バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

ILUV 江南スタイル

2017年06月17日 | 自分試しの江陵旅
この新論峴という街
いわゆる江南と呼ばれる地域に含まれてまして
かなりの繁華街なのに
意外と地名が知られてない感じです。
実は前回から気になっていたのは
カフェ通りがあるとのこと…
中で飲む…というよりも
そのかわいい外観を撮ってみたいなぁと思っていました。
前回は時間がなく、
建物探訪同様、今回の旅の宿題となっていました。

前の旅の時にも書きましたが
江南こそ本当に眠らない街…
東大門も眠りませんが
東大門は眠らないなりになんとなく
時間が察せる雰囲気があります。
弘大もそういわれますが
あの街にいたっては
口ほどにもなく
11時くらいになると結構
寝ちゃってます。

この江南は不思議なことに
いつ行っても時間が止まっているかのように
人も店も変わらないテンションです。


まずは大人気の某ハンバーガーショップの
前にこのような看板発見…






な、つ、か、し~~~

COEXの前にこの手首から先のポーズの巨大オブジェもあるんですが
このシルエットすごいメッセージ性があるなと感心…

なんと偶然にもこの時
街の中を流れるBGMがPSYの新曲


しかしこのMVすごいわ…
ビョンホンの使い方もすごいけど
まさかのピコ太郎です…
確かにピコ太郎売れた時
PSYが頭にかすりましたけどね…


…でその看板を通り過ぎまして
CGVのあたりで一本裏の通りに入りました。

あぁそうだったここは江南
坂をあなどってはいけない街…

おしゃれはおしゃれなんですが
もんのすごい急坂
一つ上り詰めたら
まだあった…



坂道ってなんでこう写真に撮ると
ドぎつさが薄れるんでしょう…
実際はもうぎょえ~登れませんってくらいの急坂です。

これはやめとこうと思いまして
平坦なわき道へ…
そしたらそれはそれで正解だったみたいで
撮りたかったカフェが軒を連ねておりました。





ここに入ってコーヒー飲みたい感じだったんですが
次の日、すごいスペシャルなコーヒーを飲みに行く
予定もあったのと
店によっては閉店し始めていたので
撮るのを優先することにしました。









江南スタイルの歌詞のように
珈琲一杯の余裕を知ってる品格のある女性たち
…が集ってるんですかね??

いやしかしこんなしんどい坂道これだけ集うってすごいな

今は無き
花階段「もどき」があったり



暗くても新緑を感じられるアートを発見したり



日本のガチャガチャの店を見つけたり…



ちなみに小銭文化が廃れかかってる韓国ですから
両替必須です。
500ウォンを6枚も入れてやるようです。
めんどくさっ




UFOキャッチャーも昨年秋くらいからじわじわきてましたが
いたることろにあり、そのへんはどうやらポケモンGOの影響のようでした。

また江南大路に戻ると
また最初の写真の看板のあたりに出ました。
道の向こう側には
ファンキー白人間が…




この通りを通ってホテルに帰ろうとして
横断歩道を渡ろうとしたら
もうすぐ変わりそうに…
しかし真ん中に島があるので
思い切ってそこまで行って
江南大路の様子撮ってみました。




その後ファンキー白人間の足元を通って


ホテルに戻り、
そして今回はもっと真面目に
ホテルの屋上からの眺めを撮りました。

前回小雨が降っていて
あんまりちゃんと撮れてなかった
ソウルタワー
今回はばっちりです






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 源気をお届け | トップ | ホテルからの朝日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自分試しの江陵旅」カテゴリの最新記事