咲とその夫

 第二の人生満喫の夫婦の日常生活。趣味の読書や競馬などを掲載。
 「咲」の趣味の家庭菜園、パッチワークなども!

朝ドラも「ひよっこ」から「わろてんか」へ・・・

2017-09-20 21:00:00 | レビュー

[ポチッとお願いします]
人気ブログランキング

 団塊の世代にとっては、とても懐かしい昭和30年代終わりから40年代初め頃が時代背景の「ひよっこ」。
 青春時代を目前にしながら、受験戦争と大学進学へと懸命に過ごしていたことが思い起こされた。
 あの時代から、やり直しがきくものであれば、やり直しをすることも一計とも思いつつ同ドラマを見続けてきた。
 
 主人公の谷田部みね子(有村架純)たちは、当方らの2つ、3つ上のお姉さんたちでもある。
 昭和の色合いがとても気持ちよく、こちらに伝わってきたドラマだった。
 前半部分の集団就職と電化製品組み立て工場勤務の頃が、良くも悪くも昭和の息吹がくみ取れるものでもあった。

 ところが、昨今は「あかね荘とすずふり亭」という小さな世界を舞台にこぢんまりと描かれており、ちょっと時代感覚が分からなくなっている。
 ただ、登場人物の情愛深い人間関係が、それぞれ描かれることから古き良き昭和の時代を感ずることはできる。 
 いずれにしても、コミカルな部分も取り入れながら、年度当初からスタートしてきたこのドラマも残すところ、10話となってきた。

 みね子(有村架純)を取り巻く人たちの見えざる過去もそれぞれ描かれており、物語も終盤に差し掛かっていることが伺える。
 ただ、そこまで一人一人を描く必要はないような気もするけど・・・。

 月替わりの10月2日からは、新たな朝ドラ「わろてんか」がスタートするとか。
 大阪を舞台にした“笑い”を追い求める主人公・藤岡てん(葵わかな)と北村藤吉(松坂桃李)たちを基軸の物語らしい。
 京都と大阪の老舗生まれの二人が同じ思いを描きながら、“笑い”を商売にする生き方を模索し成功する話のようである。

 大阪の笑いとは、関西人の生き方そのものでもあろう。
 『大阪の“魔法の言葉”=「わろてんか」をタイトル』にしたとのこと。
 日本列島に朝から抱腹絶倒の笑いが広がる物語かも・・・。 
 明治から大正、昭和が描かれる。

 なるほど、2週間後を楽しみにしている。(咲・夫)


(出典:NHK公式HP 抜粋 「わろてんか」)

下記のバナーへのクリックをお願いします。ご協力、ありがとうございます

人気ブログランキング

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベテラン横山典弘騎手・・・... | トップ | 驚きの光景・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (satochin)
2017-09-20 17:11:05
こんばんは!
ダブポチ行脚中です。

ひよっこ・・
面白いですね。
すずふり亭バージョンになって
視聴率がぐ~んと伸びたと言いますから
宮本信子さん佐々木蔵之介さん辺りの
演技が光っているのかも知れません。

次回作は大阪が舞台ですか?
なんかひょっこは1年くらい見てみたいですね。
あれから何年なんて感じでまた無理やり終わる
のでしょうね(^_^.)
こぢんまりで (咲とその夫)
2017-09-20 18:44:43
 こんばんは!
 いろいろな見方があるものですね。
 なるほど。
 すずふり亭裏庭での物語の展開が多すぎて、全体的に小ぢんまりして・・・ガッカリしていました。(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。