咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

島根県が全国一高い気温・・・だった

2017-05-31 22:02:11 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨夕の報道で、その日の天気状況が出ていた。
 すると、島根県の最高気温が猛暑日で日本一だったとのこと。
 その地名は、文豪・森鴎外の出身地でもあり、鷺舞などで有名な「山陰の小京都・津和野町」だったらしい。
 35度1分とのこと。
 夏日25度以上の日、真夏日30度以上の日、猛暑日35度以上の日とのこと。

 最高気温という妙なことで本県がクローズアップされていた。
 ところが、一昨日は思わぬことで本県がクローズアップ。
 北朝鮮が29日未明に発射した弾道ミサイルが、本県隠岐諸島からおよそ300キロの日本海に落下したとの報道。
 そこは日本の排他的経済水域の中だったとのこと。
 
 次々と弾道ミサイルを発射する北朝鮮、どこの国も戒めることができない暴挙が続いている。
 何とか、ギャフンと言わしめさせることはできないものか。
 朝鮮半島を巡る緊迫した情勢、止む時が来るのであろうか。
 我が国も本気モードで対応策を考え、実行すべき時期と思うけど・・・。
 相も変わらず野党連中は、重箱の隅をつつくようなつまらないことに明け暮れている。
 
 日本という国がなくなるやも知れないという恐るべき事態も差し迫っている・・・この緊迫した時代なのに。

 最高気温の話に戻って・・・。
 昨日の炎天下の中、早朝からグラウンド・ゴルフ大会に参加。
 午前9時前には、気温26、7度もあった。
 湿度が低いのが幸い。
 家内が勤務していた会社の同好会の大会。
 休憩も交えながら3ラウンドを回った。
 
 これまで、様々な大会に参加した中で、ホールインワンが出たことは1度きりだった。
 ところが、昨日は3ラウンドで2度も達成。
 その結果、3位に入賞することができた。
 スポーツで入賞して賞品ゲットは・・・恐らく初体験。
 
 満足、まんぞく。
 家内は惜しいのが、2、3度あったがホールインワン達成はなかった。
 残念。
 ちなみに、2人とも試合前の全員での練習で、それぞれ1本ずつ出ていた。
 
 午前中の大会終了時には、29度くらいもあったらしい。
 5月というのに夏のような気候に疲れる。
 健康管理に心がけたいと思った。(咲・夫)


(2015年5月の大会・・・昨日は未撮影)


(3位の賞品)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

学芸会を見ているようで・・・「おんな城主 直虎」

2017-05-30 21:24:30 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 毎週楽しく見ている大河ドラマ「おんな城主 直虎」・・・で、あるが。
 最近、直虎を演じている柴咲コウさんが、余りにもキャンキャン喚くものだから、学芸会でも見ているように思える。
 泣き、喚き、騒ぎ過ぎの面がある。
 もう少し、キリリと描かれないのか。
 脚本が物足りないのか、どうしたものであろう。

 直虎が再三、突拍子もないことを行い、家臣団も薄っぺらに見えるから大河ドラマらしくない。
 昔の大河ドラマは本格的な時代劇だったが、今は現代劇版の時代劇になっている。
 一見、ホームドラマなのかとも思える。

 そのためか、池波ワールドの「雲霧仁左衛門」、「雲霧仁左衛門2」などの本格的な時代劇を見ると安心できた。
 
 一方、「おんな城主 直虎」では、脇を固める重厚な役者さんの出番がなくなっており、とても残念である。
 今のところ、南渓和尚を演じている小林薫さんが孤軍奮闘中。
 もっと、重厚な家臣団が居たなら、直虎もチャカチャカと動き回らないかも・・・。
 
 また、群雄割拠の戦国武将が乱立する時代、今の直虎像では何とも物足りなさがある。
 28日の第21回「ぬしの名は」では、気賀の商人・中村与太夫役で本田博太郎が出演していた。
 大いに歓迎すべきこと。
 癖のある個性派の俳優さんが出ると、どことなく画面も締まってくる。

 また、正体不明の得体の知れない盗賊・龍雲丸(柳楽優弥)の配下がそれぞれ出演している。
 取り分けプロレスラーの真壁刀義さんが演じる力也は、話題性を狙ったものであろう。

 いろいろと、難癖をつけながらも中学生時代から見続けている大河ドラマ、そのためか結局のところ年末の最終回まで見続けている。
 今回のドラマも、最後まで見続けると思っており、そのこともあってもう少し時代劇らしさを出してほしいものである。
 
 城主らしく、“おんな”であってもそろそろどっしりと描いてほしい。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

C.ルメール・・・マジック

2017-05-29 22:02:10 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 長らく待ち続けていた競馬の祭典「日本ダービー」。
 東京競馬場の入場者は12万3千余人だったらしいが、前年を大きく下回ったとのこと。
 それでも好天に恵まれた競馬の祭典であるから、上位拮抗のメンバーに盛り上がったようである。

 さて、28日午後3時40分、2017年日本ダービーがスタートした。
 絶好のコンディションの東京競馬場の芝コース。
 先手を主張したのは3番マイスタイル、番手には8番トラスト、7番アルアインも早めの3番手。 
 中団の前あたりから1番ダンビュライト、4番スワーヴリチャードなどが続いていた。

 12番レイデオロや18番アドミラブルなどは、後方から追走していた。
 すると、最初の1000mあたりの大外から、レイデオロの鞍上・Cルメール騎手が動いてスルスルと2、3番手に付けて3コーナーから4コーナーへ入っていた。
 
 最初の1000mの通過タイムは、63秒2のスローな流れだったらしい。
 その流れを嫌った同騎手は、自ら動いたらしい。
 普通このように早くから動くと、持たないと思われるが・・・。
 
 まさに“ルメールマジック”であろう。
 このシーンを見たとき、掛かっているのかな・・とさえ思った。

 直線を向くと各馬が一斉に追い出している。
 スワーヴリチャードが、外にヨレながら追い出しており、一瞬大丈夫かなと・・・不安になった。

 残り200を切ると、離れたインで懸命に踏ん張るマイスタイルを外からレイデオロが交わして先頭へ。
 さらに同馬に併せるようにスワーヴリチャードもマイスタイルを交わした。
 懸命にレイデオロを追いつめるも、何とあれほど早めに動いていたレイデオロが再び伸びてゴールイン。
 
 スワーヴリチャードも懸命に伸びるも4分の3馬身届かない。
 大外からメンバー最速の33秒3の末脚で追い込んできたアドミラブル、鞍上が懸命に追ってインで渋太く食い下がるマイスタイルをクビ差交わしたところがゴールだった。

 さすがに大外18番枠で後方からの競馬は辛いものがあった。
 やはり、最後は3着に持ってくるからM.デムーロ騎手の凄腕と、アドミラブルの強さも光っていた。
 秋には最後の1冠を獲りにくるであろう。
 
 それでも、ブログ予想の馬連と追加投票の3連単が的中できたので良かった。
 マイナス12キロのスワーヴリチャードが、ヨレないで真っすぐ上がって来たなら、案外アタマもあったかも知れない。
 そうなると、万々歳だったけど

 待ちに待っていたダービーもあっという間に終わってしまった。
 本日から、日本中央競馬界では新たな1年がスタートする。
 2018年ダービーを目指して、2歳馬たちが次々と出走するレースもはじまる。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他




(100万馬券も狙っていたが・・・(笑))

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

第84回日本ダービー予想・・・

2017-05-28 12:48:40 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 好天の昨日は、日差しもありながら22℃くらいの絶好日。
 相も変わらず、運動不足解消に午後2時半頃からグラウンド・ゴルフ場に向かった。
 いつものおっちゃんと、最高年齢・84歳とかのおっちゃんも。
 家内と4人で5ラウンドを満喫。
 ここのところ、調子も良くてホールインワンもあって好成績だった。
 気分よく帰宅後、競馬結果をチェック。
 
 ブログ予想の3レースはことごとく外していた。
 ガッカリ。
 ところが、東京12レースでは、藤田菜七子騎手が前走に引き続き1着だったらしい。
 相手に伏兵がきていたから、美味しい馬連となっていた。
 当方、出かける前に追加していたその馬券が的中。
 もう少し、入れておけば良かった・・・と、欲張りも。



 さて、競馬の祭典「日本ダービー」の開催日が、ついにやってきた。
 この1週間ワクワクしながら、競馬新聞などの情報をチェック。
 枠順発表後、思わず当初の狙い馬に迷いが出てしまった。(笑)
 さて、どのように馬券検討をすべきか。
 悩んだ挙句の予想は・・・。

予想レース

[東京10レース・日本ダービー(G1)(3歳オープン)]
 青葉賞のレースを見て以来、ダービーでは18番アドミラブルをイチオシでと思っていた。
 今週の各種競馬情報をチェック。
 その中でのこと、M.デムーロ騎手がアドミラブル(鞍上・松若風馬騎手)の未勝利戦で後塵を拝したメルヴィンカズマ(2着)に騎乗していた際、あれは強いと衝撃を受けたらしい。
 あのアドミラブルでダービーに騎乗したいと思ったとか。
 その後、念願かなってアザレア賞、青葉賞に騎乗しそれぞれ快勝。
 このような情報もあって、今回のメンバーなら抜けた存在と思っていた。

 今年こそジンクスが破られると思っていた矢先の枠順発表の結果、何と、なんと大外18番枠に入ってしまった。
 日本ダービーがCコースで行われるようになってから、内枠が俄然有利になったとのデータがある。
 青葉賞組にはまたしても試練がやって来た。

 そうなると、当方の脳裏に最も運の強い1番枠をゲットした1番ダンビュライトが急浮上。
 ここまで1勝馬でありながら、皐月賞トライアルで3着に踏ん張り皐月賞に出走。
 そのレースで不利がありながら、またしても3着となってダービーに駒を進めることができた。
 同馬は朝日杯FS以外、すべて馬券に絡む堅実駆けの競走馬。
 母系は長距離血統とか。
 鞍上はダービー5勝の天才・武豊騎手。
 絶好の枠に入って2走目の鞍上が、絶妙に騎乗すればアドミラブルと肩を並べることができる。
 このダンビュライトは、案外強運の持ち主かも知れない・・・。

 一方、皐月賞で2番人気に支持された4番スワブリチャード
 勝負どころで、2番枠から外に持ち出して、追い出して来たがインで上手く立ち回られた各馬に後手を踏んでしまった。
 0秒4差6着と涙を飲んだ
 ところが、今回は絶好の枠番と得意の左周りのコースで巻き返しができるだろう。
 前々走のレースぶりから、左周りのコースは水を得た魚の如しとか。
 この優位な枠番と相性のいいコースの2点によって、アドミラブルと肩を並べるか、それ以上になると思える。
 結論的には、この3頭を主軸に馬券を組み立てたい。
 
  1,4,18  及び 4 - 5,6,7,12  馬連7点。

 さらに3連単フォーメーションも
  4,18 ⇔ 4,18 ⇒ 1,5,6,7,11,12   及び  4,18 ⇒ 1,5,6,7,11,12 ⇒ 4,18    3連単フォーメーション24点。

  1,4 ⇔ 1,4 ⇒ 5,7,12,18   3連単フォーメーション8点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017欅ステークス他・検討

2017-05-27 14:33:14 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 競馬の祭典「日本ダービー」、さすがにスポーツ紙も、競馬関連番組も盛り上がっている。
 上位拮抗の有力馬が多すぎるから、まさに戦国ダービーと位置づけられている。
 狙い馬の枠順が極めて悪いため、視点を変えて検討してみたくなっている。
 この時期のこの条件のレース、内枠有利は揺るがないとのこと。
 際立って抜けた馬なら、不利な枠でも耐えるであろうが・・・。
 いろいろなことを最後まで考えそうである。

 ところで、本日の東京競馬で6鞍騎乗の藤田菜七子騎手。
 5勝目が期待できそうな最終レースでは、前走4馬身差の快走だった6番コパノアラジンに再び騎乗。
 ちょっと注目したいレースでもある。
 頑張れ、菜七子騎手

予想レース

[京都11レース・朱雀ステークス(4歳以上1600万下)]
 夏日が続く今なら、牝馬の方が動けるかも・・・。
 2走前の大敗は、スムーズさを欠いたためとのこと。
 この距離でも大丈夫との14番レッドアヴァンセ、同馬の巻き返しに期待したい。
 コース相性はいいのでやってくれる方に掛ける。
 
  14 ⇔ 9,10  及び 14 - 5,6,12,15  馬単4点及び馬連4点。

[東京11レース・欅ステークス(4歳以上オープン)]
 距離・コースとも好相性で、先行策の3番ブラゾンドゥリスが好枠をゲット。
 これは狙わない手はない。
 3走前には、同条件のレースをキッチリ勝利している。
 陣営もオープン特別のここなら好レースになるとのこと。
 一方、昇級戦となる4番アキトクレッセントは、是非にも入れておきたい。

  3,4,11  及び  3 - 5,8,10,15  馬連7点。

[京都12レース・4歳以上1000万下]
 長期休養明けの前走は好走だった2番エネルムサシ、積極策の同馬には好枠ゲットが優位になる。
 あとは、二走ボケがないことを願っているがその心配は不要らしい。
 オープン級の素質ありとの評価。
 連勝に期待したい。

  2 ⇔ 11,14  及び 2 - 1,7,9,15  馬単4点及び馬連4点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今週も・・・的中マークがほしい)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(5月27日)

2017-05-26 22:00:20 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日の最高気温28℃の夏日だった。
 午後2時半ごろからいつものグラウンド・ゴルフ場へ。
 中途の電光掲示板の気温は28℃と出ていた。
 
 既に41組がプレー中。
 当方らも1ラウンドを回った後、地域のおっちゃん2人がやって来て、4人で4ラウンドを回った。
 気温は高いが、湿度が低いためか、以外にも暑さを感じない。
 また、木陰は涼しいから最高だった。
 当方にホールインワンが3つも出て、好結果でラウンドアウト。

 さて、競馬の話。
 ダービーの枠順が発表されている。
 狙いのアドミラブルは、不利な大外18番枠に入ってしまった。
 これは、鞍上が相当にうまく乗らないと難しそうである。

 相性のいい1番枠には、ダンビュライトが決まったらしい。
 鞍上の武豊騎手は、満面の笑みらしい。
 同馬を中心視することにすべきかも・・・。(笑)


[土曜日の追っかけ馬]
京都3R ベルダムが出走予定。
 ジェンティルドンナの全妹の同馬、体力的にも未熟なのかデビュー戦も2戦目も競馬になっていない。
 流れに追走できないから、相当に調教を積み体力強化が必要と思った。
 POG`16でピックアップしている同馬、良血馬であるからいずれは走ってくるであろう。
 ここも3ヶ月半の休養明けとなる今回、パドック気配を見ておきたい。
 体力的に出来ていれば・・・そう願っている。

京都12R エネルムサシが出走予定。
 1年ぶりの前走は、スタートを決めるとすかさず先手を主張。
 そのまま後続に影をも踏ませない態勢の楽勝だった。
 最後の直線でも、二の脚を繰り出し強い内容の勝ち方・・・。
 後続に3馬身差の勝利。
 昇級戦となる今回は、長欠明け2戦目であってもやってくれそうである。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都1R ブルベアボア  
  日曜日:京都12R タイマツリ

 今週は、ブルベアボア、タイマツリに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週は・・・「第84回日本ダービー」

2017-05-25 21:57:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 ダービー週間も折り返し地点にやってきた。
 いよいよ、3日後に迫った「第84回日本ダービー」。
 いったいどの馬がダービー馬になるのか。
 誰が、ダービージョッキーの栄冠を手中にするのか。
 興味はつきない。

 青葉賞を制したアドミラブルが勝利すると、初の青葉賞勝利馬のダービー馬誕生。
 さらに鞍上のM.デムーロ騎手は、ダービーを3勝となる。

 ここまで日本ダービー2勝の同騎手、同じくJRA通年ジョッキーのC.ルメール騎手は未冠である。
 何としても手に入れたい称号であろう。
 昨年はサトノダイヤモンドで、ハナ差2着に泣いている。
 今年は、3週連続G1制覇も夢ではない同騎手。
 騎乗馬は皐月賞5着馬・レイデオロ。
 最終追いもいいらしいから、叩き2走目で前進ありか。

 2冠馬の権利は皐月賞を制したアルアイン、鞍上の松山好平騎手にとっては、初のダービージョッキーの称号となる。
 下馬評では、前回のレースはウマく行きすぎたものとか、今回は距離が長すぎるとか、いろいろ云われている。
 距離の問題は、折り合いさえつけば問題ないと思うけどね。

 前走の皐月賞では2番人気に支持され、0秒4差6着に敗けたスワーヴリチャード。
 外々を大きく回ったことで届かなかったとか。
 競馬評論家諸氏の多くが巻き返しありと見ているらしい。
 鞍上も、陣営も左回りの東京コースは共同通信杯のこともあり、好走必死との思いが強そうである。

 日本ダービーと言えば武豊騎手、歴代最多の5勝を上げており、皐月賞0秒1差3着のダンビュライトで6勝目を目指す。
 ここまで1勝馬の同馬、勝ちきれないジレンマもある。
 果たして天才・武豊騎手がどのような乗り方をするのか、見ものである。

 そのほか、カデナ、サトノアーサー、ペルシアンナイトなども気になっている。

 過去10年のデータによると。
 枠順的には、1枠が5勝、2枠が2勝と内枠が有利。
 人気は1番人気と3番人気がそれぞれ4勝。
 前走のレースなら皐月賞組が7勝と圧倒している。
 脚質は差し馬が圧倒しているらしい。

 ちなみに青葉賞組は2着2回、3着2回あとは着外。
 今年はどうか・・・。
 
 本日から当日までの競馬新聞などの情報をチェック。
 もっとも、情報過多により迷走しそうである。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雑感・・・一気に夏日、真夏日で

2017-05-24 22:27:45 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 日本列島は、夏日と真夏日が続いている昨今、季節はすっかり初夏。
 5月というのに本当に暑い日々。
 春真っ盛りが、一気に夏へ。
 身体の方も暑さに慣れていないから、働く人々にも、リタイヤ組の高齢者にも厳しい日が続いている。
 
 先日、関東にいる息子からのメール。
 「5月って、こんなに暑かったっけ、疲れるよ」と、言った内容だった。

 日本には「四季」という素敵なものがある。
 そのため、“暑さ寒さも彼岸まで”と言って、厳しい両極端の暑さ、寒さに徐々に慣れる生活を送ってきた歴史がある。
 ところが、昨今の温暖化が進む影響により、日本の「四季」の移ろいが消えつつある。
 徐々に亜熱帯化に向かっているのかも。 
 気温の急激な上下差には、日本人のDNAがついて行けないのかも知れない。
 
 一方、本市の周りでは、雨の降らない日が続いている。
 農作地では、散水の手間など大変なことと思う。
 数年前まで、畑地を借用していた頃、野菜類の水やりはいつもながら大変な作業の1つだった。
 天候異変は、農家の人たちにとっても腹立たしいものであろう。
 
 さて、競馬の話。
 今週は「競馬の祭典日本ダービー」が開催される。
 ダービー週間であり、各スポーツ紙の競馬欄は賑やかである。
 同レースの主催者・日本中央競馬界では、熱い日々が続くであろう。
 こちらは、夏日、真夏日、猛暑日の暑さ・・・熱さであってもいい。
 
 そのダービーにおける当方の注目馬は、青葉賞を制したアドミラブルである。
 ここまで、青葉賞組のダービー制覇は皆無だった。
 最高着順は2着まで・・・。
 フェノーメノのハナ差で敗けていたのはとても残念。
 青葉賞組のダービー制覇はできないとのジンクスは破られていない。

 今年のダービーでは、アドミラブルが1番人気に支持されそうな雰囲気にある。
 そして、同馬が制すると第24代青葉賞馬が、日本ダービーを初制覇。
 そのような見出しの新聞が、29日(月)にデカデカと掲載されるであろう。

 果たして・・・。
 ジンクスは破られるのか。
 ダービーにもっとも近いアドミラブルをもってしても、2着までだったと掲載されるものか。
 
 その意味でも、今年の日本ダービーは興味津々である。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 [青葉賞・アドミラブル])

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミキノグランプリ逃げ切るも・・・

2017-05-23 21:58:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 いつも応援しているミキノの冠馬。
 21日(日)は、京都6レース14番ミキノトランペット、京都12レース12番ミキノグランプリの2頭が出走していた。
 この日は、各レースのPAT投票を早々に済ませて、グラウンド・ゴルフ場に出向いていた。
 現地にて昼食後の6レースの結果をチェック。
 3連単が400万超の大波乱の結果に驚いた。

 家内の姉夫婦とのプレーを満喫後、午後3時前には帰宅。
 オークスなどのライブ中継を観戦。

 その後、京都12レースのパドック映像が流れた。
 ミキノグランプリの仕上がりは良さそうである。
 単勝を買うべきか、悩んだ挙句にパスしてしまった。
 これが運命の分かれ道だったとは・・・。

 オークスの馬連と追加投票の3連複をゲットし、気分もそれなりに良かったから、単勝を買うべきであった。
 ところが、次週のダービー資金のことが浮かんできたもので・・・。
 止めてしまったのである。

 京都12レースがスタートした。
 減量騎手の森裕太朗騎手は、好スタートを決めて果敢に逃げの一手にでた。
 向正面では後続を7馬身以上も突き放している。
 3、4コーナー中間から4コーナー。
 そして、直線へ向いた。
 後続を離したままの一人旅。
 
 京都のダート戦は、先行有利の展開が多い。
 直線残り200、二の脚を繰り出して後続を突き放した。
 実況のアナウンサーも、「これはセイフティリードか」と。
 
 番手に上がった11番モルゲンロートが逃げるミキノグランプリを追うが離される。
 残り100あたりで、番手以下の後続が一気に詰め寄ってきた。
 モルゲンロートが残ってほしいが、馬群に飲み込まれた。
 ゴール前なだれ込んだ馬群の中、何が突っ込んだのか。
 
 何と、何と、最低人気の9番ストロベリーキングだった。
 さらに3着には、9番人気の4番スランジパールの8歳馬だった。
 またしても、大波乱の結果となってしまった。

 相手抜けの痛恨の馬券に唖然としてしまった。
 ガックリ。
 
 また、京都6レースのレーシングビュアーを見ると、4コーナーから直線を向いたところでミキノトランペットは、持ったままで上がってきた。
 ところが、勝負どころで後続に被せられ伸び敗けの0秒5差7着だった。
 残念(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他







下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ソールスターリング・・・強かった

2017-05-22 22:07:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 プロ野球、応援する日本ハムがエンジン全開。
 同一カード3連勝で4位に浮上。
 それでも大きな借金生活。
 この調子で1つ、1つ返して行けばいいだろう。
 上位陣との戦いで取りこぼしのないことを願っている。

 さて、競馬の話。
 明日からいよいよダービー週間がスタートする。
 この世代は牝馬が優位との下馬評も、強いダービー馬が出てくることを願っている。
 
 昨日、家内の姉夫婦とのグラウンド・ゴルフを終えて帰宅後、オークスのライブ中継を堪能。
 パドック気配から、15番ヤマカツグレース、16番アドマイヤミヤビの出来が特に目立っていた。
 勿論、1番モズカッチャンと2番ソールスターリングは、いい感じのパドック気配。
 
 一方、3連単2着付けで狙っている14番リスグラシューのお腹が撒きあがっており、ちょっと不安が脳裏をよぎった。
 そのため、これら5頭ボックスの3連複10点を急遽追加投票しておいた。
 
 レースがスタートした。
 好スタートはソールスターリングだったが、鞍上がすかさず3番手に付けて最初のコーナーへ入った。
 モズカッチャンもウマく出てソールスターリングをマークできるよう、インの5、6番手に付けて追走。

 大外からスーッとヤマカツグレースが上がって、2、3番手に付けている。
 アドマイヤミヤビ、リスグラシューは中団やや後方の馬群の中から追走。
 最初の1000mが61秒7のゆったりとした流れだった。
 先手を主張した3番フローレスマジックが、馬群を率いて4コーナーから直線へ向いた。
 残り400、ヤマカツグレースは脚が上がってタレてきた。
 インで逃げ込みを図るフローレスマジックにモズカッチャンとソールスターリングが襲い掛かった。
 
 モズカッチャンが早め先頭へ、外からソールスターリングが被せるように馬体を併せに掛かり、モズカッチャンを交わした。
 この2頭が後続を突き放す。

 インから7番ディアドラが伸びて3番手に上がってくる。
 大外からアドマイヤミヤビが一気に伸びてきた。
 5、6番手の馬群の中では、リスグラシューが何度か他馬と接触して馬群を割れない。

 先頭に躍りでたソールスターリングが、モズカッチャンを1馬身4分の3差突き放しゴールイン。
 鞍上のC.ルメール騎手の勝利の右手が上がった。

 モズカッチャンが3番手以下を2馬身2分の1差の2着でゴールイン。
 惜しいレースだった。
 
 問題は3着争い。
 インで懸命に粘り込むディアドラ。
 大外からアドマイヤミヤビが、同馬を僅かに交わして3着でゴールイン。
 さすがは、M.デムーロ騎手の剛腕。

 C.ルメール騎手は2週連続G1勝利。
 ダービーも狙っているとか・・・。
 2人の外国人騎手にはやはり要注意である。(夫)
 
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第78回オークス他・検討

2017-05-21 14:45:30 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日は、午後から義兄と我が家にて競馬観戦。
 家内と実姉は、グラウンド・ゴルフに出かけていた。
 いつものコースでいつものおっちゃんたちが、「今日はご主人どうされたかね」との声掛けだったとか。
 その後、一緒にプレーだったらしい。
 
 我が家では、軸馬が来るも紐にキツイ馬が来るもので、再三泣かされていた。
 京都9レースでは、和田竜二騎手騎乗の15番人気が来る。
 京都10レースでは、同騎手の12番人気がアタマで来るが、それぞれ軸馬が1着と2着にいるのに不的中。
 その和田竜二騎手、京都メインでは向正面でアスカノロマンに懸命にムチを入れている。
 テレビ中継を見ながら、義兄と終わったねと嘆いていた。
 ガッカリ

 本日のオークスでは、その和田竜二騎手騎乗の1番モズカッチャンに触手が動いている。
 前走のようにインからうまく馬群をさばいて突っ込まないか。

予想レース

[京都11レース・下鴨ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ)]
 ここは、距離適性ありで、コース相性もいい8番ナムラシングンを狙いたい。
 内回りの2000なら、前々で競馬をする同馬には合いそうである。
 実力的にもこのメンバーなら、勝ち負けを演じるものと思いたい。
 休み明けでも、体は出来ているとの陣営、楽しみである。

   8 ⇔ 1,6  及び 8 - 4,5,11  馬単4点及び馬連3点。

[東京11レース・オークス(G1)(3歳オープン)(牝)]
 “距離延長大歓迎”との14番リスグラシューを軸に考えたい。
 鞍上も天皇賞(春)以来のG1奪取を目論んでいる。
 ただし、あと一歩詰目切れないところもある。
 ならば、ここは思い切って2着付けの馬券を組み立てたい。

 一方、前走が快勝だった1番モズカッチャン・・・。
 ここまでメンバー最速の上りを2度も出して勝利しており、インでうまく脚を溜めたなら前走のようにゴール前鋭く伸びることも大いにある。
 距離は問題ないらしい。

  1,2,16 ⇒ 14 ⇒ 1,2,3,10,13,15,16  3連単フォーメーション18点。

 さらに
  1 - 2, 14,15,16  及び 14 - 10,15  馬連6点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第24回平安ステークス他・検討

2017-05-20 13:10:13 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨日のブログにもアップ、NHKの朝ドラ「ひよっこ」で編集ミス発見の話。
 各シーンの向こう側で懸命に演じているエキストラに注目。
 つまり、主人公たちが演じているシーンの向こうで演じているエキストラ、その人たちの動きにも注目すると物語がさらに深みを増してくる。
 そのような中で、思わず発見したミステイク。
 これからも、ドラマや映画を違った観点から眺めるのも一計、そのように思っている。

 さて、競馬の話。
 本日は京都のダート戦で楽しみなレースがある。
 今から14年前の平安ステークス、スマートボーイが逃げ切って2着にクーリンガーが入線していた。
 馬連が13万円超、馬単が21万円超の10万馬券。
 昔の職場の競馬仲間のYさんが馬単を大的中。
 何でも総流しだったと聞いていた。
 その翌年もクーリンガーが2着、その時の配当は馬連と馬単が万馬券。
 彼は翌年も的中していた。
 このレースの時期になると、そのようなことを想い出す。
 
予想レース

[京都10レース・シドニートロフィー(4歳以上1600万下)]
 昇級後の2走は0秒3差3着、0秒2差3着と着差を詰めている9番キャプテンシップ
 暖かくなって体を絞るのに苦労しなくなったとの陣営。
 今回は強力な鞍上・C.ルメール騎手を迎えており、勝負気配と思える。
 ゴール前、突き抜けることに期待。
 
  9 ⇒ 3,7,11 ⇒ 1,3,5,7,8,11  3連単フォーメーション15点。

[京都11レース・平安ステークス(G3)(4歳以上オープン)]
 ここはアンタレスS組から、連覇達成を期待して7番アスカノロマンの好走に掛けたい。
 このレース、リピーターの活躍もある・・・。
 鞍上もそろそろ同馬の癖にも精通、京都巧者の同馬を好リードしてほしい。
 今期絶好調の鞍上にも期待。

   7 ⇒ 5,6,8,9,10,15,16 ⇒ 5,10,15  3連単フォーメーション18点。

[東京11レース・メイステークス(4歳以上オープン・ハンデ)]
 前走のオープン特別で強い勝ち方だったとの9番アストラエンブレム、鞍上もこのレースを制するため上京。
 左回りは4-1-1-0と好相性、最終追いもいいとのこと。
 人気も抜けた1番人気と思われるから、鞍上もキッチリ決めるであろう。

  9 ⇒ 1,3,5,6,10,11 ⇒ 1,6,10  3連単フォーメーション15点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今でも花をつけている幸福の木・ドラセナ)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

NHKのドラマでは珍しい編集ミス・・・発見

2017-05-19 21:54:21 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 本日の朝ドラ「ひよっこ」。
 噴水の傍でみね子(有村架純)、時子(佐久間由衣)、三男(泉澤祐希)の3人が談笑のシーン。
 噴水の左手の向こうにアベックが、噴水を背に座り続けていた。
 その後、三男が落ち込んでいる時子を励ます、噴水を背にしたシーン。
 そのカットで、左手の向こうにあのアベックが座っている。
 
 直後、真逆の方向から、3人をアップで捉えたシーン。
 すると、遠方のバックに映っていたあのアベックが3人の傍を歩いている。
 再び噴水を背に3人を撮ったシーンでは、瞬時に移動したのかあのアベックは噴水の向こうにそのまま座り続けている。
 瞬間移動でない限りありえないカット。

 現実ではあり得ないカット。

 シーンのバックのエキストラと主人公たちが繋がっていないから、一瞬の間であるが違和感を覚えた。
 NHKのドラマ編集では、極めて珍しいシーンだった。

 B級映画などでは、バックのエキストラの動きが、カットのつなぎで不自然なシーンが時おり見られる。
 それは、B級映画だからと割り切って見ている。
 
 ところが、朝ドラで編集ミス。
 あのような貴重なミス編集が露見していた。
 
 視聴者のうちに一体どのくらいの人が気づいたかな。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP抜粋 左手向こうのアベック)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(5月20日)

2017-05-19 20:53:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 初日から4連敗の郷土力士・隠岐の海。
 昨日は、鶴竜の休場による不戦勝で・・・やっと、勝ち星1個。
 何でもいい、白星なら。
 でも、いつもながら闘争心が希薄だから、とても残念である。
 本日は、敗けてしまっている。

 ところで、昨日もいつものグラウンド・ゴルフ場で、愛好者の人たちと4ラウンドを楽しんだ。
 連日の好天で、短時間でも体を動かすようにしている。
 パソコンとにらめっこの日常だから、軽い運動は気分転換にベストである。

 さて、競馬の話。
 5週連続G1レースの東京競馬場。
 NHKマイルC、ヴィクトリアマイルともに荒れるなど、馬券的に難しいレースが続いている。
 果たして、今週は如何なる結果が待っているだろうか。
 桜花賞1番人気馬が巻き返すか。
 桜花賞馬が二冠を制すか。
 馬場に泣いた馬たちの巻き返しは・・・。

[土曜日の追っかけ馬]
京都11R アスカノロマン、ピオネロの2頭が出走予定。
 昨年の覇者・アスカノロマンは、あれ以来3着1回と着外続きの連続。
 前走は4、5番手から追走し、直線残り200あたりから、横一線の4頭がゴールを目指す中、ゴール手前で力尽き・・・0秒4差5着。
 今回は、先行有利な京都コースで、5-2-0-5と相性のいいコースなら、巻き返しに期待もかかる。
 前々で競馬して・・・連覇達成とならないか。
 最終追いも良かったらしい、自分の形で競馬ができればとの陣営。
 出走馬の半数が、前走のアンタレスS組である。

 一方、何としてもここでは賞金加算がしておきたいとのピオネロ。
 ここまでの3走は、3着、2着、2着と勝ちきれないまでも惜しいレースが続いている。
 最終追いは、ビッシリ追われて体も絞れているとのこと。
 実力拮抗のメンバー揃いなら、チャンスも大ありの同馬。
 
 このレースもかなり難しそうであるが、見ごたえのあるものとなりそう。
 そのような中、追っかけ馬2頭の頑張りが見たい。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都2R マッシヴエレガンス、3R キングレイスター、7R キングサムソン
  日曜日:京都4R メイショウヒャッカ、6R ミキノトランペット

 今週は、マッシヴエレガンス、キングレイスター、キングサムソン、ミキノトランペットに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(好相性のクラブになってきた)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雑感・・・武士の魂の如く

2017-05-18 22:42:00 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 昨日は霧雨程度の雨が降っていたが、午後には爽やかな日差しが戻っていた。
 ここのところ好天の日も多く、屋外スポーツには快適な日々が続いている。
 この上ないグラウンド・ゴルフ日和でもある。
 午後になると、いつものコースにてプレーに夢中の日々。
 
 その地域の人たちとすっかり仲良くなっている。
 いろいろな人たちとご一緒することで、自らの技術向上に寄与できる。
 上手い人のプレーを目の当たりにすると、とても勉強になる。
 
 上級者とどこが違うのか。
 身近に学ぶことができる。
 上手い人たちは、安定的にクラブヘッドの真芯でボールを捉えている。
 
 市内で5本の指に入るとのおばちゃん、とても小柄なのに不思議なほどボールが走っている。
 パットも実に的確。
 常に「クラブヘッドの真芯」で確実にボールを捉えてらっしゃる。
 微妙な力加減も素晴らしい。
 
 ほかのおっちゃんも、おばちゃんもとても上手。
 団塊の世代の当方らよりも、7、8歳くらい上だから70代後半である。
 
 上級者の皆さんとご一緒することで、こちらも懸命になっている。
 大胆に打って繊細に攻める。
 グラウンド・ゴルフの極意かも知れない。
 
 ところで、先般来何人かのプレーヤーから、「クラブがキラキラといつも綺麗だね」とか、「ソール(底の部分)面に傷がないね」などと褒められることも多い。

 「ハタチの花梨4クラブ」。
 昨年の5月初めに手に入れたから、1年を経過していると云うと。
 
 「それにしては綺麗だね」と。
 
 当方、プレーが終わって帰宅すると、必ず中性洗剤を付けたブラシで洗浄後、アシックスの「グラウンド・ゴルフクラブお手入れセット」でワックスがけを欠かさないようにしている。
 
 当方と家内のクラブを必ず手入れしている。
 洗浄後、タオルで水気を完全にふき取り、丁寧にクリーナーワックス液をつけて、綺麗に磨き上げている。
 シャフトの部分も、もっともグリップの部分は使えないから要注意。
 グリップを握りながら、シャフトなどを仕上げクロスで磨いていると・・・。

 武士が刀の手入れをするシーンが、思い起こされた。
 刃こぼれはないか、錆はないか、ねじれはないか。
 武士の魂の手入れは、自らの命に関わること、不具合がないかチェックを怠らなかったことであろう。
 
 そのようなことを思いながら、プレー後は毎回一連の作業が日課となっている。
 すると、ある時家内の両面打ちのウレタンフェース部分に小さな隙間を発見。
 つまり、接着面が浮きあがっているらしい。
 早速、瞬間接着剤を用いて補修。
 完璧に隙間がふさがった。

 大事なクラブの不具合などをチェックするためにも、プレー後の手入れはとても大事と改めて認識できた。

 これで、明日も安心してプレーできる。
 もっと上手くなるため、頑張らねば・・・。(咲・夫)





下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加