咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

えっ、引退・・・ミッキーアイル

2017-01-31 22:02:00 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 電撃スタートの先手必勝馬・ミッキーアイル。
 あの難しいと言われたNHKマイルCも先手を主張し、終始ホウライアキコに絡まれながらも渋太く逃げ切っていた。
 そのうち、逃げ一手の戦法から、好位追走から追い出す競馬などにも挑戦。
 自在駆けの追求であったが、昨年の阪急杯では、再び先手必勝のスタイルで勝利。
 同馬にはこの戦法があっていたのであろう。

 マイルCSでも、先手を主張し二の脚を繰り出して逃げ切っている。
 そのレースでは、番手追走のネオリアリズムに終始プレッシャーをかけられながらも、最後の直線で盛り返して勝利。
 実に強い内容の競馬だった。
 
 2016年の最優秀短距離馬の称号も手に入れている。
 今季、明けの6歳馬となっていた。
 予定では年内で引退との青写真だったらしいが、29日(日)JRAを通して電撃引退の発表があった。

 この日は奇しくも、高松宮記念を目指す各馬が「シルクロードS」に出走し、7歳馬のダンスディレクターが連覇を達成している。
 
 ミッキーアイルも、ダンスディレクターも・・・当方の応援する追っかけ馬。
 3月の高松宮記念において、この2頭が覇権争いをすると嬉しいと思っていた矢先の報道でもあった。

 陣営によると、ディープインパクト産駒にしては、1200から1600を得意にする馬は少なく珍しいから、種牡馬となっていい仔を世に出してほしいとか。
 この血統のスピード馬、どのような走りをするのか、これからが楽しみでもある。

 北海道の「satochin」さん、逃げ屋のミッキーアイルがお気に入りだったと思う。
 今後は、社台スタリオンステーション(北海道安平町)で会えますよ。
 種牡馬が沢山繋養されている。
 かつて、ディープインパクト、キングカメハメハ、トウカイテイオーなどを見に行ったことがある。

 高松宮記念では、2015年3着、2016年2着だったから、1着への宿題を残したままターフを去って行った。
 元気でいい仔をたくさん送り出してほしい。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 [2016マイルCS制覇のミッキーアイル])

[追 記]~ミッキーアイル引退~
 マイルCSなどを制し、昨年の最優秀短距離馬に輝いたミッキーアイル(牡6歳、栗東・音無秀孝厩舎、父ディープインパクト)が現役を引退し、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りすることが決まった。29日にJRAが発表した。
 3歳時には破竹の5連勝でNHKマイルCを制覇。その後もG1戦線で奮闘し、昨年はマイルCSでG1・2勝目を獲得。高松宮記念、スプリンターズSでも2着に奮闘したことが評価され、最優秀短距離馬に選出された。

 当初は阪急杯(2月26日・阪神)から始動して高松宮記念(3月26日・中京)へ向かう予定だったが、関係者との協議で電撃引退が決定。今春から種付けをスタートして、天性のスピードを産駒に伝えていく。

 音無師は「もともと年内で引退予定でしたが、関係者と協議した結果、今、種牡馬入りすれば今シーズンに間に合うということで、引退することになりました。馬の方は先週の木曜日に(北海道の)社台スタリオンに移動しています。馬に何かがあったというわけではなく、このタイミングでないと間に合わないのでということです」と経緯を説明。「ディープ(インパクト)産駒の中でマイルからスプリントを走った馬は少ないですし、産駒の中でも珍しいタイプ。牧場サイドも種馬にしたいということでしたし、産駒にも似たような子どもが出ることを期待しています。また子どもも管理できればいいですね」と快速馬の遺伝子を受け継ぐ2世の誕生を期待した。
(出典:Yahoo!ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

連覇達成・・・ダンスディレクター

2017-01-30 22:20:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」、大河ファンタジー「精霊の守り人」共に女性上位の痛快なドラマとなっている。
 土曜日の夕刻には、「忠臣蔵の恋~大奥編~」。
 やはり、「おんなは・・・強い」と、思わず感嘆。(笑)
 いずれにしても、魅了されるドラマだから嬉しくなってくる。
 さらに金曜日の夜は、漢のドラマ「雲霧仁左衛門3」。
 昨夜も再放送をじっくり・・・と。
 この池波ワールドはさらにいい
 
 さて、競馬の話。
 久々にブログ予想が的中。
 さらに当方は大的中に・・・ニッコリ。
 
 京都メイン「シルクロードS」、最後は7番ダンスディレクターと9番セカンドテーブルの2頭に肩入れすることとした。
 この2頭から馬連フォーメーション。
 2頭軸3連複総流し。
 2頭を1着と3着付け、2着に狙いの5頭を入れた3連単フォーメーション。
 
 一方、東京メイン「根岸ステークス」では、3番カフジテイクの勝負レースと踏み同馬の1着付けと結論。
 1番人気なもので、馬単よりも3連単を狙うことに決めた。
 昨日、そのような結論に達した。

 午後3時35分。
 京都競馬場のファンファーレが鳴った。
 7番ダンスディレクター、9番セカンドテーブルの2頭も好スタートを決めていた。
 ダンスディレクターの鞍上・武豊騎手は、中団後方に下げて追走している。
 一方、セカンドテーブルは、5番ソルヴェイグ、10番ネロを見ながら3番手から追走。
 4コーナーから直線、内回りの短い直線へ向いた。
 馬群が横に広がったことで、ダンスディレクターがインから外へ難なく出せた。
 残り200を切ると、11番セイウンコウセイが先に動き先頭へ躍り出た。
 先頭のソルヴェイグ、番手のネロの脚が上がって来た。
 
 インにセカンドテーブルが突っ込み伸びる。
 大外から、メンバー最速の33秒1の末脚で芝の一番伸びるところから、ダンスディレクターが鞍上のゴーサインと共に一気に伸びてくる。
 
 逃げ込みを図るセイウンコウセイを追いつめて、ゴール前キッチリ差しきってゴールに飛び込んでいた。
 インから伸びて来たセカンドテーブル、馬群を割って伸びる4番ヒルノデイバロ、1番ラインスピリット。
 セカンドテーブルが渋太く伸びて3着でゴールイン。

 今季の武豊騎手は絶好調で、土日に6勝の固め勝ちだった。
 その鞍上に促されたダンスディレクターは、このレースを連覇しトップハンデ馬としても分の悪いデータをものともしなかった。
 「ヨン・ヨン・ピン」・・・終わってみれば。

 やったね
 馬連、3連複が的中。
 当方、前夜から仕込んでいた3連単フォーメーションをすっかり忘れていた。
 






 一方、東京メイン「根岸S」では、イチオシの3番カフジテイクが一瞬出遅れて、後方4番手から追走。
 同馬にとっては定位置からの競馬でもある。
 上り3F(ハロン)の末脚は、芝並みの脚が使えるから・・・ここもハマることを願っていた。
 
 レースの方は、最後の直線へ向かった。
 大外に出したカフジテイクは、最後方から東京の長い直線を追い出してきた。
 凄い(すんごい)脚でグングン伸びてくる。
 中団から追走の5番ベストウォーリアが、残り100あたりで先頭に躍りでる脚いろ。
 
 その直後まで、カフジテイクがメンバー最速の34秒5の末脚で追い込んできていた。
 この2頭が馬群を抜け出して、叩き合っている。
 ゴール手前、外からついにカフジテイクがベストウォーリアを交わして、1馬身も突き放してゴールイン。
 
 実に目に焼き付くようなレースを見せてくれた。
 驚異の末脚を炸裂。
 カフジテイクが、ついに念願の重賞を制覇した。

 離された3着争いは、13番エイシンバッケンと14番キングズガードだった。
 どちらも的中候補。
 ハナ差で高めのエイシンバッケンが入線。
 
 久々にブログ予想のメインが2つも的中だった。
 ナイス。(夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第22回シルクロードステークス他・検討

2017-01-29 14:16:50 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 いつもグラウンド・ゴルフでお世話になっているTさんから、3月の大会の案内が送信されてきた。
 3月30日(木)、雨天の場合は翌日・31日(金)とのこと。
 美保関多目的広場(松江市)、2ヶ月先の話である。
 申込み締め切りは2月末まで・・・とのこと。
 それまでには、体調管理と練習を重ねておきたいもの。
 いつものグラウンド・ゴルフ場のメンバーの方々も参加されるであろう。
 春になると次々と大会もあるから、今年は特に力を入れたいと思っている。

 さて、競馬の話。
 春と言えば、競馬の世界もクラシック戦線がスタートする。
 これはこれで、待ち遠しいもの。
 ここ2ヶ月くらい、ブログ予想も長期スランプで長いトンネルの中・・・。
 そろそろ、抜け出したいものである。

 京都最終レース、馬連ボックスが久々に決まった。
 武豊騎手騎乗の6番人気カフェライジング狙い、渋太く2着に食い下がってくれた。
 久々に嬉しくなった。


(3番、9番・・・37.7倍)

予想レース

[京都9レース・大津特別(4歳以上1000万下)]
 京都コース2-2-1-3と相性のいい4番ニホンピロシナバー、ヴァーミリアンの仔ならもっとやれていい。
 からだももう一回り大きくなって、ダート馬らしくなったとのこと。
 一方、京都コース0-5-1-1と3連複には持ってこいの軸馬5番カフジキング
 今回は鞍上もM.デムーロ騎手に乗り替わり、勝負気配もプンプン漂う。
 この2頭軸の3連複で・・・。
 
  4 - 5 - 3,6,7,8,10,12  3連複2頭軸流し6点。

[中京11レース・長篠ステークス(4歳以上1600万下)]
 ここも上位拮抗の難しいレース、狙いは前走強い勝ち方だった7番キタサンラブコール
 陣営もあの鋭い決め手なら準オープンでもやれると思う・・・とか。
 相手はサクラバクシンオー産駒で、好調教の1番マルヨバクシンなど。

  1,3,7  及び  7 - 2,5,8,9  馬連7点。

[京都11レース・シルクロードステークス(G3)(4歳以上オープン・ハンデ)]
 ここは、非常に難しい競馬となっている。
 トップハンデ馬の戦績には、疑問符が残るデータが存在。
 7番ダンスディレクター10番ネロの一騎打ちと思っていたが、データからすると斤量手ごろな4歳馬と5歳馬が優位らしい。
 取り分け5番ソルヴェイグの前走が素晴らしい内容で、思わず魅かれてしまう。
 また、淀短距離上位組の11番セイウンコウセイ9番セカンドテーブルなども。
 特にセカンドテーブルの鞍上が重賞を制覇することも願っている。

 それでも、今季絶好調の武豊騎手が、データを覆す方に掛けてみる。

  7,5,9,11  及び 7 - 1,10,12  馬連9点。

  ところで、7番と9番の2頭軸3連複総流しにも魅せられている。

[東京11レース・根岸ステークス(G3)(4歳以上オープン)]
 得意の東京1400のコースで、後方一気の3番カフジテイク
 前走のレース、強力メンバーを相手に惜しい内容だった。
 来月のG1レース・フェブラリーSに出走するには賞金加算が必須とか。
 ここは何としても優先出走権奪取が・・・。
 やってくれるものと思っている。
 今回条件もベスト、勝負駆けモードとの評価。

  3 ⇔ 5,15  及び  3 - 2,13,14,16  馬単4点及び馬連4点。
               
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017白富士ステークス他・検討

2017-01-28 13:58:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 この1週間は銀世界の中、自宅に籠り切りだった。
 その積雪も、好天や小雨などもあって積雪量が激減。
 家の前も数センチの圧雪となった。
 生活には全く問題もない程度で、しばらく降雪なしの予報に安堵している。
 自宅にて米国のB級アクション映画も何本か見ていた。
 
 ところで、昨夜は大好きな池波ワールド「雲霧仁左衛門3」。
 雲霧一党の活躍に溜飲を下げている。
 「お頭、小頭」の信頼関係もさらに増してきた第4話でもあった。
 残り4話。
 最後まで楽しみにしている。

 さて、競馬の話。
 今週から、第1回東京競馬が開催。
 京都は第2回がスタート。
 第1回中京競馬は、最終週となっている。
 明日はダートと芝の重賞レースが組まれており・・・楽しめそうである。

予想レース

[中京5レース・3歳未勝利]
 ここは、距離短縮と地方騎手を鞍上に渋太い競馬期待で3番マッシヴエレガンスを狙いたい。
 先行策で早めの競馬には、絶好の枠に入っている。
 地方競馬の騎手ならJRAでは、着順にこだわりを持って騎乗してくる。
 ならば、同馬の能力を存分に引き出す方に掛けてみるのも一計。
 
  3,8,18  及び 3 - 1,14,15,16  馬連7点。

  3番出遅れで・・・不的中。

[中京11レース・中京スポーツ杯(4歳以上1000万下・ハンデ)]
 ここは、距離・コースとも相性のいい8番アグネスユーリアをピックアップ。
 前走の昇級戦も中団の馬群の中から追走。
 最後の直線、残り100あたりでやっと外に出して、一気に追い出して0秒3差2着の競馬だった。
 1、2番人気馬をクビ、ハナ差に抑え込んで渋太く2着に伸びていた。
 今回は、トップハンデ対の56キロでも問題なし・・・。

  4,8,13  及び  8 - 3,5,6,9  馬連7点。

[京都11レース・河原町ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ)]
 この距離2-3-2-1、京都コース1-4-1-1と安定感のある4番コウエイエンブレムを狙いたい。
 前走の昇級戦の準オープン、惜敗の2着だった同馬。
 ここでも先手か、番手の競馬でゴール前際どいレースと思える。
 ところが、またもやあと一歩で何かに交わされるものと・・・。
 1着候補には、3頭をチョイスしてみた・・・ウマく行くと面白い。

  1,3,6 ⇒ 4 ⇒ 1,2,3,5,6,7,11  3連単フォーメーション18点。

[東京11レース・白富士ステークス(4歳以上オープン)]
 右回り0-0-0-5、それに対して左回り3-1-1-1の3番マイネルラフレシア
 前走は途中で止めてしまったらしい。
 サウスポーの同馬が、開幕週の好枠ゲットで俄然ヤル気を出すものと期待。
 長くいい脚が使えるとの評価。
 思い切って1着固定で狙いたい。

  3 ⇒ 1,4,6,7,9,10,14 ⇒ 1,4,6  3連単フォーメーション18点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(グラウンド・ゴルフができなくて・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(1月29日)

2017-01-27 23:07:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 先日の降雪、この地域では6年ぶりの30センチ超えの積雪だったらしい。
 50センチくらい積雪のあった年末年始、あれから6年が経過していた。
 早いものである。
 あの時は、市内のあちらこちらでガレージが押しつぶされる騒動もあった。

 今回の35センチ前後の積雪。
 それでも、あちらこちらで渋滞、さらに公共交通機関の運休や遅延。
 輸送物資の遅延などもあったとか。
 雪国でないから、雪害対策の遅れがあるのかも知れない。

 さて、競馬の話。
 西日本各地を襲った寒波も遠のき、京都競馬場をはじめ全3場の開催に支障はないであろう。
 今週から、第1回東京競馬もスタート。
 出走各馬や騎手の皆さんも、思わぬ落馬事故のないよう願っている。

[日曜日の追っかけ馬]
東京11R カフジテイクが出走予定。
 3走前の末脚には感服。
 稍重のダートで34秒4の決め手で勝利、また2走前も重馬場で34秒2の末脚を発揮している。
 前走は最内枠からスタートし後方から追走。
 直線では大外から追い出して、時計のかかる良馬場で36秒0の末脚で追い込んでいる。
 強力メンバーを相手に0秒2差4着だった。
 今回は2-0-1-0と得意な東京コース。
 さらに1400mでは、5-2-2-6といい傾向にある。
 いいレースを見せてくれるものと期待している。

京都11R ダンスディレクターが出走予定。
 前走の阪神カップ、好位追走から直線では鞍上が懸命に追い出すも、もう一息の伸びがなくて0秒1差4着だった。
 昨年のシルクロードSの覇者の同馬、今回は1F(ハロン)短い短距離戦と得意のコースに替わる。
 鞍上も手の内に入れており、ここは巻き返しを狙ってくる。
 トップハンデ対の57.5キロでも、熱のこもった最終追い切りからもデキはとてもいいらしい。
 ネロと一騎打ちの公算か・・・。
 ヨン・ヨン・ピンと行くか。(笑)

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都1R マヤアムール、3R メイショウイッポン、5R ツーエムアーマー  
      中京5R マッシヴエレガンス、7R タイセイパルサー
  日曜日:京都6R アサケハーツ、9R ニホンピロシナバー
      中京5R スズカアドニス
   
 明日は、マッシヴエレガンス、タイセイパルサー、アサケハーツ、ニホンピロシナバーに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(今夜は・・・雲霧仁左衛門3)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

昨年は・・・真田丸に夢中

2017-01-27 21:39:12 | レビュー
真田昌幸・・・知略の武将
[ポチッとお願いします]人気ブログランキングへ 今月10日(日)からはじまったNHK大河ドラマ「真田丸」。 第3回を見終えた。 初回から、真田昌幸(草刈正雄)の策士ぶ......


[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨年の今ごろは、真田丸の第3回を見ていたらしい。
 真田昌幸(草刈正雄)の権謀術数に胸躍らせて、見ていたことを想い出す。
 それが、昨日のように思えるから不思議なものである。
 
 1年とは過ぎてしまえばあっという間で、実に短いものである。

 戦国時代は、夜は真っ暗闇で現代よりも夜が長く、昼間は短く思えたことであろう。
 生死を掛けた毎日だから、真っ暗闇の夜は特に油断もできない。 
 短い生涯を懸命に生きていた戦国武将。
 家名を次の代へ残す戦いに明け暮れていたから、1日が短いものだったかも知れない。
 
 真田昌幸と信之(大泉洋)、信繁(堺雅人)の親子も戦国の世を懸命に駆け抜けて逝った。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドナルド・トランプ政権誕生で・・・

2017-01-26 22:06:22 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 去る20日誕生のドナルド・トランプ第45代米国大統領、これまでの演説や発言は一流のアジテーターとも言うべき姿勢である。
 大衆受けのする言葉、単純明快な言葉の羅列で大衆を煽るやり方が目立っている。

 また、その言動の中には、時おり女性蔑視、白人至上主義とも受け止められかねないフレーズも多い。
 白人労働者保護を優先、国内産業の保護を優先。
 TPP撤廃の大統領令に早速サイン。
 自由貿易では、相手国と1対1でやるとか・・・。
  
 一方、テロ撲滅のため、不法移民やイスラム教徒排除。
 さらにメキシコからの不法移民が自由に入れないよう、国境の壁建設を全面的に完成させる。
 もっとも、これまでの米国において、不法移民が自由に出入りできるなど国境警備がおろそかであったとは知らなかった。

 最近では、特定の宗教(イスラム教など)を差別する発言に民主党、さらに共和党の中から批判が出ていることから、テロ防止策のため特定の地域からの入国審査を厳しくすると言い方を変えているとか。
 
 これまでの8年間の民主党政権下で実施され、計画されてきたことをすべてご破算にしてトランプ主義一辺倒へ舵を切り替えるとか。
 
 早速、日本の自動車産業への不満を名指しで暴言するなど、その過激さが際立っている。
 米国車が日本で売れないのは、日本の責任であり米国で日本車が席巻していることに根強い反発があるらしい。
 
 安保関連の日米同盟についても、従来通りにはさせないとか。
 どうして米国の部隊が日本を守らねばならないのか、今までのように守るためにはもっとお金を出せとか・・・。
 
 これまでの発言から、言いたい放題のトランプ大統領である。
 世界で一番の強国にあるべきは、米国でありそのように強い国を取り戻す。
 そのためには、これまでの手ぬるいやり方は排除する・・と、言うことであろうか。

 船出をしたばかりのトランプ政権。
 果たして、どのような方向に国を動かすのであろうか。
 商売人として一流であったかも知れないが、政治は未経験の大統領がすべてを白紙に戻してどのように政策を企画立案し、トライするのであろうか。

 商売ならワンマン経営でもよい。
 国家のトップがワンマン経営をすれば、北朝鮮や中国のようにもなりかねない。
 周りを取り巻くブレーンが、ブレーンらしく緊張感を持って提言し、国家運営を果たしてもらいたいものである。
 自由と民主主義を基軸の国家・米国らしくあるべきと思う。
 
 いずれにしても、本当の武力を持たない弱い日本は、日米同盟の強化以外には今ある危機を乗り切ることができない。
 日米同盟のこれまで以上の強化はもっとも重要な課題である。
 
 トランプ政権が日本を切り捨てるのか、同盟強化の道を選択するのか。
 安倍政権の最重要課題であろう。
 真の日本人魂が試される重要な時期である。(夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

近年にない痛快な話題・・・アパホテルVS中国

2017-01-26 18:50:18 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 アパホテルの各室に備え付けの「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定する書籍。
 その書籍を撤去するようホテル側へ、中国政府が高慢に言ってきたとか。
 さらに訪日中国人に対して、アパホテル利用禁止令を発し予約サイトを閉鎖しているとの報道。
 この問題は、昨年末あたりから報道されている。

 共産党一党独裁政権下の中国では、党の政策に批判する人間を排除し投獄まで行っているとか。
 当然のことながら、言論の自由もなにもない。
 これが共産党一党独裁国家の実態である。
 そのため、民主主義が浸透する国に育っている者にとっては、嫌悪感を抱かざるを得ない。

 民主主義国家では言論の自由が保障されており、たとえ体制の批判を促す書籍であったとしても誰もが目を通すことができる。
 他国のホテル経営者に上から目線で恣意的に迫るなど、民主主義国家の常識では考えられないこと。
 その中国政府の暴挙に対して、アパホテル経営者が断固として書籍の撤去に反対し、筋を通している姿に溜飲を下げることができる。
 
 さらに大阪のアパホテルで開催の会合における元谷外志雄(もとや・としお)代表(73)の話の中に次のような話もあったらしい。

 「70年間にわたって日本は『押せば引く国』『文句いえば金を出す国』ということで悲哀を味わっていたが、『本当はどうなのか』ということを知ってもらう必要がある」

  実に近年にない痛快な話題である。
 
[追 記]~いいタイミングで騒いでくれた~
 「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定する書籍を客室に備えているとして、中国政府が訪日中国人に日本のアパホテル利用を禁止した問題で、同ホテルグループの元谷外志雄(もとや・としお)代表(73)は24日夜、大阪市西区のアパホテルで開催した元谷代表主宰の「勝兵塾」月例会で約130人の参加者を前にあいさつに立ち、「お騒がせしている。だが、今回のことはいずれ起こると想定していたこと」と話した。
 「70年間にわたって日本は『押せば引く国』『文句いえば金を出す国』ということで悲哀を味わっていたが、『本当はどうなのか』ということを知ってもらう必要がある」とした上で、「いいタイミングで(中国が)自ら騒いでくれた。ご不安をかけたが営業上のダメージはない。いろんなところに陰湿な攻撃がくることは警戒しないといけないが、これまでのスタンスを変える気はない」と書籍を撤去しない方針を改めて示した。
(出典:産経新聞ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昭和の映画スターが、また逝ってしまった

2017-01-25 22:15:40 | 報道・ニュース

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 24日(月)、俳優・松方弘樹さんの訃報が流れていた。
 74歳の若さだった。
 剣豪スターの近衛十四郎さんの長男で、弟は俳優の目黒祐樹さん。
 気風(きっぷ)のいい、男前の映画スターの1人だった。
 時代劇の所作立ち居振る舞い、殺陣すべてがプロの役者さん。
 主演作の時代劇は多数あるが、東映大部屋俳優で「5万回斬られた男」と異名をとる福本清三さん唯一の主演作品「太秦ライムライト」に共演している。
 
 面倒見のいい昭和の豪快なスターが、斬られ役一筋の主演映画の成功を願って応援出演だったらしい。
 このような点が、人気俳優でありながら気のいい役者魂だったのであろう。
 
 一方、斜陽となった時代劇映画からヤクザ映画に路線変更の東映映画。
 鶴田浩二さんや高倉健さん主演の仁義ものと路線を隔した実録ヤクザ映画、その大ヒット作品の「仁義なき戦い」シリーズ。

 映画「仁義なき戦い」(第1回)で演じた山守組の若頭・坂井鉄也(松方弘樹)が、親分の山守組の組長(金子信雄)に発した名台詞。
 子が親に言うべき仁義ではない。

 「親っさん、言うといたるがのう、あんたははじめからわしらが担いどる神輿じゃないの。組がここまでになるのに誰が血ぃ流しとんの。神輿が勝手に歩ける言うんなら、歩いてみいや、おう! 」
 
 まさに「仁義なき戦い」の典型例のひと言でもある。

 その坂井鉄也が、子供にオモチャを買って帰ろうと、おもちゃ屋に入っていると背後から仲間内のヒットマンに撃たれて死亡する鮮烈なシーンが思い浮かぶ。
 
 その後、全5シリーズ製作のこの映画では、違った役柄で3度の出演。
 都合3人の強烈な個性のヤクザを演じ切っていた。
 
 主演は2014年11月に亡くなった菅原文太さんで、遅咲きの出世作品となった。
 その文太さんが亡くなった際、とても残念である旨のコメントを発していた松方弘樹さんも2年数ヶ月後に帰らぬ人となった。
 
 また、一人昭和の映画スターが逝ってしまった。(夫)


(出典:Yahoo!ニュース 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雑感・・・思わぬ積雪で

2017-01-24 22:34:22 | 日記

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 22日(日)夜半から降り出した雪、23日の早朝我が家の周りも銀世界。
 これほどの雪も久しぶりのこと。
 積雪量は、24センチくらいだった。
 その日は時おり降っていたが、日差しもあったから大丈夫と思っていた。
 
 もっとも、天気予報によると山陰地方に大雪警報が続いていた。
 当方の地域でも・・・。
 すると、本日起床して窓の外を見ると、積雪量が増えているようだった。
 前日から、さらに10センチくらい増えている。
 雪かきも久々のこと。
 腰を痛めない程度に除雪。

 大屋根からの雪も・・・雪庇の如く、今にも落下しそうである。




 
 近所では前日からリホームとのことで、積雪のなか工事車輛が出入りしている。
 思いのほかの大雪で大変そう・・・。
  
 隣県の鳥取では、智頭町(鳥取市の南)で今でも大渋滞が続き多くの車が立往生とのこと。
 県内でも雪による渋滞や事故も発生していたとか。
 西日本にやって来た大寒波、山陰両県に思わぬ雪害をもたらした。
 
 この雪は、近畿地方北部にも影響を及ぼしているとの報道。
 この地域は、どうやら峠を越したからホッとしている。
 ただ、気温は明日以降も氷点下の最低気温とか。
 金曜日から最高気温が12℃くらいに上がるらしい。

 しばらく、大屋根などからの落雪に要注意である。(咲・夫)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画「ニック・オブ・タイム」(1995)・・・

2017-01-24 15:12:12 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 先般、NHKBSプレミアムで放送された同名映画。
 主演はジョニー・デップ、共演はクリストファー・ウォーケン、マーシャ・メイソン、チャールズ・S・ダットン他。
 
 30代の頃のジョニー・デップが、一介の平凡な親子を演じている。
 元妻の葬儀を終えて、LA駅に降り立った税理士ジーン・ワトソン(ジョニー・デップ)は、愛娘を連れて約束のある人に会うため、相手先と連絡を取りかけていた。
 すると、そこに警察を名乗るMr.スミス(クリストファー・ウォーケン)とMs.ジョーンズ(ローマ・マフィア)が現れて、ワトソン親子にグレーのワゴンへ同行を求めた。

 何んと、車中でこの2人が思わぬことを口走った。
 愛娘を人質にして、ワトソンにエレノア・グラント州知事(マーシャ・メイソン)を暗殺するよう仕向けてきた。
 向かいのホテルで演説会や会食などの場が持たれていた。
 タイムリミットは午後1時30分。
 ほぼ、90分後のことだった。

 銃と弾を渡されたワトソン、常にスミスによって監視されていた。
 スミスの目を盗み、あの手、この手で誰かに窮状を伝えようとするが、空回り状態だった。
 タイムリミットが迫る緊迫のサスペンス。

 後段、グラント州知事の秘書に密かに窮状を伝えるが、思わぬ展開になってしまう。
 さらに警備陣の中にも暗殺グループが加わっており、ワトソンは益々追いつめられる。 
 犯罪者になる以外ないのか、緊迫の時間だけが過ぎ去る。
 
 愛娘を人質に取られた平凡な男が、殺人者になるのか・・・。
 ストーリーは単純そうな・・・物語。
 ただ、迫りくる危機をどのように回避するのか。
 その1点を求めながら、最後まで見てしまった。
 上映時間90分と、物語のタイムリミット90分が重なるように製作されていたとか。
 
 若き日のジョニー・デップ、今回は敵役のクリストファー・ウォーケンなどがバチバチの演技。
 思っていたより面白かった。(夫)

[追 記]~解説~
 元妻の葬儀を終え、娘を連れてL.A.駅に降り立った平凡な税理士ワトソンは、警官を名乗る男女に娘を人質にされ、時間内に女性州知事の暗殺を命じられる。彼は必死に暗殺を回避しようとするのだが、あらゆるところに監視の目が光っていた。
 時間だけが刻々と過ぎる中、孤立無援のワトソンは、知事の女性秘書の協力を得るのだが・・・。
(出典:Yahoo! 映画 抜粋)


(出典:Yahoo! 映画 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

どうした・・・アスカノロマン

2017-01-23 22:14:22 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 一昨夜、娘からメールがあった。
 朝日系のTVで大坂城と松江城をやっているよ・・・と。
 早速、チャンネルを切り替えて見ていた。
 松江城も国宝になったから、注目度も上がっているのかも・・・。
 外国人の目から見た日本のいいところを探す番組のようだった。
 
 昨日は、終日気温も低くて自宅にいることが多かった。
 今週は、雪マークもあり気温も低く推移するらしい。
 今朝起きてびっくり、積雪が20数センチもある。
 この冬、初めての多い積雪である。
 これまで数センチだったから、実に寒々としている。
 アウトドアスポーツができなくて・・・とても残念。
 


 さて、競馬の話。
 もっとも注目していた中京競馬「東海ステークス」。
 狙いのアスカノロマンが、連を外さないものと思い込んで応援していた。
 ゲートが開いた。
 同馬のスタートがイマイチ。
 
 ポーンと出て先手を主張するものと思っていた。
 一発、二発ムチを入れてでも積極的な競馬をするものと・・・。
 ところが、鞍上の和田竜二騎手は、4、5番手に控える競馬を選択。
 これは、まずいであろう。
 
 瞬発力に欠ける同馬、先手か番手で渋太く粘る競馬が身上と思っていたから、前半の競馬を見ながらガッカリしてしまった。

 最後の直線、鞍上は懸命に馬群を割って出ようとするも、同馬の反応はサッパリだった。
 想定外のレース、展開の向かないレースで見るも無残な結果。
 0秒4差8着とは・・・得意の中京ダート千八でこれではいけない。

 2着に入った4番モルトベーネを抑えていただけに、ガッカリの内容だった。
 参った、まいった。
 勝利したのは中団から追走し、直線外から抜け出してきた1番人気の8番グレンツェントだった。
 明けの4歳世代は、やはり強い世代である。(夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

[追 記]~レース後のコメント~
1着 グレンツェント(横山典弘騎手)
 「着差以上に余裕がありました。よく頑張ってくれました。攻め馬とレースでオン・オフの切り替えがある馬です。自由自在でした。ペースがもう少し流れるのかと思っていましたが、レースは最初のコーナーでゴチャついたところ以外はスムーズでした。若い馬ですし、まだ良くなる余地があります。今年1年人も馬もケガなく無事に幸せに平和に頑張ります」

2着 モルトベーネ(秋山真一郎騎手)
 「調教で動いたイメージそのままで乗れました。スムーズに走れました。一瞬はやったと思いましたが、悔しいです」

3着 メイショウウタゲ(幸英明騎手)
 「2頭分あったスペースが狭くなって引っ張ってしまいました。あれがなければ突き抜けていたと思います」

6着 ピオネロ(川須栄彦騎手)
 「休み明けもありましたが、本来の力を考えればかわせると思いました。遅くなりそうでしたから、ある程度先行して行こうと位置を主張していきました。どんなレースでもできると聞いていますし、次は良くなってきそうです」
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 グレンツェントが制覇)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第34回東海ステークス他・検討

2017-01-22 13:01:15 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 NHKが次々と面白いドラマを作ってくれる。
 昨年人気であったらしい「大河ファンタジー・精霊の守り人」の第2章が放送されていた。
 新たな用心棒稼業のバルサ(綾瀬はるか)の活躍、バルサを取り巻く多くの人物も新たに登場。
 第1話、ちょっと忙しくて録画しておいた。
 後日、じっくり見ておきたい。

 さて、競馬の話。
 昨日は午後から、義兄が来宅。
 2人して、競馬観戦もウマく回らなかった・・・。
 最近は、思わぬ伏兵に泣かされる場面が多すぎる。
 歯車がうまくかみ合わない事が多すぎる。
 
 一方、家内は実姉と久々に楽しい雑談と小物づくりをしていたらしい。
 
予想レース

[京都10レース・山科ステークス(4歳以上1600万下)]
 ここは距離・コース得意な2番メイショウワダイコを狙いたい。
 前走は3番手から追走し、残り200あたりで早めに先頭へ。
 すると、後続が一気に詰め寄り外から交わされ、0秒2差3着と惜敗だった。
 再昇級であるが、そろそろ順番がやって来ると思われる。
 
2,5,12  及び 2 - 1,7,9  馬単6点及び馬連3点。

[中京11レース・東海ステークス(G2)(4歳以上オープン)]
 ここは、中京得意な1番アスカノロマンの実力を素直に認めたい。
 昨年の覇者の同馬にとって、絶好の枠に入っており先手必勝か、番手からの競馬・・・か。
 ここはやはり、積極的な競馬をしてほしいと思っている。
 もう1頭の追っかけ馬、9番ピオネロとのワン・ツーなら願ってもないこと。
 急遽・・・13番追加。

1 ⇔ 5,8,9  及び  1 - 2,4,11,13   馬単6点及び馬連4点。

[京都11レース・石清水ステークス(4歳以上1600万下・ハンデ)]
 昇級初戦の競馬が惜しかった3番テラノヴァ、ここは勝ち負けのレースと思われる。
 馬場が、少々渋っても大丈夫。
 前走の内容からも、本格化してきたとのこと。
 本日、固め打ちと思われる鞍上が奮起する。

3,4,12  及び 3 - 1,6,8,13  馬連7点。

[中山11レース・(4歳以上オープン)]
 2走前は、皐月賞馬とクビ差の際どいレースだった10番ゼーヴィント
 鞍上は今季出遅れている戸崎圭太騎手、そろそろ勝鞍を増やしておきたいと思われる。
 完成途上ながら仕上がりも良くて、中山のこの条件は合うとの陣営。
 何とか勝利してほしい。

10 ⇒ 1,4,13 ⇒ 1,2,4,6,8,13,15 3連単フォーメーション18点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(出典:JRA-VAN NEXT抜粋 NIKKEI賞・ゼーヴィント)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017すばるステークス他・検討

2017-01-21 14:18:25 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 昨夕の全豪オープンテニス中継。
 郷土出身の錦織圭選手が、3回戦に出場のためNHKTVを見ていた。
 相手は、世界ランク121位のルカシュ・ラツコ(29 スロバキア)選手。
 要所、要所では格の違いのプレーが見られる錦織選手。
 終わってみれば、6-4、6-4、6-4のストレートで4回戦に進出を決めていた。
 次の相手は、手ごわいロジャー・フェデラー(35 スイス)選手に決まったらしい。
 これまで、2勝4敗の錦織選手とか。
 徐々に正念場となる戦いがはじまる。

 昨夜は、午後8時から「雲霧仁左衛門3」がはじまるので、テニスはその直前に録画して後ほど見て・・・安心。
 一方、原作の域を超えている「雲霧仁左衛門3」、池波ワールドを意識しながらの脚本となっている。
 こちらも、懸命に観ていた。

 さて、競馬の話。
 先般、競馬友達のOさんからのメール。
 当方の昨年のブログ予想について・・・。
 1年間の回収率を出したとか、すると回収率90%であったとのこと。
 当方がチェックをしないで、競馬友達に調べてもらっていたらしい。
 ありがたいことである。
 
 ところが、昨年末からこの競馬ブログも、チグハグな結果になっており情けない話である。
 伏兵の相手が抜けることも多すぎる不甲斐ない状況下にある。
 そろそろ、立て直さないと・・・。

予想レース

[京都9レース・祇園特別(4歳以上1000万下)]
 前走、稍重でも好位追走から渋太く粘り込んでいた1番ビットレート
 京都コースも1-3-1-1と相性もいいから、鞍上が自在に乗り込むものと思っている。
 前走でクラスに目途を立てたとの陣営、もうひと押しを期待。
 
  1,8,13  及び 1 - 6,7,15  馬単6点及び馬連3点。

[中京11レース・中京スポニチ賞(4歳以上1000万下・ハンデ)]
 このレース、荒れる要素の方が大きいようである。
 ならばその主役には、12番マッシヴランナーを推奨したい。
 鉄砲0-1-0-1、中京コース2-0-0-1とそれぞれ好データが存在。
 最終追切も良くて好調教馬の1頭に上がっている・・・。
 内の方に好敵手もいるから、縦目も抑えながら予想したい。

  1,6,12  及び  12 - 9,15,16  馬連6点。

[中山11レース・カーバンクルステークス(4歳以上オープン)]
 ここは、放牧効果で巻き返しのありそうな6番オメガヴェンデッタ狙い。
 鞍上はもっとも信頼できるC.ルメール騎手、少なくとも連には持ってくるであろう。
 陣営もここを目標にリセットさせて、乗り込んできたらしい。
 タフな馬場もいいとのTMの評価もある。

  6 ⇔ 4,7  及び  6 - 2,5,8,12  馬単4点及び馬連4点。

[京都11レース・すばるステークス(4歳以上オープン)]
 前走初ダートながら、人気ウスで勝利の9番タガノエスプレッソを狙いたい。
 そのレース、向正面では流れに対応できないのかズルズルと下がっていた。
 3、4コーナーから直線では、大外から徐々に盛り返し直線を向くとグイグイと伸びてきた。
 さらに後方から追い込んできた人気各馬を際どく抑えてゴールイン。

 今回は、前で競馬する組に有利な京都コース、それでもダートに慣れた2走目で中団からの競馬をすれば、好戦必死と思っている。
 それほど人気もないであろうから狙うには好都合・・・である。

  9,12,14  及び  9 - 4,5,10,15   馬連7点。

 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(こんなことになれば・・・いいけど)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(1月22日)

2017-01-20 23:17:45 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 前夜のOB会の新年会も終わり、昨日は会計処理に追われた。
 年会費の入金後の処理、特別徴収会費処理、事務局への経費送金処理など、細々(こまごま)としたものをすべて終えた。
 もっとも、その間に銀行へも・・・。
 
 これからの事務は、年度末までの経費支払いとか、来年度の予算編成・決算処理。
 僅かな金額の会計であるが、通帳にメモを入れながら証拠書類などを整理。
 パソコン処理であるから、楽ではあるけど。
 人様のお金を扱う手前、神経を使うから結構疲れる・・・歳を感じるようになった。
 会計監査も、細部まで分かるようにしてチェックしてもらっている。
 
 ところで、昨日は気温が低いものの天気は良かった。
 午後からいつものコースにと思ったが、家内の手首の調子が悪く・・・。
 グラウンド・ゴルフを中止。
 
 さて、競馬の話。
 今週末の西日本に再び寒気が南下とか、京都競馬場に降雪のないことを願っている。
 代替競馬は、何かと疲れるから・・・。
 
[日曜日の追っかけ馬]
京都12R アドマイヤスパーズが出走予定。
 2走前、スタートで後手を踏み後方から追走。
 直線では、馬群をぬうように伸びて0秒1差3着だった。
 前走は、スーッと3番手から追走。
 ただ、直線では思ったほど伸びなかったため、0秒8差6着でゴールイン。

 今回は、4ヶ月ぶりの休養明けで京都コースに挑戦。
 前が止まらない京都コース、スタートを決めて先行策から最後は伸びて来ないか。
 期待と期待ウスの半々で応援。
 鞍上が内枠をウマく乗ってくれると面白いと思っている。

中京11R アスカノロマン、ピオネロの2頭が出走予定。
 中京コースは2-0-1-0と得意な分野のアスカノロマン。
 前走のG1レースは、番手追走から直線では残り200を切ると先頭に躍りでる脚いろだった。
 外からやって来た人気のアウォーディーとの叩き合いとなっていた。
 ところが、後方から一気にやって来たサウンドトゥルーがまとめて交わしてゴールイン。
 アスカノロマンは惜敗の3着。 
 昨年の覇者が、連覇も狙える態勢で追い切ったらしい。
 今回は、メンバーも手ごろなのでやってくれるであろう。
 怖いのは2頭くらい。

 「先週までしっかり負荷をかけて、今週は実質5ハロンから流した感じ。去年と同じパターンの仕上げです」と、コメントの川村禎彦師とのこと。

 一方、アスカノロマンに立ちふさがりそうな1頭がピオネロと思う。
 ダート転向後3戦2勝2着1回との同馬、評価も上がっているようである。
 中京、新潟の左回りで2勝なら、再びこの地で重賞に挑戦しても勝ち負け・・・。
 
 「良い動きで最後までしっかりしていましたし、良かったです。先週は少し余裕があるのかなという感じでしたが、今日は良かったと思います。
 時計もそうですし、動き自体が先週は重苦しいところがあったのですが、今日は素軽い動きでした」と、コメントの松永幹夫師とか。

 今週は、期待の2頭に奮起してもらいたい。
 ゴール前、この2頭の叩き合いが見られるとさらにいい・・・。


[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都1R ブルベアボア、3R スズカスマート、マヤアムール、8R マッシヴヒーロー
      中京1R サンマルエンパイア、10R アサケハーツ、12R マッシヴランナー 
  日曜日:京都2R ナムライーサン、3R メイショウヒャッカ、7R サンマルクラウン、12R ナムラボルト  
  
 今週は、ブルベアボア、アサケハーツ、マッシヴランナー、メイショウヒャッカ、ナムラボルトに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加