえずすぐDaum様で調べたら
バス乗って巨済市内のターミナルに行き
そこから直行の空港リムジンバスに乗ればよい…

が、
時間がない…

しかも調べた直後
ふとバス停をみると
そのバスが去って行った…

ヤバイ
マジで乗り遅れるかも…

次のバスは30分後…
とりあえずそれに乗るしかない。
ミヒョンさんが少し落ち着いてから
事情を話して
一旦惜別のハグまでして
すっかりお別れムードでバス停に向かいました。

そこにはソウルから来た女子3人組が…
ミヒョンさんが
バスいつきますか?

…と声をかけたら
わかりません。来るのかもわからなくて…
タクシー呼ぼうとしたらここまで1時間かかると言われて…


ん?私の検索結果では20分くらいしたら来るんだけどな…
でもいくら主張しても日本人の検索結果だし自分も自信なくて
言えず…

その中の一人が釣り客のアジョシに声をかけ、
1人9000ウォンでターミナルまで乗せてくれることに…
しかしいざ乗る…となったら
全員ちっちゃいけどキャリーバックがある
するとアジョシは一旦帰って大きい車でまた来ると…

そこから
待たされました…
20分以上待ったと思います
やっと来て車に乗って
ロータリーで…

バスとすれ違う…

アジョシが
あれ〜バス来たねぇ
と嬉しそうなこと。

ぶっちゃけ私は9000ウォンでターミナルに
直行なんだからこっちがお得と思いましたが。

しかしまだ飛行機に乗れる保証はありません。
ちなみに次の日の片道の飛行機のお値段が
26000円…
払えんことはないけど
今回片道3000円のチケットだったんですよねぇ…
ま、それはそれでオマケの1日と思って
楽しめばいいや
…と相変わらずkeep going で…

…というわけで
見ず知らずの人の車に
見ず知らずの人たちと乗ってしまいました。
なんだか旅番組のドキュメンタリーみたいな
展開…

すんごいネタだな
…と
はい、
内心思ってました。

なんやかやと話しながら
もうすぐ市街地へ入る…という頃
ミヒョンさんからカカオで

あの後ディーラーがすぐ来たから
今追いかけてる
そこですぐ降りて!



え?ここで?

車内一同

やめときなさい!!

…ですよね〜〜 

…といわけで
ターミナルまで行って
アジョシとお別れし、
ミヒョンさんを待っていたら
車に同乗した彼女たちが
巨済にいらっしゃった記念にどうぞ
…と
巨済の椿の種をくれました
後に合流したミヒョンさんに
みせびらかしたら



植物の種は持って帰れないよ
…と没収されました

こういうとこも
ダンナとそっくりだ…




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬ソナお礼参り | トップ | さらにとどめ(ToT) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バチあたり一人じゃない旅...統営旅行記」カテゴリの最新記事