バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

2016 GMF Noreply  高3の放課後編

2016年11月02日 | クォン・スングァン No Reply
今回は本当はお会いせずに
そのままハンドボール競技場のNellを観に
走って出ようと思っていたんです。
来月また会えるし…
でも
でも
素晴らしいステージだっただけに
やっぱり会っておきたい
…ということになり
勝手知ったるアーティストゲートに行きました。



出待ちってやっぱり迷惑かけるとは
思うのでどうなんかなぁと思ったら
きちんと並んでいたら問題はないみたい
…で
並んでいたら
前の子が
ヒョジンちゃん!
12月にであった芸能記者の子です。


しかし
寒い…
この時もうがたがたふるえました
雨上がりで
そこに冷たい風
たくさん着てるとはいえ、
年が年ですから
寒いもんは寒い。

そしてまずはいつものように
ウクチェくん
すんごい
あっさりと挨拶して
お菓子だけ渡して別れました。
彼は環境問題に関わってますから
クリーンチームに合流するので
忙しいのです。


そしてスングァンくん
2年前の出待ちを思い出します。
あの時
彼の方から暖かい手を差し出してくれました

さらに
次の日
駐車場で1対1トークをしてしまい、
高1の放課後のような時間を過ごしました

次の年
高2の放課後の予定が
なんか真っ昼間だったせいか
はたまたスングァンくんの
翁っぷりがキョーレツだったせいか
全くムードもへったくれもなありませんでした


今回
ついに高3の放課後へとなりました。

真面目なハナシをしますと
高1の放課後の時、
私は自分が韓国語をしゃべるとき
子どもみたいにたどたどしくなるのが
すんごい恥ずかしくなって
激しく自己嫌悪に陥りました
帰国後即、個人レッスンの先生につき
今もなんとか続けています。
毎回発音を厳しく??指導してもらいながら
雑談にいそしんでおります

自分の順番がきて

きたよ

と私が一言
言っただけで

あぁぁ~

とすごい反応してくれ
そしてまわりの女の子たちも
ざわめきました


私という人を認識してくれていたことが
とてもうれしかったです。
スングァンくんはこの3年の間に
会うたびに変わっていくなと感じます。

あわあわして
たいがい年くってんのに
子どもみたいになってしまうのが
悔しかったけど
やっと落ち着いて話せるようになりました。
今回
やっと
いろんなことが
伝わったなぁという実感があります。


この日は写真ではなくて
サインをいただくことにしました。
すると
さっさと終わるかと思いきや
意外と長い…
まわりも
ざわめく長さ

なんと…
私へのメッセージをかいてくださいました。



日本からいらっしゃって
大変でしょうが
僕たち
いつもすごくありがたく思っています。



…ペンが乾いてからかばんにしまえよっって
思ってますよね??

僕たち…という
この部分が
彼らしいな…

正直
このように気遣われて逆に驚いたし
私とnoreplyの中にも積み重なるものが
できつつあるなぁと実感したメッセージでした。
私がわざわざこのへったくそな韓国語で
声をかける理由は
音楽は言葉を超えるよ
ということを私の姿を見ることで
確認して
自信持って進んでほしい
そういうことを
お伝えしたかったのですが

なんだか逆に
すごく気遣われてしまい
優しい子やなぁと
ちょっと感動しました。

人がちょっとうるっとなってるのに
また言う
羊羹のハナシ

昨年のGMFの時
ピアノの鍵盤がかいてある
羊羹をあげたんです。
12月に会った時
いきなり羊羹のハナシを始めるし
私彼の中で羊羹の人と呼ばれてるに違いありません。

これはもしやまた持ってこいと
言っているのだろうか???

今回のお菓子は空港で
簡単に調達してしまったので
次回はお持ちします
はい、私のことを
羊羹の人と呼んでくださって
結構です

はいまた近々お目にかかる予定でして
その時のために
あのスペシャルな羊羹
すでに注文しております


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 GMF Noreply レポ3 | トップ | 君が歩いた(かなり険しい)道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クォン・スングァン No Reply」カテゴリの最新記事