咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

今週の追っかけ馬(11月1日・2日)

2014-10-31 22:40:50 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 午年と喜んでいたこの1年、残すところ2ヶ月となった。
 本日と明日は、学生時代の仲良しグループとの年1回の集い。
 高松市の隠れた温泉地とのこと。
 昨夏の大阪梅田にて、大学卒業以来再会し旧交を温めたS君も出席とのこと。
 こいつは楽しみである。
 奥方は欠席らしいが、次回からは夫婦同伴でどうぞ・・・。

 さて、競馬の話。
 2日(日)、東京競馬場では古豪たちに果敢に挑戦の3歳牡馬、その力走が楽しみである。
 G1レース3連続的中を目指したい。
 ・・・が、落とし穴に引っかからないよう謙虚に攻めたい。

[土曜日の追っかけ馬]
東京3R ステイリッチが出走予定。
 イスラボニータの半弟であることから、2番人気に支持された前走。
 一完歩出遅れてしまった。
 インから追走し最後の直線、残り200から伸びそうで伸びない。
 0秒9差7着、兄貴のようなデビュー戦には至らなかった。
 今回は、半兄イスラボニータと同じく、C.ルメール騎手が騎乗予定。
 勝負気配濃厚なり・・・。

京都6R サンライズレーヴが出走予定。
 3走前、後方一気の追い上げで穴人気ながら3着に・・。
 万券的中の片棒を担いでくれた同馬。
 前走も0秒1差3着の惜敗。
 走っても人気にならない同馬、そろそろやってくれるかも・・ネ。

京都11R フィエロ、ベルカント、ミッキーアイルの3頭が出走予定。
 フィエロは、デビュー時期こそ随分と遅かったものの、その後500万、1000万、1600万を順調に勝ち上がり、一気にオープンも制している。
 さすがに前走のG1レースでは雨の不良馬場で、ディープインパクトの仔にとっては辛い競馬であった。
 京都コース1-2-0-0と、動けるので今回は楽しみ。

 「時計の速い馬場は競馬がしやすい。いい競馬をしてくれると思う」とは、藤原英昭師のコメントとか。

 3歳牝馬ベルカント、前走のG1では積極果敢のレース。
 最後の直線では、インの荒れた馬場に脚をとられながらも、残り200では一旦先頭を奪う好走。
 ただ、最後は外が伸びる馬場のため・・・0秒1差5着惜敗。
 今回は、2戦2勝と得意の1400なら巻き返しもある。

 「相変わらずいい調教でした。左回りだと少し張るところがあるので、右回りの方がいい」とは、角田晃一師のコメントらしい。

 ミッキーアイルの前走も不良馬場に泣かされたクチ。
 NHKマイルCを逃げきった同馬。
 1400でも十分にそのスピードが生かされるとの陣営。
 土曜日のこの日は、雨も大丈夫ならスピードで押し切る場面も想定される。
 ここは、キッチリ勝ち上がって、マイルCSに颯爽と挑戦するであろう。

 「相変わらずスピードを前面に出していますね。体は少し丸みが出て、たくましくなっている。勝って本番(マイルCS)に行きたい」とは、浜中俊騎手のコメントらしい。

[日曜日の追っかけ馬]
京都11R マジェスティハーツ、ミキノバンジョーの2頭が出走予定。
 今秋大いに期待されていたマジェスティハーツ。
 ところが、前走は2番人気に支持されながら、大きく期待を裏切る結果であった。
 昨秋の神戸新聞杯の好走が、やはり忘れられないものだからここでも応援。

 もっとも、京都コース0-0-0-3であるが、森一馬騎手騎乗なら2-3-1-2と好走している。
 オープンのレースなら好戦必至と思いたい。

 一方、1年以上も勝ち運から見放されているミキノバンジョー。
 今回も先手を主張するのか、番手から追走するのか・・。
 枠順にもよるが、いい枠を引き当てて単騎先頭を主張できないか。
 ウインフルブルームとの先手争いとなると、早々うまくいくまいけど。

 ただ、京都コースの持ちタイムは上位のミキノバンジョー、もう一花も二花も咲かさないかと応援。(夫)

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都4R シゲルテンジンサン、12R マッシヴヒーロー   
  日曜日:京都3R ナムラジョフレ、5R ニホンピロシナバー、6R タマモパステル、8R サンマルクーン、11R ミキノバンジョー

 今週は、マッシヴヒーロー、サンマルクーン、ミキノバンジョーなどに期待するかな・・・。



参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週は天皇賞(秋)・・・

2014-10-30 22:17:00 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 2日(日)、府中のターフで歴戦のツワモノが集結する伝統の一戦「天皇賞(秋)」が開催される。
 古馬に混じって、今年の皐月賞馬が果敢に挑戦。
 左回りの芝二千のコース、枠の優劣もある。
 大外枠不利のコース形態であるが、天皇賞では以外にも7枠がいい成績を残している。

 土日の東京競馬場の天候、曇りから雨模様。
 良馬場でもやや力を要する馬場になるかも知れないと、今から考えても仕方あるまい。

 3歳牡馬・15番イスラボニータ、菊花賞トライアル「セントライト記念」は、抜け出してからの脚いろが違い、快勝し秋初戦を好スタート。
 菊花賞を蹴って、古馬の猛者が集う天皇賞(秋)に果敢に挑んでいる。
 陣営としても、鞍上強化(C.ルメール騎手)で勝算ありと踏んでの挑戦であろう。

 4-1-0-0の得意の東京競馬場、全成績6-2-0-0と未だ底を見せていない。
 斤量も3歳牡馬なので、2キロ減の56キロと優位。
 懸念は、これまで28頭の3歳馬が挑戦し、僅か2頭のみが勝利していること。
 ここで、イスラボニータ勝利すれば12年ぶりとか。
 12年とは、干支が1周することとなり、回帰であるからゲンのいい話。(笑)

 一方、昨年2着であった女傑1番ジェンティルドンナ、そのデキが気に掛かる。
 ドバイシーマCを快勝の同馬、鞍上のR.ムーア騎手も絶賛であったとのこと。
 宝塚記念では、馬場がかなり悪かったことが敗因との陣営。
 休み明けは、あまり良くないとの評価もあるが、3着以内は確保間違いないであろう。
 もっとも、乗り替わりの戸崎圭太騎手にとっては、JRAのG1が未勝利なので・・・ここは何としても勝ちたいとのこと。

 この2頭のワン・ツーがもっとも濃厚と思われる。
 ところが、競馬は何が起こるか分からない。

 今年2月の準オープンを勝ち上がってから、重賞レース2-1-0-0と上り調子の14番マーティンボロが面白い。
 未勝利、500万でウロウロしていた同馬が、身が入ったのか今年は馬が変わったように右肩上がりの大活躍。
 前走の新潟記念では、最後の直線でフラつきながらも、強引に馬群を割って抜け出してゴールイン。
 その勝負根性に惚れた。
 イチオシで狙い馬券も的中。

 それぞれ、半年ぶりとなる5番エピファネイアと9番フェノーメノ
 最終追いもそれぞれ、好走とのことであるが、夏の上り馬もいてどのようなレースをするのか・・・興味もある。
 このコース得意のフェノーメノの春秋連覇の可能性は・・・。

 伏兵中の伏兵、18番マイネルラクリマが気に掛かる。
 好枠をゲットすれば、柴田大知騎手が先行策で最後の直線抜け出して、どこまで渋太い競馬をするか・・。
 ところが、不利な大外に入ってしまった。

 好枠にはいあった4番スピルバーグが怖くなった

 いずれにしても、良馬場でレースが開催されることを願っている。(夫)


(お酒の季節到来・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

買っちゃいました・・・

2014-10-29 22:19:45 | 日記
 
人気ブログランキングへ

 来る11月4日(火)は、布部グラウンド・ゴルフのペアー大会。
 それに向けて準備も着々。
 ・・と、言いながらも、ペアーの家内が風邪を引いている。
 何とか回復に向かっており、大丈夫であろう。

 何度か大会に出向いたが、出番までの待ち時間が結構ある。
 その間、ブルーシートに座して待っているが、尻も痛くなってくる。
 現地を見渡すと、簡易の携帯椅子を持参している人たちの多いこと。

 さすがに高齢者の皆さんが多いから、膝などの防御も兼ねて椅子に座ってらっしゃるのであろう。
 次週の大会、山間部だから気温も下がっていると思われる。
 ブルーシート上は、冷たいであろう。

 昨日、スポーツ用品店「アルペン」(松江店)に出向いた。
 キャンプ用品が展示されているコーナー、さまざまな用具がある。
 冬が近いからか、どれも安売りになっていた。
 越年すると新製品が出回るからであろう。

 山に行っていた頃は、モンベル製品、ノースフェース製品のお世話になっていた。
 最近は、とんとご無沙汰で、グラウンド・ゴルフに夢中になっている。

 そのようなわけで、携帯用椅子を2脚購入。
 安価で、丈夫そうで、持ち運びが楽なこの椅子。
 恐らく、これから大活躍であろう。(咲・夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリント・イーストウッド「アウトロー」

2014-10-29 21:53:05 | レビュー
 
人気ブログランキングへ

 映画「アウトロー」となると、トム・クルーズ主演作がもっとも知れわたっている。
 2年前の映画なので仕方あるまい。

 本日のタイトルの同名映画「アウトロー」は、今から38年も前に制作された作品である。
 ・・・で、あるから、“クリント・イーストウッド”の映画「アウトロー」と言うべきかも。

 昨日、NHKBSプレミアムで放送されると分かり、すべての用事を午前中のうちに終えて・・・午後1時からじっくり観賞。
 この映画、これまでも何度か見ている作品であるが、改めて見るとやはり面白い。

 西部劇の作品となると、日本でいえば時代劇である。
 その時代劇の制作本数も一握りとなった昨今、米国映画でも西部劇の作品はほとんど作られていない。
 そのような中、懐かしい西部劇を観賞。

 40代真っただ中のクリント・イーストウッド。
 脂がのりきっている頃でもあり、監督・主演で演じる孤高のガンマン。
 やはり、西部劇に出演する姿、何ともハマっている。

 1960年代のテレビ映画「ローハイド」に熱狂した子供時代を思い出す。
 クリント・イーストウッドが恰好よかった。
 その後、マカロニウエスタンに主演することで、一気にスターダムに上り詰めた。
 夕陽のガンマンなどに“シビレた”ものである。

 ところで、この映画「アウトロー」は、建国200年を記念して制作されたとのこと。
 南北戦争末期、映画の冒頭で妻と子供を殺された主人公ジョゼイ・ウェルズ(クリント・イーストウッド)、復讐を誓って南軍のゲリラ隊に加入する。

 一介の農夫が、早打ちガンマンへと変貌を遂げる。
 終戦後も抵抗を続けることで、北軍の討伐隊や賞金稼ぎに狙われ追われる身となる。
 逃げ延びる間に様々な人間に出会い、思わず優しさを出すことから、単純な撃ち合いのみの西部劇とは一線を画している。

 監督主演のクリント・イーストウッドが、南北戦争を境にした米国の歴史背景などを描きたいと思った作品とか。
 38年も前の映画であるが、日本人にも理解できる新鮮味を感じながら見入った。
 クリント・イーストウッドの一本筋の通った思い入れの多い作品といえる。
 ナイス(夫)


(出典:Yahoo!映画 抜粋)

[追 記]~解説~
 南北戦争後の西部に生きた男ジョゼイ・ウェルズの半生を描いたイーストウッド監督・主演の意欲作。アメリカ建国200年記念として製作された大作であったが、単なる娯楽西部劇に終る事なく、一人の男を通してアメリカの歴史を浮かび上がらせた秀作。
 どことなくニュー・シネマの匂いがする作風もあって、監督イーストウッドを語る上で決して無視できない作品である。
(出典:Yahoo!映画 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨年の天皇賞(秋)・・完全的中

2014-10-28 22:34:45 | スポーツ
やったね・・・福永祐一騎手
 福永祐一騎手、2週連続のタイトル獲得(G1勝利)おめでとうございます。 「大外からジャスタウェイが追い込んでくる。残り400を通過した。さぁー、先頭はトウケイヘイローだ」...


 人気ブログランキングへ

 2013年天皇賞(秋)、福永祐一騎手が左手を上げてガッツポーズ。
 そのレース、単勝・馬連・3連単の購入馬券すべてが的中したことを思い起こした。
 PAT投票も・・◎。

 5番人気のジャスタウェイが、1番人気のジェンティルドンナを4馬身差に抑え込んで力強くゴール板を駆け抜けた。
 ここから、中山記念勝利
 さらにドバイDFを勝利し、世界ランキング1位を獲得。
 そして、安田記念勝利と大きく羽ばたいた。

 先般の凱旋門賞では、実に残念な競馬であった。
 日本人騎手の経験不足が露呈したのかも知れない。

 そのようなことも交錯しながら、昨年の天皇賞(秋)を想い出した。
 ここのところ、2週連続G1的中。
 3週連続といくものか・・・。

 そろそろ、不的中の波がそこまで押し寄せていると思われる。
 ・・・が、その波を乗り越えたいと思っている。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

懸命に素振り・・・「グラウンド・ゴルフ」

2014-10-28 21:52:45 | 日記
 
人気ブログランキングへ

 札幌市のsatochinさんの昨日のブログによると、「webパーク同好会のラストコール杯」で初優勝とあった。

 「昨年8月にゴルフからパークゴルフに本格参戦して苦節14ヶ月、ついに初優勝したsatochinであります」(本文抜粋)

 パークゴルフの話題も書き込んでいるsatochinさん。
 数種の同好会に加入し、練習の様子や実践の話が盛りだくさん。
 ゴルフとパークの違いに戸惑われたこともあったとか。

 1年以上頑張って、区切りの1勝を上げられたとのこと。
 良かったですね、頑張られた成果だね

 当方もグラウンド・ゴルフにハマって、5ヶ月目となった。
 それでも、少しは上達したと思えるが、大会に出ればサッパリの成績。
 思わぬところで、力んでいるらしい。

 何としても、ボールコントロールが自在になるようにと思っている。
 ・・・が、これが出来れば、言うことはないであろう。

 クラブの握り方一つにしても、何種類もあることが分かった。
 もっとも安定する握り方を覚えたが、長い距離(50メートル)となると、いらないところに力が入ってしまう。
 インパクトの瞬間までは、クラブを軽く握ってインパクトの瞬間にタオルを絞るような要領でギュッと握って振り抜くように・・・とのこと。

 ボールを打つ時のクラブフェース(打面)とボールの角度、つまりインパクトの瞬間の角度を直角にとのこと。
 これらは、理屈ではよく分かる。
 分かるけど、これが難しい。
 それができるようにと、少しでも時間をとって素振りに懸命である。

 フォームを固めようと思いつつ・・・。
 ボールから目を離さないようにと思いつつ・・・。

 クラブをテークバックした時、一旦止めてクラブフェースの位置を確認。
 ダウンスイングからインパクトの瞬間に、一旦止めてクラブフェースの位置を確認。
 この2点も大事なことと、テキストにある。

 そのようなことも加えながら、少しでも上達しようと・・・。
 なお、素振りの際でもグローブを付けている。
 これも練習の一環と思いつつ。

 苦節14ヶ月で初優勝とのsatochinさん。
 当方も、いつの日かそのような日が来ることを目標に素振りにも取り組んでいる。

 ここのところ、家内が風邪でダウンなもので、実戦練習に出向いていない。
 まあ、フォーム固めのため、素振りを頑張りたい。(夫)



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

デビュー最短の菊花賞制覇・・・トーホウジャッカル

2014-10-27 22:53:22 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 デビューから149日目でクラシック「菊花賞」を制したトーホウジャッカル、歴史に名を刻んだ瞬間である。
 さらにソングオブウインドが記録した3分02秒7、これを1秒7も短縮する驚異の3分01秒0で駆け抜けた。
 レコードのオマケ付の会心の勝利・・・トーホウジャッカルと酒井学騎手(34)。

 「開業20年目で同馬を管理する谷潔調教師(57)がG1初勝利。さらにデビュー17年目の酒井学騎手は、菊花賞初騎乗で初勝利

 17年間の騎手生活では、年間10勝未満の1桁勝利で苦労に苦労を重ねた過去もあった同騎手。
 今では年間20勝以上をコンスタントに勝っている。
 いつも懸命に騎乗する姿が好きで、密かに応援してきていた当方。
 クラシック初制覇の酒井学騎手におめでとうと言いたい。

 また、勝利騎手インタビューでもとても爽やかな受け答え、とても好感が持てる話しっぷりであった。

 初のG1勝利は、応援する大橋勇樹厩舎の管理馬・ニホンピロアワーズではなかったかと思う。
 その時も、やったね酒井学騎手とブログにアップ。
 オーナーの小林百太郎氏が、酒井学騎手を可愛がり乗せつづけた結果の勝利。
 ・・・と、云うような記事を見た記憶がある。

 17年目の秋、ついにクラシックの栄冠を手中にしたから、自分のことのように嬉しかった。
 短期免許の外国人騎手、地方出身からJRAに移籍の名うての騎手らの活躍が著しいJRA。
 そのような中、勝てなくて引退を余儀なくされるJRAの若手騎手も多い。

 切磋琢磨の勝負の世界の厳しさである。
 そのような中、コツコツと懸命に努力する酒井学騎手。
 やったね。
 本当におめでとう

 神戸新聞杯では、4コーナーの不運と最後の直線で重なる不運、それにも負けずに盛り返してハナ、ハナに詰め寄ったトーホウジャッカル。
 今回は、人馬一体の会心の騎乗で前走の借りを返した。

 当方のブログ予想、先週の秋華賞に続いて会心の的中
 3着に入ったゴールドアクター、これには早くから目を付けており・・・ナイス。

 ただ、追っかけ馬のワンアンドオンリーが、終始大外を回される不運。
 枠順に泣かされたと言うことであろう。
 あるいは、母父タイキシャトルの血脈が阻んだのであろうか。

 一方、もう一頭の追っかけ馬トゥザワールドには、この3000メートルはやはり長すぎると言うことであろう。
 マイルから2000くらいがいいと思うけどね。

 それにしても、ウインズの前日売とPATでバッチリ。
 パソコンの修理費も出て、次週の「島雀会」も気持ちよく出向かれる。
 もっとも、家内が土曜日から風邪でダウン。
 早く治さないと・・・。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 やったねトーホウジャッカル)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



 



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第75回菊花賞・・・この一頭

2014-10-26 14:37:41 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 いよいよ、クラシック三冠の最終ラウンド「菊花賞」、好天の良馬場で激戦が見られそうである。

 ここは、外の枠に入ったことがどうでるかと思われるダービー馬・15番ワンアンドオンリー、それでも力を出し切れば問題ないと思いイチオシで応援。
 菊花賞と神戸新聞杯組の関係からすると、前走の走りから連を外すことはないであろう。
 同馬なら勝利間違いなしで、当確との評価もある。

 母父がタイキシャトルと言う点が、懸念材料である。
 それでも、これまでのレースぶりから、父ハーツクライの血を広く受け継いでいるとの評価。
 まず、大丈夫であろう。

 ただ、競馬は何が起こるか分からない。
 相馬眼を持つと言われるマイネル軍団総帥のO氏、イチオシは2番トーホウジャッカルとのこと。
 同馬の前走・神戸新聞杯は、実に惜しい競馬であった。
 スムーズな競馬なら2着も、いや、勝利もあったかもとの陣営。
 今回は、好枠からロスのない競馬ができる。
 血統的にも長いところ、スタミナ勝負も大丈夫とのこと。

 その前走の神戸新聞杯2着の4番サウンズオブアース、最後の直線一旦先頭も勝ち馬に差し返された。
 折り合いもスムーズであるから、距離も問題ないとの陣営。
 さらなる前進を期待とか。

 長距離を連勝してここに駒を進めた10番ゴールドアクター
 もっとも、勢いのある同馬。
 ダービー馬や神戸新聞杯上位組に果敢に挑戦の1頭。
 どうしても気に掛かる馬なので・・・投票する。

 京都外回りの2周目の下りで、長くいい脚の使える9番ハギノハイブリッド
 スタミナ比べでも遜色なしとの評価。
 伏兵として面白い。

 父キングカメハメハが気がかりと、これまでのレース内容から人気の一角でも厳しいと思っている14番トゥザワールド
 それでも、追っかけ馬であるから3着候補には入れたい。
 次週の天皇賞(秋)で古馬に挑戦が面白かったけどね。

 京都コース3戦3勝の7番トーセンスターダム、外回りの3、4コーナーの下り坂からのラストスパートが得意とか。
 気分よく走れば面白い。

予想レース

 京都 11 R  2,15 ⇒ 2,4,10,15 ⇒ 2,4,7,9,10,14,15   3連単フォーメーション30点。

  結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)



参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

人気ブログランキングに・・・

2014-10-25 23:32:15 | 日記
人気ブログランキング・・・へ、登録。
 当方、2009年9月15日「ブログ開設しました」以来、ただ今現在5年目(14,99日目)に突入しております。その間、閲覧数 1,480,654 PV、訪問者数 384,240 I...



人気ブログランキングへ

 昨年から人気ブログランキングに加入。
 あれから1年、島根のランキングで1位と2位を行ったり来たり。
 何とか、多くの皆さまのご支援を受けて、そのようなランキングとなっていることに感謝、感謝です。

 これからも、内容の充実と多くの話題を提供するよう・・・奮闘したいと思っています。

 ・・・と、言いつつもネタに困り果てて、間に合わせのものもあるから、もっと努力をすべき。

 競馬の話は、即座に記載できるも的中率が低いもので。
 もっと、もっと努力すべしである。

 日本シリーズ、阪神の勢いが止まらない・・・。


 (大きくなったね・・・)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014室町ステークス・・・この一頭

2014-10-25 14:39:14 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 秋晴れの最高の天気が続いている。
 昨夜もNHKBSの時代劇を満喫。
 大岡裁きの名奉行復活、TBSで以前放送されていた「大岡越前」。
 東映京都太秦の全面協力で、TBSで放送されたものをリメイクしたNHK。

 時代劇制作数が大幅に削減されている現在、NHKがその灯を消さないよう懸命に取り組んでいる。
 松竹京都が全面協力の「雲霧仁左衛門」の続編も制作中とか、来年2月から3月にNHKBSにて放送される。
 時代劇・・・やはり、いいものである。

 さて、競馬の話。
 明日の菊花賞の軍資金を増やすため、京都メインと東京メインをキッチリ的中。
 ・・・と、いくといいけどね。

 東京メインの重賞「富士ステークス」。
 ここは、4番ロサギガンティアを狙いたい。
 ボックスと流しの馬連7点勝負。

  4,12,14 及び 4 - 1,2,13,16

  一方、京都メインのオープンハンデ戦「室町ステークス」。
 ここは、最内枠に入った京都のダートコース5-1-3-0、この距離2-1-1-2の1番ナガラオリオンを狙いたい。

 先行激化と思われるこのレース。
 じっくり脚をためた同馬が、和田竜二騎手のムチに応えてゴール前伸びて来るであろう。

 「前走は休み明けでマイル戦。ラストで伸び切れなかったのはそのあたりかな。1200メートルなら折り合いはスムーズ。直線のさばき次第かな」と、コメントの大根田裕之師とか。

 相手には、同枠の2番エイシンゴージャスを狙いたい。
 3連勝でオープン入りの同馬、斤量にも恵まれており古馬を相手に前走並みのレースを見せるか。
 この距離4戦4勝と相性も良く、最終追いもキッチリ仕上がっているとか。

 このコースの持ちタイム上位の3番マルカバッケン、距離・コースとも好相性。
 トップハンデ対の57.5キロの斤量でも、馬が若いからまだまだとのこと。
 7歳馬でも力の衰えは見られないとか。

 コース相性抜群でトップハンデ対の8番スリーボストン、今回は触手が動いてしまう。
 鉄砲駆けもあるので、伏兵として大きく狙ってみたい。
 前走の敗因は、夏負けとのこと、涼しくなった今なら面白い。

 そのほか、先手主張でどこまで踏ん張れるか4番エーシントップ
 チークピーシーズでハナにこだわりたいとの陣営。

 休み明け2走目が0-0-0-2、それを嫌って下げてみた9番ダッシャーワン
 先週のG1を制した鞍上が・・・怖いけどね。

 距離短縮がプラスに出そう・・との15番サマリーズ
 直線平坦な京都は合うとか。

予想レース

 京都 11 R  1,2 ⇒ 1,2,3,8 ⇒ 1,2,3,4,8,9,15   3連単フォーメーション30点。

  結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


(ウマくいきますように・・)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(10月26日)

2014-10-24 22:28:22 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 日常使い慣れていたテンキー付のキーボード、そのノートパソコンが修理から帰還。
 今では、このキーボードとすっかり意気投合なので、テンキーなしのサブのパソコンが使いづらかった。(笑)

 昨日、久々に農作業。
 さつま芋掘りに夢中になるべきところ、何と大きい芋をネズミか何かにかじられていた。
 さらに出来も悪く、収穫が昨年の半分以下だったから、夢中になりきれない。
 長雨などの天候不順が良くなかったのであろうか。
 ガックリ

 さて、競馬の話。
 今週は牡馬クラシック・最後の登竜門「菊花賞」が淀の外回り3000メートルで開催される。
 折り合いとスタミナが要求される長丁場。
 ワンアンドオンリーの二冠達成なるか。

[日曜日の追っかけ馬]
京都11R トゥザワールド、ワンアンドオンリーが出走予定。
 京都コース3戦3勝のトゥザワールド、今回は長距離戦の3000メートルの戦い。
 キングカメハメハ産駒の同馬、この距離はちょっと厳しいものと思われる。
 それでも、最終追いの方は疲れもなく、とてもいい動きであったとのこと。

 素直な気性で鞍上の意のままに動けるとの陣営。
 折り合いがつけば、この距離も対応できるとのこと。
 サンスポの調教評価Sとのことで、今回も渋太い競馬でどこまで頑張ってくれるか。
 取りあえず、無視することはできないようだ。

 一方、クラシック連覇を狙っているワンアンドオンリー。
 前走の神戸新聞杯、サウンズオブアースに一旦交わされるも、差し返してこのレースを制しており強い内容であった。
 同馬の最終追い切りも、サンスポ評価Sを獲得し好調教とのこと。
 母父がタイキシャトルで、長丁場を懸念する人もいるが、体型的にはステイヤーなので初距離も問題ないとか。

 いずれにしても、楽しみなレースである。

[今週の大橋厩舎]
  日曜日:京都1R ナムラジョフレ、2R マヤジョワイユ、7R スズカアドニス、ヴォルカヌス

 今週は、スズカアドニス、ヴォルカヌスなどに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(グランド・ゴルフ場で戴いたザクロ、何十年ぶりに見ることができた)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

愛用のパソコン修理中・・・その後

2014-10-23 22:58:00 | デジタルアイテム
 
人気ブログランキングへ

 昨日は気温も上がらず、雨と風で体感温度もかなり低かった。
 晩秋の頃の季節感。
 エアコンの暖房で部屋をほんのりと暖めていた。

 15日(水)、パソコンの物理的な破損の話題をアップ。
 そして1週間が経過。
 Dellサポートセンターの懇切丁寧な応対もあって、佐川急便が16日に本体を受け取りに来た。
 翌17日(金)、Dell Japanに到着。

 早速、「お預かりいたしましたシステムは修理センターに到着いたしました」と、メールが入った。
 併せて、「デル テクニカルサポート」の修理情報が随時分かるような更新レポートが付随していた。

 これがとても便利なもので、依頼人にとって安心できるシステムである。
 必要なキーナンバーなどを入力することで、日々、刻々と進展している修理情報などが分かる。
 修理中のメッセージでは、「点検中、部品取り寄せ中、部品交換済」と、随時情報が変わっている。

 一連の作業状況が、実に分かりやすく簡潔明瞭に表示されるから嬉しい。
 さすがは、Dellサポートセンターである。
 顧客に安心感を与えるサービスシステムに違いない。

 ちなみに破損した交換部品は、「右ヒンジ、ヒンジカバー、パームレスト、ボトムケース」であったらしい。
 僅かなことと思っていたが、いろいろな交換部品があるものと感心しきり。

 昨日、本体の修理完了の表示が出ていた。
 その後、OSなどのシステムも含めた完成検査を終えて、出荷準備中に進んでいた。

 すると、お昼前に携帯の方にDellサポートセンターの出荷担当部署から連絡があった。
 金曜日以降に到着とのこと、配達時間等で希望があればとのことであった。

 修理完了後のメインのノートパソコンの到着を待つのみである。

 そのノートパソコンが、本日夕方自宅に届いた
 予定よりも1日早いので感激。
 なお、交換された部品なども添付されていた。

 今後は、安心して使用できる。(夫)


(ただいま、サブのパソコンが活躍中)


(パソコンが修理完了・・交換部品)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しいスポーツ「グラウンド・ゴルフ」

2014-10-22 22:44:00 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 ブログ「84才今日も楽しく爽やかに~」(愛知県)を連日更新されている“えむ”さん。
 一昨日のブログによると、来月はグラウンド・ゴルフの大会があって、初参加とのこと。
 何でも、初参加は3人いらっしゃるとか。
 用具は揃えていないからと・・・。
 主催者が用意したものを借用されるのであろう。

 いつも拝読するブログ、とに角スポーツの話が良く出てくるから、昔からお好きなようである。
 御年85歳での挑戦。
 是非とも頑張ってほしいと思っている。

 このグラウンド・ゴルフは、高齢者の皆さんが愛してやまないスポーツ
 子供から大人まで楽しめる。
 高度の技術や体力を要しない。
 誰でも覚えやすいルールでシンプル。
 人数制限がなくて、何人からでもできる。

 だから、誰でも取り組みやすいスポーツである

 会員数は19万人、競技人口は150万人にも達しているとのこと。
 もっとも、パークゴルフの方はさらに多く190万人以上とか。

 ハマれば、奥の深いスポーツであり、我が家もすっかりこのグラウンド・ゴルフに魅了されているから・・・不思議なものである。

 一方、当方も読者登録している「satochinの気分は何時もJustMarried!」の札幌の人。
 ゴルフ歴の長い“satochin”さん、今年からパークゴルフに挑戦とのことであった。
 スポーツマンらしく、腕の方も右肩上がりとか。
 北の大地の壮大なパークゴルフ場、その風景が時おり挿入されている。
 プレーヤーの皆さんにとって、最高に気持ちのいい場所だろうと思える。

 当方らも、函館と苫小牧でパークゴルフに興じたことがある。
 壮大な広さに気分も晴々であったことを想い出す。

 北の大地は、もうすぐ長い冬の季節を迎えるから、パークゴルフも取りあえず今月一杯で打ち止めとのこと。 
 こちらの方は、年内一杯は確実にプレーが可能と思われる。

 高齢者の仲間入りを果たした当方らも、生涯スポーツとしてグラウンド・ゴルフをじっくりと楽しみたいものである。(咲・夫)

[追 記]~グラウンド・ゴルフとは
 グラウンド・ゴルフ(Ground Golf)とは、日本で高齢者向けに考案されたスポーツの一種。 必要とするプレー時間は、標準的なコースで8ホール30分強、グラウンド・ゴルフ交流大会では、35チーム200人で8ホール回るのに、2時間30分と記録されている。

★発祥について
 1982年、鳥取県東伯郡泊村(現・湯梨浜町)教育委員会が生涯スポーツ活動推進事業の位置づけで考案したとされる。泊村では、当時の総人口3600人に対して、792人(22%)が60歳を超える実情に合わせ高齢者向けのスポーツおよびプログラム開発という難題を抱えていたが鳥取県内外の14名で構成された「泊村生涯スポーツ活動推進専門委員会」の設立により前進することになる。
 同年7月に、第1回専門委員会を開催。たまたま大学生がグラウンドに描いた白線の輪を狙って、ゴルフクラブでボールを打っている様子をヒントに開発に着手することとなる。 同年10月には、方針、用具、ルールなどがほぼ完成し普及に向けて取り掛かることとなる。
 1983年、マスメディアでの全国報道を受けて、教育委員会、老人クラブ、企業などからの問い合わせが増える。 1984年7月27日、南部忠平を筆頭に、16名からなる日本グラウンド・ゴルフ協会が岸記念体育館会議室において、設立される。
(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


(出典:公益社団法人日本グラウンド・ゴルフ協会 抜粋 標準コース)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今週は第75回菊花賞・・・楽しみ

2014-10-21 22:56:00 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 プロ野球のパ・リーグCSファイナルステージ、応援する日本ハムは遂に力尽きて日本シリーズへ進出することが出来なかった。
 今期は多くの若手起用があったから、来年はその若い力が大きく羽ばたくことを願っている。

 さて、競馬の話。
 26日(日)、クラシック三冠の最後となる「菊花賞」が開催される。
 そのレース、二冠をかけたワンアンドオンリーが出走予定。

 一昨日の秋華賞、牝馬二冠もほぼ確定と思われていたヌーヴォレコルトが、クビ差届くことが出来なかった。
 追っかけ馬のショウナンパンドラの勝利であるから、やむを得ないところである。

 一方、ダービー馬・ワンアンドオンリーについては、前哨戦の神戸新聞杯でサウンズオブアースとの熾烈な叩き合いを制した。
 強い内容で勝利

 一瞬、サウンズオブアースが先頭に出たと思われるも、内から盛り返してゴールインのワンアンドオンリー。
 その勝負根性にこれなら、二冠も間違いないと思った。

 本番では、神戸新聞杯の再現もありうると思っており、サウンズオブアースがワンアンドオンリーにお返しをする可能性も・・・。
 いずれにしても、この2頭の最終追いには興味津々。

 セントライト記念の2着馬、追っかけ馬のトゥザワールドは、この3000の距離がどうであろうか。
 イスラボニータと同じように古馬との戦いの天皇賞(秋)が面白いけどね。
 あるいは、マイルCSなどもいいと思うけどね。

 母父トニービーンのハギノハイブリッド、前走の神戸新聞杯では0秒8差6着であるが、京都コースなら巻き返しがないだろうか。

 神戸新聞杯3着トーホウジャッカル、セントライト記念3着タガノグランパの勢いも狙いどころと思われる。

 そのほか、ちょっと気になる1頭、スクリーンヒーローの仔ゴールドアクター。
 500万、1000万を連勝の同馬、出走できると伏兵として狙ってみたい。

 いずれにしても、夏場を大山ヒルズ(鳥取)で調教されたワンアンドオンリーをイチオシで狙いたい。

 先週の土曜日、紫菊賞で後方から追走し、最後の直線で1番人気のトウセンバジルをキッチリ捉えた「ティルナノーグ」。
 同馬も大山ヒルズ(鳥取)の調教馬、あの走りからクラシック候補の1頭であろう。

 26日(日)の菊花賞、絶好のコンデションで開催されることを願っている。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


(2014ダービー馬・ワンアンドオンリー)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

やったぜ・・・ショウナンパンドラ

2014-10-20 22:09:00 | スポーツ
 
人気ブログランキングへ

 昨日のグラウンド・ゴルフの最終ラウンドを上がった頃、秋華賞の馬群が4コーナーから直線を向いていると義兄が言っていた。
 インからショウナンパンドラが、抜け出したらしい。
 外から、一気に抜けた1番人気のヌーヴォレコルトが突っ込んできた・・と。

 それでも、6番ショウナンパンドラが、4番ヌーヴォレコルトを抑えてG1を制覇したらしい。
 それを聞いた当方、すかさず・・・。
 「3着には何が入りましたか」と、聞いた。

 すると、「小牧の12番のようだ」とのこと。

 なるほど、つまり「6番、4番、12番」の順で入線ということ。
 おっ、3連単も的中

 この日は、プロ野球も気になっていた。

 帰宅後、レーシングビューアで秋華賞のレースぶりをチェック。
 向正面の中団後方、ショウナンパンドラ、タガノエトワール、ヌーヴォレコルトらが追走。
 最初の1000を58秒0で通過の速い流れ。
 上記の3頭にとっては、願ってもない展開。
 特にヌーヴォレコルトには、絶好の流れであったと思われる。

 3、4コーナー中間から直線に向くと、馬群もギュッと凝縮している。
 ショウナンパンドラの鞍上・浜中俊騎手は、迷わずインへ突っ込んできた。
 タガノエトワールは外へ、ヌーヴォレコルトは、さらに大外へ進路をとっている。

 内回りの芝2000のコースは、直線も短いから最後の攻防も見ごたえがある。
 追い込めるか、前が残るか。
 うまくラチ沿いに突っ込んだショウナンパンドラが、一気に伸びてきてゴールを目指している。

 外から、タガノエトワールが伸びるが、その直後からヌーヴォレコルトも一気にやって来た。
 タガノエトワールを交わし、懸命にショウナンパンドラに迫る。
 ・・・が、クビ差までつめ寄ったところが無情のゴール。

 1番のブランネージュが、3番手のタガノエトワールを捉えようと突っ込むもクビ差届かない。
 戸崎圭太騎手騎乗の14番サングレアルは、メンバー最速の33秒9の強烈な末脚でやって来たが、0秒4差の5着で掲示板を確保。
 やはり、この馬も強い。

 当方も昨日のブログで、「ところで、競馬は何が起こるか分からない。春先よりもここに来て大きく変わってきたとの6番ショウナンバンドラ、この距離2-1-0-0、このコース1-1-0-0と相性もいい。これなら、案外好走を約束してくれるかも・・・頑張れ、追っかけ馬」
 と、記載していた。

 まさに「競馬は何が起こるか分からない」と、実感することとなった。
 当方にとっては、願ってもない展開であった。

 ありがとう、浜中俊騎手とショウナンパンドラ。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋 ・・やったねショウナンパンドラ)

[追 記]~レース後のコメント~
1着 ショウナンパンドラ(浜中騎手)
 「最後は外からヌーヴォレコルトが来ているのが見えたので、何とかと思いながら追っていました。スタートもスムースで理想的なポジションでしたし、内をロスなく立ち回れました。元々期待されていた馬が、夏を越してパワーアップしていましたし、調教から強くなっていると感じていました。GI馬になれましたし、これからもっと活躍してくれると思います」

(高野友和調教師)
 「最高の結果を出すことが出来、皆さんに感謝します。春シーズンの後半、カイ食いが良くなってきたところで夏を休ませ、グッと身が入ってきました。前走後は、幸い疲れもすぐ抜け、調整がしやすかったです。この秋は一つも不安なく来られました。レースではスタートも良く、ハイペースの中でいい位置取り、これで負けたら仕方ないと向正面で思いました。直線では後ろからオークス馬も来ていて、ゴールするまでヒヤヒヤで、ゴールしてからも確信が持てないほどでした。表彰式でオーナーが喜んでくれたのを見て、いい仕事が出来たと思いました。このまま無事に行ってくれたら、これからが楽しみです」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
 「展開的には、前が速くなって乗りやすかったです。ただ、最後は内と外の差が出たのか・・・。チャンスをものに出来ず申し訳ないです」

(斎藤誠調教師)
 「道中はいい感じだと思いましたが、勝った馬は空いた内へすんなり行っていましたし、3~4コーナーで外へ出した分の差かなという気がします。プラス10キロも問題なく、馬は良かったです。これが競馬なのかなとも思いますし、今日は運が味方してくれませんでした。この後は火曜日に(一緒に栗東に来ていたこの馬の2歳の)妹と一緒に美浦へ戻して、次は様子を見て決めたいと思います」

3着 タガノエトワール(小牧騎手)
 「悔しいです。勝った馬は内にいてこの馬は外でしたが、もう少し後ろで構えていた方が最後に伸びたかもしれません。絶好の位置でしたし、(自分の)気が早かったかも・・・。前走はあれだけ辛抱していたから最後に脚を使っていた訳ですから・・・」

5着 サングレアル(戸崎騎手)
 「返し馬からいい感じでしたし、終いもいい脚を使っていました。これからも楽しみです」

6着 レッドリヴェール(福永騎手)
 「少し立ち遅れましたが、速い流れの中で1、2着馬を見ながら運びました。直線もいい感じで外に出したのですが、追い出してから離されてしまいました」
(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他







下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加