咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

紅葉S・・・・・この一頭

2009-10-31 09:48:13 | スポーツ
 久しぶりの登山、好天にも恵まれ紅葉の山々を堪能しましたが、競馬の方も東京10R“紅葉S”で存分に堪能を!!

 丁度、追っかけ馬“⑰ダノンプログラマー”も出ており、狙ってみてもおもしろい。
 しかし、昇級戦の上、マイルの持ちタイム1分35秒6と極めて悪い、これは、デビュー戦のものであるから、3走前には、左まわりも経験済みであるとこじつけて・・・・・・。

 相手は、府中で1着2回、2着2回で同じく関東遠征の⑦テイエムアタック、藤沢和厩舎の降級馬⑧レッドシューターなど・・・・・・・。


 京都のメイン“スワンS(GⅡ)”も追っかけ馬が出走予定、その内の②フィフスペトルと⑫キンシャサノキセキを狙って・・・・・・・。

 特に二歳時の“朝日杯FS”では、先日の菊花賞3着セイウンワンダーの2着であった、②フィフスペトルの実力に期待したい・・・・・・・思い込みかな!!



予想レース
 東京10R⑦⑧⑰、⑰-③⑩⑮ ウマレン6点。

 京都11R②⑫⑭、②-①③⑨⑮ ウマレン7点。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)


 今から、ウインズへ出撃!!
 がっぽりと・・・・・・・・・?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の登山・・・・・快晴なり!!

2009-10-30 19:29:37 | 日記
 久しぶりの登山である。用意するものは、ザック、登山靴、衣類、レインウェア、コンロ、コッヘル、ステッキ、水、食糧など・・・・・





 早朝起きると、最高の天気に恵まれ、朝食もそぞろに・・・・・・・荷物を車に積み込み、出発進行!!

 市内を外れる頃、家内が、ステッキを忘れたことに気づく、私も・・・・・・仕方ないからゆっくり登ろう!!

 山が深くなるにつれて、車窓から紅葉が青空に映えて、小春日和の暖かい、最高の一日になりそう!!

 我が家から、車で二時間程度移動し、登山道のある公園管理センター駐車場に到着。
 
 駐車場は、平日と言うのに登山客の車で一杯、びっくり! 私達と同じ中高年のみなさんです。

 紅葉を見ながら、一歩一歩登り始める。尾根を越えながらの縦走、昼食の休憩を入れて、四時間半余りの行程。

 空気がとっても美味しい!! 爽やかな風が心地よい!! 暑くて汗ばんでくる!!


 美しい、紅葉の数々、ご覧ください!!


紅葉真っ盛りのあの山へ



楓かな・・・・・真っ赤に



登山道・・・一歩一歩と



落ち葉を踏みしめて




鮮やかな紅葉(もみじ)



逆光の紅葉(もみじ)



楓・・・・・黄金色に



紅色のコマユミ



ブナ林の間を



登山道入口のナナカマド



七合目辺りのナナカマド




歩いた山が後方に






紅葉(もみじ) 美しすぎる!!
 


 本当に、久しぶりの登山、天気に恵まれ、最高の一日・・・・・・・でした。

 また、行こうよ!!  あの山へ・・・・・・・。(夫)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇賞・・・・・・秋

2009-10-29 20:51:43 | スポーツ
 秋のG1戦線も暮れの“有馬記念”を除くと、残すところ7レース(平地)となりました。
 
 となると、今年もあと二カ月ということ・・・・・・ですね!!

 秋の天皇賞は、揺るぎない軸馬がいること、その馬が、レコード対のG1 7勝を確定するであろうこと、女王の称号を得ている馬・・・・・・・・ウオッカ!!

 昨年の天皇賞では、ダイワスカーレットとの女傑対決で、テレビ画面ではスカーレットが残ったように見えるも、ハナ差でウオッカが勝利。
クビ差で3着ディープスカイであったが、惜しくもこの二頭は引退してしまった。

 よって、ウオッカが一番人気確定の固い軸馬と・・・・・・・・。


 若手有望株は、昨年の皐月賞馬で母の父がトニービンであるキャプテントゥーレ、同じく菊花賞馬でジャングルポケット産駒のオウケンブルースリなどが挙げられる。


 東京競馬場が得意中の得意、先輩格のシンゲンが悲願のG1を奪取できるか!!

伏兵で、アグネスデジタル産駒のヤマニンキングリーも入れておきたい。 
 




 さて、先日の菊花賞について、水曜日の大スポ、ヨネさんの”馬券奮闘始末記” 「・・・あの◎イコピコには絶対の自信があった。・・・」で、久しぶりのボヤキを読み、私も泣きましたわ・・・・◎イコピコで・・・・・・・菊花賞!!



[天皇賞 秋]
◎⑦ウオッカ
 ○⑧キャプテントゥーレ
 ▲⑮オウケンブルースリ
 △⑩シンゲン
 △⑤ヤマニンキングリー

 と、考えております。 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲の部屋・・・・・・山茶花

2009-10-28 16:11:36 | 暮らし
 今朝、庭を眺めると、ピンク色の“山茶花“が深い緑色の葉の陰で、一輪だけそっと誇らしげに、そして色鮮やかに・・・・・。とても綺麗だよ!! 

 そろそろ、冬の始まりが近付いてきたことを、知らせてくれているのかな!!





 長期予報によると、何でも数年に一度の“エルニーニョ現象“の影響で、この冬は全般的に暖冬傾向とか、やはり冬は、冬らしくあってもらいたいものです。

 暖冬傾向とは言え、この冬は新型インフルエンザの流行が懸念され、既に感染者も増加しているようです。

小まめに“手洗い”“うがい”などの予防と“マスク”の着用などで自己防衛をすべきでしょうね!! とにかく自己管理が一番の予防ですね。
夜は、ぐっすりと眠り、疲れを持ち越さないように・・・・・。(咲)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風力発電・・・・・・!!

2009-10-27 12:22:41 | 日記
風力エネルギーは、再生可能エネルギーとして、我が国においても多くの地域で受け入れられ、風力発電機の設置がすすめられています。

 化石燃料などの枯渇性エネルギーと違って、環境に優しいということもあって、自然エネルギーを活用することは、確かに大変すばらしいことです。


 さて、若い時分に随分とお世話になっていたお宅に、お陰様で今春無事に定年を迎えたことのお礼に出向きました。

 私も退職間際から当分の間体調を崩し、伺う時期が遅くなりましたが、何年振りかに訪問し、近況報告や昔話で盛り上がり、若かった当時の様子などが浮かび、懐かしく思い出しました。


 帰途、海辺のパーキングで休憩後、秋の日暮も早いことから薄暗く、あいにくの鉛色の空模様で、近くの小高い所にある風力発電機!!

 私の眼には、なんとも不気味な姿に映ったことから、写真をパチリと・・・・・・。




 再生可能エネルギーの活用は、確かに大切なことであるが、「何年も続く大自然の景観の姿を変えるのでは」ということからするとやや疑問も・・・・・・・賛否両論あり、色々と考えさせられます。(夫)





コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

健康管理を・・・・尿酸値!!

2009-10-26 23:44:29 | 日記
 数年前から、高コレステロールで高脂血症の治療を受けていますが、先週、久しぶりにいつもの医院に出向き、血液検査もお願いしたところです。

 
 翌日、結果説明を受けました。

 高脂血症の方は、特段の問題はなかったものの、職場に勤めていた頃から、数値が高く気を付けていたつもりであった尿酸値、今回、ついに基準を相当超えており・・・・・・・・好きなビールを、高プリン体の食事制限をしないと・・・・・・・が~ん!!
 
 運動不足解消も!!

 そう言えば、最近、手指が強張ったようで、足の指も・・・・・・このままだと痛風の症状が出るのでは・・・・・・と考えてしまいました。

 人間、還暦も過ぎると何かと身体の調子も少しづつ悪くなってくるようで、自己管理を決意しました。

 利尿作用を促して、対外排出を・・・・・・・その点、ビールを飲めばと、これは逆効果とか・・・・・・・・。


 家内からも時折り注意やアドバイスを受けていましたが、ついつい大丈夫だろうと・・・・・・・・・気楽に生活しておりました。


 高尿酸値で辛い思いをしている友人をみていると、その気持ちがよく分ります。


  一昨日は、日ハムがCS第二ステージを4勝1敗で勝利し、日本シリーズへの進出が、歓喜の中決定したけれど、好きなビールで乾杯ができませんでした。(笑)

 このショックからか、競馬の方も・・・・・・・・ガックリ
 

[プリン体の多い食品]
① 極めて多い [鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、カツオブシ、ニボ シ、干し椎茸]


② 多い  [豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、サンマ干物]

 参照:主治医からいただいた資料

  
  意外な食べ物ですね。(夫)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

咲の部屋・・・・・・フウセントウワタ

2009-10-25 22:17:43 | 暮らし
 昨年、お店に以前から欲しかったある切り花があり買い求めました。小さな花ですが、見終わるとそれが風船のようになります。

 その袋が枯れると自然にはじけて、中から種の先に付いた綿が風に乗って飛んでいきます。種を畑に捲いたら、なんと今年の春、開花しました!!
 
花の名前はフウセントウワタ(風船唐綿)。


“フウセントウワタ“ : ガガイモ科の植物の一種。学名Gomphocarpus physocarpus(シノニムG. fruticosus)。別名フウセンダマノキ。
南アフリカ原産の多年草であるが、日本では春まき一年草として扱う。花期は6~7月頃であるが、花より風船状の果実の方が鑑賞の対象とされる。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 8月、畑にブロッコリーの種をまき、定植後少しづつ大きくなったけど、収穫はまだまだ先です。
一方、キャベツは虫捕りが結構大変!!
殺虫剤は殆ど使わないので葉がボロボロに穴があいて・・・・・(苦笑)  

主人も時々手伝ってくれるし、口に入る物なので何とか殺虫剤を使わないよう頑張って虫捕りしています。





 近くの農家の方は、柿の木の間に畑を作り、収穫野菜はすべて出荷用なのでさすがに
どの野菜も立派です。野菜作りの先生が周りに三人も・・・嬉しい環境です。(咲)

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菊花賞・・・・・・この一頭!!

2009-10-25 12:23:44 | スポーツ
 いろいろと検討するも“神戸新聞杯”組には、やはり敵わないだろうと結論付け、展開と枠順からも⑭イコピコを予定通り、本命に指名・・・・・・。

 調教もバッチリで、西園調教師が自信を持っているとみた。
 前走もレコード勝ちで、先週に引き続き四位騎手も密かに闘志を燃やしていると考えました。

 相手は、土曜日5勝の固めがちを行った、武豊騎乗の⑨リーチザクラウンの逃げ、単もありと考えたい。

単穴は、前走大原Sで古馬相手に直線で挟まれ、消化不良であった⑦ヤマニンウイスカーを大抜擢!!

 ◎⑭イコピコ
 ○⑨リーチザクラウン
 ▲⑦ヤマニンウイスカー
 △⑤アンライバルド
 △⑧アントニオバローズ
 △①スリーロールス



予想レース
 京都11R⑭⇔⑨⑦⑤、⑭⇒⑧① ウマタン8点。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)

 土曜日は、とことんやられてしまいました!!

「追記」
 日ハムCS第二シリーズ奪取!!
 いよいよ、日本シリーズ・・・・・次週は、こちらも楽しみ!! 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士S(GⅡ)・・・・・・この一頭!!

2009-10-24 10:40:28 | スポーツ
 東京メインの富士Sは、藤沢厩舎期待の一頭と思われる①レッドスパーダ、内枠が懸念されるが、現役同世代では、トップクラスの馬とか・・・・・・・狙ってみたい。

 安田記念を0.5秒差の5着、岩田騎手が上京してまで乗る⑧ライブコンサート・・・・・私の思い込みかな?
残る一頭は、大外枠で好調教の⑱サンカルロを・・・・。

 ◎①レッドスパーダ
 ○⑧ライブコンサート
 ▲⑱サンカルロ
 △⑥ストロングガルーダ
 △⑦ケイアイライジン
 △⑪マイネルファルケ


 京都メインの室町Sは、前走GⅢで頭差2着の⑮トーホウドルチェ、連を外さないとみて・・・・・狙ってみたい。
 
 相手は、武豊騎乗の関東馬②ダイワディライト・・・・及び 末脚が爆発するか、追っかけ馬⑭スリーアベニュー・・・・と勝手に思い込んで!!


予想レース
 東京11R①⑧⑱、①⇒⑥⑦⑪ ウマタン9点。

 京都11R⑮⇔②⑭、⑮⇒⑥⑨⑪ ウマタン7点。。

 結果やいかに・・・・・・・・? (夫)


 昨日は、午後から雑草取りと虫取り・・・・・。

 日ハムの方は、楽天”田中”にきっちりと抑えられた。
 4回表、八木から、渡辺直がレフトスタンド一直線の本塁打で同点。一死一、三塁から中島の左前打で勝ち越されたのが痛かった!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菊花賞は・・・・・・何?

2009-10-23 14:22:25 | スポーツ
 菊花賞の枠順が、木曜日に発表され、菊花賞ウイークも大詰めが近付いております。各馬とも調教の方、順調に行われたとのこと、

 好調教馬は、⑤アンライバルド⑨リーチザクラウン⑭イコピコとまずは予定どおりではないでしょうか。
枠順の良し悪し、幸運枠は、②と⑱とか。(サンケイスポーツ情報)


 当日の天候の方、良でいけそう?・・・・・・・・。

 武豊騎乗の⑨リーチザクラウンが、逃げ切って最後の一冠を取るのか、⑭イコピコが前走“神戸新聞杯”のような鬼足で、大外豪快に差し切るのか・・・・・・・?
 
 岩田騎乗の皐月賞馬、⑤アンライバルドがダービー及び前走の屈辱を果たして、二冠ダッシュとなるのか・・・・・・・?

 いえいえ、長距離血統の穴馬が、波乱を起こすのか・・・・?

 プロ野球のCS第二ステージとともに、またまた、楽しみが増えます。


 私の予想は、“沈むようなフォームで走ってくれた”(西園調教師)とある、追っかけ馬の⑭イコピコが本命。

 ◎⑭イコピコ
 ○⑨リーチザクラウン
 ▲⑤アンライバルド
 △⑱ブレイクランアウト
 △⑧アントニオバローズ
 △⑦ヤマニンウイスカー

 と、考えております。  四位騎手・・・・二週連続!!(夫)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

咲の部屋・・・・・・焼き芋

2009-10-23 08:15:46 | 暮らし
 今から、美味しい焼き芋を作ります!!




 先日、サツマイモを掘り出したところ、畝の数か所に丸い穴が空き、芋がありません!!
なにかの動物 に食べられて、“つる“のみになっていました。 
がっかり・・・・

 農家の方の話では、近くの山からやって来る“タヌキ”に食べられたようです。

 一昨年は、カラスがトウモロコシを倒して片足で踏みつけ、実をつついているところを・・・・。目撃者の話を聞いて笑っちゃいました。

先日またもカラス数羽が、口一杯に大きい里芋をくわえ重たそうに羽ばたきながら逃げました。 これは私が追い払ったためあわてて逃げた時の事です (カラスは野菜を何でも食べますよ。人の隙を狙っているんです)

 白菜・キャベツ・ブロッコリーなどは、近くの川から“ヌートリア”が上がってきて、美味しいところをごっそり食べます。

 農家や我が家にとっては、天敵が一杯。・・・・・。

 でも私達も天敵には負けられません・・・・・いろいろと工夫しながら家庭菜園に頑張っています。

 近所の農家の方、一緒に畑を使っている方達と情報交換をしながら、あっと言う間に21年目。



 あ!!・・・・そろそろ、焼き芋が出来上がる頃で~す。いただきま~す。

 娘夫婦と息子夫婦の先日の宅配便に入れること、忘れてしまいました。
今度、帰るまで、残り少ない芋ですが、大切に保管しておきます。(咲)


“ヌートリア” : ヌートリア(海狸鼠・沼狸、Myocastor coypus)は、ネズミ目(齧歯目)ヌートリア科に属する(以前はカプロミス科に分類されていた)哺乳類の一種。
 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何ということ・・・・逆転サヨナラ満塁本塁打!!

2009-10-22 08:53:57 | 報道・ニュース
 スレッジ様々・・・・ありがとう!!

 CS第二ステージ・・・・・対楽天5勝の武田勝が先発であったが、2回表1点返され、4回表にもリンデンの適時打などで、2点追加、7回にも山崎の走者一掃の2塁打で3点。

これで、日ハム1-6楽天となり、楽天先発の永井を攻略できない・・・・・・・。

 家内が、“あなたがTVにかぶりつきでいるからよ!!”ジンクスだから・・・・。

 ならば、“ゲンのよい部屋に移動するわ”と言いながら、和室にて観戦。

 すると、8回の裏、森本の安打、稲葉の2塁打、高橋の適時打でついに永井を下し、この回一挙に3点を返し、4-6の2点差・・・・・・・。

 これは、ひょっとすると9回に逆転サヨナラかな・・・・・と、大いなる期待が。と・・・ところが、9回表、日ハムの林から鉄平の2ラン・・・・・・・がーん!

 万事休すである。

 TV画面から離れて、キッチンにて暖かい飲み物を・・・・・・・・。トイレ休憩も入れて、・・・・・・何とか1点でも返してくれないものか、などと考えながらしばらくして、部屋に帰ると何と、稲葉の適時打で1点を返して、さらに1死一、二塁ではないか。

 4番高橋が、フルカウントからの8球目、これをしっかりと見て、四球となる。

 ここで、スレッジ登場。アナウンサーや解説者が、“ここで本塁打がでると大変なことになりますね”と言っている矢先に・・・・・・・・・・。

 な、なーんっと 2球目の外角のストレートをたたくと、打球はレフトスタンドへ飛び込む逆転サヨナラ満塁本塁打!
 

 アナウンサーや解説者、打った本人もびっくり、勿論、私も・・・・・・・・。札幌ドームアルプススタンドは、大歓声!!

 楽天が、シーズン後半からの好調さ、そのままCS第一ステージ2連勝の上げ潮ムードで、札幌ドームに乗り込んできており、・・・・・・・・・

 対する日ハムは、ダルビッシュのいない、ハンデを背負ったCS第二ステージ・・・・・とても、不安であったが、第一戦の勝利で、逆にこちらのチームが上向くのでは・・・・・・・・万歳!!(夫)

 北海道大好き!!
 梨田大好き!! 
 日ハム大好き!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

忍びの旗・・・・・池波正太郎

2009-10-21 20:17:46 | レビュー
 池波正太郎の小説にすっかりハマっているファンの一人!!
 ここのところ、読んでいるのは、「鬼平犯科帳」の12巻であるが、先日の旅行帰り、“紀伊國屋書店”にて、「忍者丹波大介(一部・二部)」を買い求め、暇を見ては、二本立てで、読み込みあっと言う間に読み終えた。なお、「鬼平犯科帳」については、TVドラマでも放映されており、語るには及ばないでしょう。



 「忍者丹波大介」の時代背景は、秀吉没後から関ヶ原までの二年間足らずであるが、作者が忍びの世界を描いた本は多数あり、時代背景は、1559年 織田信長上洛、将軍義輝に謁見から1624年福島正則没までの期間、人が生まれて還暦を過ぎた60数年間程度である。

 長く続いた群雄割拠の戦国時代から、信玄が上洛を目前に、5年後には、謙信も亡くなる。
 信長から秀吉へと天下が渡り、そして、家康が徳川幕府を開き、二代将軍秀忠から三代将軍家光の時代にやっと安定した、日本の国造りが・・・・・・・・。

 この激動の時代、天下を狙う武将が、謀略・知略・諜報網を確立するためには、忍びの者が活躍する格好の舞台であり、題材も豊富で作者の想像を掻き立て、私のような読者の心を虜にしてくれます。

「真田太平記」の“お江”“又五郎”“佐助”、 「蝶の戦記」の“於蝶””善住坊”、 「忍びの風」の“於蝶””半四郎”、 「火の国の城」の“大介”“於蝶”など

 作者は、登場人物の描写が何と言ってもすばらしく、精緻に描かれ物語に引き込まれる楽しさがあります。

 先日、買い求めたのが、「忍びの旗」で、時代背景は、先ほどの1559年から1624年の60数年間で最も長い期間である。
甲賀五十三家の上忍で、頭領山中大和守俊房からの密命を帯びた“上田源五郎”が、北条家に入り込み・・・・・・である。ただ今、五分の二程度を読み込みでいます。




 「夜の戦士」「忍びの女」そして、作者が、第43回直木賞を受賞した最初の忍者小説「錯乱」も・・・・・・求めたい。
 




 平成のこの時代、就職先がない、結婚ができない、目標がない、企業の倒産、解雇、日本の指導者であるべき政治家も戦後日本の混乱期から復活再生を掛けた頃の活力と統率力もない・・・・・・。

 このような、時代背景なのか、俄か戦国武将ブームが、巻き起こっているようです。何でもいいです。どのようなきっかけでも良いので、日本の歴史と群雄割拠した戦国時代は、人間の本当の生き方が学べそう・・・・・・。

 歴史上の人物、名前を残した人物の生き方に触れることもいいのではないでしょうか。
 
 そうすると、自分の生き方の何かが見つかり、明日への活力源になるのでは・・・・・?(夫)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“OB会だより”編集会議・・・・出席

2009-10-20 11:00:56 | 日記
 今春退職の職場は、創立36年と歴史も浅く、退職者会のメンバーも50名程度で、この会の発足も5年目なのです。

 今春から役員交代もあり、事務局担当のYさんが会員間の親睦と交流に力を注ぎ、色々な企画を考えてくれます。

 11月、病院形式のセンターが、独立行政法人の機関に統合改組されることから、9月中旬、退職者を募ってセンター最後の姿と合築統合される新たな病院の外観視察などを企画、多くの退職者の皆さんが参加、夕方には、懇親会で楽しいひと時を過ごしました。


懇親会の余興”恵比寿”



 先日は、事務局担当のYさんが、“OB会だより”編集会議と名を打って、皆さんが、現役の頃、良く集まっていたJR駅裏の飲み屋に集合、飛び入りの女性もあり、出席者7名、編集会議そっち除けで久しぶりに昔の話、現況報告・・・・・・盛り上がりましたね。

 退職後は、“趣味の世界であった絵画をプロとして取り組んでいる”“旅行をしている”“写真クラブで活躍している”“暇を見つけて魚釣りしている”“家庭菜園とプール通い”“時折り勤務している”“不動産管理と農作業に専念している”“旅と趣味に没頭・・・・競馬・ブログ”などなど、次々と話も弾み時間を忘れて・・・・・・・・・。

 次回の企画は、新年会とのこと。
 新年会の練習を・・・・・・・・やろうか!! との意見も。

 汲々として勤めていたころと違って、皆さん、第二の人生を謳歌し、明るい顔々、楽しい時間でした。

 なお、”OB会だより”のコーナーに、我が家のブログのPRも入れていただいたようで・・・・・・・・感謝!!(夫)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋華賞の結果!!

2009-10-19 07:42:59 | スポーツ
 決勝線手前で、⑤レッドディザイア ③ブエナビスタのたたき合いは、実力のあるもの同士の力と力のぶつかり合い、TV画面であるがその迫力に釘付け、⑤レッドディザイアが三冠阻止する・・・・・・・・も、最後の直線で③ブエナビスタが⑫ブロードストリートの進路を妨害して3位降着となったことは残念!!

 秋華賞の2枠3番は、10戦着外の馬番枠であるが、“実力でこれを変えるだろう”と新聞の片隅に記載されていました。
意外な展開で連を外すこととなり、何とも不思議なものでした・・・・・・・。

 ⑫ブロードストリートは、出遅れにも関わらずインを攻めて追い上げ、不利があったものの、前走のレコード勝ちの実力、さすがと思った。

 私の▲印の⑯モルガナイトは、終始外を回り、直線の短い京都内回りでは、相当の力がないと無理との解説、そのとおりでありました・・・・・・・・残念!!

 馬券の方は、降着で3レンタンをいただきましたが、余りうれしくないですね。

 東京11R、追っかけ馬三頭の成績は、2着、5着、12着でしたが、一番人気で実力馬の⑱カワカミプリンセスも直線先頭を伺うものの伸び悩み、6着・・・・・・どうしたんですかね。

 いよいよ、来週は、混戦の菊花賞!! 
 取りたいです・・・・・・・。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加