バチあたり自堕落生活

旅と音楽と写真…
好きなことをだらだら語ります

同級生…

2017年05月15日 | バチあたり一人旅~Beautifulな旅路
コンサートレポ7の後の行動です。


お友だちが車で送ってくれたおかげで
一駅で新論峴に戻れました。
夜も素敵なアーバン・ハイブ




実はミヒョンさんは今回
ソウルで仕事でした。
タイミングが合ったのか合わせたのか
不明ですが
私がスングァンくんを待ってるくらいの時間に
チェックインし、
テレビでも見てる~とか
言ってたのですが
急に
小学校の同級生と会うことになったから
…というカカオが来ていました。

スングァンくんとのいろいろで
そのカカオに気がついたのが
すでに教保タワーの前まで帰ってきた時。

今どうしてるの?
…というと

店の写真と道順の地図が…

私も来いってこと??

よくわからんけど
ミヒョンさんの友だちなら
きっと面白いだろう。
一緒に直島に行ったヒョンジさんも
素敵な人だったし…

で、
なんとかたどり着いたのは
ビールのお店。







そして
同級生は…
男の人だった…


ちょっと意外…

しかも
ちょっと小学生時代とはいえ
なにか怪しい…
それに

将来また会った時に
誰とも結婚してなかったら
俺がもらってやる

とかいう約束をしたとか…


小学生時代の相棒
とかいう紹介の仕方だったわりに
初恋の甘い香りがぷんぷんにおう…

この同級生クォン君といいまして
クォンという苗字はは両班の家系だよと教えていただきましたが
スングァンくんのことは微塵も知らない人でした。

小学生の時に
練習後のアンパンと牛乳につられて
水泳教室に入り
つられるうちに
国家代表選手にまでなったという方でした
しかし大学に入る時に
水泳で生きていくよりも
英語で仕事したいと気持ちがあったために
まずは軍隊に入って
出てきてから大学に進学し、
大きく進路変更をしたそうです。
念願かなってシアトルでお仕事をしていたそうですが
遅くにお子さんを授かりまして
しかもそれが双子で
最近韓国に戻ることを余儀なくされたそうですが
今は俺の子どもが宇宙の基準!
と言い切ってました。

確かにね…私も昔はそうだったな…
でも子ども自身が
宇宙の基準が自分だと主張し始めた時
私も私の宇宙の基準を自分に戻しちゃったよ…

なんて話にもなりました。


スングァンくんにも会えて
一仕事終えたせいか
急激に空腹を感じて
チメクしてしまいました。
やっぱり韓国のチキン美味しいよぉ…


ビールはもともとそんなに飲まないんですが
チメクのメクはビールのことですから
ちょっとだけ飲みました。


けっこう長い時間そこで飲んで食べてしゃべりましたが
クォンくんの門限が2時だから
まだ時間あるしそれまでお茶しようとなりました

通りを歩いても店はほとんど開いてる…
とても夜中の1時とは思えません。










江南のカフェ通りもめっちゃ気になるんですが
私のわがままで
アーバンハイブに入ってるtwo some place へ…

その店コーヒー
美味しくないからイヤだ 

と2人には言われたけど
この建物に入りたいんだ
というと
ミヒョンさんは
賛成してくれて
とりあえず入りました。












時間がきて
クォンくんがカカオタクシーで帰ることになり、
どうやってタクシーを呼ぶのか実演してくれました。


韓国に住む男性ですすら
夜中にタクシーとめて乗るのは物騒だと言ってるんです。
気をつけてる人は気をつけてるんだなぁと思いました。
運転手の顔写真と素性付きで
あと何分で着く…とその到着予定地の地図付きのメールが来ました。
ほんと韓国のこういうとこすごい進化してる。
ミヒョンさんとの久々の再会を楽しんで
宇宙の基準となる2人…と奥さんのもとへ帰っていきました…

めっちゃ楽しかった
さすがミヒョンさん
毎回いろいろ面白いです

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽番組出演…スケッチブック | トップ | ロッテワールドタワー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む