咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

2014朱雀ステークス・・・この一頭

2014-05-31 12:41:45 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 5月末なのに真夏日がやって来ている。
 地球温暖化の悪影響の一端である。
 温暖化を促進する二酸化炭素の排出、エネルギーバランス、エネルギーを取り出す手法を全地球規模で考えるべきであろう。
 とかく、先進国ぶっている中国の化石燃料の使い方のいい加減さ、これには相変わらずヘキヘキする。
 我が国も一刻も早い原発稼働で、火力発電所をすべて停止すべきであろう。

 さて、競馬の話。
 明日は、待ちに待った東京優駿が開催される。
 いわゆる、日本ダービー。
 イチオシにと思っていたイスラボニータが、7枠13番と厳しい枠番に入っている。
 一方、相手筆頭を思っているトゥザワールドは、競馬エイトの調教評価8点。
 前走は、イスラボニータが8点であった。

 また、トゥザワールドはゲンのいい3枠5番に入っており、逆転の可能性が大きく近づいている。
 結論は・・・うーん。

 その前にダービーの資金稼ぎとして、京都「朱雀S」を選択してみた。
 ここでは、最内枠に入った1枠1番シェルビーをイチオシで狙いたい。
 得意の京都コース2-4-1-0・・・着外なしも決めて。
 この距離も2着2回なので、叩き2戦目の今回は期待できそう。
 鞍上もついに東西リーディング5位の武豊騎手。

 「前走は斤量差もあったし、勝ち馬が止まらなかった。レースに行けば堅実に走るし、今回は定量戦。改めて期待」とコメントの笹田和秀師。

 相手には有馬式スピード指数上位の3番マコトナワラタナを・・。
 京都コース2-2-2-6と相性もいい、千二の方がよりいいけど千四もOK。
 真夏日が続いている日本列島、京都競馬場も真夏日とか。
 ならば、牝馬のマコトナワラタナも動ける態勢であろう。

 3枠5番のフォーチュンスターも指数の高い1頭。
 前走は2番人気に支持されるも、0秒2差4着であった。
 直線で狭くなったことも原因らしいが、ゴール前は盛り返しておりスムーズなら巻き返せるとか。

 そのほか、前走は2走ボケがでたのかも、との6番リヴェレンテ
 鞍上もここのところ、調子が上がっており1票投じたい。

 前が止まる展開になれば出番が回ってくるとの4番シルクドリーマー、侮れない1頭。

 単騎逃げが見込まれるとの16番アイムヒアー、渋太い競馬で最後まで食い下がるか。
 大外の8枠がちょっと懸念。

 芝ダートを問わないとの13番オースミイージー、最後の直線渋太く伸びないか・・・。



予想レース


 京都 11 R  1 ⇒ 3,5,6 ⇒ 3,4,5,6,13,16     

3,5 ⇒ 1 ⇒ 3,4,5,6,13,16    3レンタンフォーメーション25点。

            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(5月31日・6月1日)

2014-05-30 22:56:05 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 ダービー・ウイークもいよいよ大詰めへと近づいている。
 3歳馬の大一番、ダービー出走予定の各馬の最終追い切りも終わっている。
 狙い馬たちは、ともにいい仕上がりのようである。

 ところで、二冠を目指すイスラボニータは7枠13番に決まった。
 その7枠、過去10年のデータでは、0-0-4-26と、まずい結果が残されている。
 データ的にもっともいい枠は1枠、次いで3枠、6枠となっている。

 ここのところ、インで前残りが多い東京コース。
 今週の傾向について、早めにチェックしないと・・・。

[土曜日の追っかけ馬]
京都4R ラテラルアークが出走予定。
 ダービー馬、NHKマイルCの変則二冠馬・ディープスカイの仔。
 さらにウオッカの半弟ということもあって、POG`13で応援している同馬。
 ところが、父や姉の活躍とは・・・ほど遠い戦績。
 ここまで、デビューから4戦もすべて二桁着順。
 今回は、3ヶ月の休養明けでここに出走してきており、立て直し効果が表れないだろうか。
 パドックをじっくり眺めて見たい。

京都6R ペンタトニックが出走予定。
 目黒記念2勝、有馬記念2着などのポップロックの半弟。
 デビューから7戦目でやっと未勝利を脱出。
 もう少し、やれるものと思っているが・・・。
 同馬もPOG`13で応援。

 鞍上は前走テン乗りで好騎乗の菱田裕二騎手。
 通算100勝突破(108勝)で減量特典もなくなっており、これで一人前のジョッキー。
 明日は、初のG1レースの日本ダービーに騎乗とのこと。
 ここも昇級戦の同馬を好リードしないか・・・。

[日曜日の追っかけ馬]
東京10R トゥザワールドが出走予定。
 同馬もPOG`13の1頭。
 前走は、大外からウインフルブルームの先手主張に併せて、同枠から3番手の積極的な競馬のトゥザワールド。
 4コーナーから直線を向くと手応えよく先頭をうかがう脚いろ。

 すると、馬群の中を終始中団あたりで追走のイスラボニータが、スーッと馬体を併せて残り200で先頭に躍りでた。
 トゥザワールドも盛り返そうとするも、0秒2差突きはなされた。
 スタート後に脚を使ったことが・・・最後は響いたのだろうか。

 今回は、外の7枠に入ったイスラボニータに対して、3枠5番のいいところに入ったトゥザワールドの巻き返しに期待。

東京12R ラブリーデイが出走予定。
 前走は最後の直線で、右によれる場面もあったが、残り100あたりで一気に抜けだしてゴールイン。
 実に1年7ヶ月ぶりの勝利を飾った。
 最終追いでは、栗東坂路4F(ハロン)52秒4、ラスト1F12秒1の好タイムであったとか。
 前走やっと勝ってくれた、古馬になって素質馬が本格化してきた・・・との陣営。
 今回のレースも期待しながら観戦したい。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都3R ニホンピロディール 

 今週は、ニホンピロディールに期待するかな・・・。(夫)



参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もクジャクサボテンが・・・

2014-05-30 18:17:15 | 日記
咲の部屋・・・梅雨入り
 九州、中国、四国地方が平年よりも10日以上も早い梅雨入りと報道あり。 先般、夏野菜の苗を植え付けてから、ひと雨ほしいと思っていた。ほどよい雨に恵まれて、元気に育つことでしょう...


ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 今年も玄関先にクジャクサボテンが咲きはじめている。
 鮮やかな真紅の花びら。
 庭のそれぞれの場所に、毎年それぞれの花が咲きほこっている。

 小さな花も多いが、しっかりと主張しているところがいい。
 今年の梅雨入りのニュースは流れていない。
 毎日、夏日に近い暑さに畑の作物が一雨ほしがっている。

 今日も、イチゴをたくさん収穫。
 毎日食べるジャムに・・変身。
 無農薬なので、安心できる。(咲)




下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曜時代劇「銀二貫」・・・残り2話

2014-05-29 22:14:00 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 ある時、寒天問屋の「井川屋」の主人・和助(津川雅彦)は、「銀二貫」を天満宮に寄進するつもりであった。
 ところが、そこに仇討をする青年武士と討たれる武士の親子に遭遇。
 後に丁稚として育てられる松吉こと、彦坂鶴之輔(玉山詩)。
 その鶴之輔は父・数馬(石黒賢)が討たれ天涯孤独となったが、この時井川屋の主人・和助が、銀二貫で青年武士から仇討を買ったことで命が救われた。

 松吉(林遣都)は、武士として生まれている。
 そのため、商人の町大坂天満・井川屋の丁稚奉公は違和感で一杯である。
 言葉づかい、立居振舞い、生活環境などあらゆるものに対する戸惑いの毎日。
 好きで入った道ではないから、仕事に真摯に向き合えない。

 松吉にとって、1日、1日の生活が苦痛の連続であった。
 番頭さんや先輩格などから、銀二貫の価値があるのかと揶揄される。
 そのような中、一条の明かりに出会った。
 お糸はんと呼んでいる真帆(芦田愛菜・松岡茉優)との出会い。

 ところが、浪速の大火で真帆の身の上に悲しいできごとが・・・。
 さらに、寒天製造地の大火で仕入れ先を失った井川屋の屋台も傾く。
 松吉を取り巻く環境が、次々と不幸のどん底へ突き落される。 
 懸命に井川屋を立て直そうとするが、そうそううまく行かない。

 浪速商人の涙と笑い、恋もある人情豊かな物語。
 今夜も松吉や、真帆の身の上にさまざまな苦難が舞い降りるのであろうか。
 そして、来週はいよいよ完結編へ・・・。

 思っていたよりも面白い物語。
 浪速人情に触れあいながら、今夜もきっと見入るであろう。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ご婚約おめでとうございます

2014-05-28 21:58:35 | 報道・ニュース
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 平成の大遷宮で沸いた神々の故郷「出雲大社」。
 昨日は、ビッグなニュースが全国を駆け巡った。
 皇室から出雲大社の宮司“千家”家に嫁がれるとの報道。
 出雲大社を抱える本県民にとっては、大いに歓迎し、ご祝福申し上げるニュースである。

 「高円宮家の次女典子さま(25)と出雲大社祢宜(ねぎ)=宮司(ぐうじ)の補佐役=の千家国麿(せんげ・くにまろ)さん(40)」の婚約発表があった。

 大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祭る出雲大社(島根県出雲市)、昔から縁結びの神様のいらっしゃる地として、全国に知れ渡っている。
 霊験あらたかなる、まさに縁結びの神様のなさった、近年にない最高の贈り物であろう。

 今秋には、出雲大社でご結婚式が執り行われるとのこと。
 それまでには、さまざまな行事が組まれるとのことで、出雲の地が再び大きく脚光を浴びること・・・間違いないであろう。

 最近は、暗い殺伐としたニュースの多い昨今、それらを一気に打ち消す明るいニュース。
 地元の人々はもちろんのこと、近隣地域、そして全国民が歓待すべき爽やかな話題である。
 今秋のご結婚式が待ち望まれる。(咲・夫)

[追 記]~高円宮家の次女典子さま~
 「縁結びの神様」として知られる大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)を祭る出雲大社(島根県出雲市)で顔を合わせてから7年。高円宮家の次女典子さま(25)と出雲大社祢宜(ねぎ)=宮司(ぐうじ)の補佐役=の千家国麿(せんげ・くにまろ)さん(40)は、記者会見で婚約内定までのプロセスを問われ、何度も「自然に」という言葉を繰り返した。女性皇族としては9年ぶりとなる慶事は、家族ぐるみの「縁」をゆっくり育んだ結果だった。
(出典:Yahoo! ニュース 5/28付 抜粋)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「公的証明書」取得の落とし穴・・・

2014-05-28 21:14:20 | 報道・ニュース
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 先般来報道の事件が、徐々に解明されているらしい。
 3月下旬から行方不明になっていた大阪の准看護師が、今月になって東京のトランクルームで遺体になって見つかったとか。
 その遺体は、何と宅配便を通じて送り届けられたらしい。

 そのこと事態に驚きを禁じ得ないが、送り主は亡くなった准看護師本人が手続し、受け取っていたとのこと。
 いかにも不可思議な事件と思っていたら、日系ブラジル人の同級生が准看護師になりすました所業らしい。
 10年ぶりに出会った同級生のこの2人に何があったのか・・・。

 その日系ブラジル人の女は、亡くなった准看護師になりすましてパスポートなどを取得し、海外へ出国していたとの報道。
 昨日、逃亡先の中国・上海において身柄を拘束されたとのこと。

 ところで、問題はその女が容易に他人名義のパスポートを取得し、他人になりすますことができることである。
 他人になりすます、それも公的な証明書を取得することで堂々と・・・。
 まことに怖い話

 公的な証明書となるパスポートを取得するには、自らを証明するものが必要。
 その場合、運転免許証、船員手帳、写真付き住基カード他なら1点でいい。
 つまり、顔写真付であるから・・・。

 しかし、顔写真付でないものでもパスするらしい。
 運転免許証などがない場合は、健康(国民健康)保険証、共済組合員証、印鑑登録証明書(実印も必要)他なら、そのうちの2点を提出すればいい。
 実にここに落とし穴がある。

 日系ブラジル人の女が、顔写真付の身分証明書を提出しない方法でパスポートを取得している。
 それ以降は、パスポートが顔写真付の身分証明書となり得る。

 パスポート取得以外でも、顔写真付でない健康保険証などのみで本人確認をして、何かをなすこともある。
 これは、あくまでも悪用はしないであろうとの善意の判断が前提になっている。

 道徳教育が行き届いていた頃の日本人、その時代にマッチした手法であろう。
 他人になりすまして犯罪を行う輩が横行している現代社会、顔写真なしの身分証明書の提示でものごとが完結できるということは適正ではないと思われる。

 人を見たら泥棒と思え、詐欺集団と思え、犯罪者と思え・・・と、いう考え方は好ましいことではない。
 残念ながら、道徳教育の行き届いていない今の日本では、そのように考えざるをえない現実が横たわっている。
 池波正太郎小説を読み込むと、善悪とは何か、道徳論とは何か、日本人らしい日本人とは何か・・・よく分かるけどね。

 実に嘆かわしい時代である。(夫)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダービー・ウイークがやってきた・・・

2014-05-27 22:55:05 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 いよいよ、一年でもっとも楽しみな競馬の祭典が迫っている。
 ダービーウイークの到来である。
 来る1日(日)は、ホースマンも、競馬ファンも、多くの人の夢をのせた第81回日本ダービー開催日

 と、その前に面白かった映画の話。
 「ザ・バンク 堕ちた巨像」(2009年米国・独国・英国共同制作)というサスペンス映画をレンタル。
 これが想像以上に面白い。
 巨大な国際銀行の陰謀に立ち向かうインターポール捜査官の活躍を描いている。
 その捜査官を演じているクライヴ・オーウェンという俳優がいい。
 “キラー・エリート”を見てファンになったもので・・・。
 よ~く見ていると、ルー大柴さんに見えることがある。(笑)

 さて、ダービーの話に戻る。
 ここの注目馬は、皐月賞を制したイスラボニータ
 果たして、二冠を制することができるか。
 そのことは、三冠へ王手をかけることでもある。

 また、22度目の挑戦との蛯名正義騎手が、ダービージョッキーの称号を手中に収めることができるか・・・。
 一昨年のダービーでは、フェノーメノに騎乗し大外から一気に追い込んで交わしたと思えたゴール。
 と、ところが、内のディープブリランテにハナ差及ばなかった。

 悲願のダービージョッキーへ、今回は絶好のチャンスであろう。
 そのイスラボニータ、前走まではすべて左回りのレースに出走し4-1-0-0の戦績。
 さらに東京コースでは、4戦4勝の好相性。
 前走の皐月賞は初の右回りのコース、いささか不安がよぎり4番手で狙った。
 見る目がいかにも甘かったことを反省。

 皐月賞2着馬で追っかけ馬のトゥザグローリー、鞍上はハープスターで涙を飲んだ川田将雅騎手。
 ここは、皐月の巻き返しとオークスの悔しさをダービーで返したいところであろう。
 先行策で早めの競馬が功を奏しそうな馬場傾向。
 前走後の体の戻りも早かったとのことなので・・・期待できる。

 前走の京都新聞杯を制したハギノハイブリッド、鞍上はC.ウィリアムズ騎手に乗り替わりらしい。
 当方もそのレースでは、イチオシの同馬がズバリ的中。
 レース後、馬に自信がついたように見えるとか。
 昨年のキズナに続け・・・。

 オークスを蹴ってダービーを選択したレッドリヴェール
 桜花賞では、クビ差2着の同馬。
 紅一点でここに駒を進めており、大いに楽しめそう・・・。

 前走は後方に下げて、最後の直線大外から一気に追いだしてゴール前の脚が光ったワンアンドオンリー
 ハーツクライ産駒が、オークスに続いてダービーも制すか。
 体はできているから、完ぺきに仕上げてジョッキーにバトンを渡すだけ・・との陣営。

 明朝の最終追い切りが楽しみになってくる・・・。(夫)



参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013ダービーは・・・キズナだった

2014-05-27 22:18:18 | スポーツ
ここ一番はさすが・・・武豊騎手
 26日の第80回日本ダービー、ディープインパクト以来8年ぶり、「キズナ」に騎乗した武豊騎手が大外から豪快に追い込み、ダービー5勝の記録を樹立。 今年のクラシック、桜花賞と皐月...


ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 昨年の日本ダービーの勝馬は・・・キズナ。
 鞍上はダービー5勝目となった武豊騎手。
 キズナの父ディープインパクトでダービーを制して以来の鞍上、親子制覇へ好リードをなした。

 一方、京都新聞杯の勝ち馬のダービー制覇は、2000年5月のアグネスフライト以来の勝利。
 ところで、キズナは先の天皇賞(春)以降、骨折が判明し全治6ヶ月とのこと。
 大山ヒルズにて静養中とのこと。

 さて、今年もダービーが目前となっており、出走各馬の仕上がり具合も気になるところである。
 今年の武豊騎手は、トーセンスターダム(牡3 栗東・池江泰)に騎乗。
 皐月賞11着からの巻き返しがあるか。

 京都新聞杯の勝ち馬・ハギノハイブリッド(牡3 栗東・松田国)が、如何なるレースをするものか・・・。
 実に楽しみである。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンバー最速33秒6のハープスター・・・届かず

2014-05-26 22:13:13 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 好天の東京競馬場で第75回オークスが開催された。
 単勝1.3倍の1番人気ハープスター、いつもの定位置の後方待機策。
 今の馬場は、前残りとか前で競馬した方がベター・・。 
 それでも、32秒台の末脚を持っている同馬。
 長い直線を追いだしたなら、突き抜けることも十分考えられた。

 ヌーヴォレコルト、バウンスシャッセ、ブランネージュなどは中団から、前で競馬をしている。
 最初の1000メートルは、60秒7の平均ペース。

 残り400から、ヌーヴォレコルトも一気に追い出した。
 同じような位置にいたバウンスシャッセは、インへ突っ込んでいる。
 残り200でヌーヴォレコルトが外にだして先頭をうかがう脚いろ・・・。
 インから追い込んだバウンスシャッセも伸びてきた。

 相手筆頭のブランネージュも終始5番手から追走し追いだした。
 残り100あたりで、ヌーヴォレコルト、バウンスシャッセに交わされ、3番手で踏ん張っているが・・・ここまで。
 それでも0秒6差で掲示板を確保。

 後方から、メンバー最速の33秒6の末脚で追い込んだハープスター。
 この馬場傾向で、さすがにクビ差届かなかった。
 それでも、軸馬が2着確保で当方の馬券は・・・3レンタンの高目が的中。
 PATでも追加して・・・300円分持っていた。

 ところで、追っかけ馬のサングレアルは、マイナス14キロの400キロで出走。
 前走の走りが、走りであったから、ちょっと、可哀そうであった。
 秋には本格化するとの話もあるから、夏を超えてふっくらとした状態で出てほしい。

 さて、レースの感想としては、ハープスターが堂々と勝ち名乗りを上げて、凱旋門賞を目指してほしかった。
 でも、馬券的には、2着で大正解なので複雑な気持。

 ブログ予想のG1レースも、久々に的中し溜飲を下げることができた。
 明日から、いよいよ競馬の祭典に向けて、ダービーウイークがはじまる。
 二冠馬へ、そして三冠への夢をつなぐことができるか・・・。(夫)


(出典:JRA-VAN NEXT 抜粋)

参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第75回オークス・・・この一頭

2014-05-25 13:19:31 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 昨日の最高気温、県内でも30℃の地域もあったとか。
 市内も28度超の気温をマーク。
 もっとも、ウインズに出向いていたから分からない。
 家内の誘いもあって、夕方早めに帰宅しグランド・ゴルフの練習。
 初級者用のパターなどを購入後2度目の練習。
 2人とも用具に慣れたものか、以外にも好成績。(笑)

 さて、競馬の話。
 久しぶりに元の職場の隣に勤めていたHさんがやってきた。
 若手理論派のHさん、競馬談義にも華が咲く。
 不思議なことに、ご一緒すると当方の成績もアップ。
 昨日も・・・グッド。

 ところで、ブログ掲載の「平安S」では、結果が残せないからガッカリ。
 まさかの先行馬(12番人気)に粘り込まれた・・・やはり荒れるね。
 狙っていたソロルが、メンバー最速の35秒9の末脚で追い込んできたけどね。
 良馬場のダートで35秒台には恐れ入るが、肝心要の軸馬・ナムラビクターには泣かされた。
 当方、相変わらず、鞍上と相性が悪い。

 さて、気を取り直してオークスの予想でも・・・。
 イチオシには、10番ハープスターを上げざるを得ない。
 32秒台の末脚を持っており、後方一気の末脚が爆発するであろう。
 どれほど強い競馬をみせてくれるものか、スター性のある同馬のパフォーマンスに期待がかかっている。
 最終追いもいい動きであったとのこと。
 懸念はただ一つ。
 今の馬場、大外一気が決まらないので、そのあたりに付け入られるか・・・も

 「桜花賞は着差こそ僅かだったが、間に合うと思っていたしレースには納得している。ここもいい結果を期待している」と、コメントの松田博資師。

 相手筆頭には、前で競馬のできる14番ブランネージュを今一度思い切って狙いたい。
 前走は、終始インの3番手から追走し、早めに先頭になったところ大外からやってきたサングレアルにアタマ差交わされた。
 好スタートを決めて、3、4番手あたりのいい位置をとって、最後の直線で渋太く粘ってほしい。
 早め先頭から、押し切ってもらうと・・・ラッキー。

 ブエナビスタの半妹よりも、桜花賞3着馬を選んだ岩田康誠騎手。
 となると、最終追い切りも良かったとの9番ヌーヴォレコルトも上位で狙いたい。
 オークスは、やはり桜花賞組の成績がいいとか・・・。
 左回りの走りが、右回りよりいいとの陣営のコメントも後押しになる。
 ここまでが、逆転候補と思っている。

 桜花賞を蹴って皐月賞に挑んだ5番バウンスシャッセも侮れない1頭。
 前走は馬場の悪いところを走っており、力を余していたとか。
 一線級の牡馬にもまれた経験が生きるか・・。

 本来なら、ブエナビスタの半妹で追っかけ馬の8番サングレアルを上位に獲りたいところである。
 ところが、前走は4キロ減の414キロの馬体で、一完歩出遅れ最後方から一気に追い込む際どい勝利。
 如何にいってもあの競馬では、見えない疲れが残っていないか。
 また、オークスの過去データから430キロ未満の馬は・・・0-0-0-14。
 いやなデータを目にした。

 そのほか、前走は内の方の枠に入っておれば、もっと際どいレースであったと思われる3番マイネオーラム
 いい枠に入ったので、伏兵の1頭として上げたい。


 春のG1レースで好成績の蛯名正義騎手が、東京コース2戦2勝の17番フォーエバーモアに騎乗。
 2歳女王戦でもタイム差なしの3着、さらに桜花賞では0秒6差4着の実力馬。

 これ以上手を広げると・・・トリガミも。
 ここらあたりで決着してほしい。
 前日売で取りあえず、馬券を購入している。


(2014年桜花賞馬・ハープスター)

予想レース


 東京 11 R  10 ⇒ 5,9,14 ⇒ 3,5,8,9,14,17   

       9,14 ⇒ 10 ⇒ 3,5,8,9,14,17   3レンタンフォーメーション25点。
            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21回平安ステークス・・・この一頭

2014-05-24 13:09:20 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 プロ野球の方は、セ・パ交流戦がはじまっている。
 昨年と違って、DH制採用はセリーグ球団のホームゲームとのこと。
 攻守ところを替えてといったとこかな。
 ・・・が、応援する日ハムは完封負け。
 先日の逆転負け(対中日)を引きづっているのか・・・残念。

 さて、競馬の話。
 京都では重賞レースの平安Sが組まれている。
 ここでは、1頭抜けた馬がいると思っている。
 もっとも、競馬の世界なら絶対はないけど・・ネ。
 と言いつつもイチオシは、3番ナムラビクターに決めた。

 前走のアンタレスS、出脚の方はあまり良くなかった。
 しかし、3、4コーナー中間から、大外を捲って上がりニホンピロアワーズと併走。
 ゴールまで2頭の叩き合い、外からアワーズを交わしてゴールイン。

 相手筆頭には、前走インから鋭く伸びた9番トウショウフリークを狙いたい。
 先手主張が得意戦法であるが、前走は終始3、4番手の好位からの競馬。
 それが功を奏したか、ゴール前ではインから鋭く伸びてナムラビクターにアタマ差まで迫った。
 3-1-0-3と相性のいい京都コースで、今度こそ巻き返したいところであろう。

 前走の敗因は分からないとの6番ソロル
 それでも、カイ食いもよくて体調がすこぶるいいとのこと。
 そのため、ここに出走を決めたとあれば、久々の鞍上松山弘平騎手に投票する価値ありとみた。

 デビュー以来掲示板を外していない13番ジュベルムーサ、前走はソロルに敗れるも今回は56キロで出走。
 ならば、ソロルに逆転も可能と思われるが・・・。

 そのほか、流れさえうまく行けば浮上可能との8番グランドシチー
 京都コースの勝ち鞍もあり、連勝でオープン入りした14番グランプリブラッド、その勢いに乗るかな。
 得意の先行策の16番ワイルドフラッパー、今までと相手が違うが長い直線からのスタートなら・・・この枠でもとのこと。



予想レース


 京都 11 R  3 ⇒ 6,9,13 ⇒ 6,8,9,13,14, 16    3レンタン15点。
       
       及び
         6,9 ⇒ 3 ⇒ 6,8,9,13,14, 16     3レンタン10点。
            
 結果やいかに・・・・・・・・?  (夫)


参考資料:競馬エイト、サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「妻は、くの一」・・・最終章

2014-05-23 23:21:12 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 今夜から5回シリーズでスタートするNHKBS金曜時代劇。
 1年前に面白く、大いに楽しめた時代劇「妻は、くの一」。
 その時の最終回、続編を予感するかのような終わり方であった。
 そのうち、制作されるであろうと思っていた。

 すると、1年後の今夜午後8時から最終章が放送されることとなった。
 まさに1年に1度会える「織姫星と彦星」の物語の如きである。

 主人公は、天文への興味のつかない平戸藩士の彦馬(市川染五郎)。
 元妻で抜け忍となって追われる身の織江(瀧本美織)、その妻を探し求めている彦馬。
 今回放送される最終章は、その3分の1にアクションシーンが炸裂とか。

 市川染五郎さんの彦馬は、まじめでちょっと気弱な部分、織江のこととなると回りが見えなくなる。
 剣術の方は、からっきしの平戸藩士を楽しむかのように演じている。
 ちょっと、ひょうきんな面も・・・いずれにしても、市川染五郎さんの演技は最高にいい。

 一方、忍びである元妻の織江。
 いつも、陰ながら彦馬を守ろうと懸命でいちずな役柄をうまく演じている瀧本美織さん。
 2人の対比が、とても爽やか。
 その上、スピード感ある演技などもあって、うまく出来上がっている。
 今夜も視聴者の期待を裏切ることはないであろう。
 きっと、きっと

 金曜日の夜8時が、待ちきれない多くのファンがいるであろう。
 当方らもその一人である。(咲・夫)

[追 記]
 第1話を見終えた。
 前回にましてパワーアップして戻ってきていた。
 彦馬の養子・雁二郎が亡くなるとは・・。
 織江も斬られて・・。 
 第2話以降が楽しまれる。


(出典:NHK公式HP 抜粋)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週の追っかけ馬(5月25日)

2014-05-23 18:48:40 | スポーツ
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 今週の火曜日早朝からの火事騒動、周辺地域には未だに工事車両がきており、落ちつかない毎日である。
 火元の責任者の方が、ご近所を陳謝のため訪問されていた。
 我が家にも来られ、火事の原因を聞くと漏電とのこと。

 オール電化なので火事の心配はないと思っていたが、漏電となるとよく、よく注意しなければなるまい。
 “トラッキング現象”による火災も多いとのこと。
 電源プラグをコンセントへの差し込んだ状態で、長時間放置しないよう心がけたい。

 その“トラッキング現象”とは
 「コンセントとプラグとの隙間にほこりが溜まって、これが湿気を帯びた場合、漏電したりして火災の原因となる。
つまり、絶縁部分が用をなさず、プラグ両極間に電気が流れて発熱し発火へと進む」
 と、一般的に説明されている。

 コンセントとプラグとの隙間にほこりを溜めないよう注意したい。
 ほこりが溜まらないよう専用のキャップがあるとのこと・・・。
 なるほど

 さて、競馬の話。
 今週は、日曜日の東京競馬場でオークスが開催される。
 1強と思われるハープスターを負かす馬が表れるものか・・・否か。
 これまでの走り、最終追い切りの情報からすると、牙城を崩すことは相当に骨の折れることのようである。

 ちなみに1番人気の勝率30%、5番人気や3番人気がそれぞれ20%らしい。
 果たしていかなる結果に・・・。

[日曜日の追っかけ馬]
東京11R サングレアルが出走予定。
 前走の同馬、1枠2番のインコースからスタート。
 ところが、一完歩出遅れた。
 この時の馬体重は、デビュー時420キロから減り続けで・・・414キロ。
 ギリギリの状態と思っていた。
 その上に出遅れて、鞍上も腹を括ったのか控えて後方5、6番手から追走。

 ところが、直線に向くと後方から一気に追いだしてきた。
 先に抜けだしたブランネージュ(この時イチオシ)をゴール前、アタマ差交わしたから驚いた。
 414キロの小柄な牝馬ながら、さすがはブエナビスタの半妹であると改めて認識させられた。
 今回は、短期間で東上することとなるが、あれ以上の馬体減にならないよう願っている。

京都12R アメリが出走予定。
 今年に入って昇級戦の1000万クラスで、4連続2着の同馬。
 それも、0秒1差、0秒3差、0秒2差、0秒3差の戦績にある。
 前々走も、前走も1番人気ながら期待に応えられていない。
 C.ルメール騎手、岩田康誠騎手、川田将雅騎手をもってしても、2着までの同馬。

 今回は川田騎手が東上のため、松山弘平騎手に乗り替わる。
 ここのところ、松山騎手もノリ、ノリの騎乗ぶりなので・・・いい方向にでるかもネ。
 恐らく今回も1番人気が予想されるから、そろそろ決めてほしい。
 クラス替えもすぐ迫っており、是非とも決めてくれないか。

[今週の大橋厩舎]
  土曜日:京都3R シゲルタンゴ、スズカルーブル、4R ラッシュボンバー、5R ミキノジュウゴヤ 
  日曜日:京都3R タイセイジャスミン、 シゲルオウミ

 今週は、ミキノジュウゴヤ、シゲルオウミなどに期待するかな・・・。(夫)

参考資料:サンスポ、大スポ、JRA-VAN NEXT他



下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拍手喝さいの記事「甘口辛口」・・・サンスポ

2014-05-22 22:52:52 | 報道・ニュース
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ


 本日もサンケイスポーツ関西版を購入。
 木曜日と金曜日は、中央競馬の最終追いり情報が掲載されている。
 3歳牝馬クラシックのオークスが目前に迫っているから、特に大事な時期のサンケイスポーツ(サンスポ)である。

 裏面からページをめくると「甘口辛口」の記事が載っている。
 これは面白い記事が多く、必要に応じて必ず目を通す。
 すると、本日の話題は、下段の“追記”抜粋の内容。
 読み終えると思わず拍手喝采。

 PC遠隔操作犯への執念の捜査が実った記事。
 胸のすくような結末を迎えた内容が掲載されている。
 我が家でも、まったくその通りと賛同。

 この地道な追尾捜査がなかったなら、冤罪として無罪放免になり、国家賠償なども請求してきたであろうと思われる。
 明らかに不自然な言動と行動をとっていた片山被告、弁護団はあくまでも無罪を勝ち取ろうとしていた。
 客観的に見ても、素人判断からも、弁護士の主張には納得できないものがあった。
 この男、これまで反省の色は全く見られなかった。

 そして、本日の第9回公判で、起訴内容をすべて認めたとの報道があった。

 幼児性に加えて、したたかさだけを学んできた歪んだ人生だったのか。
 心の支えとなる友人たちがいない限り、この精神構造は、生涯治らないのでは・・・。

 一方、「歌手のASKAこと宮崎重明容疑者」についても、会心の結末となっており、この記事と捜査関係者に拍手。
 実に往生際の悪い男の話。

 爽快な記事を読み終えたから、安心して競馬欄をしっかりと読み込みたい。(夫)


(出典:サンケイスポーツ 5/22)

[追 記]~甘口辛口~
 何度もドラマ化され、おなじみとなった松本清張の「張込み」をほうふつさせる。パソコン(PC)遠隔操作事件で無実を訴えながら、一転して「自分が犯人」と認めた片山祐輔被告を巡る地道な捜査。ネット中毒だか「サイコパス」(平気で嘘がつける特殊な人格)だか知らないが、結局は警察の昔ながらの手法に屈したことになる。

 片山被告が「真犯人メール」を報道機関に送った前日の15日、被告が自宅を出た後、約2時間江戸川区の河川敷を歩き何かを埋める様子を、尾行していた捜査員が見逃さなかった。それが「真犯人メール」を発信したスマホ。DNAも検出されまさに動かぬ証拠だった。
 
 もし、これを見逃したら「冤罪(えんざい)だ」「国家権力によるでっち上げた」と声高に主張していた被告側が裁判で無罪になり、勝ち誇ることになったかもしれない。まさに紙一重。

 歌手のASKAこと宮崎重明容疑者の逮捕も、週刊誌の疑惑報道から約9カ月の時間のずれがあったが、地道な内偵で覚醒剤所持の証拠をつかんだからだ。
 警察には久々に「あっぱれ」をあげたい。 
(出典:サンケイスポーツ 5/22 抜粋・・・一部省略)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローワン・アトキンソンのスパイコメディ

2014-05-22 20:57:50 | レビュー
 
ポチッとクリックお願いします
人気ブログランキングへ

 ミスター・ビーンで超有名な俳優ローワン・アトキンソンのスパイコメディ。
 英国諜報員の映画といえば、ダブル・オー・セブン(007)ことジェ-ムス・ボンドである。
 その007をもじったコメディ「ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬」をレンタル。
 主演は、コメディ俳優のローワン・アトキンソン。
 何ともいえない、顔芸をやってくれるから、お腹を抱えて笑ってしまった。

 知らなかったが、第1回作品の続編として制作されたらしい。
 ヘマをやってチベットの僧院にこもって、精神修行中のジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)。
 その神聖なる場所においても・・・いつ、笑わせてくれるかと、期待感一杯。
 すると、ご期待に応えますかのように笑わせてくれる。
 お腹が痛い

 諜報機関MI:7から、ジョニーに極秘命令が下され帰還。
 今回の任務は、
 「英中首相会談に出席予定の中国首相を暗殺する動き。イングリッシュに情報収集と暗殺計画阻止の命令」
 とのこと。

 香港、マカオ、スイスなどまさに007並みのロケ。
 物語の中で、特に吹き出してしまったシーンといえば・・・。
 英国首相、大臣を招いたMI:7の上層部との打ち合わせ会議中のシーンである。
 そこに同席のイングリッシュが、手持ち無沙汰で座している椅子を上げ、下げするから・・・。
 その内、椅子レバーが壊れて上がりっぱなし、一旦下がるとグーンと下方へ。

 何とハチャメチャな行動。
 ミスター・ビーンを彷彿するシーンに大いに笑えた。

 スイスの山岳地帯のロープウェイを使ったアクションシーン。
 スノーモービルを使ったアクションもいいね。
 製作スタッフが、昔の映画「荒鷲の要塞」などに傾注しているからとのこと。
 ・・・が、いかにもコメディタッチに描かれているから最高にいい。

 最初から、最後まで、あきずに笑える。(咲・夫)


(出典:映画.com 抜粋)

[追 記]~解説~
 「Mr.ビーン」として世界的に知られるイギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンが、「007」のジェームズ・ボンドを彷彿とさせる諜報部員に扮して繰り広げるスパイコメディ「ジョニー・イングリッシュ」(2003)のシリーズ第2作。
 祖国の危機を救い、諜報機関「MI:7」のエースとなったジョニー・イングリッシュだったが、再びヘマを犯してしまい自信を喪失。チベットの僧院で引きこもり生活を送っていた。そんな折、英中首相会談に出席予定の中国首相を暗殺する動きがあることから、イングリッシュに情報収集と暗殺計画阻止の命令が下るが・・・。
 イングリッシュに振り回される上司役に「X-ファイル」のジリアン・アンダーソン、ヒロインのケイト役にロザムンド・パイクが扮する。
(出典:映画.com 抜粋)


下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村
コメント
この記事をはてなブックマークに追加