咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

イライラしながらも見ている・・・真田丸

2016-10-14 22:32:11 | スポーツ

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキングへ

 毎週見ている「真田丸」。
 昌幸の死後、このドラマの柱を失ったような雰囲気。
 主人公は、信繁なのにどうしても主人公らしく見えない。
 どうしてだろうか。
 いささか、女々しく描かれすぎなのかも知れない。
 
 いかにも信繁が、歴史の表舞台に登場したのは、大坂夏の陣・冬の陣の僅かな期間であったとしても、戦国時代の命を直接やり取りする時代背景なら、もっと戦国武将らしく描いてほしい。

 大坂夏の陣・冬の陣の大坂の役。
 その時の活躍ぶりにより、「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と、敵陣から呼ばれるほどの武者ぶりだった信繁。
 徳川相手の第一次、第二次上田合戦、その戦で父・昌幸の作戦を遂行した信繁。
 その時の経験があったればこその大坂の役。

 今回の大河で描かれているような信繁像では、いかにも心もとないと思える。
 9日(日)放送の第40回「幸村」。
 大坂城入城は本意ではないとか、今の暮らしの方がいいとか。
 ありえないような言葉を発している堺・信繁。
 いかにも、この俳優さんの風貌に併せたような信繁像が描かれている。
 
 きり(長澤まさみ)に諭され、叱咤激励される筋立て・・・。
 このような、馬鹿げた描かれ方にガッカリ。

 大好きな池波小説で描かれた信繁は、次の文体を見れば一目瞭然である。
 草の者の小助と七郎を相手に若干十六歳の信繁が発した言葉、小説を読みながら信繁という人物像を強く印象づけられた場面であり、忘れられなくなった文体である。

 「『おりゃな、小助。七郎。ひとりきりで、おもいきり馬を走らせていると、風が身体の中を吹き抜けるようなおもいがする』
 と、源二郎はいった。
 そこまではよいのだが、つぎに
 『その風が、おれの身体を吹き抜けるとき、おれの心ノ臓や腸(はらわた)や肝(きも)が、風といっしょに身体の中から外へ飛び出してしまうような気がして、まことに凄まじく、こころよい』
 というのだ。
 十六歳の少年の言葉として、この言葉は尋常の表現とおもえぬ」

 これである。
 これこそが、晩年の大坂の役で「日の本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と、世に謳われた信繁と思っている。
 それ故に「真田丸」の堺・信繁には物足りなさが抜けきらない。
 
 ・・・と、イライラしながらも、見ている。
 結局のところ、真田物が好きだから毎週見入っているのであろう。(夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋)
 
下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2020東京五輪へ、インフ... | トップ | 第64回府中牝馬S・他検討 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2016-10-14 16:20:46
こんにちは!
ダブポチ行脚中です。

パークの合間に旅行の準備をしたり
飛行場まで下見にいったりと気忙しく
過ごしています。

真田丸・・・
真価は大阪冬夏の陣の描き方に
かかっていますね。

日ハムは・・・
栗山さんの継投策にかかっている様な、
流されないでほしいものです。
日本ハム (咲とその夫)
2016-10-14 17:54:39
 日本ハム、今夜は決めてもらいたい。
 そうしないと、短期決戦・・・ズルズルと行ってしまうから。

 大坂夏の陣、冬の陣・・・ですね。
 確かに。
進路に悩む人の描き方。 (長野のりんご)
2016-10-15 14:10:18
真田丸、最終章ですね。
私も、きりに諭されて大阪に向かう信繁ってあり⁉️と思っていました。池波ファンにとっては開いた口がふさがらない、という状態だとも想像します。あの頃の信繁ちゃんって、一体全体何していたのか歴史的な資料がないということで、全くわかっていないようです。ので、今回のように進路に悩む信繁の姿をわかりやすくて描いてくれたおかげで、あの状況でなぜに大阪に向かったのか、池波小説を全然知らない者にとってはわかりやすかったようです。でも、やはり、今ひとつ、説得力に欠ける描き方だったとも思えます。今回の大河、悲劇を悲劇とは描かないような方針みたいで、それも物足りないのかもしれません。そのような描き方を今後も続けるのか、そういうことも真田丸を楽しむ要因になってしまっています。
昔のように、歴史上の人物を一つ上の人間のように描くわけではなく、私たちの仲間のような描き方で、このあたり、あの「新撰組!」と似てますね。そこが若い世代に受けているのかも。
確かに (咲とその夫)
2016-10-15 14:23:10
 いろいろと、コメントをいただきありがとうございます。
 確かにあの頃の信繁は、何を考え何をしながら生活していたのかでしょうね。
 
 昌幸の場合今一度徳川を相手に戦ってみたい・・のが、夢のまた夢。
 昌幸や祖父幸隆に似ていたらしい信繁、浅野家から見張られておりあからさまなことはできないでしょう。
 ・・ですが、父の思いをどこかで成し遂げたいとの考えはあったと思います。
 
 それをどのように作家連が描くかということでしょうね。
 大衆迎合か、戦国時代の厳しさを描くのか。
 最終章・・・最後までしっかりと見ていきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。