咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

検疫検査を終えて!

2009-09-30 08:24:04 | 旅行
 先ほど、金沢港に着岸しました。朝から、乗船客全員の検疫検査が、7時30分から各デッキ毎に行われました。 早めの朝食を済ませるなど、慌ただしくしています!

 次に税関検査が、対象者の部屋にて実施されました。これが終了後、宅配便の荷物を最終的に封印し、各部屋の外に出すようにとの連絡がありました。
 下船については、10時頃、連絡があるようです。

 長い長い初めての船旅も無事終りました!仲良くして、頂いた方々もでき、昨夜は最後の会食をしました。 もうお一方は、朝からお部屋を訪ねて来られ、名残惜しいお別れをしました。

 不安一杯の船出でしたが、良い方々にお会いでき、楽しい毎日でした。また、飛鳥Ⅱの各スタッフの優しさ、楽しい演出、いつも美味しいお料理にも感謝します。





汚くした部屋を何時も綺麗にしてくれた、ジョーありがとう!
 これから、娘夫婦のいる大阪に向かいます。

 本当に楽しかった7日間でした!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

釜山から隠岐諸島へ

2009-09-29 09:00:53 | 旅行
 昨日は曇天の中、釜山一日観光に参加しました。海辺に面したお寺、水族館、120mもあるタワーからの釜山を一望しました。ものめずらしい写真も沢山撮りました。
 昼食は、韓国料理でしたが、日本のすき焼風のお料理で、四人一組で見知らぬ方とのお話も弾ました!
 見知らぬ方なのに、すぐに会話も弾むのに驚きでした。
 
 毎日、ゆったりとした12デッキの大浴場に入ると疲れもスッキリします!

 今日は、眼が覚めると右舷に島根半島が、見えてきました。 
 只今、隠岐諸島が、左舷にはっきりと見えてきました。10時頃には、島前を左舷に島後を右舷に見ながらのクルージングとの船内放送がありました。
 明朝8時00分に金沢に入港し、10時00分から私たちは、下船となります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎食、美味しく!

2009-09-27 19:27:35 | 旅行
 毎食美味しく頂いています。同じメニューがないことに驚きの連続で、いつも完食しています。

 

今夜もとっても美味しく頂き、家内は「少し肥りました。」と言っています。

運動不足解消のため、二人で7デッキの1周440mのジョギング・ウォーキングコースで30分程度ウォーキングをしながら運動をしています!(笑)


 


 さらに運動不足の方々には、フィットネスセンター、プール、テニスコートなども完備されており、至れり尽くせりです!!

 明日は、釜山に入港です。「その夫」は、初めての海外だから、例え隣の国でも興奮しています。

 最後のオプションツアーだから、大い満喫したいと思って降ります。本当に楽しみです!(笑)


 只今雨の中、佐世保を出航しました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保入港!

2009-09-27 08:53:35 | 旅行
 朝、8時に佐世保に入港し、岸壁に於てさまざまな歓迎セレモニーがありました。
 寄港先では、色々な趣向で歓迎されるようです!乗客のみなさんは、それぞれのデッキから、見て感激のようです!
 ご年配のお方が大部分なので、歓声は上がりませんが、ゆったりとした気分で見ています!
私たちは、午後からのオプションツアーのため、11デッキで、ティータイムです。写真は、その11デッキのパームコートです。

 午後から夜にかけて、さまざまなイベントや演芸会などなど、毎日趣向を凝らしたお楽しみがあるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸新聞杯・・・アントニオ

2009-09-26 21:18:34 | スポーツ
 明日の阪神10R「神戸新聞杯」は、角田晃一が騎乗し惜しくもダービー3着であった、“アントニオバローズ“を狙いたいですね。

 マンハッタンカフェ産駒の牡馬で、なかなかレースセンスや根性があると思われる馬で、角田騎手にとっては、久しぶりに巡ってきたG1が狙える馬ではないかと思います。

 いかがでしょうか?(笑)

 旅先でもあり、馬券は、買えないかも知れませんが、神戸新聞杯の軸馬は、“アントニオバローズ“と考えています。
軸馬が、リタイヤした場合は、イコピコから行きたいですね!!

予想レース
 ◎アントニオバローズ
 ○イコピコ
 ▲リーチザクラウン
 △アプレザンレーヴ
 ×アンライバルド

結果やいかに・・・・・・・・?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋久島は?

2009-09-26 20:18:45 | 旅行
 屋久島は、雨にも会わず気持ちの良い一日を過ごすことが出来ました。
 
 今回のツアーのヤクスギランドは、起伏のある30分程度の散策コースを廻るもので、様々な種類の苔、いろいろの年代の屋久杉、珍しい木々、植物群を観察しました。圧巻は、紀元杉を見ることができ、感激の連続でした









 なお、縄文杉は、徒歩の往復10時間コースらしいです!さすがに簡単には、見ることが出来ないようです。
 楽しい一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

種子島入港!

2009-09-26 08:04:04 | 旅行
 昨夜は、ドレスコードがフォーマルの日でした。ディナーではお洒落な方々ばかり、少々緊張しました。


 飛鳥Ⅱに再三乗っている方、世界一周の話など、初めての船旅の私たちは驚く事ばかり。

 平均年齢が、75歳とか、ご一緒の一番のご高齢の方は98歳と聞き、第二の人生を暮すのに良い意味での刺激を貰いました。

 朝、種子島 西之表港に入港し、これからオプショナルツアーで屋久島観光予定。一度見たかった屋久杉を間近で見てきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の二日目!

2009-09-25 09:46:03 | 旅行
 旅の二日目、天候は晴れ。現在穏やかな海原の中、飛鳥は瀬戸内海をゆっくりと西に向かって航行中。

 ビスタラウンジでコーヒーを飲みながら、時々船長さんによる島々の船内放送から聞こえる案内を聞きながら瀬戸内海の小島を見ています。なんというゆったりと時間なんだろうと体感してます。


 10時00分から、救命胴衣を着けて、避難訓練があり。
 非難用ボートは、エンジン付き。飲料水・非常食・医療薬・信号弾・無線など完備で、150人乗りらしい。クルーが4名乗船とか。ボートは、10隻完備見たい!

 午後から、元NHKアナ、宮川泰夫さんの講演会予定。
 ”のど自慢”の裏話を聞き、出場者の中には色々な訳ありの人もいて、涙の出る感動の裏話に知らず知らず聞き入りました。
 また、裏方の苦労話もあり、毎週、金曜日から日曜日まで全国津々浦々をあるかれた様子を聞きました。

 今回は初めて聞く内容ばかりで、さすがプロのお話は聞く人の心を掴む話上手でした。

ティタイムには、コチラで美味しいイ飲み物とケーキやクッキーを存分にいただくなど贅沢のきわみです。







 夕方から、フォーマルなドレスコードで、緊張します!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

神戸港から金沢港まで・・・・

2009-09-24 16:00:00 | 旅行
 本日(9/24)は、私の定年退職を記念した船旅の日です。
 いよいよ、今夜、神戸港を23時00分に出港し、種子島、佐世保、釜山、そして、金沢まで、6泊7日の船旅です。

 この後、客船は、佐渡、小樽、青森、横浜、神戸と日本一周します。
 
 何しろ、生まれて初めてのことなので、期待感一杯と、不安感も少々ありますが、大いに楽しみたいと思います。

 神戸港 中突堤旅客ターミナルで16時00分から16時45分の乗船受付です、あ・・そろそろ受付時間。

 行ってきま~す!!  


 そうそう、前日に横浜港から乗船のみなさんと合流のようです。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

趣味の世界・・・・パッチワーク

2009-09-22 18:38:50 | 趣味

 地元新聞社主催の文化センター趣味の講座に一昨年から参加し、パッチワークの素晴らしさに引き込まれています。
 月2回の講座では、先生や先輩方の懇切丁寧な指導を受け、次回の基本テーマを頂き、自分なりに素材を集め、デザインなども自分なりに工夫しながら挑戦しています。

家庭菜園・健康調査のお手伝い・市民大学の合間を縫って、自宅で心地よい音楽を聴きながら、時間の経つのも忘れて制作に夢中になっています。

 まだまだ、初心者のため思い通りの作品ができませんが、講座に参加して多くのお友達もでき、楽しい日々を送っています

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

Yaっさんに会って・・・・・

2009-09-22 08:25:55 | 日記
 昨日は、お昼前から車で3~40分走ったところにある某ウインズに出向きました。

 秋の交通安全運動が始まっているためか、家を出たところからパトカーの先導で当分の間、超安全運転で追走しました。
 空港通りの2車線で、随分前にスピード違反(ネズミ捕り)のキツイ一発を頂いたことがあるので、慎重にさらに慎重に・・・・・・・走行しました。(笑)

 しばらく走って、ウインズに到着すると、競馬仲間であるYaっさん(私の株の師匠)が席に着いていました。久しぶりに会ったので、話も弾みましたが、Yaっさんは、「朝から来ており、調子いいよ!!」とのこと。
 
 すぐ、お昼になったので、「蕎麦でも食べに行こうよ、おごるよ。」とのこと。ありがたく頂きました。
 すると、アイスコーヒーまでご馳走にあずかりました。(おおきに!!)

 コーヒーを片手にレース観戦をしておりましたが、うっかりストローを売店に置いてきたために、溢れるばかりの氷のわきからコーヒーが口元から漏れ出して・・・・・お気に入りのシャツを汚してしまいました。

 本日、最も力を入れていたレースは、軸となる「トランセンド」が、古馬の厚い壁に阻まれて着外となり、重い足取りで駐車場に向かって・・・・・・・・帰りました。

 Yaっさん、本日はご馳走様でした。
 次回、出会ったときには、私がおごりますね!!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダートの鬼に・・・・トランセンド

2009-09-21 09:26:13 | スポーツ
 関西TVローズSのレッドディザイアは、惜しくもクビ差の2着でした。
大外から先に動いた2番人気の武豊のミクロコスモスをマークし、直線に向いてエンジン全開となりましたが、内のうまくあいたブロードストリートが、確かな足で坂を上がってきました。

 結局、この馬を最後まで捕らえることができませんでしたが、プラス10キロの馬体重が響いたのかな。本番では、ブエナビスタとの一騎打ちを再度見たいものです。

 なお、オークス0.8秒 4着のブロードストリートの実力を垣間見ることができました。(ボヤキですわ)

 今日の新潟11Rのトランセンドは、G1馬になれる実力馬と思います。ダートに転向後の走りが素晴らしいと思います。古馬を相手に堂々と・・・・・・・。

予想レース
「新潟」11R⑮⇔①⑦⑥⑭ ウマタン8点で。
「阪神」7R⑯⇔⑧⑩④⑮ ウマタン8点で。


 結果やいかに・・・・・・・・?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庭木が葉巻虫に・・・・・・!

2009-09-20 11:12:07 | 日記
 今年は、夏から小庭のモッコクの葉が、枯れたようになっていました。葉と葉が重なって、くっついた状態で茶褐色になっていました。   
 

 しばらくは、よく解らないためどうしたものかと思っていましたが、庭師さんに伺ってみたら「葉巻虫ですね。」「モッコクなどによく付きますからね。」との話でした。
 くっついた葉っぱをよく観察すると、糞のようなものが沢山入っているではないですか!!
早速、除去のための消毒をお願いしました。

 今までは、勤務していたことで、庭木については、余り気にもかけていなかったものですが、ゆっくりとした時間の中で、いろいろなこと観察すると今まで見えなかった多くのことに気づくようなりました。(笑)

 平素から、少しは家の中とか家の周りのことについても、目配りを・・・・・・と“咲”に言われております。 

「葉巻虫」
 植物の葉を巻いてその中にすむ虫。ハマキガの幼虫など。《季 夏》「―葉に糸吐きて身をとざす/節子」
出典:小学館 デジタル大辞泉

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

近場の山で・・・・・・・・

2009-09-18 07:38:45 | 日記
 先日、久しぶりに山に行きました。気持ちの良い天気と心地よい風に満足していましたが、帰り道のことです。何だか足元が・・・・・不安定???。

 よく見ると靴底がめくれているではないですか。「えー靴底がパッカパッカだわ」と咲に言うと大笑い。

 取りあえず、応急処置を・・・・とザックを探すと運よく紐を持っていたので、急遽靴底をしっかりと結びました。

 ところが、今度は、片方の靴も・・・・・・・哀れな姿となっているではないですか。
 これもしっかりと紐を掛けるなどの処置をしましたが、何しろ下りのため、しばらくするとパッカパッカ・・・・・・・。

 ゆっくりと足元を労わるように、何とか歩を進めて駐車場に辿りつきました。大事には至りませんでした。

 以前、年数を経て履いているもう一組の登山靴が、山を下りきったところで哀れな姿になりました。
後日、靴底を張替えましたが、この度も出発前の点検不足でした。(笑)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ナリタブライアンのタテガミ

2009-09-17 11:18:24 | スポーツ
 秋競馬も先週から始まりましたが、テンポイントに次いで好きであったナリタブライアンのことを思いだしました。

 1993年8月15日に函館新馬戦、重馬場の芝1,200mにデビューするも、2着と後塵を拝したが、次の新馬戦で南井克巳騎手を背に勝ちあがりました。その年の12月には、朝日杯三歳ステークスG1を勝利して、最優秀三歳牡馬に選ばれています。
 兄のビワハヤヒデのファンであったことから、すっかり弟であるブライアンの虜になったものです。

 翌年の四歳時は共同通信杯から始動するなど、皐月賞では圧倒的な一番人気で完勝し、競馬の祭典東京優駿、そして秋の菊花賞を勝ち上がり三冠馬の称号を得ました。そして、年末の有馬記念では、兄ビワハヤヒデとの兄弟対決が期待されましたが、兄の故障で実現できませんでした。しかし、古馬相手でもまったく問題なく、この圧倒的な強さで年度代表馬に選ばれました。

 五歳時以降は、股関節を痛めるなどでレース回避、あるいは、出走後も苦しいレースが続き、私もブライアンの復活を何度も願っていました。

 六歳時初戦の阪神大賞典では、マヤノトップガンとの史上に残るマッチレースとなり、首差でゴールに飛び込みました。2番、1番人気のマッチレース、勿論ブライアンをテレビ観戦で応援しその勝利馬としての誇らしさを忘れることはできません。
 この名勝負の勝利の余韻とともに春の天皇賞に出走するも2着でした。最後のレースは、距離1,200m高松宮杯に出走しましたが、私には全く理解できませんでした。その後故障が判明し想像もしない引退となりました。
しかし、期待された種牡馬生活も2年目の1998年夏に腸捻転で死亡とのニュースは、多くのブライアンファンを悲しませました。
 
 昨年の夏にやっと、ナリタブライアン記念館を訪問し、ディープインパクトは、飛ぶように走るが、沈むように走っていたブライアンの雄姿を思い起こしました。
ブライアンは、自分の影に驚いてレースに集中できないことから、あのホワイトのシャドーロールを着けることで、集中して走れるようになり、シャドーロールが有名になりました。

 裏庭に関わった方々のメッセージと共に建立されているお墓があるので、「長い間お疲れさま」と手を合わせました。
 この記念館では、引退時の記念の腕時計(ブライアンの顔が刻印され、手作りで、純金7ミクロン、22金3ミクロンの10ミクロン厚メッキ・・・ガラスはサファイアとか、本物のクロコダイルのベルト、銀座和光の大阪店(心斎橋筋)で製作された)を思いもかけず手に入れることができ、その際に非売品である小指位のボトル入りのブライアンのタテガミをいただき、さらに感激し、生涯の宝物として大切にしています。

ナリタブライアン略歴
1991/5/3生 1998/9/27没
牡  黒鹿毛
父:ブライアンズタイム 母:パシフィカス (by Northern Dancer)
生産者:新冠・早田牧場新冠支場(JPN)
馬主:山路秀則氏
調教師:大久保正陽(栗東)

中央所属時成績
三歳時7戦4勝朝日杯三歳ステークス
四歳時7戦6勝皐月賞・東京優駿・菊花賞・有馬記念
五歳時4戦1勝
六歳時4戦1勝
中央通算21戦12勝 全通算21戦12勝
注)現在は満年齢
出典:厩戸光明伝のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加